自然写真家高砂淳二氏と行く
ガラパゴス・アグレッサー号 日本発着12日間

<2018 予約受付中> USD 8,500

/自然写真家高砂淳二氏と行く ガラパゴス・アグレッサー号 日本発着12日間
自然写真家高砂淳二氏と行く ガラパゴス・アグレッサー号 日本発着12日間 2018-07-05T11:01:39+00:00

Project Description

ツアー詳細

TOUR DETAILS

 限定14名様
【催行予定日】2018/9/18 [Tue] ~9/29 [Sat]

ダイバーなら誰もが憧れる、南米の秘境ガラパゴスの海に、
写真家・高砂淳二さんと一緒に潜る夢のダイビングクルーズ!

ツアーポイント①

全8日間で20ダイブ!

世界的にも有名な豪華クルーザー「アグレッサー号」をチャーターし、自然写真家として名高い高砂淳二さんが同行する贅沢なダイビングクルーズ。全日程12日間のうち、8日間で20ダイビング、ガラパゴスの海を満喫!

ツアーポイント②

見どころいっぱい!憧れの大物と大接近

3日目にガラパゴス諸島へ渡り、バルトラ島でチェックダイブ。
翌日、2つのポイントで3ダイブしたら、いよいよ続く3日間は、ダイバー憧れの地ダーウィン島・ウォルフ島で12ダイブします。

川のように流れるハンマーヘッドシャークの群れや巨大なエイ、そして、巨大なジンベエザメは9月の遭遇率は100%に近いとのこと。さらに、高砂さんも大好きなアシカやペンギンなど、愛らしい海の生き物も間近で見ることができます。

ツアーポイント③

高砂さんによる水中写真レクチャー

少人数に限定された旅なので、高砂さんがこれまでガラパゴスにて撮影した写真はもとより、世界中の自然写真を見ながら語り合ったり、水中写真について直接レクチャーしていただけます。実際に絶景を目の前にし、プロの撮影技術を学べるまたとないチャンスです。

現地ではオンリーワンスタッフが同行し、現地ガイドと相談しながらベストの環境、タイミングで撮影が行えるよう常に最善の調整を行います。一眼レフカメラでも、コンパクトデジカメでも、写真に興味があるダイバーには贅沢過ぎるひと時となるでしょう。

一生の思い出となる、最高の写真を!

高砂淳二Junji Takasago
1962年、宮城県石巻市生まれ。
ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。
海の中から、虹、生き物、風景まで、世界70ヶ国を超える国々を訪れ、地球全体をフィールドに撮影活動を行っている。

「night rainbow」「free」「虹の星」「南の夢の海へ」など著書多数。
最新刊に「Children of theRainbow」小学館がある。

宿泊施設情報

HOTEL INFORMARION

アグレッサー号について

アグレッサー号は国内基準はもちろん、国際安全基準に完全準拠して設計されています。ダイバーにとって最高の快適さを追求して設計されたこの船なら、安心なダイビングトリップがお楽しみいただけます。
ガラパゴスの海で育った経験豊富な船長を始め、クルーメンバーは全員地の利に長けたガラパゴス人。ナチュラリストガイド兼ダイビングマスターが同行し、ガラパゴスの成り立ちやユニークな海洋生物の生態も詳しく教えてくれます。

ラウンジ、ダイニングエリアは長い船旅の中で過ごしやすいようデザインされており、客室は広く明るく、エアコン、ステレオ完備。各部屋には広いプライベートシャワールームがあり、常にお湯が使えます。ダイビングに出かけている間に、船の上では腕利きのシェフが地元で取れる魚介料理をはじめ、国内外の料理を準備しています。
夜が更けてから出航し、翌日の早朝には次の島に到着しています。新たな冒険の始まりです!

