ベネズエラ・最後の秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る旅
〜滝前でハンモック泊の極上キャンプを〜 現地発着6日間

<2018-2019 予約受付中> USD 2,000~

/, ベネズエラ, 人気ツアー/ベネズエラ・最後の秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る旅 〜滝前でハンモック泊の極上キャンプを〜 現地発着6日間
ベネズエラ・最後の秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る旅 〜滝前でハンモック泊の極上キャンプを〜 現地発着6日間2018-06-16T05:45:11+00:00

Project Description

ツアー詳細

TOUR DETAILS

地球最後の秘境・ギアナ高地とエンジェルフォールを巡る旅へ

世界最古の地殻のひとつと言われるギアナ高地。
カナイマ国立公園を巡り、エンジェルフォールでキャンプ泊、
自然の息吹に包まれる現地発着5泊6日。

世界最古の地殻のひとつギアナ高地

壮大なサバナとジャングルにテーブルマウンテンが点在する太古の風景「カナイマ国立公園」から世界最大の落差を誇る絶景「エンジェルフォール」まで、ベネズエラを愛してやまないオンリーワンの日本人ガイドがとっておきのギアナ高地旅行へとご案内します。
エンジェル・フォールのすぐ側でキャンプサイトのハンモックに揺られ、夜には滝をバックに満天の星空を望み、朝にはジャングルに昇る太陽を浴びる。
そんな地球の原風景を体感する5泊6日の旅です。

安心安全の現地日本人ガイド同行

現地在住の日本人ガイドが現地での全行程に同行。
治安が懸念されるベネズエラで、両替から食事の手配、ボートの乗り降りまで徹底的にサポート致します。
※ベネズエラの治安が悪いとされている地域はカラカスを中心とした都市部であり、目的地のカナイマ国立公園内は人口も少なく治安は悪くありませんが、日本人ガイドが万一のトラブルに対応いたします。

遠く、
太古の大地へ

「ギアナ高地・エンジェルフォール」へは、雨季、川の水位が上がった時にだけ行くことができます。カラカスから約1日かかり、ジャングルの奥地に潜む文字通り『最後の秘境』です。この時期、うっそうと連なる太古の熱帯雨林の中にはタンニンで赤褐色に染まった川が流れ、雲に望むテーブルマウンテンの圧倒的な姿が見られます。見たことのない景色なのに、どこか懐かしさを感じさせる。そんな不思議な場所です。

この旅では「カナイマ国立公園」内にあるホテルをベースに、エンジェル・フォール麓でのハンモック泊を挟んだギアナ高地5泊6日をお届けします。

日本から遠く離れた地グラン・サバナの原風景を行く、とっておきの冒険旅行。
遊覧セスナで巡るテーブル・マウンテンとエンジェルフォールの絶景フライトを含んだ、ベネズエラ・ギアナ高地の魅力がたっぷり詰まったツアーです。

宿泊施設情報

HOTEL INFORMARION

数多くある国立公園のホテルの中から、よりギアナ高地らしさを感じていただけるものを厳選。
安全に配慮し、カラカスでは空港にほど近いホテルを選びました。
またギアナ高地では最大限に絶景を満喫できるよう、エンジェルフォールの麓、ラトンシート島での宿泊を組み込みました。
ハンモックに揺られながら、優雅な時間をお過ごしください。

宿泊ホテルウェブサイト(外部リンク)

モデル日程

ITINERARY

DAY 1

ベネズエラに到着

日本からは前日出発し米国2箇所を経由して、ベネズエラのシモン・ボリバル空港へ到着します。日本から最短25時間の旅です。
空港到着後、現地日本人ガイドが出国口でお待ちしております。
カラカス市内には入らず、空港から車で5分のビーチリゾートエリアにある信頼の置けるホテルまでお送りし、そこに宿泊します。
まずはゆっくりと旅の疲れを癒して下さい。到着日によっては、カラカス到着後そのまま国内線にてカナイマへの玄関口プエルトオルダスまで移動します。到着後ホテルへご案内します。
カラカス郊外: Eurobuilding, Ole Caribe 又は同等クラスのホテルに宿泊します。
プエルトオルダス:Mara Inn 又は同等のホテルクラスに宿泊します。

