ryo

/ryo

About ryo

Antigua, Guatemala

5月 2015

家族で堪能するコスタリカ!

2018-05-12T10:12:31+00:00

  あっという間に5月が終わろうとしています。 皆様!夏に向けてのプランはもう決まっていますか?   2015年の夏は一生に一回。 そんな一生に一回の夏を家族で過ごしませんか?   それも・・・・コスタリカで!!!!!!!!!   コスタリカは中米にある小さな国。北にニガラグア、南にはパナマと接していて、中央には山岳地帯が広がり、太平洋のリゾートから、カリブ海のジャングルと大自然の魅力がぎゅっと詰まった国。 コスタリカは世界に先駆けて、開発によって減少した自然豊かな熱帯雨林を守るための、エコツアー発祥の地と言われています。   オンリーワンから家族で行くコスタリカツアーができました! 大人から子供まで楽しめるこのツアー!   ★カリブ海のジャングル!自然の運河が密林の中を通っていて、ボートでしか行くことが出来ないトルトゥゲーロ国立公園 ★動植物、昆虫を観察することができるサラピキ!ここにはたくさんの野鳥、カラフルなカエルがいて子供の好奇心をくすぐる魅力がたっぷり!!ラフティングやカヤッキングなども楽しめます! ★コスタリカの最高級リゾートスパ、タバコン温泉へ!熱帯の森の中をアレナル火山の地熱で温められた温泉の川が流れています。 ★コスタリカのエコツーリズムの目的地、モンテ・ベルデ。モンテベルテは蘭の種類が世界で最も多い事で知られています。60種類以上の両生類が生息しており、絶滅種のオレンジヒキガエルもここで発見されました!!オレンジヒキガエルにケツァール、神秘的な森のなかへ冒険しに行きます!   【催行日】8月8日(土)〜15日(土) 【料金】大人/$2,525(1名様) 0〜4歳/無料 5〜11歳/$715(1名様)   家族で楽しめる安心ポイント! ★幼児教育3年の経験を持つオンリーワンスタッフが同行します! 安心してお子様を預け、バードウォッチング、ラフティング、乗馬などを思う存分子供に返ったように楽しんでください!もちろん、ご夫婦でお久しぶりにお酒を飲みながらロマンチックなお食事もお楽しみいただけます! ★プロフェッショナル日本人ガイド同行! 心底コスタリカを愛する日本人ガイドが同行し、コスタリカにて本物のおもてなしをお届けします! ★お子様へのサプライズも忘れずに!学べる旅に! 都会の喧騒から一歩飛び出し、国土25%が国立公園に指定されているコスタリカでは、色鮮やかなケツァール、真っ赤な目をしたアカメアマガエル、大きなクワガタやカブトムシ!!夢を食べると言われるパク、ワニや猿等の哺乳類に遭遇するチャンス大です!!!夏休みの自由研究にピッタリ!?みんなより先を行っちゃいましょう!   日本では絶対に見られない世界が南米には広がっています!! 家族で過ごせる時間は本当に一瞬です。 その大切な時間をこの中南米コスタリカで、五感を使って家族で過ごしませんか?   「家族で堪能するコスタリカ」 ツアー詳細はこちら!! (PDFで開きます!)

家族で堪能するコスタリカ!2018-05-12T10:12:31+00:00

パナマらしいことPart2!

2018-07-17T13:44:49+00:00

  パナマらしいこと!!ということで、私、パナマボクシングデビューしてきました♡ 日本にいるときにジムでキックボクシングをやっていましたが、パナマのボクシングは少し日本とは違うようで・・ 何が何かわからないままトレーニング開始です!   まず最初にウォームアップ。 Warming up。 そう、ウォーミングアップなんです。 え?ウォームアップ?ウォーミングアップ? もっかい言ってもいいですか? ウォームアップ。 そう、このウォームアップがきっっっっっついんですよ!!! 自分を追い込んで追い込んで追い込むと言うか追い込まないと先生の視線が怖すぎる。 止まることを許されることなくただただ時間が過ぎていきます。 気分はまるでアントニオ猪木です。 KO負けーーーと思いふとリングを見ると天下の津村が戦ってるではありませんか!! え?いきなり試合!??! 見てください!この躍動感!!! まるでアイアンマンのトニー・スタークのようでしょう??!!!   ↓ 決して怖がってるわけじゃあ、ありません! 必死なんです!!   試合後のこうへいさんは、なんか男になってますね!!笑   合計1時間のレッスンですが最後に待っているのが魔の体幹運動。 腹筋計300回ほど。(言い過ぎかも) やり終わった後の達成感はハンパないですが、顔は終わってます。     皆様、パナマボクシングの凄さを知っていただけましたでしょうか? やればやるほどハマってしまうスポーツです!! 私も通うことにしましたので是非、一緒にパナマで暑い汗を流す仲間を募集中です!!!            

