お試しあれ・・・ラム酒、葉巻、コーヒーのMaridaje(マリダッへ)

キューバ名物、Ron Tabaco Café. (それぞれスペイン語でロン、タバコ、カフェと発音)=ラム酒、葉巻、コーヒーは世界的にも有名で、そのあまりの素晴らしさから「天国への3ステップ」とも言われるほどです。

Ron, tabaco, cafe ♫…キューバ音楽の歌詞にもよく出てきます。

ラムは砂糖の生成過程でできる糖蜜を使って作られるお酒で、キューバ各地に蒸溜所があり様々な種類のラム酒が生産されています。キューバでお酒といえば何はともあれラム、中でもハバナクラブは世界に名の知れた有名な銘柄です。

葉巻はもともとキューバにいた原住民たちが吸っていたものをスペイン人たちが持ち帰り、ヨーロッパで受け入れられ広まったといわれます。キューバの土と気候がタバコの葉に適していることから良質のタバコ=葉巻が生産され、世界最高級の贅沢な嗜好品が生みだされています。

コーヒーはキューバ人の日常に欠かせない飲み物ですが、こちらはお隣のハイチから入植したフランス人たちによってキューバで広く栽培されるようになったものです。

それぞれキューバの歴史とも深い関わりのある産物であり、キューバを知るため、そしてキューバ人たちと時間を共有し、より深く知り会うために欠かせないものと言えます。

ところでこのラム、葉巻、コーヒーもちろんそれぞれのシチュエーションで別々に楽しむことができますが、本来葉巻の嗜み方としては、これらを組み合わせて味わうのがよし、とされます。

それが、Maridaje(マリダッへ)

英語のMarriageと同じ語源で結婚も意味しますが、調和、組み合わせという意味もあります。同じ意味のフランス語マリアージュは料理などで使うと「相性の良い食べ合わせ」を意味するのを聞いたことがあるのではないでしょうか。要は葉巻だけではなく、ラムやコーヒーと一緒に吸ったほうがより美味しい、というわけです。

ハバナにはこのMaridajeを観光客にレクチャーしてくれ、実際に体験できるところがあります。

コロニアル建物のパティオで優雅なひと時を・・・

まずは、コーヒーを少々。後で葉巻と一緒に飲みたいので全部いってしまわないよう注意。

そしてラム酒。もちろん銘柄はハバナクラブ。蓋を開けたら数滴床に垂らします。これはご先祖様に捧げる仕草とも大地の神に感謝の念を示すためとも言われるのですが、キューバ人がお酒を飲む時、誰もがやる「儀式」です。それから各々のグラスにラムを注ぎ、とりあえず乾杯!そして口の中を湿らせるような感じでラムを味わいます。

キューバ人はどんなラムも基本ストレートで飲む。

それからいよいよ葉巻に火を付けます。国がキューバ産として認定した葉巻には「王冠」と呼ばれるラベルが巻かれていますが、このラベルがある方の端をチョキンと葉巻カッターで切って、反対側に火を付けます。本来の作法からするとマッチやライターで直接火をつけるのはタブー。セドロという種類の木っ端にまずは点火し、この炎で葉巻の先を焦がすようにして火を付けます。そしてゆっくり吸い込む。葉巻は肺まで入れずに、煙を口の中に含みあくまで香りを楽しむものです。

葉巻にも作法あり。

今度はまたラムを一口飲んで、葉巻を吸う。それからコーヒーを飲んで、葉巻。それぞれ違った味わいがあるはず。

シガーバーでもラム酒やコーヒーと一緒に葉巻を。

日本で葉巻を嗜好する方は少なくシガーバーの敷居も高いかもしれませんが、キューバへ来たからには是非とも本場の葉巻をラム酒、コーヒーと一緒にお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です