DAY 2

エンジェルフォール遊覧飛行

ホテルにて朝食。
空港へ移動し、国内線でプエルト・オルダスへ向かいます。(所要時間:約1時間)
プエルト・オルダス空港でさらに乗り換え、カナイマ空港に向けて出発します。(所要時間:約1時間)
*前日プエルトオルダス宿泊の場合はホテルより空港へ向かいカナイマへ向け出発します。
カナイマ到着後、セスナ機に乗り換えてエンジェルフォール遊覧飛行へ。(約45分間)
眼下に次々とテーブルマウンテンが姿を表し、雲の合間からエンジェルフォールを観覧します。
空から太古の絶景をお楽しみ下さい。
遊覧飛行後はホテルにチェックイン。
カナイマ:Tapuy Lodge, Parakaupa Lodge 又は同等クラスのホテルに宿泊します。

DAY 3

エンジェルフォール1泊2日の旅へ!

ホテルで朝食をとった後、エンジェルフォールへ向かいます。
水位の上がった川を滝近くまでボートで4時間さかのぼり、
さらに滝までジャングルの中を1時間のトレッキング。
秘境エンジェルフォール直下を目指します。
あまりの落差で滝壺が存在しない滝の真下の天然プールでは、
泳ぐことも可能です。
夜は、川沿いのキャンプサイトに宿泊します。
満天の星空をバックにぼんやりと浮かぶエンジェルフォールを
眺めながら自然の神秘を楽しみましょう。

エンジェルフォール : 麓のキャンプ・サイトでハンモック泊

DAY 4

ボートライドを堪能

朝日と共に、照らされる絶景エンジェルフォールをお楽しみください。
午前中キャンプサイトで朝食を取り、ご希望の方は再度エンジェルフォール展望台まで
トレッキングをお楽しみいただきます。
その後復路4時間のボートライドでホテルへと向かいます。ホテル到着後に昼食。
昼食後はサポの滝とカナイマ湖をボートに乗って観光をします。ホテルにて夕食。

カナイマ:Tapuy LodgeParakaupa Lodge 又は同等クラスのホテルに宿泊します。

DAY 5

カナイマからプエルトオルダス、そしてカラカスへ

ロッジにて朝食。
カナイマ空港へとお送りします。
空港よりセスナ機に乗りプエルトオルダスへ向かいます。(所要時間:約1時間)プエルトオルダス到着後、昼食を取ります。
その後空港へとお送りし、カラカスへ向かいます。(所要時間:約1時間)カラカス空港到着後、専用車(英語もしくは日本語ガイド同行)にて空港近くのホテルへお送りします。
ホテルにて夕食。

カラカス郊外:Eurobuilding Hotel, Ole Caribe 又は同等クラスのホテルに宿泊

DAY 6

カラカスの空港でお別れ

ホテルで朝食後、専用車で空港へお送りします。
現地ガイドとはここでお別れです。
★機内泊

DAY 7

北米都市へ

帰路。北米の都市でお乗り継ぎです。
★機内泊

DAY 8

北米都市から成田へ到着

日本に到着。お疲れ様でした。

2018 催行予定スケジュール

日本出発日現地ツアー日程日本帰国日残席
2018/6/9(土)2018/6/10-6/152018/6/17(日)受付終了
2018/6/23(土)2018/6/24-6/292018/7/1(日)受付中
2018/7/7(土)2018/7/8-7/132018/7/15(日)受付中
2018/7/14(土)2018/7/15-7/202018/7/22(日)受付中
2018/7/21(土)2018/7/22-2/272018/7/29(日)受付中
2018/8/4(土)2018/8/5-8/102018/8/12(日)受付中
2018/8/11(土)2018/8/12-8/172018/8/19(日)受付中
2018/8/25(土)2018/8/26-8/312018/9/3(月)受付中
2018/9/15(土)2018/9/16-9/212018/9/23(日)受付中
2018/9/22(土)2018/9/23-9/282018/9/30(日)受付中
2018/10/6(土)2018/10/7-10/122018/10/14(日)受付中