パナマらしいことPart2!2018-07-17T13:44:49+00:00

今期最後の新月ツアー(ティワナク遺跡・月の谷・ラパス編)

2018-07-17T13:47:16+00:00

  今回のツアーでたくさんの絶景を見てきました。 パラカスの砂漠と海にクスコの町並み、マチュピチュにウユニ塩湖。 まだまだそれ以外に知られていない美しい場所や遺跡が南米にはたくさんあります。 ボリビアのティワナク遺跡をご存知ですか? ラパスから離れ、ティティカカ湖の南側、ティワナク村のはずれに位置する小さな村にあるボリビアの世界遺産の1つの遺跡。 あまり知られていないこの場所はとても静かで、町独特の優しい時間が流れていました。 ティワナク文化は紀元前200年から紀元後1200年まで続き、とても大きな影響を与えたそう。 標高3900mの場所で言葉を使わず大きな都市を築き、謎に包まれたとても神秘的な場所でした。 ここで驚いたのが石! ティワナク遺跡はすべて巨大な石で造られています。 カレンダーに時計など独自の考えてとても精密に造られており、どうやって考え、どうやって造ったのかとても気になりました。 カラササーヤという長方形の巨石と角石を組み合わせた遺跡の中心だった場所の中にある石像をよくみると、細かく模様が描かれており、両手に何か持っているのがわかります。 右手がひっくり返っているのがわかりますか? 涙を流しているといわれています。どういう意味を込めてこの石像を造ったのか謎ですね。 ティワナク遺跡はその場にいるとすごく昔をイメージできたんです。 こうして暮らしてたのかな?こうしてコミュニケーションをとっていたのかも?と右脳が働きました! 昔の人はすごい。本当にすごい! ティワナクの町にも行きました。 本当に静かでした! 町のいたるところにインカの十字架が。 町にも石像があってちょっとふざけてみたり。笑 次に月の谷へ向かいました。 この月の谷へ向かうまでの道が絶景すぎましたーー!! 思わず身を乗り出して見入ってしまうほど! 車窓からの景色は色んな緑と空と雲の色、そこに牛や馬の動物の色や所々に現れる家の色すべてがまざりあって本当に美しい!! これが大自然だーーーーーーと叫びたくなりました。笑 月の谷は絶対行くべきです!! 本当に写真じゃ伝わらないほど素敵な場所でした。 水の侵食でできた奇岩群。すごい。 右を振り向くとカッパドキア。 左を見るとグランドキャニオン。 そう思ってしまうほど感動できる場所でした! 夜はラパスの街でフォルクローレのショーを見ながらディナーです。 クスコで見たフォルクローレとはまた違って優しい音楽でした。 この日がツアーに参加してくださったお客様との最後の夜。 一人づつ旅の感想を発表して思い出を振り返りました。 あっという間の9日間。 私にとって初めて参加するツアーと初めてのお客様。 一緒に過ごした時間は一生忘れません! いつまでもこの気持ちを大切にしたいと思います。 ペルーとボリビアの魅力は伝わりましたでしょうか? これからも素敵なツアーをたくさん作っていきますよ! 楽しみにしていてください! Tomomi

今期最後の新月ツアー(ティワナク遺跡・月の谷・ラパス編)2018-07-17T13:47:16+00:00

4月 2015

今期最後の新月ツアー(ウユニ塩湖偏!)

