Project Description

ボリビア > ラ・パスとその他のボリビアの街の旅行情報

ラ・パスの旅行情報

ラ・パスとは

ラパスは標高3600mで世界一標高の高い首都として有名です。憲法上の首都はスクレですが、実際行政上、事実上の首都はラパスとなっています。

空港があるエル・アルトは標高4000m。ペルーから来た旅行者など高度に順応済みであれば心配ありませんが、到着後に高山病の症状が出ることもありますので深呼吸を心がけてゆっくり歩く、お酒を飲みすぎないなとの注意が必要です。

気温は年間を通して10度前後、日中日差しがあればもっと高くなることもしばしばですが、朝晩はやはり冷え込みますので常に暖かい上着の準備が必要です。季節は1月~3月の雨季と、それ以外の乾季の2種類で、南半球に位置する為雨季が夏、乾季が冬に当たります。

街中ではドルはあまり使えませんので、両替をする必要があります。米ドルをご持参になり、空港やホテル、両替所等で現地通貨ボリビアーノへの両替をお勧め致します。

街中の治安は日中でも貴重品や身の回りに気をつけて行動してください。凄腕のスリがいますので、日本の感覚でいると見事にヤラれてもただ笑うしかありません。向こうから話し掛けてくる人は基本的に相手にしない様にしていれば偽警官にも捕まらずに済みます。

日が暮れてからは基本的に少人数で外を出歩かない様に注意して下さい。

ラ・パスの地図

 

ラ・パスの行き方

日本からボリビアへの直行便がなく、少なくても2回の乗換えが必要となります。

一般的なのは北米経由で成田→ダラス→マイアミ→ラパス等。

マイアミ経由で所要約27時間。

他にも北米各都市を経由するパターンや、日本→オーストラリア→チリ→ボリビア等色々な回り方があります。

ラ・パス周辺地域の見どころ

ラパスの旧市街の中心に位置するメインの広場。

この広場を囲む様に大統領府、国会議事堂、カテドラルが建てられています。

ムリージョとは、1809年にスペイン支配に対する蜂起を起こしボリビアの独立の英雄として活躍した人物で、広場の真ん中にはムリージョの像が高々とそびえ建っています。

この広場の周りは色々な地元の人たちのレストランやショップが立ち並び、1日中にぎやかな場所です。

1548年にサンフランシスコ修道会によってラパスで最初に建設が始まった教会。

旧市街の中心ムリージョ広場からは徒歩5~10分程で、お土産物屋さんが立ち並び、バックパッカー向けの安宿も多いサガルナガ通りの入り口にあります。

ヨーロッパのバロック様式と一緒にインディヘナが信仰していた太陽やインディヘナの十字架、ヤギ等のモチーフが描かれているのも印象的。

中央の祭壇に祭られているマリア像もボリビア風に褐色の肌と黒髪をしています。

ラパスでも最もツーリスティックな通りで、安宿やお土産物屋さん、レストラン等が所狭しと並んでいます。

ここに来れば旅行で必要な情報はほぼ手に入ります。

その分観光客を狙ったスリ等も多いので歩くときはちょっと注意が必要です。

アルパカ製品も沢山売られており、2ドル程度の手袋、靴下から、一着70ドル以上もする最高品質の100%アルパカ製品まで色々なものを見付ける事が出来ます。

サガルナガ通りと交差している通りにはインディヘナのおばあさん達が昔ながらの薬草やお呪いグッズを売る独特な雰囲気のお店が並んでいます。

通称魔女の通りと言われ、そこではラパス発祥のエケコ人形やアイマラ族のラッキーアイテムを購入する事が出来ます

こちらもムリージョ広場からすぐの所にある通りで、ここだけスペイン風のカラフルで可愛らしい建物が非常に状態良く保存されています。

ここにはアーティストの手作り作品が売られているお洒落なショップやレストラン、ムリージョの家、黄金博物館等、いくつかの博物館が並んでいます。

月曜日は殆どの博物館が休みとなりますので注意が必要です。

ボリビアの夜のエンターテイメントと言えばペーニャと呼ばれるフォルクローレ・ディナーショー。中でもサガルナガ通り沿いにあるウアリと言うレストランは有名で、ボリビア全土の伝統音楽やダンスを楽しみながらボリビア伝統料理のディナーを楽しむ事が出来ます。