パッケージツアー価格

PRICE

英語ガイド同行

USD2,000
  • 2名様ご参加の場合の1名様料金
  • シングルルーム追加料金 USD150
  • 最少催行人数4名〜

日本語ガイド同行

USD2,500
  • 2名様ご参加の場合の1名様料金
  • シングルルーム追加料金 USD150
  • 最少催行人数4名〜

この旅程における注意事項

当日の天候、川の流れ次第で水に濡れる程度が異なります。
移動時は水着着用、またはカッパの携帯をおすすめしております。
※移動中、ボートはスピードを出して進むため傘をさすことはできません。
また、カナイマにて川遊びの際は、指先の隠れるウォータシューズ、もしくはサンダルの着用をお願いします。
まれに水中にある岩で足などを負傷する場合がございます。
足元が非常に不安定な状態となっています。歩き慣れたトレッキングシューズもしくは長靴を着用して下さい。また、雨が降る可能性もありますので、雨具は携帯必須です。
カラカスープエルトオルダス間:手荷物一つ8kg、受託荷物一つ23kg
プエルトオルダスーカナイマ間:手荷物10kg
カナイマに持って行けない荷物はプエルトオルダスで預けることができ、カラカスに戻る際、またはサンタエレナで受け取ることができます。
※高価なものは預けないようにお願い致します。
ベネズエラの為替レートは非常に不安定なため、お客様ご自身での両替はおすすめしておりません。
買い物や飲食等でお金が必要な際は弊社スタッフが立替えますのでお申し付けください。
ツアー催行中、天災地変、不慮の災害、政変、戦乱、ストライキ暴動などの不可抗力により、ツアーの催行が不可能となる場合、該当するツアーの催行を中止する場合があります。 その場合の保証や返金等はございませんので予めご了承ください。
また、2017度はベネズエラ国内線が急遽キャンセル等おこり、カラカス〜プエルトオルダス間を陸路移動せざるを得ない事態が生じました。
2018年度もまだどうなるかわかりませんが、そうした可能性があること予めご了承いただければと存じます。

合衆国内での乗り継ぎに関する注意事項

アメリカ入国時には乗り換えの場合でも、ご自身で必ず荷物を受け取り入国審査と荷物検査を通過します。 アメリカ合衆国内入国から次の便の飛行機乗り継ぎ時間が1時間半以下しかない場合、乗り遅れを防ぐために通常各空港の入国審査の列にはExpress Lane(エクスプレスレーン)がありますのでこちらを利用します。 飛行機を降りると、乗り継ぎ時間が短い行き先(マイアミやリマなど)を持ち指示を出している係員がいますので、この係員に自分の行き先を伝えてください。 係員の支持に従うとExpress Connectionという札がもらえ、それを見せるとExpress Laneで入国審査をうけることができます。 ※上記は、乗り継ぎ空港や日により変わることがございます。 いずれにせよ、通常の列に並ばず、係員に乗り継ぎ時間が少ないことを告げ、指示に従ってください。
また、アメリカ国内経由で短時間のトランジットの場合、ロストバゲッジ率が上がります。
1泊2日分の必要最低限の着替え、及び大切な必需品などはお手荷物としてお運びください。
南米へ旅行に出かける際、アメリカ合衆国を経由する場合は、合衆国入国時にESTA(Electronic System for Travel Authorization)が必要となります。
弊社では申請代行を行っておりません。下記ESTA申請ページからご自身で申請願います。ご出発の2週間前までには申請・取得されることをおすすめします。

このツアーのお問い合わせ

CONTACT

お名前(必須)             

お名前 ローマ字(必須)        

メール(必須)             

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください(必須)
Web検索友人・知人からTV番組で地球の歩き方Off Seasonその他

電話番号(必須)         

お客様人数               

航空券手配について(必須)
希望する希望しない

現地ご希望出発日(必須)       