2018-07-17T13:47:25+00:00

  ウユニに行って来ました! 早朝4時半にホテルを出発し、塩湖へ向かいます。 外は真っ暗ですが空を見上げるとそこはまさに星の絨毯!! 水がある場所に到着し車を出たら、幻想的な世界が広がっていて、宇宙のようでした。 見渡す限り果てしなく星が空一面にあって、星の光がとても美しかったです。 流れ星が見えたり、星座を勉強したりと流れていく時間がとても貴重で特別でした。   星空のあとは朝日。 徐々に太陽が出始め、空の色と塩湖の色がオレンジへと変わっていくと共に、塩湖に雲が映し出されます。少しずつ色が変わっていくにつれ空に浮いているような不思議な感覚になりました。   朝日を堪能し、一旦ホテルにて休憩です。 お昼前にもう一度塩湖へ向かいました。快晴で風がとても気持ちよく空気がとても美味しかったです。 最初に向かったのが塩の町、コルチャニ村。 たーーーーくさんの塩の山があり、どうやって作られているのか見学させてもらいました! ここオリジナルのお塩もありますよ!   次に塩湖の中でも唯一ボコボコと穴が開いている場所へ塩の結晶を探しに行きました。 まるでクリスタルのような美しい塩の結晶がたくさんあってお土産に持って帰れます。   その後は乾季の塩湖を見に。 真っ白で綺麗な六角形が広がっていて、トリックアートをしたり、思いっきりはしゃぎました! 上手に撮れているでしょう?♪   最後に待ちに待った水のある場所へ。夜の景色とは一変して、訪れた人のハートをイチコロにする世界がそこにありました。 真っ青な空が水に写し出されて本当に天国のよう!! この天空の中でランチです!なんて贅沢なのでしょう(^^) ボリビアの伝統的お母さん料理を堪能しました!!   今回のツアーにハネムーンで参加してくださったお二人にOnly Oneからサプライズを! とても喜んでくださって、見ている私は感動して胸が熱くなりました!! とっても素敵でしょーー?? 一生忘れられない素敵な時間を一緒に過ごすことができて本当に本当に本当に光栄です!   毎日違う景色を見せてくれるウユニ塩湖。 ここを世界一の絶景と呼ぶ人がたくさんいます。 是非!一緒にウユニへ行きましょう! ここでしか感じられないものがたくさんあります!! Only Oneな旅を、Only Oneな冒険を私たちと一緒に経験しませんか?   Tomomi

今期最後の新月ツアー(ウユニ塩湖偏!)2018-07-17T13:47:25+00:00

今期最後の新月ツアー(マチュピチュ編)