ここのメニューで特にお勧めなのがリャマ肉で作るピケ・マチョ(ボリビア風肉野菜炒め)とサフタ・デ・ポジョ(トマトとタマネギをスライスしたピリ辛ソースが掛かった鳥肉のお料理)です。

一皿の量はとても多いので2人~3人でシェアしてちょうどいい位です。他にもサラダやチーズはビュッフェで食べ放題です。

ラパスの中心街から車で約40分程南に行った所にある不思議な地形の谷。

アームストロング船長がここを訪れた際に「まるで月面の様だ」と言ったことから観光地になりました。

実際の月面がこんなにボコボコしているのかどうかは分かりませんが、この谷の中を歩いていると月を探検している様な、楽しい気分に浸る事が出来ます。

散策コースは15分コースと45分コースがありますので体調に合わせてお楽しみ下さい。

月の谷の更に奥にある乾燥した山々。

その山から豪快にジャンプ!! ラパスの南地区にある高級住宅街を眼下に眺めながら、イリマニ山やアンデス山脈等、雪を被った高さ6000m級の山々の絶景も楽しめます。

とにかく爽快な気分を味わいたい方には絶対お勧めのアトラクションです。

紀元前2000年程前~プレインカの時代まで3000年近くも続いたと言われている古代文明・ティワナクの遺跡。

ラパスからは車で1時間半程の所に位置しています。

館内にはティワナクの文明を分かりやすく紹介、展示している2つの博物館と世界遺産に登録されている遺跡があります。

インカにも影響を与えたと言われている石の遺跡からは、マチュピチュの石組みに見られるインカの遺跡の初期段階の様子を伺い知る事が出来ます。

スクレ旅行情報

意外と知られていないのですが、実はスクレがボリビアの憲法上の首都。しかし、今では最高裁判所がスクレにあるのみで他の行政機関は全てラパスに集中しています。

そのせいかスクレは古都の様な落ち着きと伝統を感じさせる白壁の町並みを併せ持ち、その美しい町並みは世界遺産に登録されています。ブラブラと待ち歩きするだけでもとても楽しめる大人の観光スポットです。

標高も約2730mとボリビアの中では低めで温暖な気候に美味しい郷土料理。

一度スクレを訪れれば必ず虜になってしまう魅力がある街です。

スクレの地図

スクレへの行き方

飛行機を利用する場合

ラ パス、サンタクルスからそれぞれ3つの航空会社(Aerosur、BOA、TAM)が運行しています。ただし、全ての航空会社が毎日運行しているわけでは ないので、運航日に注意が必要です。ボリビアのフライトは他の国に比べると比較的欠航や遅延、スケジュール変更が頻繁に起こります。

(※2012年4月現在アエロスールは経営破綻を申請した為弊社ではお勧めしておりません。)ラパス-スクレ間のフライト時間は45分、サンタクルス-スクレ間は30分程度。

