月別アーカイブ:4月 2015

4月 2015

今期最後の新月ツアー(ウユニ塩湖偏!)

2018-07-17T13:47:25+09:00

  ウユニに行って来ました! 早朝4時半にホテルを出発し、塩湖へ向かいます。 外は真っ暗ですが空を見上げるとそこはまさに星の絨毯!! 水がある場所に到着し車を出たら、幻想的な世界が広がっていて、宇宙のようでした。 見渡す限り果てしなく星が空一面にあって、星の光がとても美しかったです。 流れ星が見えたり、星座を勉強したりと流れていく時間がとても貴重で特別でした。   星空のあとは朝日。 徐々に太陽が出始め、空の色と塩湖の色がオレンジへと変わっていくと共に、塩湖に雲が映し出されます。少しずつ色が変わっていくにつれ空に浮いているような不思議な感覚になりました。   朝日を堪能し、一旦ホテルにて休憩です。 お昼前にもう一度塩湖へ向かいました。快晴で風がとても気持ちよく空気がとても美味しかったです。 最初に向かったのが塩の町、コルチャニ村。 たーーーーくさんの塩の山があり、どうやって作られているのか見学させてもらいました! ここオリジナルのお塩もありますよ!   次に塩湖の中でも唯一ボコボコと穴が開いている場所へ塩の結晶を探しに行きました。 まるでクリスタルのような美しい塩の結晶がたくさんあってお土産に持って帰れます。   その後は乾季の塩湖を見に。 真っ白で綺麗な六角形が広がっていて、トリックアートをしたり、思いっきりはしゃぎました! 上手に撮れているでしょう?♪   最後に待ちに待った水のある場所へ。夜の景色とは一変して、訪れた人のハートをイチコロにする世界がそこにありました。 真っ青な空が水に写し出されて本当に天国のよう!! この天空の中でランチです!なんて贅沢なのでしょう(^^) ボリビアの伝統的お母さん料理を堪能しました!!   今回のツアーにハネムーンで参加してくださったお二人にOnly Oneからサプライズを! とても喜んでくださって、見ている私は感動して胸が熱くなりました!! とっても素敵でしょーー?? 一生忘れられない素敵な時間を一緒に過ごすことができて本当に本当に本当に光栄です!   毎日違う景色を見せてくれるウユニ塩湖。 ここを世界一の絶景と呼ぶ人がたくさんいます。 是非!一緒にウユニへ行きましょう! ここでしか感じられないものがたくさんあります!! Only Oneな旅を、Only Oneな冒険を私たちと一緒に経験しませんか?   Tomomi

今期最後の新月ツアー(ウユニ塩湖偏!)2018-07-17T13:47:25+09:00

パナマらしいこと

2018-07-17T13:47:34+09:00

皆様 ご無沙汰しております。 パナマから津村です。昨年12月から繁忙期に突入し、4月まで突っ走ってきました! 「パナマからパナマらしい体張ったこと!」をスローガンに昨年12月には、パナマ国際フルマラソンに出場しました!   続いて第2弾は、Panama ボクシングジムに潜入です! Panamaのボクサーといえば、かの有名なロベルトドゥラン!そう、ドゥラン経営のボクシングジムに入門しました。   Knock Out Boxing Academy By Duran     はっきりいいます、ボクシングなめてました ほんまにね  すごいのよ  すごい きついのよ とにかくきつい   プログラムとしては、大きく分けて3つのパートに分かれます! セクション1 ウォーミングアップ!(15minutes or 20 minutes) これはボクササイズみたいなもので、とにかく踊る、踊る、踊る! 序盤はこんな感じで余裕なんすよ                               あとスクワットがおおいねんな意外と!でもまだまだちゃらけてやす!                             これを15分くらい続けます するとこうなります   はい、   笑いがなくなります          

パナマらしいこと2018-07-17T13:47:34+09:00

今期最後の新月ツアー(マチュピチュ編)