2018-07-17T13:59:19+00:00

  本日は早朝5時半にホテルを出発しマチュピチュへ向かいました。 空中都市、失われた都市と呼ばれているマチュピチュ。 ずーっと夢見ていた場所。薄暗い道をみんなで登り、マチュピチュ村のバス停へ到着です。   そこから約30分ほど、ぐねぐねとた道をずーーーっと登り、周りにはまるでジブリの世界のような美しい緑が広がります。 朝はあいにくの雨。 私は雨が大好きなので自然と雨の香りを楽しみながらマチュピチュへ入場しました!   入り口から歩いて10分ほどすると、突然目の前にあのマチュピチュ遺跡が現れます。   あまりの大きさと偉大さに呆気に取られてしまうほど! 美しい景色を堪能していると次第に空が青くなりお日様が出てきました! 朝はとても冷え込みますが、太陽が照らし出すと暑い!   ワイナピチュを登るため、入り口へ向かいました。 そこから約片道1時間かけてワイナピチュを登ります。 これが、、、、、、めちゃくちゃハード!!!!!!! 山は断崖絶壁で道はかなりの急斜面なんです!!!   朝雨が降っていたというのもあり、足元がたまに滑るので怖い! 何度も息切れして辛かったですが振り向いて見上げるとそこにはマチュピチュ遺跡の絶景が見えます。 これに何度も何度も助けられ、無事に頂上へ到着することができました!!!   この頂上からみる景色は絶景を超えます!! Spectacular!! 疲れが一気に吹き飛びます!   頂上でコーラとお菓子を食べて少し休憩。 今まで飲んだコーラの中で一番美味しかった! 上から見渡す限り不思議がいっぱいのインカの遺跡、美しい山、大自然に美味しい空気と最高のメンバーが見え、とても幸せな気分。   しかも私たちはスーパーラッキーでアンデス山脈がとても綺麗に見えたんです!   帰りも約1時間かけて降りていきますが、道が本当に急で石の階段も形がすべて違うし、ロープがない場所は落ちないよう必死に石に手を添えて気をつけて降りなければなりません。 山から人が転落するという事故も起きているので決して気を緩められないワイナピチュ。 登った人は必ず笑顔にしてくれる場所でもあります!   帰りは行きとは同じようにバスで駅を目指します。 帰りも列車に乗り、インカ道の絶景を楽しみながらのんびり旅の疲れを癒すことができます。   クスコに到着し夜は伝統的フォルクローレディナーを楽しみました!   みんなでサルサを踊ったり、伝統的ダンスに参加できたりと朝から夜までペルーの魅力をたっぷり堪能できました!     インカ時代の歴史的伝統や建物とスペインの征服の歴史が混ざり合う、とても特別な町クスコ! いまだに謎に包まれた、世界一と言っていいほど美しい遺跡、マチュピチュ! 神秘的な砂漠と海が広がる場所、イカ! 南米大陸の中心といわれるリマ! 知れば知るほど好きになる国、ペルー!   皆さんも是非Only Oneと一緒にペルーの文化に触れませんか? 大満足間違いなしです!   Tomomi 本日は早朝5時半にホテルを出発しマチュピチュへ向かいました。 空中都市、失われた都市と呼ばれているマチュピチュ。 ずーっと夢見ていた場所。薄暗い道をみんなで登り、マチュピチュ村のバス停へ到着です。 そこから約30分ほど、ぐねぐねとた道をずーーーっと登り、周りにはまるでジブリの世界のような美しい緑が広がります。 朝はあいにくの雨。 私は雨が大好きなので自然と雨の香りを楽しみながらマチュピチュへ入場しました! 入り口から歩いて10分ほどすると、突然目の前にあのマチュピチュ遺跡が現れます。 あまりの大きさと偉大さに呆気に取られてしまうほど!

今期最後の新月ツアー(マチュピチュ編)2018-07-17T13:59:19+00:00

今期最後の新月ツアー(ペルー・クスコ編)

2018-07-17T13:59:31+00:00

  はじめまして!今日はOnly One新入りのともみが更新いたします! 本日は早朝にリマを出発し、クスコへ到着。 リマも涼しかったのですがクスコは肌寒く、ウィンドブレーカーの上にダウンを羽織ってました。 平地のリマに比べ、標高約3500mある高地のクスコはすこし空気が薄く感じました。 クスコに到着し、まず最初に遺跡めぐりへ向かいます。 サクサイワマン、ケンコー・タンボマチャイ、コリカンチャ遺跡を訪れます。 標高約3700mにあるサクサイワマン遺跡。 高山病にならないよう、ゆっくりゆっくり進みます。 すると目の前にドカーーーンと巨大な石造建築が見えてきます。 城塞だったといわれるサクサイワマン。 スペイン人の侵略により、クスコの石畳やカテドラルの建設などに使われる石材の一部をここから持っていってしまったそうです。 なので、今は土台部分だけが残っています。 お天気もよく、空気がとっても美味しくて自然の美しさに感動しました。 遺跡一つ一つ肌触りや形が違って面白い! どうやって運んできたのか、どうやってこの石を積み上げたのか、インカの不思議がたくさん詰まったパワースポットです。 羊も抱っこしました!とっても可愛くないですか? 小さくて軽かったです。 遺跡めぐりの後はローカルレストランでペルー料理を楽しみ、市街観光へ向かいます。 チョコレート専門店へお土産を探しに行ったり、アルパカ製品のお店へ行きました。 クスコはリマとはまったく違う、古風で南米とヨーロッパが混ざったとても心地のいい町です。 12角の石も見ましたよ! たーっぷりクスコの観光を楽しんだ後は、マチュピチュ行きの列車に乗るためオリャンタイタンボ駅へ向かいます。 車で約2時間。この道中の景色が絶景でした!! 思わず息をのみます! 広がるアンデス山脈と沈んでゆく太陽が台地に広がる緑を照らして、とても特別な世界を作り出してくれます。 モーターサイクルダイアリーズで見た景色だーーーーーっと思わず声が出てしまったほど。 オリャンタイタンボ駅からマチュピチュ駅までまた約2時間列車(Peru Rail)に揺られ、無事マチュピチュ駅に到着です! 列車の中で初めて飲むインカコーラ! 味は・・・・・笑 とっても楽しかった1日! 明日はいよいよマチュピチュへ!!! ワクワクドキドキです! どうか1日晴れでありますように(^^)