タイプモーターヨット
カテゴリファーストクラス
長さ30メートル
ビーム7.7メートル
収容人数16人(乗客)
スピード10ノット
クルークルー7名ダイブマスター2名

モデル日程

ITINERARY

DAY 1

エクアドル・キトに向けて出発

東京からアトランタへ向けて出発。
アトランタ到着後、入国審査を済ませキト行きの飛行機のゲートをご確認ください。(飛行機に預けた荷物を受け取らなくて結構です。そのまま直接キトへ届きます。)
キト空港着後、スタッフがお客様のお名前のプラカードを持ち空港出口でお待ちしております。
合流後、ホテルへお送りいたします。(約15分)
キトは標高2800mに位置するため、高山病予防のためお水をよく飲み、糖分を吸収し食事は控えめにお摂りください。ホテルには飲み水がご用意されておりますのでご安心ください。

キト:ホテルキト宿泊

DAY 2

エクアドル観光

朝食後、スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
<午前>
エクアドルの首都、世界遺産キト旧市街観光。
キトの天気は変わりやすいため、常に上から羽織れるものを持参し、歩きやすい靴を履いておでかけください。20ドル程度の小額の料金を携帯し、貴重品・パスポートはホテルに預けてお出かけください。
昼食はコチャバンバレストランにてエクアドル料理を楽しみます。
<午後>
ミドルオブザワールド(赤道記念碑公園)にご案内します。夕食は含まれておりません。

キト:ホテルキト宿泊

DAY 3

ガラパゴス諸島へ

ホテルにて朝食後、スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
ガラパゴス旅行に必要のないお荷物はホテルに保管しておくことも可能です。空港到着後荷物検査をしていただきます。
※ガラパゴスには植物の種、果物、生物はご持参しないでください。
グアヤキル経由(約30分・乗換不要)にてガラパゴス諸島へバルトラ空港に到着後、長い列になっております。左側の列の観光客用に並びパスポートと100ドル(現金のみ)をご提出ください。
荷物を受取りガイドと合流し、クルーズ船乗船後昼食。
<午後>
サンタクルス島
チェックダイブ:バルトラ島

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 4

ダイビング1日目

<午前>
プンタ・カリオン(2ダイブ)
バルトロメ(1ダイブ)

<午後>
バルトロメ島上陸観光

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 5

ダイビング2日目

<午前>
ウォルフ島(2ダイブ)

<午後>
ウォルフ島(1ダイブ)
ウォルフ島(1ナイトダイブ)

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 6

ダイビング3日目

<午前>
ダーウィン島(2ダイブ)

<午後>
ダーウィン島(2ダイブ)

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 7

ダイビング4日目

<午前>
ダーウィン島(2ダイブ)

<午後>
ウォルフ島(2ダイブ)

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 8

ダイビング5日目

<午前>
カズンズ・ロック(1ダイブ)
<午後>
サンタクルス島高地
サンタクルス島チャールズダーウィン研究所

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 9

ダイビング6日目

<午前>
ウォルフ島(2ダイブ)

<午後>
ウォルフ島(1ダイブ)
ウォルフ島(1ナイトダイブ)

ガラパゴス・アグレッサー号泊

DAY 10

キトへ戻り、アトランタへ

ナチュラリストガイドがバルトラ空港にてチェックインのお手伝いをいたします。
空港到着後、キトのモールでおみやげを購入したり、現地の夜景の綺麗なレストランにてお食事をお楽しみください。その後空港へとお送りし、アトランタへと向かいます。

DAY 11

アトランタから成田へ

アトランタ到着後、成田空港へ

DAY 12

成田到着

成田空港着。お疲れ様でした。

パッケージツアー価格

PRICE

自然写真家高砂淳二氏と行く ファーストクラス・ダイビングクルーズ船
ガラパゴス・アグレッサー号で行く12日間の旅

限定14名様 【催行予定日】2018/9/18 [Tue] ~9/29 [Sat]