2018-07-17T13:59:19+09:00

  本日は早朝5時半にホテルを出発しマチュピチュへ向かいました。 空中都市、失われた都市と呼ばれているマチュピチュ。 ずーっと夢見ていた場所。薄暗い道をみんなで登り、マチュピチュ村のバス停へ到着です。   そこから約30分ほど、ぐねぐねとた道をずーーーっと登り、周りにはまるでジブリの世界のような美しい緑が広がります。 朝はあいにくの雨。 私は雨が大好きなので自然と雨の香りを楽しみながらマチュピチュへ入場しました!   入り口から歩いて10分ほどすると、突然目の前にあのマチュピチュ遺跡が現れます。   あまりの大きさと偉大さに呆気に取られてしまうほど! 美しい景色を堪能していると次第に空が青くなりお日様が出てきました! 朝はとても冷え込みますが、太陽が照らし出すと暑い!   ワイナピチュを登るため、入り口へ向かいました。 そこから約片道1時間かけてワイナピチュを登ります。 これが、、、、、、めちゃくちゃハード!!!!!!! 山は断崖絶壁で道はかなりの急斜面なんです!!!   朝雨が降っていたというのもあり、足元がたまに滑るので怖い! 何度も息切れして辛かったですが振り向いて見上げるとそこにはマチュピチュ遺跡の絶景が見えます。 これに何度も何度も助けられ、無事に頂上へ到着することができました!!!   この頂上からみる景色は絶景を超えます!! Spectacular!! 疲れが一気に吹き飛びます!   頂上でコーラとお菓子を食べて少し休憩。 今まで飲んだコーラの中で一番美味しかった! 上から見渡す限り不思議がいっぱいのインカの遺跡、美しい山、大自然に美味しい空気と最高のメンバーが見え、とても幸せな気分。   しかも私たちはスーパーラッキーでアンデス山脈がとても綺麗に見えたんです!   帰りも約1時間かけて降りていきますが、道が本当に急で石の階段も形がすべて違うし、ロープがない場所は落ちないよう必死に石に手を添えて気をつけて降りなければなりません。 山から人が転落するという事故も起きているので決して気を緩められないワイナピチュ。 登った人は必ず笑顔にしてくれる場所でもあります!   帰りは行きとは同じようにバスで駅を目指します。 帰りも列車に乗り、インカ道の絶景を楽しみながらのんびり旅の疲れを癒すことができます。   クスコに到着し夜は伝統的フォルクローレディナーを楽しみました!   みんなでサルサを踊ったり、伝統的ダンスに参加できたりと朝から夜までペルーの魅力をたっぷり堪能できました!     インカ時代の歴史的伝統や建物とスペインの征服の歴史が混ざり合う、とても特別な町クスコ! いまだに謎に包まれた、世界一と言っていいほど美しい遺跡、マチュピチュ! 神秘的な砂漠と海が広がる場所、イカ! 南米大陸の中心といわれるリマ! 知れば知るほど好きになる国、ペルー!   皆さんも是非Only Oneと一緒にペルーの文化に触れませんか? 大満足間違いなしです!   Tomomi 本日は早朝5時半にホテルを出発しマチュピチュへ向かいました。 空中都市、失われた都市と呼ばれているマチュピチュ。 ずーっと夢見ていた場所。薄暗い道をみんなで登り、マチュピチュ村のバス停へ到着です。 そこから約30分ほど、ぐねぐねとた道をずーーーっと登り、周りにはまるでジブリの世界のような美しい緑が広がります。 朝はあいにくの雨。 私は雨が大好きなので自然と雨の香りを楽しみながらマチュピチュへ入場しました! 入り口から歩いて10分ほどすると、突然目の前にあのマチュピチュ遺跡が現れます。 あまりの大きさと偉大さに呆気に取られてしまうほど!