今期最後の新月ツアー(ペルー・クスコ編)2018-07-17T13:59:31+00:00

1月 2015

アンティグアからHappy New Year

2018-07-17T14:01:33+00:00

あけましておめでとうございます。 去年の年明けはパナマで、その前はエクアドルのキトと、3連続違う国で年越しながら徐々に北上していることに気が付きました。 グアテマラ・アンティグアから大平です。 他のスタッフが雨季のウユニ塩湖シーズンに続々と駆り出される中、出産を控えた妻と温暖なこの地でのんびりさせてもらってます。 グアテマラに来てから一ヶ月、家の事やなんやかんやも早々とメドがついて、クリスマス、新年とゆっくり過ごしてたわけですが、ここで前回の続きのお家の話をしたいと思います。 いったいどの家を借りたんだという関心もあまりないとは思うけどね。 まず、アンティグアに来る前に入居予定してた家が完成した、という連絡が入ったのでそちらを見に行ってきました。 うん。狭い。 と、いうわけで、この家には住みません。スミマセン。 家探し、前回のブログ報告の正解は、2つ目のお家でした。 こちら。 アンティグアは外国人が短期にフラッと家を借りるのが多いらしく、不動産契約は至って簡単でした。 不動産屋のボスが弁護士も兼任していたため、オフィスで契約書を交わし、即日入居。 電気代が別でネット水道込みの月750ドル。 住んでみたらこんな感じに。   数週間住んだ感想としては「とてもいい」です。     そんな感じで、また。

