ウユニ

7月 2017

ウユニ バイオトイレプロジェクト

2018-07-17T13:31:38+09:00

  ご無沙汰しております。ボリビアからなつきです。 今回はやっとのご報告となりました。 宮崎さん(http://jiburi.com) より引き継ぎました、「ウユニでバイオトイレを建設する!」というプロジェクトですが、やっと完成いたしました。   最後の仕上げを手伝ってもらった、本当に色々お世話になったHotel Las Tholasのオーナーとその息子。   去年、2016年の9月頃に引き継いで、11月頃には建設自体は終わっていたのですが、ウユニ市役所との連携などがなかなかうまく進まず、また旅行業の方の繁忙期に突入してしまったため、機能させるまでにかなり時間がかかってしまいました…。 このプロジェクトは元々、宮崎さんというJICAボランティアのOBの方と、オンリーワントラベルで、ゴミ問題や汚染化の進むウユニで何か現地の役に立つことができないかと相談した結果、ウユニ塩湖にバイオトイレの建設を!ということで始まりました。そこからクラウドファンディングを通し、日本からたくさんの方々に経済的にも援助いただき進めてまいりました。 宮崎さんには、ウユニ市役所や町の人々との話し合いなど、トイレ建設に至るまでの過程をご協力いただきました。 本当にありがとうございました! また、クラウドファンディングでご協力いただいた皆様。皆様のご協力がなければこのプロジェクトは成り立ちませんでした。本当に本当にありがとうございました。そして、 大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。   今回のプロジェクトで、日本やボリビア現地、 国も違う、職業や背景もまったく違うみんなで一つのプロジェクトを成し遂げることができたことにとても感動しています。 このバイオトイレがきっかけで、現地の人たちの環境問題への関心が少しでも高まり、私が世界で一番大好きな場所、ウユニ塩湖がいつまでもその美しさを留め、また多くの観光客に愛されることを願っています。      トイレの使用は3BS。管理はウユニ現地のサントゥーサさんという女性にお願いしています。トイレでの収入はトイレットペーパーや糞尿にかける木屑、管理費・維持費に使われます。     ウユニ市役所の計らいで、トイレの横にはガスタンクを再利用したゴミ箱が置かれています。   プロジェクトは現在進行中です。建設までがゴールではなくこれから先ウユニに住むみなさん、観光で訪れる皆さんに継続して使用していただくことが今後の目標です。ボリビアウユニ塩湖へお越しの際は是非ともご利用くださいませ!

ウユニ バイオトイレプロジェクト2018-07-17T13:31:38+09:00

7月 2016

ボリビアへお越しやす 〜乾季のウユニと周辺景勝地〜

2018-07-17T13:21:43+09:00

皆さんこんにちは。 乾季のラパスの寒さにやられて少々風邪気味のなつきです。毎日自家製のはちみつレモンジンジャーティーを飲んでしのいでおります。 現在ラパスでは夜は0度やマイナスにまで達することもしばしば。ですが、日本と違って乾燥しているので、湿気がない分気温の割には過ごしやすい気がします。 お昼は日が照っていると暖かいので、半袖で行動している人も見かけます(^◇^;)   さて、前回は雨期のウユニについてご紹介したので、今回は乾季のウユニについてお話したいと思います。 前回のブログにも書いた通り、欧米人は今の時期、つまり乾季にボリビアに訪れます。雨期は日本人、韓国人、中国人等のアジア人、乾季はヨーロッパ人、アメリカ人等と年中大人気のウユニ! 乾季はウユニ塩湖とその周辺の景勝地をめぐりチリのアタカマまで行くツアーが人気です。(もしくはアタカマスタート、ウユニ到着)   まずはウユニ塩湖。 鏡張りは見れませんが、雨期には雨のせいで入ることのできない、巨大サボテンが生い茂るインカワシ島や紀元前のミイラが潜むトゥヌパ火山に行くことができます。 インカワシとは、原住民ケチュア族の言葉で「インカの家」という意味があり、かつてインカ帝国と繋がりがあったのかもしれない…と言われています。 1年に1cmしか伸びないサボテンが大きいものだと12mにも成長していてその迫力に圧倒されます。 見渡すと一面真っ白な世界が幻想的です。   そしてウユニ周辺。ウユニ塩湖だけでは味わうことのできない、本当のボリビアを感じることができます。 ウユニ周辺地図 朝日に染まる山肌と放し飼いされたリャマ 砂漠をひた走ると、途中乾ききってしまった湖が点々とあります。 この地域のシンボルArbol de Piedra 岩の木 赤い湖、ラグーナコロラダ。 野生のフラミンゴ 日本でも健康食品として話題の、ボリビア名物キヌア畑   見所をあげるときりがありません。 このツアーは観光というよりは冒険と言える気がします。標高最大約4700m!! 自然体のボリビア、静かで素朴なボリビアと、そこにある湖などの絶景を堪能する旅。 ボリビアという国を深く見れる旅。   景色だけでなく、訪れる国をよく知りたいという旅好きの方にはかなりオススメです!!   あーまた行きたい。 一緒に行ってくれる方、是非お問い合わせください!! お待ちしてま〜す。 それでは hasta pronto!

