Project Description

ウシュマルの旅行情報

ウシュマル (Uxmal) は、紀元500年頃から1100年頃にかけて建てられた、ユカタン州にあるマヤ文明の遺跡です。
古代都市「ウシュマル」として、1996年に世界遺産に登録されました。 マヤ遺跡のなかでも保存状態がいい遺跡で、なかでも珍しいのが【楕円形の底辺】を持つピラミッドです。

ウシュマルについて

巨大遺跡の一つで、当時はユカタン半島西部地域で最も強大な勢力を持ち、東部地域で最強だったチチェン・イッツアと同盟を結ぶことでユカタン半島のほぼ全域を支配していたと言われています。
紀元500年頃に建設が始まったとされますが、多くの建物は700年から1100年にかけて建設されています。
最盛期の人口は約2万5000人に達したという古代都市です。
遺跡は、東西約600m、南北約1kmで、南北にプウク様式の建造物が建ち並んでいます。
プウク様式は通常のマヤ建築と異なり、建物が横長の方形で平らな屋根を持ち、壁にはコンクリートが用いられる一方壁面の上半分には切り石のモザイク装飾が施されているというのが特徴です。
ユカタン半島のマヤ遺跡の中では建造物の保存状態が非常によい遺跡で、ウシュマルの建造物はどれも美しく優雅であると言われています。
「ウシュマル」とは【三度にわたって建てられた町】を意味していると言われていますが、いまだ学者間での解釈の違いはあるようです。
この遺跡の共通点は、最下段に岩や石を敷き詰めてプラットフォームを造りその上に建築物が建てられている点で、こうすることで石灰層が溶けて崩れる事故を事前に防ぐ、という工法がとられていることです。
当時の建築の技術が非常に高かったことがうかがえます。

ウシュマルの地図

メキシコ湾とカリブ海を持つユカタン半島の中程、メリダの南方78kmのジャングルの中にあります。
カンペチェへ向かうメキシコの高速自動車国道261号線で、メリダから110kmの地点。

ウシュマルへの行き方

【バス】メリダやカンペチュから、ウシュマル行きのバスが1日4~5本出ています(所要時間は2~3時間)

ウシュマルの主な見どころ

ピラミッドの多くは四角錐の形をしているのが一般的ですが、このピラミッドは珍しい楕円錐形をしているのが特徴です。しばし「世界で最も美しいピラミッド」ともいわれています。
この魔法使いのピラミッドの名前はある伝説からきています。

昔々この辺りに魔法を使うおばあさんが住んでいました。
おばあさんに子供がいないことを聞いた小人たちは彼女を不憫に思って卵を贈ります。
おばあさんがそれを大切に温めていると、ある日卵が割れてひとりの子供が誕生します。
その子の成長はすぐに止まり、小人ほどにしか育ちませんでしたが、産まれながら言葉が話せるほど聡明で、しばしばおばあさんを驚かせていました。
一方ウシュマルでは、予言によって新しい王の誕生が噂されていました。おばあさんの子供はその不思議な力によって候補者となり、王が与える数々の試練をくぐり抜け、ついに王の後継者となります。
新王は「ウシュマルには都にふさわしい神殿が必要だ」というと、一夜のうちにピラミッドを造り上げてしまいました。
ジャングルの中にそびえ立つピラミッドを見た人々は彼の力を讃え、新しい王として迎え入れました。

この伝説をもとに、小人がつくった小人のピラミッドとも呼ばれます。
実際にはもちろん一晩で出来たわけはなく、現在の形になるまで約300年くらいはかかっただろうと推定されています。
現在の魔法使いのピラミッドは様式の異なる五つの神殿から成っていて、その内最も古いものは、基檀西側の隅にその一端をのぞかせているプウク式の建物です。
壁には十字架のようなものもあり、キリスト教がこの地に伝道される数世紀も前に、何故キリスト教徒が用いた十字架が使われているのか不思議な点でもあります。

64m×45mの中庭を囲むように4つの建物が配置され、多数の部屋があり、僧院のように見えることからこの名前がつきました。
中に四角い庭を持つ複合建築物で、東西南北に異なったデザインの建物が建てられています。
北の建物は豪華な装飾が施され、四方の建物の中で、この建物のみ高さ7mの基壇の上に載っている上、基壇中央には神殿装飾の部屋が設けられています。
東と西は2.5mの基壇のみで、南は基壇がありません。
このことから、北側が最も重要な建物、あるいは広場での儀式の際に王や高位神官が使用したものではないかといわれています。しかし現在、まだ何のための建造物かわかっていません。
壁面に刻まれたプウク式の彫刻が施されています。プウク式とは石灰岩の切石を積み重ねて建造したユカタン半島独特の建築様式で、長短の切石を組み合わせることで壁面にモザイク状の神像を描き出し、壁と彫刻を一体化した様式です。
雨の神チャックをはじめ、羽を持つ蛇の神ククルカン、ジャガー、フクロウ等を見ることができます。

高さ8メートル、奥行き12メートル、横96メートルの横長の建物と、少し高台に建てられた大きな建造物です。
内部には横18メートル奥行き5メートルと巨大な大部屋があることから総督の宮殿の名が付けられたとか、宮殿の大きさに驚いたスペイン人によってつけられたとか、さまざまな見解があります。
この建造物自体も貴族の部屋だとか、行政府の建物だったとかいろいろな諸説があり、何のために建てられたのかいまだ分かっていないのが事実です。
建物の美しさはマヤ遺跡で尼僧院と同様、もっとも美しいプウク式といわれています。
建物の前の祭壇には双頭のジャガー像がありますがこれが何の意味を成してるのかも今なお謎のままです。


魔法使いのピラミッドのほかにもうひとつピラミッドがあります。
高さはあまりないのですが、なぜかグラン・ピラミッドと呼ばれています。
マヤ遺跡のピラミッドの中でも貴重な、登れるピラミッドです。
頂上からはジャングルのなかの遺跡ウシュマル全体が見渡せ、神秘的な光景が見られます。
またここからは魔法使いのピラミッドの曲面もはっきりわかります。