月別アーカイブ:7月 2016

7月 2016

7月キューバ、ハーシー列車

2018-07-17T13:21:13+09:00

ハーシー列車、ご存じですか? ハーシーと聞いて思いつくものといえば、チョコレート。 Hershey Chocolate、そうです。アメリカのチョコレートです。 キューバにはハーシー社が砂糖を運ぶのに利用していた列車が通っています。 区間はハバナとマタンサスを結ぶ135km、47駅、3時間半かけて進みます。 まずは簡単に歴史をご紹介。 1918年、ハバナとマタンサスの中間地点にハーシー駅を作り、そこで製糖した砂糖を近くの港まで運び、輸出していました。今でもハーシー駅付近には昔使っていた古びた大きい建物がならんでいます。1919年、最初の列車は蒸気機関車を利用していましたが1922年には電気機関車を利用するようになりました。 ハバナが始点といっても中心地から少し離れた所。海岸を挟んで向かい側にあるので中心地からは車、またはボートを利用してハバナの駅「カサブランカ」まで向かいます。当時 イギリスのUnited Railwaysがハバナ市の列車を管理しており、ハーシー列車が市内まで入ってくることを許可しなかったので、アメリカは少し離れた場所までしか線路を延ばすことができませんでした。 独立革命後、アメリカはキューバから撤退し、ハーシー社は名前を変えてカミロシエンフエゴス ディビジョンとしてその後40年間動き続けました。砂糖の需要がだんだんと少なくなり、2000年にはハーシーでの製糖は中止。今では現地の人々が移動手段として利用しています。 そんなハーシー列車は観光客ももちろん乗車可能。 列車マニアや好奇心旺盛な方には是非オススメ。現地の方の生活を体験することができます。 エアコンはありません。クッションがついていないベンチのような椅子ですが思った程おしりが痛くなることはありませんでした。 とにかく揺れて、暑くて、うるさくて、臭い。無秩序に車内で人が叫びあい、床で寝ている人もいます。さらに人間以外に、ヤギや鶏、犬も旅します。 隣に座っていた酔っぱらい家族は、私にどうしてこんなに居心地の悪い列車にわざわざ乗るんだと、興味津々にひたすら話しかけてきました。 1日三本運行しています。ハバナからマタンサス行きが3本、マタンサスからハバナ行きが3本の計6本。 レールが1本しか無いのでハーシー駅で対向列車が来るまで待機します。 列車が遅れることは当たり前、待機時間は15分〜長ければ半日待つことも。 ハーシー列車に乗る方は余裕のある日にトライしましょう。 列車に乗っている間、見える景色はほとんど変わりませんが、なんといっても車内の入れ替わりが激しくいろーーーんな人がいるので面白い。 時間に余裕のある方は是非試してみてくだい。 今まで旅してきた中でもかなり上位に入るくらい貴重な体験ができて大変満足です。 ハーシー列車の運転席

7月キューバ、ハーシー列車2018-07-17T13:21:13+09:00

オンリーワンから素敵なお知らせ!

2018-07-17T13:32:14+09:00

今日はオンリーワンからとっても素敵なお知らせがあります。 オンリーワンのウェブや広告の写真、そしてツアーまでも一緒におこなってくださる高砂淳二さんが新しい写真集を出すことになりました! その名も“Dear Earth”。 アイスランドの神の滝や氷の洞窟、世界一のエンジェル・フォールにかかる夜の虹、直径30mの夢の様な珊瑚島、天空の鏡、ウユニ塩湖など、世界中で撮影された心安らぐ絶景・美景115点が収められた最高に贅沢な写真集です。 写真集の中に、もちろん、オンリーワンと一緒に行った撮影やツアーの写真もありますよ! 多くの自然災害で自然への恐怖心や不安が膨らんでる今、もう一度地球がどれほど美しく、優しく、温かいか感じてもらいたい! 販売予定日:2016年8月8日(予定) 定価:2,500円(+税・予定)   そして、なんと写真展もあります! 期間:2016年8月16日(火)〜9月5日(月) 場所:コニカミノルタプラザ 開館時間:10:30〜19:00(8月19日、26日は20時まで。最終日は15時まで。) こんな機会めったにありませんので、是非是非是非、地球をもっと近くに感じに行ってください!  

オンリーワンから素敵なお知らせ!2018-07-17T13:32:14+09:00

ボリビアへお越しやす 〜乾季のウユニと周辺景勝地〜

2018-07-17T13:21:43+09:00

皆さんこんにちは。 乾季のラパスの寒さにやられて少々風邪気味のなつきです。毎日自家製のはちみつレモンジンジャーティーを飲んでしのいでおります。 現在ラパスでは夜は0度やマイナスにまで達することもしばしば。ですが、日本と違って乾燥しているので、湿気がない分気温の割には過ごしやすい気がします。 お昼は日が照っていると暖かいので、半袖で行動している人も見かけます(^◇^;)   さて、前回は雨期のウユニについてご紹介したので、今回は乾季のウユニについてお話したいと思います。 前回のブログにも書いた通り、欧米人は今の時期、つまり乾季にボリビアに訪れます。雨期は日本人、韓国人、中国人等のアジア人、乾季はヨーロッパ人、アメリカ人等と年中大人気のウユニ! 乾季はウユニ塩湖とその周辺の景勝地をめぐりチリのアタカマまで行くツアーが人気です。(もしくはアタカマスタート、ウユニ到着)   まずはウユニ塩湖。 鏡張りは見れませんが、雨期には雨のせいで入ることのできない、巨大サボテンが生い茂るインカワシ島や紀元前のミイラが潜むトゥヌパ火山に行くことができます。 インカワシとは、原住民ケチュア族の言葉で「インカの家」という意味があり、かつてインカ帝国と繋がりがあったのかもしれない…と言われています。 1年に1cmしか伸びないサボテンが大きいものだと12mにも成長していてその迫力に圧倒されます。 見渡すと一面真っ白な世界が幻想的です。   そしてウユニ周辺。ウユニ塩湖だけでは味わうことのできない、本当のボリビアを感じることができます。 ウユニ周辺地図 朝日に染まる山肌と放し飼いされたリャマ 砂漠をひた走ると、途中乾ききってしまった湖が点々とあります。 この地域のシンボルArbol de Piedra 岩の木 赤い湖、ラグーナコロラダ。 野生のフラミンゴ 日本でも健康食品として話題の、ボリビア名物キヌア畑   見所をあげるときりがありません。 このツアーは観光というよりは冒険と言える気がします。標高最大約4700m!! 自然体のボリビア、静かで素朴なボリビアと、そこにある湖などの絶景を堪能する旅。 ボリビアという国を深く見れる旅。   景色だけでなく、訪れる国をよく知りたいという旅好きの方にはかなりオススメです!!   あーまた行きたい。 一緒に行ってくれる方、是非お問い合わせください!! お待ちしてま〜す。 それでは hasta pronto!

ボリビアへお越しやす 〜乾季のウユニと周辺景勝地〜2018-07-17T13:21:43+09:00