ボリビア旅行情報

危険度
幸福度
PPP
標高
外務省による海外渡航情報より。4が最大。ボリビアは1
地球幸福度指数。ボリビアは143カ国中47位(2009年)
一人あたり購買力平価。ボリビアは4,592ドルで179カ国中113位(2010年)
ボリビアには世界一標高の高い首都ラ・パス、そしてその町を見下ろす世界一標高の高い町エル・アルトがあります。
109万8581km2(日本の約3倍)

220ボルト、60ヘルツです。プラグは平2つ穴のAタイプ、丸2つ穴のCタイプが主流。丸三つのSEタイプも使用されています。
水道水は飲めません。ペットボトルに入った水を飲んで下さい。
ケチュア族、アイマラ族のインディヘナ(先住民)55%、メスティソ(先住民とヨーロッパ人の混血)32%、ヨーロッパ系12%、そのほか1%
ボリビアの電話の国番号は591です。

文化遺産

  • ポトシ市街 -(1987年)
  • チキトスのイエズス会伝道所群 -(1990年)
  • 古都スクレ -(1991年)
  • サマイパタの砦 -(1998年)
  • ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地 -(2000年)

自然遺産

  • ノエル・ケンプ・メルカード国立公園 -(2000年)

南米の中心に位置するボリビア共和国。アンデス山脈とジャングルがあり、生態系がとても豊かな国のひとつです。そのボリビアで今、最も注目を浴びているのが乾季と雨季で別の表情を見せるウユニ塩湖。南米で最も人気のある観光地のひとつです。

主な観光先にあたる目的地をそれぞれ別ページで詳しく説明しています。下のリンクからどうぞ

uyunit

ウユニ塩湖

数年前に日本のメディアで紹介されて以来、日本人観光客に爆発的な人気を博しているウユニ塩湖。特に白い塩の表面に水が薄く張って天空の鏡となる雨季が人気なため、日本人には乾季の表情はあまり知られていません。
ウユニ塩湖詳細ページ

titicaca

チチカカ湖

ペルーとボリビアの国境にまたがる、チチカカ湖。この湖の深淵からインカ帝国の王が生まれたとの伝説もある古代湖です。浮島に暮らす人々が有名です。
チチカカ湖詳細ページ

lapaz

ラ・パス その他の街

世界で一番標高の高い首都、ボリビア、ラ・パス。その他にもボリビアの個性的な都市をピックアップしてご紹介します。
ラ・パス その他の街詳細ページ

ボリビアの行き方

エル・アルト国際空港はラパスの郊外、エル・アルト地区にあるボリビア最大の国際空港です。標高が4000mを超えるため、世界でも最も高所にある空港のひとつです。空港内ではボリビアの特産品であるチョコレートのお店(El ceibo)があり、珍しいチョコレートを購入することができます。ラパス市街から空港までは車で30分程です。空港のあるエル・アルト地区ではボリビアの民族衣装を着た女性(チョリータ)をよく目にすることができます。

国際線はアメリカン航空が一番便利です。

AA60 NRT 1820 MIA 2150

AA922 MIA 2240 LPB 0520

AA922 LPB 0625 MIA 1605

AA61 MIA 1020 NRT 1615 +1

タクシーを利用するのが一般的です。70ボリビアーノ(約10USD)
ボリビアに観光目的で入国する場合は30日までビザが不要です。滞在30日間を過ぎた場合は他の国に行って再度ボリビアに入国するか、若しくはラパス、スクレ、サンタクルスなどにある出入国管理事務所に行って申請をすれば90日間の滞在まで無料で観光ビザを延長してもらえます。

ボリビアでは税金の申請の関係でホテルに宿泊する際などにパスポートと出入国カードのコピーを求められる場合があります。

入国際に貰える出入国カードは出国の時まで無くさない様にご注意下さい。

パスポートの写真の部分と出入国カードを1ページに収めたコピーを取っておくと安心です。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際はESTAが必要となります。】 ◆ESTA(エスタ) ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければなりません。申請は渡航の 72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行なってください。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をロー マ字で入力す る。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済できます。

旅行者には予防接種の義務はありません。外務省によると、赴任者に推奨される予防接種として、A型肝炎・B型肝炎・破傷風・狂犬病・黄熱病が挙げられています。
  • バックパック/スーツケース/デイパック
  • 防水ウィンドブレーカー(バジェスタス島・ウユニ塩湖)
  • 長ズボン/半ズボン/ハーフパンツ
  • スエットシャツ、フリースジャケットなど暖かい服装(高地での散策、ワイナピチュ登山には必須です。)
  • Tシャツ
  • 下着、靴下
  • 履き慣れたトレッキングシューズ、トレッキング用ソックス(雨季の塩湖対策として防水の靴いいかも)
  • サングラス、日焼け止めクリーム、日よけ用帽子
  • 薬(お近くの掛かり付けの病院・薬局で薬を準備しておくことをお勧め致します。)ローマ字表記のものは現地にて購入可能です。
  • 高山病 ACETAZOLAMIDA
  • 胃痛 DOLOSPAM
  • 下痢 軽いとき:DONAMED  酷いとき:SULPHAX(抗生剤)
  • 酔い止め GRAM INOL
  • 風邪薬 総合風邪薬TRIOVAL  酷いとき:AZITROM ICINA(抗生剤)
  • 解熱剤 DOLFIN
  • 頭痛薬 M IGRA TAPSIN
  • [/li_item]
  • 個人の医療品
  • 水着
  • パスポート
  • ヘッドランプ
  • マスク
  • 多めのビニール袋(汚れ物、濡れたものを入れるため)また防水加工のリュックサック
  • プラグ変換器
  • 変圧器
  • 在ボリビア日本大使館

    住所 Rosendo Gutierrez # 497 La Paz Bolivia.

    電話番号(591-2)241-9110竏鈀3 FAX (591-2) 241-1919

    開館時間・休館日

    1月1日 2013年休館日:土曜日・日曜日および次の祝日
    1月1-3日  年末年始休暇
    1月22日  多民族国家設立記念日
    2月11,12日  謝肉祭
    3月29日  聖週間
    5月1日  メーデー
    5月30日  聖体節
    6月21日  アイマラ暦元旦
    7月16日  ラパスの日
    8月6日  独立記念日
    9月16日  敬老の日
    10月14日  体育の日
    12月25日  クリスマス
    12月30,31日  年末休暇
    合計17日間