バスを利用する場合

コチャバンバからスクレは所要約10時間半、運賃は80ボリビアーノ(約800円)。

ポトシからスクレは所要約3時間で運賃は20ボリビアーノ(約200円)。

旅行者はウユニ塩湖に向かう前後にポトシからスクレを経由するパターンが多いです。

ラパスからスクレは所要約18時間、150ボリビアーノ(約1500円)。

スクレ周辺地域の見どころ

17世紀に建てられたこの教会はその建築の美しさから観光客に1番人気。

この教会の豪華さを見れば、当時のカトリック教会の南米での権威を伺い知る事が出来るでしょう。

塔や尖塔にはポトシの銀山で採れた銀を大量に使用しているのを見る事が出来ます。

また、この教会のテラスからは植民地時代のコロニアルな町並みを今に留めるスクレの美しい町並みと木造のバルコニー等を楽しむ事が出来ます。

この修道院はチュルケージャ(Churuquella)の丘の上に建つフランシスコ系の修道院で1601年に建立されました。この修道院のい一部は展望台になっており、別名「恋人の丘」と呼ばれて地元の人たちのデートスポットになっています。

館内には博物館も併設されており、ガイド付きのツアーで回るようになっています。

展示物は司教さんが使用していた豪華な宗教グッズや棺、当時の修道士達の写真等多数。

修道院内の家具は全てセドロと呼ばれるマホガニの一種、高級木材を使用して作られています。

1825年にボリビアが独立を勝ち取った際、その書類に署名を行った歴史的な建物。独立宣言と共に南アメリカの独立運動家シモン・ボリバルの名前に因んで ボリビアという国名にし、ボリビア初代大統領アントニオ・ホセ・デ・スクレの名前に因んで、スクレという都市名に変更されました。

ボリビアのインディヘナの人々の重要な伝統工芸の1つである織物。地域や部族により、少しずつパターンが違っていてるのがとても興味深いです。

コロニアルなこじんまりとした建物の中に所狭しとカラフルな織物が展示され、実際にインディヘナの人が織物を作っている様子も見学する事が出来ます。

スクレからバスで1時間半~2時間程度の山奥にタラブコの集落があります。

彼らは毎週日曜日に市場を開催。その美しい織物のパターンと独特のダンス等の文化が未だに色濃く残されており、大変興味深い観光スポットとなっています。

日曜日にはスクレから沢山のバスが朝8時半頃出発します。

毎年3月の第3日曜日にはこの村でプフリャイ(pujllay)と呼ばれる盛大なお祭りが行われます。

ポトシ旅行情報

ポトシはラパスから南東に440kmに位置する都市で標高は何と4200m。人が住む都市としては世界最高地点との記録も持っています。

16世紀にセロ・リコ(Cerro Rico)と呼ばれる鉱山から金、銀が採掘出来る事が発見されて一気に植民地支配の中心都市となり、一時は人口20万人を越える大都市となりました。

19世紀以降は鉱物もあまり採れなくなり、今では少し落ち着いた雰囲気のある街となっています。

それでも未だにこの街の主要産業は鉱山からのミネラルの採掘であり、鉱山で実際に働いている人たちと触れ合える鉱山ツアーは観光客にも人気のアトラクションです。

ポトシの旧市街は植民地時代の面影を今に留め、世界遺産に登録されています。

ポトシ周辺地域の見どころ

見所は何と言ってもボリビアの主要産業の1つである鉱山ツアー。ポトシに来たら必ず参加したいツアーです。一般的なツアーは朝9時頃鉱山での作業着に着替えてからホテルを出発。近くのお店でコカの葉やジュース、お酒、手袋等、鉱山労働者にあげるお土産を買います。

その後いよいよ鉱山の中へ。

中はヘッドランプがないと何も見えない位真っ暗で、鉱物のススが充満していますのでマスクは必須です。

鉛の様な匂いと空気の薄さが厳しい労働環境を実感させてくれます。

鉱山の中では実際に働いている人たちと話す機会もありますので、何でも質問してみて下さい。思ったよりも気さくな鉱山の男性達が97度の蒸留酒とジュースを割ったカクテルで歓迎してくれます。

鉱山で採れた金、銀を貨幣に加工する為に造られた造幣局が今では博物館になっています。ガイド付きのツアーに参加するとたっぷり2時間も掛かるほどの内容の濃さ。当時スペインで使われていた貨幣の殆どがここで造られていたと言われています