今期最後の新月ツアー(マチュピチュ編)2018-07-17T13:59:19+09:00

今期最後の新月ツアー(ペルー・クスコ編)

2018-07-17T13:59:31+09:00

  はじめまして!今日はOnly One新入りのともみが更新いたします! 本日は早朝にリマを出発し、クスコへ到着。 リマも涼しかったのですがクスコは肌寒く、ウィンドブレーカーの上にダウンを羽織ってました。 平地のリマに比べ、標高約3500mある高地のクスコはすこし空気が薄く感じました。 クスコに到着し、まず最初に遺跡めぐりへ向かいます。 サクサイワマン、ケンコー・タンボマチャイ、コリカンチャ遺跡を訪れます。 標高約3700mにあるサクサイワマン遺跡。 高山病にならないよう、ゆっくりゆっくり進みます。 すると目の前にドカーーーンと巨大な石造建築が見えてきます。 城塞だったといわれるサクサイワマン。 スペイン人の侵略により、クスコの石畳やカテドラルの建設などに使われる石材の一部をここから持っていってしまったそうです。 なので、今は土台部分だけが残っています。 お天気もよく、空気がとっても美味しくて自然の美しさに感動しました。 遺跡一つ一つ肌触りや形が違って面白い! どうやって運んできたのか、どうやってこの石を積み上げたのか、インカの不思議がたくさん詰まったパワースポットです。 羊も抱っこしました!とっても可愛くないですか? 小さくて軽かったです。 遺跡めぐりの後はローカルレストランでペルー料理を楽しみ、市街観光へ向かいます。 チョコレート専門店へお土産を探しに行ったり、アルパカ製品のお店へ行きました。 クスコはリマとはまったく違う、古風で南米とヨーロッパが混ざったとても心地のいい町です。 12角の石も見ましたよ! たーっぷりクスコの観光を楽しんだ後は、マチュピチュ行きの列車に乗るためオリャンタイタンボ駅へ向かいます。 車で約2時間。この道中の景色が絶景でした!! 思わず息をのみます! 広がるアンデス山脈と沈んでゆく太陽が台地に広がる緑を照らして、とても特別な世界を作り出してくれます。 モーターサイクルダイアリーズで見た景色だーーーーーっと思わず声が出てしまったほど。 オリャンタイタンボ駅からマチュピチュ駅までまた約2時間列車(Peru Rail)に揺られ、無事マチュピチュ駅に到着です! 列車の中で初めて飲むインカコーラ! 味は・・・・・笑 とっても楽しかった1日! 明日はいよいよマチュピチュへ!!! ワクワクドキドキです! どうか1日晴れでありますように(^^)

今期最後の新月ツアー(ペルー・クスコ編)2018-07-17T13:59:31+09:00

今期最後の新月ツアー(ペルー・ボリビアの旅)No.2

2018-07-17T13:59:50+09:00

今期最後の新月ツアー(ペルー•ボリビア) 2日目☆ペルー 朝7時前にホテルを出発し、パラカスという地方にあるバジェスタス島に向かいます。 バジェスタス島は国立公園に指定されており、アシカやペンギン、ペリカンなど自然の動物が集まっているのを船から観察出来ます。 寒流と暖流がちょうどぶつかり合う場所で栄養が豊富なためエサを求めて鳥や海の動物達が集まります。彼らが休むのにちょうどいい場所にあるのがバジェスタス島なのです。 この日は幸運にも親アザラシが小アザラシに泳ぎ方を教えている光景を近距離で目にすることができました!何とも可愛らしいですね♡ 約2時間ほどのクルーズを楽しんだ後はパラカス国立公園を回ります。 パラカス国立公園、想像を絶する光景です!!! なんとここは昔海底だった為地面には塩の塊や貝が化石となっているのを確認できます。 海底に立っているなんて不思議な気分! カテドラルと呼ばれる断崖絶壁からの眺めも迫力満点! なんだか地球ではない星に来てしまったような感覚さえ覚えます。 昨日のワカチナの砂漠ともまた違った魅力を発揮するパラカス国立公園。絶景好きで有名どころの観光地だけでは物足りない人にはかなりオススメのスポットです! 百聞は一見にしかず。 是非オンリーワンで旅行してみませんか? お昼はパラカス国立公園内にあるレストランにて。 広大な大地、水色の海を目の前にしてビール片手に食べるセビーチェが絶品。ペルーの魚介類はとても美味しい! 青い空に太陽が照らす海がキラキラと眩しく、暑いけれども心地良い風が常に吹いておりとても過ごしやすいです。 ランチ後は車で5時間、リマに戻ります。 リマに到着後は、旧市街観光ポイントを回ります。 3世紀もの間スペインの統治下にあった為、街並みはまるでスペインにいるよう! 夜ご飯は遺跡の中にある、雰囲気の良いレストランにて。 ここでは伝統的なペルー料理が堪能出来ます。 アルパカや鴨のお肉が美味しい! ペルーの代表的スープなど、どれを食べても大満足です! 明日はいよいよ夢のマチュピチュへ! 3日目へ続く