ボリビアへお越しやす 〜乾季のウユニと周辺景勝地〜2018-07-17T13:21:43+09:00

6月 2016

ボリビアへお越しやす 〜ウユニ塩湖周辺〜

2018-07-14T03:21:28+09:00

こんにちは!ボリビアからなつきです。 最近ラパスはどんどんと寒くなってきています。 標高が高いので昼間は日差しが強く暖かいですが、朝・晩は冷え性には辛い季節になってきました。 それでも、乾燥しているので日本の冬ほど寒くない気がします。   さて、前回のウユニ塩湖に続き、今回は乾季のウユニ塩湖とその周辺の見所についてお話ししたいと思います。    

ボリビアへお越しやす 〜ウユニ塩湖周辺〜2018-07-14T03:21:28+09:00

ウユニ塩湖周辺の見所

2018-07-14T04:22:11+09:00

こんにちは。 今回は大人気のウユニ塩湖…ではなく、その周辺の見所についてお話しします! 前回

ウユニ塩湖周辺の見所2018-07-14T04:22:11+09:00

ウユニ塩湖の魅力

2018-07-14T03:23:32+09:00

ウユニ塩湖! と聞くとどこまでも続く鏡張りを想像される方が多いのではないでしょうか? ウユニの魅力は鏡張りだけではありません。 やはり最大の魅力は広大な六角形の塩湖です。

ウユニ塩湖の魅力2018-07-14T03:23:32+09:00

5月 2018

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選

2018-07-14T03:23:47+09:00

遅くなりましたが...あけましておめでとうございます! ラパスからともみです。 ウユニの添乗から戻り更に真っ黒に...現地人化してきている自分が怖いです。   さぁ!ウユニ塩湖シーズン真っ盛りということで、今日はオンリーワンスタッフが選ぶ、 ウユニ塩湖トリックアート10選をご紹介したいと思います! いきますよー!   ①恐竜に食べられちゃう〜! 恐竜のオモチャや、人形など遠近法を利用して遊べるトリックアート! ん?この写真、後ろの人(私)、前の人を蹴ってません?笑   ②靴がおっきくなっちゃった! こちらも遠近法を利用しての撮影!長靴でも面白そう! 紐を使って綱渡りもできちゃいますよー!   ③夕日をキャッチ! カメハメハー!や夕日を食べるトリックアートも是非!   ④コーラシャワー! お水を使ってもいい感じ!これ、結構難しいんです。。   ⑤塩湖で組み体操! 鏡張りを使って扇〜!綺麗でしょ??   ⑥マジシャン! 帽子からこんにちはシリーズ!   ⑦UYUNI これはもう定番では?鏡張りを使ってのUYUNI文字!   ⑧恐竜RIDE! 塩湖だからできる恐竜ライド!   ⑨手乗りアート 手に乗せるだけでなく、食べちゃう写真も面白い!   ⑩ペットボトルアート ペットボトルが落ちてくるー!このシュール感がたまりません!   楽しみ方は日中だけじゃありません。 星空を使っての撮影もご紹介します! 新婚さんで♡マーク!一生の思い出に。 ツアーの仲間と一緒に。みんなで記念撮影!   これ以外にも、アイデアはたくさんあります! 夕日と一緒にジャ~ンプ!ひろーい塩湖だから爽快感が伝わりますよね!   そして、4WDに乗る機会なんてめったにありません! どうですか?このキメキメ感!お気に入りショットです!   ペンライトを用意しておくと、こーんな写真も撮れちゃいます! シャッタースピードの30秒間ひたすら文字を書くだけ!     ウユニ塩湖でしかできないトリックアートはまだまだあります! 新しい発見があり次第、すぐに報告しますね! お楽しみに♡ Tomomi  