アンティグアからHappy New Year2018-07-17T14:01:33+00:00

12月 2014

アンティグア・グアテマラで家を探す話

2018-07-17T13:51:47+00:00

どうも、12月1日からグアテマラに引っ越してみました。楽しくやってます。ダイブマスターの大平です。 引越し先はアンティグアという世界遺産の街で、スペイン植民地時代のままのカラフルな邸宅や教会が碁盤の目状に整備された石畳の美しい古い街です。 アンティグアには今年の春頃に一度1ヶ月程滞在して、夫婦そろってとても気に入ったというのが一番の引っ越し理由。 いたってシンプルに、住みたい場所に住めればそれが良いのではと思い、住み良い場所を探しています。 今回の移住は久しぶりにほぼすべての荷物を持って、妊娠中の奥さんと2歳になる息子と大移動です。スーツケース3つ半。着替えと最小限のツールだけのコンパクトさでパナマから移住します。 前回の移住教訓から、安易な詐欺物件にお金を払わない様に気をつけて、予め地元の方にアパートを紹介してもらったり、自分で探したりしつつ、町から少し離れた場所の家を探してメールでオーナーと話を交わし、グアテマラ到着日からの入居予約を取り付けます。 引っ越しました、この町に。 ところが来てみたら入居予定の家はまだ「壁」しかできておらず、急遽現地でホテルに暮らしながら別の家を探す、という移住スタイルになってしまいました。 入居予定のお家、がっつり建築中。よくあるよね! こんな時はすぐに「別に仕方ないことだ」と思うことにして、大切なのは次どうするか。とりあえず街を歩きながら良さそうな部屋を貸している家をさがし、扱っている不動産屋さんを訪ねてみることにします。 パナマと違って不動産屋さんが町に5,6軒ありオフィスとして機能しているのがとても便利です。そして、アパートの価格帯がパナマより全然いいのです。 実際の数字の話し パナマでは、詐欺師の所在を追い詰めて(インドにいた)金返せメールを送った後(返ってこなかった)、下手くそな運転でBMWを乗り回すサイボーグみたいにきれいなコロンビア人の女性不動産屋さんに頼んでやっと見つけた物件が900ドルでした。14階の2ベッドルームで、家具付き・ゲートセキュリティ、水道代含み、電気ネット代別で1年契約。オフィスから歩いていける距離だったけど立地条件や部屋の広さや収入を考えると東京と比べてもずっと高い感覚のアパートに住んでいました。 今回は、予算800ドル以下、2ベッドルーム、家具付き、ネット代、水道代含みの電気代別、できれば暖炉付き、庭付き、中心地から離れすぎてない場所で半年契約、という条件で不動産屋さんに聞いてみました。 3軒程の不動産屋さんをまわって、条件を伝え、条件に合う物件の大家さんにアポイントを取ってもらい翌日から家を見せてもらうことにしました。 翌日まずはAntigua Realtyという地元の不動産さんに見せてもらいます。 ここのホームページを見る限り450ドル程で条件のイイ物件が多数掲載されているし、町を歩いていてもこの不動産屋のサインをよく見ます。オフィスを訪ねるとフレンドリーな対応でこちらの条件を確認して、翌朝11時に来たら3軒の物件を見せてくれるという約束をしました。地元密着型の物件に期待です。 ところが、翌朝11時に訪ねたら、用意が出来てないから午後3時にまた来てくれと言われます。 3時に出直すと、用意が出来た、と言って二十歳くらいの可愛い女性がエスコートして連れて行ってくれました。歩きで。 「歩いて行ける距離だから」と言われ、石畳の町の端まで歩いて行った物件がこちら まずは一軒目 こちらが物件1:650ドル/月 ツーベッドルーム、ネット水道代含み、電気別。町の入口付近で中心から9ブロック。   次がそこから3ブロック程歩いたこちらの物件B これが物件2:750ドル/月 ツーベッドルーム、水道ネット代含み、電気代別。中心地からはおなじく9ブロックくらい。独立した中庭があるのはアンティグアでは珍しいそうです。 シャワーに関しては、水シャワーを日になんども浴びるほど暑かったパナマと違い、ここは朝夜結構冷える標高1550mなので、温水の出るシャワーの確保が重要です。 この日はこの2軒だけでした。もう2軒あるがそれは明日、ということになり 翌日3軒目。この日はボスの女性が車で連れ回してくれました。 つまりちょっと町から離れるエリアの住宅事情です。 こちらが物件3:650ドル/月 Gated Community、2ベッドルーム、電気水道ネット代込み。中心からはかなり離れる。 オール・インクルーシブなのとシャワー、オシャレインテリアとセキュリティがポイント高いです。 そして4件目がこちら これが物件4:750ドル/月 ワンベッドルーム、水道ネット代含み 電気代別、集合アパート。中心からは9ブロックくらい。 アンティグアの色んな物件を見た結果言えることは、どの家もなんとなく薄暗いです。 中庭があって、大きな壁と小さな窓という建築スタイルだからかもしれないけど、こういった中南米の古い町のアパート・ハンティングでは日当たり確保とお湯の確保が結構重要な要素です。 5件目がこちら これが物件5:820ドル/月 Gated Community 4ベッドルーム、水道ネット代、お手伝いさんが週2回掃除してくれる代含み、電気別。 中心地からは遠く、移動には車が必要になってきますが、全てパッケージされた小奇麗な一軒家です。ただ4ベッドルームも要らないし、若干予算オーバーです。 ホームページに書いてあるような値段の物件はないのかと聞くと、12月に入ってみんなすぐ売れたというお話で、今はハイシーズンなのだそうです。 12月から4月までは外国人がたくさんこの街に住みに来るのでいい物件はすぐに売り切れてしまうということでした。 午後は違う不動産屋「世界で一番不動産を売ってます」というキャッチコピーの大手RE/MAXのエージェントさんに見せてもらいます。 さすが大手、いきなり予算オーバーの880ドルの物件を見せてきました。 6件目 良くみたらベッドルームの写真を撮ってませんでした。 物件6:880ドル Gated Community 水道、ネット含み、電気別。洗濯機は共有エリアで週2回使える。