今期最後の新月ツアー(ペルー・ボリビアの旅)No.22018-07-17T13:59:50+09:00

今期最後の新月ツアー(ペルー・ボリビアの旅)

2018-07-17T14:00:02+09:00

Onlyone新入りの大山です。 今回onlyoneの目玉商品である新月ツアーの視察をしてきたので報告をします。 1日目★ペルー 朝5時リマを出発、遊覧飛行でナスカの地上絵を見るためイカという街へ向かいます。 途中でトイレ休憩を挟みつつ陸路で5〜6時間走行。車窓からは壮大な景色が続いています! 11時前に、イカの街にある空港へ到着。 ここからセスナに乗って待ちに待った遊覧飛行です! 全員窓側席のセスナにて遊覧開始です。 必ずどちらの席も見えるように操縦士が操作してくれるのでご安心を。 かなり機体が傾くため左右どちらの窓も見てしまうと酔ってしまうので 必ず自分の席側の窓だけを見るようにしましょう!! フライトの飛行時間はだいたい1時間半ほどです。 14つの地上絵を鑑賞します。 14つの絵の中のひとつ、宇宙飛行士。 誰が何のために、どうやってこの絵を描いたのかは謎ですが、 実際に見て更に疑問が深まりました。なんとも不思議な光景です。 遊覧飛行はナスカの地上絵だけでなく雄大な大地を空から見ることができるので とても開放された気持ちになります。 ペルーに来たからには遊覧飛行で地上絵を楽しむことをお勧めします★ 宿泊のホテルはラス・ドゥーナスというとっても可愛らしいホテルです。 芝が広がる中庭にはプールやレストラン、 子供達が遊べる公園があり家族でも楽しめます。 一旦ホテルに荷物を預けた後、最近人気上昇中の絶景ワカチナに向かいます。 ワカチナはペルーのイカという街にある絶景のオアシスです。 ペルーにはこんなところがあったのか!!という驚きと美しさに感動します。 また、ここでサンセットを眺めながらのサンドバギーがとっってもロマンチックであり、爽快で楽しい!!!! バギーに乗ると砂漠の中を運転手が猛スピードで爆走し、迫力満載!砂丘の上まで登り、 そこからボードにのって一気に下るサンドボードも一旦経験してしまうとやみつきに。 楽しんだ後にふとあたりを見渡すと美しい雄大な砂漠の景色と夕日が沈んだ後の 美しいマジックアワーがロマンチックな雰囲気を作り出します。 是非!この絶景オアシスは訪れる価値ありです!!! 今期最後の新月ツアー(ペルー・ボリビアの旅)2日目へ続く

今期最後の新月ツアー(ペルー・ボリビアの旅)2018-07-17T14:00:02+09:00

女子が恋するエクアドル!