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選2018-07-14T03:23:47+09:00

5月 2016

ボリビアへお越しやす 〜雨期のウユニ塩湖〜

2018-07-17T13:34:00+09:00

こんにちは。ボリビアからなつきです! 繁忙期はパナマにお留守番だった私ですが、他のスタッフと入れ替わりで今は一人でボリビア、ラパスに駐在しております。 これからブログを通し、ボリビア駐在スタッフとしてこの国の魅力を皆さんにお伝えできればと思います。 まずはやっぱり雨期のウユニから。 もう何度か訪れていますが、行く度に違う景色を見せてくれるウユニ塩湖。これまで旅した国は少なくないと思いますが、やはり他にはない絶景です。   これほど、家族や友達、大切な人たちにも見てほしいと思う絶景は他にありません。 実はこのウユニ塩湖、日本では12月〜3月がベストシーズンとされていますが、欧米人には乾季のほうが人気なんです。 彼らの目的はウユニ塩湖だけでなく、周辺の景勝地。 チリの国境からウユニ周辺を巡るツアーが大人気です。赤い湖(ラグナ・コロラド)緑の湖(ラグナ・ベルデ)、堂々とそびえ立つ山々、温泉等、ウユニ塩湖とはまた全く違ったボリビアの様々な絶景を、お腹いっぱい楽しめます。 私は視察でこのツアーに参加しましたが、実はその際に初めて「あ!今ボリビアにいるんだ!」という実感が湧きました。笑 乾季にこのツアーが人気なのは、ウユニ塩湖含む周辺地域に風が強く吹き、湖の色をより鮮やかに見ることができるからです。   次回はこの、ウユニ塩湖周辺&乾季のウユニについて詳しく書きますね! それでは、Hasta pronto!! Natsuki  

ボリビアへお越しやす 〜雨期のウユニ塩湖〜2018-07-17T13:34:00+09:00

4月 2016

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選

2018-07-17T13:35:25+09:00

遅くなりましたが...あけましておめでとうございます! ラパスからともみです。 ウユニの添乗から戻り更に真っ黒に...現地人化してきている自分が怖いです。   さぁ!ウユニ塩湖シーズン真っ盛りということで、今日はオンリーワンスタッフが選ぶ、 ウユニ塩湖トリックアート10選をご紹介したいと思います! いきますよー!   ①恐竜に食べられちゃう〜! 恐竜のオモチャや、人形など遠近法を利用して遊べるトリックアート! ん?この写真、後ろの人(私)、前の人を蹴ってません?笑   ②靴がおっきくなっちゃった! こちらも遠近法を利用しての撮影!長靴でも面白そう! 紐を使って綱渡りもできちゃいますよー!   ③夕日をキャッチ! カメハメハー!や夕日を食べるトリックアートも是非!   ④コーラシャワー! お水を使ってもいい感じ!これ、結構難しいんです。。   ⑤塩湖で組み体操! 鏡張りを使って扇〜!綺麗でしょ??   ⑥マジシャン! 帽子からこんにちはシリーズ!   ⑦UYUNI これはもう定番では?鏡張りを使ってのUYUNI文字!   ⑧恐竜RIDE! 塩湖だからできる恐竜ライド!   ⑨手乗りアート 手に乗せるだけでなく、食べちゃう写真も面白い!   ⑩ペットボトルアート ペットボトルが落ちてくるー!このシュール感がたまりません!   楽しみ方は日中だけじゃありません。 星空を使っての撮影もご紹介します! 新婚さんで♡マーク!一生の思い出に。 ツアーの仲間と一緒に。みんなで記念撮影!   これ以外にも、アイデアはたくさんあります! 夕日と一緒にジャ~ンプ!ひろーい塩湖だから爽快感が伝わりますよね!   そして、4WDに乗る機会なんてめったにありません! どうですか?このキメキメ感!お気に入りショットです!   ペンライトを用意しておくと、こーんな写真も撮れちゃいます! シャッタースピードの30秒間ひたすら文字を書くだけ!     ウユニ塩湖でしかできないトリックアートはまだまだあります! 新しい発見があり次第、すぐに報告しますね! お楽しみに♡ Tomomi  

