Project Description

ガラパゴスクルーズに革新的サービスを導入します!

参加人数2名様から日本人通訳ガイドが特別価格にて同行します

無数の島から成るガラパゴス諸島を最も効率的に、楽しく、そして優雅に巡る方法、それが16人乗りファーストクラスカタマランクルーズです。

ガラパゴスの島々は地形から植生まで各々異なり、その島に生きる動植物も独自の進化を遂げてきました。個々の島に適応したユニークな固有種が多く見られます。(陸中の爬虫類の固有種率はなんと100%!)
ガラパゴス旅行の楽しみの一つは、プロのナチュラリストガイドの説明を受けつつ、これらの動植物の違いを見学しながら島々を比較していくことにあります。
島から島の間は船で数時間かかるため、より多くの島を見学するには、移動しながら宿泊が出来るクルーズ船に乗り、夜の間に島から島へと巡るのが最も効率のよい方法になります。

進化の箱庭、動物たちの最後の楽園、日本から遠く離れた赤道直下のガラパゴス諸島を巡る最適なクルーズを確保しました。

トレジャー号ってこんな感じ

クルーズ船にもカテゴリーがあり、100人乗りの大型船から2段ベッドで眠るエコノミー船まで予算に応じて様々な選択ができます。
その中で、ガラパゴスを知り尽くした我々が間違いなくお薦めしたいのが16人乗りのファーストクラスカタマランです。
大型船では停泊できないような海域にも小回りよく行け、少人数ならではのコミュニケーション、さらにエコノミー船にはないキャビンの快適さと、カタマラン(双胴船)ならではの安定性が評価のポイントになります。
ファーストクラスカタマランはガラパゴスにも数隻存在しますが、中でもトレジャー・オブ・ガラパゴス号は全室プライベートバルコニー付きで、洗練されたクルーとホテルのような快適さが売りの弊社イチオシクルーズです。

一生に一度の思い出となる冒険旅行に、妥協はしたくないという方にぜひお薦めです。

プライベート通訳ガイドを特別価格で!

ガラパゴスのファーストクラスクルーズでは、トップランクのガラパゴス人ナチュラリストガイドが同乗して、上陸するポイントごとにあらゆる疑問・質問にお答えしながら詳しい解説をわかりやすく受けることができます。ただし、内容は全て英語かスペイン語で話されるので、時には地質学・生物学・海洋学と専門的な用語が飛び交うガイディングになり、言語に堪能でないとせっかくの解説もわからないまま終わってしまい、ガラパゴス旅行の魅力が半減してしまいます。
今までは通訳ガイドを同行させるとガイドの分の席の通常のクルーズ船の金額+シングル利用料金ともにお客様負担となっていたために、かなり高額な通訳となっていました。しかし、今回からオンリーワントラベルがトレジャー・オブ・ガラパゴス号と独自に契約した条件は、「お客様2名参加で通訳ガイドを特別価格で同乗させる」という内容です。
新婚旅行から金婚旅行、卒業旅行や家族旅行まで、2名様以上でガラパゴス旅行をお考えの場合、プライベート通訳ガイドが特別価格でつくこちらのクルーズが絶対にお得です!

ガラパゴスでの豊富な経験を持つ弊社現地ガイドが万一のトラブルにも対応いたしますので、安心して船旅が楽しめます。

ガラパゴスってこんな所

トレジャー・オブ・ガラパゴス号概要

カテゴリー:  ファーストクラス
定員:     16人
全長:     31.60m
ビーム:    11.20m
スピード:   12 knots
船員:     船員8名と最高クラス三星ナチュラリストガイド
装備:     2 モーター 385馬力キャタピラー, 2ジェネレーター 75キロワット, 3900g 脱塩システム
安全性:    全装備国際SOLAS標準: 1x 25 and 1 x 20 ライフクラフト, 2 GPS, ソナー(水中音波探知機), 2 船舶レーダー,火災報知機など.

キャビン

メインデッキ:
キャビン 1: オーシャンビューマスタースイート
キャビン 2,3,4,5: オーシャンビュージュニアスイート(ツインベッド)

アッパーデッキ
キャビン 6,7: オーシャンビュージュニアスイート(ダブルベッド)
キャビン 8,9: オーシャンビュージュニアスイート(ツインベッド)
※プライベートバスルーム、ホットシャワー、冷暖房完備、金庫

サイズ
スイート: 36㎡  スタンダード: 18㎡  各バルコニー: 2㎡

galapagosmap-treasure-normal

パッケージツアー日程

ガラパゴスの多様な景観を主に楽しみたい方はこちらの日程をおすすめします。もちろん動物たちを見ることもできますが、地質学的に特徴のある島を多く訪れるので、特異なガラパゴス諸島の島々の成り立ちを詳しく見て回ることができます。

日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は約25時間のフライトになります。
キト空港で現地スタッフがお客様のお名前のプラカードを持ち空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは空港より約60分の移動で到着します。
◎キトは標高2800mに位置するため、高山病予防のためお水をよく飲み、糖分を吸収し食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水がご用意されておりますのでご安心ください。
キトのホテルに宿泊します。
朝、現地スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものを持参ください。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルに宿泊します。
朝、現地スタッフがホテルまでお出迎えに参りキト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物はホテルに保管しておくことも可能です。
空港で荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)バルトラ空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
バルトラ空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物を受取後、ナチュラリストガイドが持つ「トレジャー・オブ・ガラパゴス」号のプラカードをお探しください。
トレジャー号のゲストが全員揃ったところで出発です。バルトラ島からバスとボートで移動して、隣のサンタ・クルス島のプエルト・アヨラという町まで行きます。