2018-07-17T14:00:12+09:00

標高4000m級の地ボリビアで 90度はあるであろう坂道を何万回も上り下りし、 3ヶ月生き抜いたWeb担当のサラです。 ボリビアでの任務を終えて エクアドル、ガラパゴスツアーの 視察に行ってきました! 視察と言いますが、 エクアドルの青い空、海、緑、濃い空気に 一瞬でテンションがバケーションモードになってしまいました。。。 モノクロの世界を君が一瞬でフルカラーにしてくれたよ って感じです。 ダメです、これは。恋です。 そんな女心をメロメロにするエクアドル、 ステキなギャラリーにまとめました。 一足お先にご紹介しちゃいます! 【エクアドルフォトギャラリー!】 そして、ここからは私が個人的に 恋しちゃったエクアドル10選をご紹介します。 1. 亀に恋/ガラパゴス 2. ホテルの設備に恋/ガラパゴス 3. おしゃれなお土産に恋/ガラパゴス 4. なつっこいアシカちゃんに恋/ガラパゴス 5. 激うま巨大ランゴスティーノ($12)に恋/ガラパゴス 6. カラフルな駅に恋/アラウシ 7. かわいいおじいちゃんに恋/電車にて 8. 神秘的な旧市街に恋/キト 9. 赤道でイケメンに・・・あ、卵のせに恋/赤道記念館、キト 10. ジャングルのガイドが濃い/アランビ、ミンド エクアドルには何があるか、どんな国か、 想像がつきましたか!? イメージ変わりましたか?? 街も人もあたたかい、キラキラした国でした。 こんな素敵な国を思う存分満喫していただける、 ステキなツアーを提供していけるよう、スタッフ一同頑張ります! 一生思い出に残る、 あなただけのオンリーワンツアーを★

女子が恋するエクアドル!2018-07-17T14:00:12+09:00

Galapagos Girls Trip!!

2018-07-17T14:00:25+09:00

ご無沙汰しております。 日本のお菓子ストックが減ってきた、片貝です。   ウユニのブームがすごい今、日本の皆様が南米に注目している今、エクアドルももっと知ってもらいたい!沢山の人に来てほしい! と、エクアドル初上陸の3人と新スタッフ1名とともに、ガラパゴスへ行ってきました!   ガラパゴス諸島は知っているけど、いったいどんな場所なのか、そしてエクアドルにあるとは知らなかった、という方、多いのでは? ガラパゴスは死ぬまでに行きたい場所1位に輝いたこともある、魅力的な場所なんです! エクアドル、ガラパゴスブームを一緒に作りませんか?   こんなきれいなビーチもたくさんあります!   ガラパゴス諸島の98%は国立公園となっています。 ということは、人が住んでいる地域は全体の2%にすぎません。 国立公園には厳しい規定があり、各船の航路や島への上陸の時間・人数が決められています。 動物の楽園に人間がお邪魔させてもらっている、という感じですね。   そんなガラパゴス、動物たちは人間も見ても逃げたりしません。 アシカの赤ちゃんは好奇心旺盛で向こうから近づいてきます。 だからと言って動物たちには絶対に触っちゃだめですよ。 近づいてきても、逃げてください!   知識が無くても問題なし。 ナチュラリストが植物から動物の生態まですべて説明してくれます! ツアーでは、スノーケルも楽しみの一つ。 お客様で「今までやっとことない」という方も沢山います。 でも、年配の方も若い方もみんなハマっていきますよ。 「40年ぶりに泳いだよ!」なんて方もいました! そして、「楽しかったから明日もスノーケルするよ!」なんてキラキラした顔でおっしゃっていました。       こんなのや、 こんなのに会いに、コンクリートジャングルから、ガラパゴスの大自然に癒されに来てみませんか? 写真好きな方!動物を被写体に、撮りに来ませんか?   現在各自ツアーを考案中。 エクアドルでしたいこと、こんなツアーが欲しいなど、ご意見お待ちしております!  