現地ガイドについて(必須)
日本語ガイド希望英語ガイド希望

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。

ベネズエラへ行くツアー

2018-06-06T06:15:24+00:00

menu エル・カリサル 日程 ツアー価格 王の道、エル・カリサル6日間トレッキング ラバをお供に、生態系豊かなベネズエラのアンデスを歩く 〜まだ知られていないベネズエラに会いに行こう〜 アンデス山脈がそびえ立つベネズエラ西部メリダ。 ここは世界一の高さを誇るケーブルカーでも知られていますが、 シエラ・ネバダ国立公園をはじめとした自然の豊かさも魅力の一つです。 メリダのガビディアという村から隣県バリナスにまたがる標高約1300メートル地帯には 原住民のインディオ達が山で取れた物資を運ぶために使っていた山岳路があります。 現在ではこのルートが「エル・カリサル」とよばれる人気トレッキングルートになっています。 「エル・カリサル」という名前は行程中に泊まる村落の名前がそのままついたものです。 かつて革命戦争から抜け出した二人の脱走兵が作った、エル・カリサルとその周辺の集落。 誰にも見つからない安住の地として彼らがここを選んだのもうなずける、平穏でどこか懐かしい辺境の地。 このツアーでは牧歌的な風景が広がる緑地地帯を、荷馬となるラバ達と共に歩んでいきます。 ベネズエラに数ある観光地の中でも、エル・カリサルのトレッキングルートは決して目立った存在ではなく、 代表的な見どころがあるわけでもありません。 そんな南米ベネズエラの片田舎を歩く、それだけでも十分非日常に浸れることは間違いありませんが この土地の持つ独特な空気感をお楽しみ下さい。 近年、政情が不安定で治安悪化が進むベネズエラですが、それは都市部で起こっている一側面。 そうしたこととは無縁の暮らしを営む人たちがいることもまた事実です。 ベネズエラという国の本来の姿、豊かな自然と素朴な人々の魅力を、このルートを通じて感じてください。 ¡Vamos! オンリーワンの南米旅行へ! このツアーのポイント トレッキング × 文化体験 ただトレッキングをするだけではありません。 このエル・カリサルのルートでは時期によって地元の蜂蜜やチーズ作り見学できるほか、自然の中で育つ完全無農薬のコーヒーの木が育つエリアもあります。 全行程を通して標高3600mから600mまでと高低差があるからこそ、目に映る景観は日々変わっていき、毎日が発見で溢れたものとなるでしょう。 ︎トレッキング中は身軽に 全行程つき添ってくれるラバ達が荷物を運んでくれるので、ハイキング中はカメラや雨具等、必要最小限のものを持つだけで、身軽に歩くことができます。 万が一、トレッキング中に怪我をしても、ラバに乗れるのでご安心を。 また、皆さんの荷物を積むアリエロ(荷馬世話係)さんの積み荷にも注目!もはや芸術の域です。 食事もしっかり トレッキングだから、ではなく、トレッキングだからこそエネルギー源となる食事にはこだわりたい。 キャンプ時はガイド達が、宿では現地のお母さんたちが、腕によりをかけたベネズエラらしいお料理をご用意します。 ︎現地通訳スタッフと行くから安心 ベネズエラ到着時からご出発時まで全行程日本語通訳スタッフが同行可能です。 スタッフは現地に精通しているから知識は豊富。また現地の人との交流も、私たちを介してどんどん図ってください。 ︎エンジェルフォールとのセットも可能 ご希望でしたら、エンジェルフォールツアーと組み合わせることも可能です。 日程等、お問い合わせください。 オンリーワントラベルの日本人ガイド 世界は広く、人は豊かで、自然は美しいということ。全て、中南米で見せつけられました。ぜひ旅先に中南米を、旅という非日常性にどっぷり浸かれる空間がここにあります。 世界を楽しみましょう、心ゆくまで。 本庄 遼馬プロフィールページ 365日違う景色を見せてくれる南米。まだ見ぬ美しい世界がここに広がっています。 写真や映像だけで終わらせるのはもったいない!ぜひ、お客様の希望をお聞かせください! 現地と触れあい、世界を知るお手伝いをさせてください!冒険心、好奇心と笑顔を連れて地球といっぱい遊びましょう! 金子 智美プロフィールページ