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選2018-07-17T13:35:25+09:00

1月 2016

ボリビアのウユニ塩湖で世界一の絶景を守るために環境改善プロジェクトを始めました

2018-07-17T13:36:04+09:00

こんにちは、海外農業コンサルタントの宮﨑大輔(@JIBURl)です。 2015年10月から11月まで南米ベネズエラの少数民族ペモン族の集落で、オンリーワントラベルさんの本庄さんと農業指導活動を行っていました。 詳しくはこちらの記事を読んでみてください。 → ベネズエラのテーブルマウンテンに暮らす少数民族ペモン族へ国際支援を始めました   そして、現在は南米ボリビアのウユニ市で「ウユニ塩湖環境改善プロジェクト」を、オンリーワントラベルさんと協力して実施しています。 ボリビアのウユニ塩湖といえば「死ぬまでに必ず見たい世界一の奇跡の絶景!」というキャッチコピーで知られ、日本で大ブームが起きていますよね。 日本で一番有名な絶景スポットといっても過言ではないでしょう。 しかし、そんなウユニ塩湖で環境汚染が問題になっていることを、あなたは知っていますか? そして、その原因が実は日本人旅行者にあるなんて...... そのため2015年12月から私たち青年海外協力隊OBとオンリーワントラベルさんが協力し、世界一の絶景ウユニ塩湖の環境を守るためにプロジェクトを立ち上げました。 その資金を集めるために、2016年1月21日からREADYFORでクラウドファンディングも始めました。 そこで今回はオンリーワントラベルブログを見ている皆さんに、ウユニ塩湖の環境改善プロジェクトとクラウドファンディングについてご紹介します。     南米ボリビアのウユニ塩湖で環境改善プロジェクトを始めました 2015年12月から南米ボリビアのウユニ塩湖で、環境改善プロジェクトを始めました。 「えっ、ウユニ塩湖って世界一綺麗な場所なんじゃないの?」と驚かれている人も多いと思うので、まずはウユニ塩湖で起きている環境問題についてご説明します。 01. ウユニ塩湖のトイレ問題 まずはウユニ塩湖のトイレ問題についてご説明します。 ウユニ塩湖周辺には観光客向けに汲み取り式トイレがありますが、実はウユニ市周辺には汚物を処理する施設がないので適切に処理されずに捨てられています。 例えば、こちらはウユニ塩湖の中にある「塩のホテル」と呼ばれる休憩所で、観光客は必ず立ち寄ることになっています。   塩のホテルのトイレは排泄物がドラム缶に溜まるようになっています。   ウユニ塩湖にはたくさんの観光客が訪れるので排泄物も非常に多いですが、これは適切に処理されずに捨てられています。 このままでは、ウユニ塩湖周辺が観光客のうんちやおしっこのせいで汚染されてしまいます。   また、「列車の墓場」というウユニ市の観光スポットにはたくさんの観光客が訪れますが、ひとつもトイレがありません。   そこで、私たちは人間の排泄物を無害化し有機肥料に変えることができる「バイオトイレ」を、列車の墓場に作ることを計画しています。 バイオトイレは日本でも富士山山頂や屋久島で利用されており、自然を守るために最適な環境にやさしいトイレです。   バイオトイレではおしっことうんちを別々に回収して、微生物の力を借りて発酵させることで「肥料」として使えるようになります。 まずは列車の墓場にバイオトイレを建設し、他の場所にも普及させるためのモデルケースにしたいと考えています。   バイオトイレ建設についてはすでにウユニ市のパトリシオ市長とも合意しており、市役所と協力して一緒に建設する予定です。     02. ウユニ市のごみ問題 次に、ウユニ市周辺のごみ問題について説明します。 ウユニ市周辺のごみ問題は大きく分けて、ウユニ市、ウユニ塩湖、列車の墓場の3つの地域で発生しています。 (1)ウユニ市のごみ問題 ウユニ市ではごみの回収場所がないので、市民は家庭ごみを路上に放置します。 そのため、大量に生息している野犬がごみを漁り、ウユニ市の街中はごみが散乱しています。 根本的な原因は、ウユニ市民のごみ問題に対する意識の低さがあり、「市民の環境意識を改善するためには20年から30年かかる」と言われています。 そこで、まずはウユニ市の学校で子供に環境教育を行い、分別回収用のごみ箱を市内に設置する計画を立てています。 こちらはウユニ市役所のごみ処理課の責任者マルセリーノ氏と協力して計画中です。   (2)ウユニ塩湖のごみ問題 ウユニ塩湖の中にもごみが落ちています。 ウユニ市から強風で飛ばされたごみや、観光客がポイ捨てしたごみです。   ウユニ塩湖の中にはごみを捨てる場所がないので、分別収集ができるごみ箱を設置する予定です。 これについては、ボリビア国環境省のブラディミール氏と協力し設置する予定です。   (3)列車の墓場のごみ問題 もう一つの問題は、列車の墓場にある不法投棄ごみです。 観光名所である列車の墓場には、ウユニ市民が不法投棄したごみや観光客がポイ捨てしたごみが大量に落ちています。   そこで列車の墓場を綺麗にするために、旅人育成団体タビイクの皆さんと協力して2015年12月31日大晦日にごみ拾いイベントを開催しました。 30名の日本人旅行者が集まり、ウユニ駅前と列車の墓場でごみ拾いを行いました。  