Galapagos Girls Trip!!2018-07-17T14:00:25+09:00

五感で楽しむガラパゴス

2018-07-17T14:00:34+09:00

皆さん、初めまして。最近、誇りの博多弁が抜けてきた、エクアドル新人のあずみです。エクアドル滞在6ヶ月目にして、Only one女子チームで、夢のガラパゴスへ視察に行ってきました!! 皆さんは「ガラパゴス」から何を連想しますか?ガラパゴス携帯、ゾウガメ、海....。 そして「動物達の最後の楽園」良く耳にするフレーズではないでしょうか? 今回は、この「動物達の最後の楽園」を全ての五感(視、聴、触、味、嗅覚)をフル活用させ、探ってきました。 普段全ての五感が、敏感、繊細に発揮される場ってないですよね? ガラパゴスでは、この五感が鋭くなった気がします。想像してみて下さい。 まずは、視覚! ガラパゴスの玄関口。バルトラ空港に降り立ち、サンサンと降り注ぐ太陽、もくもくと真っ白な雲を車内から眺めつつ、船乗り場へ。 岸辺では、海の魚を求め、優雅に空を舞う鳥達が私達を出迎えます。そして、念願の青い海!! まずは、バルトラ島の北から南へ向かいます。車内からの風景は、一面緑、緑、緑….果てしなくどこまでも続きます。 窓を開けると虫のさえずりが....。心地よい風が頬を撫で、触覚を刺激します。 何となく、目、耳、触覚が既に冴えてきた気が….。 旅のムードを盛り上げつつ、到着地へ。 車を降り、歩き出すと美しい空気、植物の香りが美味しい!鼻をヒクヒクさせて、いつも以上に呼吸しちゃいます。植物の香り、すっかり忘れていました! スペイン語で「双子」という意味の「ロス・へメロス」と呼ばれる二つの陥没孔を見学し、可愛いフィンチの冴えずりを聞きながら、島で生まれ育ったガイドが自分の庭のようにガラパゴスの植物、動物についても説明してくれます。 話を聞いていると「あっ、ガイドの手に虫が!」 彼は、何事もないように話を続け、優しく葉っぱに虫を移動します。何だか、穏やかな優しい気持ちに。 そしてカメラ片手に、夢中でフィンチの姿を追い求め、目にした事のない植物を手当たり次第触ってみたり。 気づけば童心にかえったような自分が…。     お昼は、野生のゾウガメが住むエル、チャトへ。食事を待っている間、近くの沼へお散歩に。ガイドが沼を指差します。 「???」「わぁ!」 気づくのに時間がかかりましたが、でっかい岩と思っていたものは、ゾウガメでした。想像よりも、大きく貫禄があります!! 「ゾウガメは、鼻が良いから僕らがここに来ている事は、既にお見通しなんだよ」とガイド。 ゾウガメの様子にOnly one 女子チーム、キャーキャーと大興奮! 「彼らの動く姿が見たかったら、静かに止まって様子を見てあげて。そうすると、安心して動きだすから」ゾウガメを熟知したガイドのアドバイスは的確で、息を潜めて様子を伺っていると、動き出しました! 初めて見る野生のゾウガメは穏やかで、動く様子は少しブリキのおもちゃのよう。大きなゾウの様な手足をゆっくりと動かし、前に進みます。   初対面のゾウガメに興奮冷めやらぬまま、お食事タイムへ。Wahoo(ワホー)というお茶目なネーミングの魚をメインに、舌鼓を打ちます。 さすが島!魚が新鮮で美味しい。魚介の美味しい九州で生まれ育った私も大満足です!   お腹も満たされ、旅の始まりを満喫後は、ホテルや観光施設が集中するプエルト・アヨラ市街のホテルへ。 今回は、ホテルSolymar (ソリマル)へ宿泊。部屋は、オーシャンビュー! ホテルには、プールとジャクジーも併設されています。島のメイン通り(チャールズダーウィン)に面し、立地も抜群! 散歩がてらに町に繰り出すと、リラックスした観光客とガラパゴス住民でどこも賑わっています。可愛らしいお土産屋が並び、買い物魂に火がつきます!   夜は、観光客と地元住民が集まるローカル色の雰囲気漂う、レストランで大きな海老を食します。そして、やっぱり女子旅!食事の締めにアイスを堪能。 美しい満月の夜に、ホテルのバルコニーで涼んでいると、プールサイドを掃除する職員の傍らで寛ぐペリカンの姿が。動物と人間が上手く共存する島の様子を実感します。 いかがでしょう?日々の都会の喧噪で忘れがちな自然、動物のありのままの姿を、ご自身で体験してみたくなりませんでしたか? 次回は、人生初のシュノーケリング体験についてお話したいと思います。 お楽しみに!!              

