Colombia コロンビア

//コロンビア - Colombia
コロンビア - Colombia2019-09-18T05:40:08+00:00

コロンビア旅行情報

コロンビアは、東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面しています。 ブラジル、メキシコに続き、コロンビアはラテンアメリカ第3位の人口を誇り、コーヒー、エメラルド、バラ・カーネーションそしてコカインの産地としても有名です。人口約4630万人で国土面積は、1,139,000平方キロで日本の約3倍です。

通貨はコロンビア・ペソColombia Peso。略号は$。2013年7月現在、US$1=$1888.5。ペソの補助通貨としてセンターボCentavo(¢)があります。1000、2000、5000、1万、2万、5万ペソの紙幣と50、100、200、500ペソのコインが使われています。
両替所は、空港や街中にあります。一部の銀行でも両替は可能ですが、営業時間が限られており長時間待たされることが多いためあまりお勧めはしておりません。持参される通貨はUSドルの現金がベストです。トラベラーズチェック(T/C)の両替も可能で、レートは現金よりも少し良い程度です。ATMは銀行内、大手デパート内などにあります。
【レストラン】中級以上のレストランでは、料金の10%程度がすでに加算されていることが多いです。
【ホテル】5ツ星ホテルの場合、ベッドメーキングはUS$1程度です。ルームサービスやポーターへのチップも忘れずに。
【タクシー】基本的には必要ありませんが、空港などで荷物を運んでもらった時にはチップを渡す習慣があります。
日本より竏鈀14時間です。日本が正午のとき、コロンビアは前日の22:00。サマータイムは採用されておりません。
110~120ボルト、60ヘルツ。プラグは日本と同様の平2穴のAタイプが使用されています。
水道水はうがいをする程度には問題ないですが、飲料には適しておりません。ミネラルウォーターは、スーパーマーケットやキオスクなどで購入出来るのでそちらを購入されることをお勧めします。
コロンビアの郷土料理は鶏肉をジャガイモ、トウモロコシなどの野菜と一緒に煮込んだアヒアコAjiaco、サンコチョSancocho(アヒアコのほうがシチュー風)など。肉料理ビステクBistecや肉の煮込みも一般的です。
コロンビアの国番号は「57」です。
【コロンビアから日本へかける場合】
例:(03)1234-5678または(090)1234-5678へかける場合 009/007/005いずれか(国際電話識別番号)
▼ 81(日本の国番号)
▼ 3または90(市外局番と携帯電話の最初の0を除いた番号)
▼ 1234-5678(相手先の電話番号)
【日本からコロンビアへかける場合】
例:コロンビアの(091)123-4567へかける場合 国際電話会社の番号 001(KDDI)※1、0033(NTTコミュニケーションズ)※1、0061(ソフトバンクテレコム)※1、005345(au携帯)※2、009130(NTTドコモ携帯)※3、0046(ソフトバンク携帯)※4
▼ 010(国際電話識別番号)※2
▼ 57(コロンビアの国番号)
▼ 1(頭の09を取った市外局番)
▼ 123-4567(相手先の番号) ※1 「マイライン」の国際区分に登録している場合は不要。
詳細はURL www.myline.org
※2 auは、010は不要。 ※3 NTTドコモは事前登録が必要。009130をダイヤルしなくてもかけられる。 ※4 ソフトバンクは0046をダイヤルしなくてもかけられる。
コロンビア首都ボゴタの宿には常設PCやWiFi(無線ラン)は設備されているところが多いです。近年ではインターネットカフェの件数が激増傾向にあり、主要都市であれば容易に見つける窶ィ事ができます。日本語環境のPCを持つネットカフェは首都ボゴタでさえも期待できないです。
文化遺産
  • カルタヘナの港、要塞と建造物群 – (1984年)
  • サンタ・クルス・デ・モンポスの歴史地区 – (1995年)
  • ティエラデントロの国立遺跡公園 – (1995年)
  • サン・アグスティン遺跡公園 – (1995年)
  • コロンビアのコーヒーの文化的景観 – (2011年)
自然遺産
  • ロス・カティオス国立公園 – (1994年)
  • マルペロ動植物保護区 – (2006年)

