トリニダード・トバゴの旅行情報
Trinidad y Tobago

青い海、白い砂浜、陽気な音楽
リンボーダンスとスティールパン発祥の地、トリニダードへ

トリニダード・トバゴの概要とベストシーズン

トリニダード・トバゴ共和国(通称トリニダード・トバゴ)はカリブ海の小アンティル諸島南部に位置するトリニダード島とトバゴ島の二島と属領からなる共和制国家で、イギリス連邦加盟国 です。

トリニダード島は、島にある3つの山をキリスト教の教義の三位一体(Trinidadは、スペイン語で三位一体のこと)になぞらえて、スペイン人に名付けられ、トバゴ島は、先住民が吸っていたタバコから名付けらました。

両島間は約34km離れています。

アフリカとインドの文化が混ざり合って発祥した音楽やダンスが有名で、カーニバルやディーワーリー(インドのヒンドゥー教のお祝い=光のフェスティバル)、ホセイ(インド系カリブ人ムスリムのお祝い)などに表現されています。
また、リンボーダンスやカリプソ、スチールパン(ドラム缶から作られた打楽器)の発祥地でもあります。

また、トリニダード・トバゴのはアメリカで活躍する歌手ニッキー・ミナージュの出身地です。

ベストシーズンは天候が安定している1月から5月にかけて。
トリニダード・トバゴの島はハリケーンベルトから外れているためハリケーンの心配はありませんが、6月から12月にかけては夕方に雨が降るのは毎日のこと。季節によって20度から32度と朝晩の温度差はありますが、年間平均気温は26度前後と過ごしやすい気温です。

トリニダード・トバゴの主な観光地

トリニダード島

ポート・オブ・スペイン
Port of Spain

石油や天然ガスの資源が取れるトリニダードの首都、ポート・オブ・スペインはビジネスの中心地になっています。

ポート・オブ・スペインで開催されるカーニバル「ジュヴェ」は世界三大カーニバルのうちの1つです。
仮面舞踏会や大衆音楽“カリプソ”や“ソカ”、スチールパンのコンテストなどが見もの。毎年2月から3月にかけて行われます。

マラカスベイ
Maracas Bay

珊瑚の白浜にココナッツがなるヤシの木が並び、緑豊かな山を背景に透き通った青い海は地元民から観光客までを魅了する島で一番人気のビーチです。
ここを訪れずにトリニダードへの旅は語れません!

カロニー鳥類保護区
Caroni Bird Sanctuary

カロニー沼地はトリニダード・トバゴで2番めに大きなマングローブ湿地帯。
この地域はラムザーコンベンションで保護されており、多種多様な動植物が生息しています。
年間何千人ものエコーツーリストが訪問します。

トバゴ島

ピジョンポイント
Pigeon Point

ターコイズ色の海と白浜が広がるピジョンポイントは島で“夢のビーチ”と呼ばれています。
ビーチの象徴として有名な木でできた桟橋は青く輝く空の下に広がる温かいビーチを想像させます。

スペイサイド
Speyside

トバゴ島のダイビングのメッカ。スペイサイドにはいくつものファーストクラスのダイビングスポットが存在します。
脳珊瑚を始め、様々な色、形をした珊瑚、そして亀やウツボ、サメ、エイなどが生息します。

海を隔てて北にグレナダ、北東にバルバドス、南はベネズエラと15KMの沖合に存在します。カリブ海の中でもっとも南に位置する国です。

トリニダード・トバゴ・ドル(TTD)

$1.00USD=$6.26TTD(2020/4)

英語系のクレオール言語(混成言語)であり、スペイン語やフランス語、ヒンディー語の影響を強く受けている。

消費税15%、サービス税10%

良いサービスを受けた場合は別途10−20%のお心づけを渡しましょう。

UTC -4 (日本との時差13時間)

基本は115V、ソケットタイプはA, B型が利用されています。

水道水は飲むことができます。

国番号は1-868

トリニダード・トバゴの料理はアジア、アフリカ、クレオール、ヨーロッパと、様々は文化に影響を受けています。

1年に1度のフードイベント“Blue Food Festival in Tobago” でトリニダード・トバゴのローカルフードを味比べしてみましょう!

アフリカ系 (41%) 、印僑 (41%) 、混血 (16%) 、ヨーロッパ (1%) 、その他華人等 (2%)。
トバゴ島ではアフリカ系の住民が多い。

90日間以内の観光目的のとこであればビザは不要です。

(推奨)チフス、A型肝炎、B型肝炎、ポリオ、狂犬病、3種混合(はしか、おたふく、風疹)、破傷風、ジフテリア、百日咳、インフルエンザ、黄熱病

【黄熱病について】

  • 黄熱に感染する危険のある国から来る、1歳以上の渡航者は黄熱予防接種証明書が要求されています。乗り継ぎのため、黄熱に感染する危険のある国の空港に12時間以上滞在した渡航者も黄熱予防接種証明書が要求されています。
  • 黄熱に感染する危険のある国です。トリニダード島の森林密集地域に渡航する、生後9か月以上のすべての渡航者に黄熱の予防接種が推奨されています。
トリニダード島全域に「十分注意」の危険情報が外務省より発出されています 。貧困格差があり、トリニダード島においては年々治安が悪化しています。特に人の多いポート・オブ・スペインでは窃盗、強盗は高い確率であるので、身の回りに注意することと、人混みのあるバスターミナル周辺、市場周辺などや、逆に人通りの少ない路地などに入り込まないように気をつけてください。また、夜は出歩かないこと。

トリニダード・トバゴへの行き方

アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツから直行便が出ています。

トリニダード島とトバゴ島の行き来は飛行機もしくはフェリーにて可能。

空港 トリニダード島 ピアルコ国際空港

トバゴ島 クラウン・ポイント空港