アンティグア・グアテマラで家を探す話2018-07-17T13:51:47+00:00

10月 2014

Panama オススメ④ ~Restaurante~ Tinajas in Panama City

2018-07-17T13:52:09+00:00

こんばんは! 毎日常夏のパナマからおすすめレストラン情報です。 今日ご紹介するのはパナマの文化を存分に味わえる。そんなレストランです。 Tinajas - ティナハス パナマの伝統舞踊と音楽、そして食事を一緒に楽しめる、 ディナーショータイプのレストランです。 踊り子のスキルも、料理の質も非常に高く、 現地の人も観光客も皆通う、パナマシティーでも屈指のレストランです。 その為、訪れれば常に満席。 予約は必須です。 そして予約する時間も大切。 ショーは基本的に20時よりスタートします。 ショーが始まるとショーに夢中になりますので、 ショーが始まる前にゆっくりと食事をとり、 ショーが始まったら「見ること」に集中したほうがよいです。 それに一緒に踊りますし。。。。 このような美しい民族衣装を纏った方々によるダンスは圧巻です。 忘れてはいけない食事 おすすめは Langostinos tinajas (servido en piña) ランゴスティーノティナハス(パインを添えて) 大ぶりにエビがどさどさときます。 南国を思わせる味と見た目。これで18USD。 是非頼んでみてください! パナマシティーを訪れたら一度は行きたい場所です。 ☆レストラン情報☆ Tinajas Calle51 - Bella Vista Tel:+507 263.7890 - 269.3840 Fax:+507 264.4858 Apartado 543 Zona 9A Panamá, Panamá こんばんは! 毎日常夏のパナマからおすすめレストラン情報です。 今日ご紹介するのはパナマの文化を存分に味わえる。そんなレストランです。 Tinajas - ティナハス パナマの伝統舞踊と音楽、そして食事を一緒に楽しめる、 ディナーショータイプのレストランです。 踊り子のスキルも、料理の質も非常に高く、 現地の人も観光客も皆通う、パナマシティーでも屈 指のレストランです。 その為、訪れれば常に満席。 予約は必須です。 そして予約する時間も大切。 ショーは基本的に20時よりスタートします。 ショーが始まるとショーに夢中になりますので、