今、南米でブラジルの次に注目されているのがコロンビアです。

危険なイメージが先行しすぎていて本当の現状が伝わりにくい国、コロンビア。現在、欧米諸国の評価ではコロンビアはブラジルの次にホットな旅行先として注目されています。

カルタヘナ

アメリカ大陸最初のスペイン植民地として栄えたカルタヘナは、コロニアルスタイルの街並みとカリブ海のコントラストが美しいコロンビア一の観光地です。

ボゴタ

コロンビアの首都ボゴタは近年特に外国人誘致のための整備が進み、安全で魅力的な街として急成長しました。今最も注目される南米の都市の一つです。

メデジン

コロンビア第二の都市メデジンは、国内きっての産業都市です。街のあちこちに現代アートや彫刻を見ることができ、2013年「世界で最も革新的な都市」コンテストで1位に輝きました。

コロンビアの行き方

空港コードはBOGです。
HP:エルドラドボゴタ空港ホームページ http://www.elnuevodorado.com
電話:+57(1)2662000
エルドラド国際空港はボゴタ中心部の西15Kmに位置するコロンビアの国際空港です。コロンビア最大の空港であり、コロンビアの国際線、国内線の玄関となっています。
国際線のハブとして、アヴィアンカ、コパ航空コロンビア、ラン・コロンビア、サテナ、イージーフライが利用してます。
エルドラド国際空港:通称”エルドラド“といわれており由来は、この地にある「黄金伝説エル・ドラードからきております。エルドラードとはスペイン語で「金めっきの」、または「黄金の人」を意味し、16世紀頃に存在したチブチャ文化(ムイスカ文化)の儀式が基になっています。
この地方では金の採掘と装飾技術が発達し、その土地の首長が全身に金粉を塗り儀式を行う風習を持っておりました。
大航海時代にスペインのコンキスタドール達がこの噂を聞きつけ、アマゾンの奥地に黄金郷があるという伝説となったことから名付けられたものです。
日本からコロンビアへの直行便はなく、北米の都市を経由して行くのが一般的です。
同一航空会社で乗り継ぐ場合、コンチネンタル航空のヒューストン経由、もしくはデルタ航空のニューヨーク経由が主流です。
アメリカン航空はダラスとマイアミ経由。
複数の航空会社で乗り継ぐ場合には、ロスアンゼルスからアビアンカ航空のボゴタ行きを利用するのが一般的であり、マイアミからは、アメリカン航空、デルタ航空、アビアンカ航空などのボゴタ行きやメデジン行きなど、コロンビアへ向けての路線が多数運航されております。
所要時間の目安は乗り継ぎに要する時間も含めて、最短で約19時間程度です。
エルドラード空港から、新市街のホテルまでは空港タクシーで$13〜15程度で約20〜30分程度。
【ビザ】観光を目的として入国する場合、滞在が90日以内であればビザは必要ありません。
【パスポート】パスポートの有効残存期間はコロンビア入国時に3ヵ月以上、パスポートの未使用ページが3ページ以上あることです。
【入出国】コロンビアへの入国に際しては、到着までに機内で配られる税関申告書に必要事項を記入し提出します(入国カードはない)。 出国の際は、観光目的で60日以内の滞在の場合は空港使用税が免除されるため、各航空会社でのチェックインの前に出国税免除証明書を入手します。
ボゴタのエル・ドラード国際空港ではアビアンカ航空利用の場合は35番の窓口、アビアンカ航空以外の航空会社利用の場合は19番の窓口に行きパスポートを提示。パスポートに税金免除の印を押してもらいます。その際に出国税免除の用紙をもらえるので、チェックインの際に各航空会社に提出します。60日以上の滞在の場合は、US$33(為替レートにより変動する)必要です。
また、パスポートに押された滞在可能日数を延長する場合は、事前に入国管理事務所DASにて滞在延期申請をしなくてはなりません。
予防接種は義務づけられてません。ただし、コロンビアは黄熱病のリスク国に指定されております。標高2300m以下のジャングル地域に行く場合は、黄熱病の予防接種を受けていくことをお勧めします。

コロンビアへ行くツアー