ボリビアのウユニ塩湖で世界一の絶景を守るために環境改善プロジェクトを始めました2018-07-17T13:36:04+09:00

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選

2018-07-17T13:36:32+09:00

遅くなりましたが...あけましておめでとうございます! ラパスからともみです。 ウユニの添乗から戻り更に真っ黒に...現地人化してきている自分が怖いです。   さぁ!ウユニ塩湖シーズン真っ盛りということで、今日はオンリーワンスタッフが選ぶ、 ウユニ塩湖トリックアート10選をご紹介したいと思います! いきますよー!   ①恐竜に食べられちゃう〜! 恐竜のオモチャや、人形など遠近法を利用して遊べるトリックアート! ん?この写真、後ろの人(私)、前の人を蹴ってません?笑   ②靴がおっきくなっちゃった! こちらも遠近法を利用しての撮影!長靴でも面白そう! 紐を使って綱渡りもできちゃいますよー!   ③夕日をキャッチ! カメハメハー!や夕日を食べるトリックアートも是非!   ④コーラシャワー! お水を使ってもいい感じ!これ、結構難しいんです。。   ⑤塩湖で組み体操! 鏡張りを使って扇〜!綺麗でしょ??   ⑥マジシャン! 帽子からこんにちはシリーズ!   ⑦UYUNI これはもう定番では?鏡張りを使ってのUYUNI文字!   ⑧恐竜RIDE! 塩湖だからできる恐竜ライド!   ⑨手乗りアート 手に乗せるだけでなく、食べちゃう写真も面白い!   ⑩ペットボトルアート ペットボトルが落ちてくるー!このシュール感がたまりません!   楽しみ方は日中だけじゃありません。 星空を使っての撮影もご紹介します! 新婚さんで♡マーク!一生の思い出に。 ツアーの仲間と一緒に。みんなで記念撮影!   これ以外にも、アイデアはたくさんあります! 夕日と一緒にジャ~ンプ!ひろーい塩湖だから爽快感が伝わりますよね!   そして、4WDに乗る機会なんてめったにありません! どうですか?このキメキメ感!お気に入りショットです!   ペンライトを用意しておくと、こーんな写真も撮れちゃいます! シャッタースピードの30秒間ひたすら文字を書くだけ!     ウユニ塩湖でしかできないトリックアートはまだまだあります! 新しい発見があり次第、すぐに報告しますね! お楽しみに♡ Tomomi  

オンリーワンスタッフが選ぶ ウユニ塩湖トリックアート⑩選2018-07-17T13:36:32+09:00
Load More Posts