Master Cabin

USD8,500
  • 2名1室お一人様料金

Deluxe Cabin

USD8,500
  • 2名1室お一人様料金

選べるオプション

ガラパゴス前後に日程に余裕のある方は、キト郊外のオプショナルツアーをお勧めいたします。

  • 世界最高峰活火山コトパクシハイキングツアー
  • 南米最大マーケットオタバロ1日ツアー
  • 鳥の楽園ミンド1日ツアー
  • 森の中の温泉パパジャクタ1日ツアー
  • アマゾンジャングルトリップ4日間ツアー

ガラパゴスダイビング旅程における注意事項

ガラパゴスは上級者向けダイビングサイトです。ダイブ数60本以下のダイバーには推奨いたしません。詳しくはお問い合わせ下さい。ダイビング保険加入は必須です。船内で購入できるかどうかは事前にお問い合わせください。
ダイビングツアー客はガラパゴス便への機材オーバーによる荷重課税適用外となります。ただし日本からエクアドルまでの重量制限は各航空会社、各チケットにより異なりますのでご注意下さい。クルーズ船内では、着慣れたカジュアルな服装をお勧めします。キトは夜冷えるので上着をご用意下さい。
日程上に専用車の記載があるところは、原則お客様だけのプライベートカーをご用意致します。但し、繁忙期でガイドや車の手配がプライベート対応できない場合は、弊社の別のお客様と混乗していただき、その場合の旅行代金の減額等はございませんので予めご了承ください。
ツアー催行中、天災地変、不慮の災害、政変、戦乱、ストライキ暴動などの不可抗力により、ツアーの催行を中止する場合があります。その場合の保証や返金等はございませんので予めご了承ください。
クルーズ船内では、着慣れたカジュアルな服装をお勧めします。
・Tシャツ、ブラウスなど
・半ズボン、長ズボン
・スポーツシューズ、サンダル
・ウィンドブレーカーなどのジャケット、軽いセーター(夜は冷えることがあります)
・シュノーケル道具(クルーズツアーに参加する場合は、船内でレンタルすることもできます。)
・水着、帽子、日焼け止めクリーム、サングラス
・カメラ、フィルム
・個人の救急医療品
※ガラパゴス行の飛行機には、お一人様20キロ以内の荷物1つと及び1つの手荷物のみが持ち込めます。それ以外の荷物はキトのホテルに預けることができます。

合衆国内での乗り継ぎに関する注意事項

アメリカ入国時には乗り換えの場合でも、ご自身で必ず荷物を受け取り入国審査と荷物検査を通過します。 アメリカ合衆国内入国から次の便の飛行機乗り継ぎ時間が1時間半以下しかない場合、乗り遅れを防ぐために通常各空港の入国審査の列にはExpress Lane(エクスプレスレーン)がありますのでこちらを利用します。 飛行機を降りると、乗り継ぎ時間が短い行き先(マイアミやリマなど)を持ち指示を出している係員がいますので、この係員に自分の行き先を伝えてください。 係員の支持に従うとExpress Connectionという札がもらえ、それを見せるとExpress Laneで入国審査をうけることができます。 ※上記は、乗り継ぎ空港や日により変わることがございます。 いずれにせよ、通常の列に並ばず、係員に乗り継ぎ時間が少ないことを告げ、指示に従ってください。
また、アメリカ国内経由で短時間のトランジットの場合、ロストバゲッジ率が上がります。
1泊2日分の必要最低限の着替え、及び大切な必需品などはお手荷物としてお運びください。
南米へ旅行に出かける際、アメリカ合衆国を経由する場合は、合衆国入国時にESTA(Electronic System for Travel Authorization)が必要となります。
弊社では申請代行を行っておりません。下記ESTA申請ページからご自身で申請願います。ご出発の2週間前までには申請・取得されることをおすすめします。

このツアーのお問い合わせ

CONTACT

お名前

お名前 ローマ字

メールアドレス 

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください

Web検索友人・知人からTV番組で地球の歩き方Off Seasonその他

お客様人数

航空券手配について
希望する希望しない

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。

高砂淳二さんと撮影ツアー