トレジャー・オブ・ガラパゴス号はプエルト・アヨラの港に停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後はプエルト・アヨラにあるチャールズ・ダーウィン研究所を見学します。
夜はクルーが正装し、ガイド、ゲストの自己紹介を兼ねたウェルカム・カクテルパーティを行います。

午前中にサンティアゴ島スリバン・ベイを訪れます。
ここでは、100年以上前に流れでた溶岩が固まってできた地面の上を歩きます。
辺り一帯が縄状の溶岩跡で覆われた風景は、別の星の地面のように独特です。
午後はバルトロメ島を訪れます。
ここは、活発な噴火活動によって形成された島で、荒涼とした景観の火山登山が楽しめます。
山の頂上から見られるサンティアゴ島を望む景観がガラパゴスを代表する絶景の一つとなっています。

午前中にノース・セイモア島を訪れます。
ここはアオアシカツオドリやグンカンドリの営巣地となっており、リクイグアナやアシカも住む、諸島の中でも人気の高い島です。ルートにしたがってナチュラリストガイドの引率でトレッキングします。
その後、すぐ近くにあるモスケラ島に上陸します。
この島は主に白砂で出来た砂州のような小さな島で、アシカたちのコロニーがあります。

午前中はサウス・プラザ島を訪れます。
この小さな島にはウミイグアナとリクイグアナが両方住み、ハイブリッドタイプのイグアナも確認されています。
セスビウムという植物が島を覆い、ハシラサボテンが独特な景観を作り出しています。
午後はサンクリストバル島のセロ・ブルーホを訪れます
長い長い白砂のビーチに寝そべる無数のアシカを踏まないように注意して歩いてください!

午前中はサン・クリストバル島のインタープレテーションセンターを訪れます。
ここはガラパゴスの歴史と自然が詳しく解説された資料館です。
その後、サン・クリストバル空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ
アトランタなど北米の都市を経由します。

ガラパゴスのユニークな動物達を主に楽しまれたい方はこちらの日程をおすすめします。ゾウガメから始まり、人見知りをしないカツオドリやアホウドリ、アシカやイグアナなどほぼ全てのガラパゴスの住人達を見ることができます。

日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は約25時間のフライトになります。
キト空港で現地スタッフがお客様のお名前のプラカードを持ち空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは空港より約60分の移動で到着します。
◎キトは標高2800mに位置するため、高山病予防のためお水をよく飲み、糖分を吸収し食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水がご用意されておりますのでご安心ください。
キトのホテルに宿泊します。
朝、現地スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものを持参ください。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルに宿泊します。
朝、現地スタッフがホテルまでお出迎えに参りキト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物はホテルに保管しておくことも可能です。
荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)サン・クリストバル空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
サン・クリストバル空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物を受取後、ナチュラリストガイドが持つ「トレジャー・オブ・ガラパゴス」号のプラカードをお探しください。
トレジャー号のゲストが全員揃ったところで出発です。飛行場を出て車で2,3分の港にトレジャー号が停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後はサン・クリストバル島内にあるゾウガメ繁殖センター「ガラパゲーラ」を見学します。
夜はクルーが正装し、ガイド、ゲストの自己紹介を兼ねたウェルカム・カクテルパーティを行います。

エスパニョーラ島を訪れます。

午前中は白い砂浜が続くガードナー・ベイを探索します。
ここには多数のアシカのコロニーが存在し、アシカとスノーケリングで遊泳することも可能です。
午後はプンタ・スアレスに向かいます。
ここは諸島内で唯一アホウドリが営巣するポイントで、ほかにもアオアシカツオドリやナスカカツオドリがたくさんいて、鳥達のパラダイスの様相を呈しています。
夕食後フロレアナ島を目指して移動します。

フロレアナ島を訪れます。
午前中はポストオフィス・ベイを探索します。
大航海時代から受け継がれる船乗りたちのポストオフィス(郵便局)があります。
ぜひ絵葉書をご持参して投函してみてください!
午後はプンタ・コルモラントを訪れます。
珍しいグリーンの砂浜のポイントで、アシカやイグアナ、フラミンゴなども見られます。

午前中はサンタ・フェ島を訪れます。
美しいビーチにアシカのコロニーがあり、内陸にはハシラサボテンが群生しています。
この島固有のサンタフェリクイグアナも見ることができます。

午後はサンタ・クルス島を訪れます。
美しいビーチが続くトルトゥーガ・ベイを散策し、ウミイグアナの群れなども見ることができます。

朝、サンタ・クルス島高地の野生のゾウガメを見学しに行きます。
その後、バルトラ空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ

アトランタなど北米の都市を経由します。

 

パッケージ料金

水曜日出発ツアー 日本発着9日間

お問い合わせください

日曜日出発ツアー 日本発着9日間

お問い合わせください


このツアーのお問い合せはこちらから

お名前

お名前 ローマ字

メールアドレス 

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください

Web検索友人・知人からTV番組で地球の歩き方ガイドブックをみてその他

お客様人数

ご希望出発日

航空券手配について
希望する希望しない

旅行可能日数

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。


ガラパゴスへ行くツアー