Project Description

ロスリャノスの旅行情報

ロスリャノスについて

ロス・リャノスはベネズエラ北東部に広がる熱帯草原平原と区分される大湿地帯です。

南米でも屈指の野生動物観察スポットとして知られ、年中を通し世界各国から観光客が訪れます。

見渡すかぎりの大平原は湿地帯が大部分を占めます。その湿地帯は水鳥をはじめ、ピラニアやなまずなどの魚類、クロコダイルやカイマン、バジリスク、イグアナ、そしてアナコンダなどの爬虫類の宝庫となっています。
陸地では覆い尽くさんばかりのカピパラが群れをなし、水牛や小型のシカなども観察することができます。
ロス・リャノスの最大の魅力はこの動物たちを間近で見れることです。
ベネズエラの大自然を満喫するために外せない観光地となっています。天然の動物園をお楽しみ下さい。

ロスリャノスの地図

(ロスリャノス玄関口、バリナスの位置を表しています)

ロスリャノスの行き方

首都カラカスから空路でバリナスへ向かいそこから車でアクセスする方法が一般的です。
ロスリャノスへカラカスから毎日一便が運行しています。

飛行機で

下記、路線がツꀀ最もカラカスからのバリナス観光に適しています。
Ato Cristero Ranchi Barinas(アト・クリステロ・ランチ:バリナス)空港

利用航空会社AVIOR Airlines

Caracas(カラカス)からBarinas(バリナス)空港: 10:45時発-11:45時着
Barinas(バリナス)空港からCaracas(カラカス)空港:19:45発-20:45着

ロスリャノスのツアー・アクティビティ

リャノスサファリ

12人乗りのオープントラックに乗り、ロス・リャノスの平原を進みます。

トラックでゆっくりと湿原の中にある道を進みます。
道中に沢山のカピパラを見ることができます。
大きな個体から生まれたばかりの小さな赤ちゃんまで、まさにカピパラの楽園です。
トラックが通る度にイグアナやバジリスクが目の前を横切り、目線を上に移すと数々の水鳥が飛び交っています。
野生の息吹を感じられるツアーです。

湿原ボートクルーズ

12人乗りの小型ボートに乗り、ロス・リャノスの川をクルーズします。

水面に近く設計されたボートに乗り、水草茂る湿原の中を進みます。
水草の上をダンスするように小型の水鳥が跳ね回り、陸から張り出した木にはカワセミや猛禽類のミサゴ、クロコンドルが身を潜めています。針に牛肉を付け、川に放るとピラニアが瞬時に食いつくピラニアフィッシングも楽しめ、その肉の匂いに誘われてカイマンや肉食のカメなどもボートの周りに集まってくるのが見られます。
水生動物の躍動感溢れるツアーをお楽しみ下さい。

バギートリップ

一人用のバギーに乗り、自由気ままにロス・リャノスを駆け巡る。

マニュアルミッションの4輪バギーに乗りロス・リャノスを自由に駆け巡るツアーです。
他のツアーに比べ自分のペースで動くことができ、より自然と動物を近くに感じることのできるアクティビティです。
近くを動物が通るときは、エンジンを切ってじっとしていると彼らの警戒心も緩むので自然の営みを見ることができます。
夕暮れ時には人気のない場所まで移動し、大湿原に沈む絶景をお楽しみ下さい。