Panama オススメ④ ~Restaurante~ Tinajas in Panama City2018-07-17T13:52:09+00:00

Biomuseo フランク・ゲーリーの南米初建築物に行ってきた

2018-07-17T13:52:28+00:00

久しぶりにパナマに帰ってきた週末、車を借りて散歩がてらアマドールに行ったら、新しいミュージアムが出来ていた。 The Biodiversity Museum 名称Biomuseo バイオダイバーシティミュージアムつまり生物多様性博物館だ。 この独特なデザインは、パナマ人女性と再婚されたというフランク・ゲーリー師匠によるもの。彼の建築物としては中南米大陸で初のものらしい。 建築のことは全然詳しくないのだけど、何年か前に彼のお友達のシドニー・ポラック監督がこの建築家のことをドキュメンタリー映画にしていて、それの予告編を見たことがある。 なんか落書きみたいなスケッチからこんな建物を創りだすんだよ、彼って天才!って予告になってて、そうなんだ。と納得しただけで結局その映画本編は見なかった。 (検索したらyoutubeで丸々その映画がアップされてた。興味ある方はこちらからどーぞ Sketches of Frank Gehry ) 脱構築主義建築というらしい。 スペインのビルバオにあるグッゲンハイムミュージアムとかLAのディズニーコンサートホールみたいな銀ピカグニャグニャなやつのイメージが強かったので、このパナマの原色板張りみたいなのはすごく新鮮に感じられる。 でもなんというか、素人目にもコンセプトの一貫性と見た目のとらえどころの無さ加減からひと目でその人の作品と分かるのはすごい。 実はこの建物、2004年に着工して当初は2011年には完成するはずだったらしい。 だけど、最初に僕がパナマに来た2012年当時もまだ完成しておらず、2013年に完成するとか言っていたのにそれも叶わず、やっと今年の9月30日にオープンしたそうだ。 週末の日曜日、2014年10月5日にぷらっとアマドールまで行ったついでに出来てたから見てきた、ので、カメラを持っておらずとりあえずiPhoneで撮影したのがこちら。 外国人はエントリー22ドル パナマ人は12ドル 缶ビールが一本57セントで買える国で、このエントリーフィーはかなり高いと言わざるをえないんじゃないでしょうか。 でもまあ、初物だし、とりあえず夫婦二人分払って入る。赤ちゃんは無料。 施設は3つのエリアに分かれていて、メインの北棟と南棟と、それにテンポラリー展示棟があり、入場者は北棟から入るようになっている。 オーディオガイドを渡されて壁に貼られた多様な生物の説明などを見ていくと、すぐに天井の高い暗い部屋に案内され、上下左右前面がスクリーンになっているPANAMARAMAという6分くらいの映像作品を見せてくれる。 パナマ近辺に生息している多種多様な生き物のカットを、上下左右前面にプロジェクタで映すよう編集しました。と言うのが一番わかり易いムービーで、それはとてもきれいにまとまってはいたけど「最新の映像体験!」という感じではない。映像作品としては面白かったんだけど、建物の斬新さからくるコンテンツへの期待値が高かったので、ちょっとだけ裏切られた気分になる。 その部屋の後には地質学的な展示があり、次の石膏動物模型展示に続いている。 1歳9ヶ月の息子はこの部屋が一番興奮していた。 すでに絶滅した動物から現存するものまで、おそらく実物大で賑やかに展示されている。 この部屋で北棟はおしまい。 ホールウェイを通り 南棟へ入ると、パナマ運河建設時に発見されたという化石などが数少なく展示されていた。 ここの目玉はメガロドンの歯の実物大模型。 他の場所で何回か見たことあるが、何回見ても人間サイズをゆうに一飲みできる顎のデカさにグッとくる。 それよりも気になったのは床の施工が終わってないんじゃないかと思えるコンクリ打ちっぱなしの半端感。 コレどうなの? 続く中二階は何も展示されておらず、ベンチがあって本が2冊おいてあるだけだった。 天才による落書きスケッチが表紙の、この博物館のコンセプトブック。 このエレベータの後ろががらんどうの中二階。 ずいぶんと見どころのない空間なんだな。と思ってたら最後に博物館の完成予想模型があって、それで南棟はおしまい。 よく見ると完成予想模型も今のがらんどうな内容とはずいぶん異なる立派な中身。 あれ?っと募る不信感。 模型の後はミュージアムショップがあって、ちょっと期待したんだけど、売られている商品がかなりクオリティが低いのに値段がとても高くて残念だった。 建物は最新なのに、ミュージアムショップがしょぼいなんてひどいじゃないか。海洋堂のガチャガチャの爪の垢を煎じて飲ませたい。 その後テンポラリー展示棟で、北海道大学でつぶ貝の研究をしていたという日本語を話すパナマ人の学芸員と会ったので話をきいたところ、さっきのコンクリ打ちっぱなしなところの青い部分には水を入れて魚が入る予定らしいのだが、予算がなくなってまだ出来ないと教えてくれた。 南棟は見切り発車デス。 完成するまであと1年デスって言ってた。 出来てないものを見せてお金集めるんだ!?すごい! 日本人的感覚ではとても許容できないけど、それをやってのけるのがパナマ人! こういう生物もいますよ、という生物多様性博物館に一番たくさんいたのがパナマ人だったのも納得。 なんつって、22ドルも払ったんでそんな嫌味の一つも言ってみたくなりますが、とりあえず外観は一見の価値ありです。 パナマ運河の入り口にあって、周囲ものどかで散歩にはもってこいなので、パナマにおいでの際は是非!(外から見てみて) あ!違った!一杯人が入ればそれだけ早く完成するのかも! パナマに来た際は是非お金落としていってあげてね!フランク・ゲーリーも喜ぶよ〜!

Biomuseo フランク・ゲーリーの南米初建築物に行ってきた2018-07-17T13:52:28+00:00
Load More Posts