五感で楽しむガラパゴス2018-07-17T14:00:34+09:00

Only One 女子旅話 in Galapagos

2018-07-17T14:00:50+09:00

Only One 女子旅話。 今回はエクアドルの中でも旅行者ダントツのガラパゴスについて少し紹介します。 ほんっっっっとにいいところでした。 住み着きたいくらい。 ガラパゴスへはキトから空路で行きます。 直行便もありますが、今回はGuayaquilグアヤキルという皆様も聞いたことがあるはず、この名前。。。にて一旦ストップ。下船はしません。 Guayaquilからまた人を乗せて再出発!   いえーーーーーーーーーい!ガラパゴス到着! 海だ、海だ、海だ!!!   田中、岡田、高橋はつい最近まで海のない世界ボリビアで3ヶ月を過ごしてきたのでこの海を目の前に大興奮です!!     今回ガラパゴスで訪れた島はこちら。 →サンタ・クルス →ノースセイモア →プラサ 今回はクルーズではなかったのでサンタ・クルス島に宿泊し、ボートで島々へ向かいました。   ガラパゴス諸島は陸の隆起や火山活動によってたくさんの島ができました。 サンタ・クルス島はガラパゴスで最も人口の多い島。 空港や、かの有名なダーヴィン研究所もこの島にあります。   ガラパゴスの魅力1: 何がいいって、見たことのな動植物が生息しています。 そしてみんなすごく穏やか。 たくさんのトリがいても、日本の満員電車のような押し合いはありません。   ガラパゴス諸島では私達人間は野生動物たちの世界にお邪魔し、少しだけ、彼らの仲間になることができるのです。 動物たちがこんなにいっっっぱいいるのに、一匹たりとも私達を怯えている様子はありませんでした。   私、実を言うと、鳥類がすごく苦手なんです。 昔ハトの大群に追いかけられたから。。。(コレ、実話。エサをやっていたら大阪のハトはしつこいらしく、だんだん増えてきて、、、帰ろうとしたらしまいには追いかけてきたんです!!!小さな私は泣きながら帰りました。) なので羽の音がすごく恐怖。 飛ぶ鳥は怖くて近づきたくなかったんですが、ここは特別。 卵を温めてる親鳥や、餌を子に分け与えている親子の姿や、たくさんのトリたちが求愛している様子をみて、すごく愛らしいと思いました。 日本ではめったに見れない自然の姿。 動物たちと共存していることを実感します。 もちろん、トリの種類も日本では見られないものばかり。 そしてトリ以外にも、アザラシやイグアナなど、見つかっているもので5500〜6000種もの動植物が生殖していると言われています。 みなさんも、ガラパゴスに来て動物たちの世界を覗いてみてください。 遠い遠いエクアドルですが、来る価値を保証します!! お越しあれ!   追記: 日焼け止めはこまめに塗り直すこと。 日差しを浴びるのが大好きな私はボートの上で寝てしまいまるこげ。 日焼けがかゆすぎて夜中に目が覚めます。

Only One 女子旅話 in Galapagos2018-07-17T14:00:50+09:00
Load More Posts