年間アーカイブ: 2015

12月 2015

南米初開催リオデジャネイロ五輪!!

2018-07-17T13:36:59+09:00

皆さん初めまして!オンリーワントラベル ブラジル支店のHarumiです! いよいよ来年に迫ってきた南米初開催のリオデジャネイロ五輪!今日で残り231日となりました! ブラジルと言えば日本の真裏。ブラジルがどう言う国なのか知らない方もたくさんいらっしゃると思いますので 少しご紹介したいと思います。 ブラジル連邦共和国は南米大陸最大の面積を占めており、その面積は世界第5位の851万㎢、日本の22倍にあたります。 人口は日本1億2000万人に対して、ブラジルは1億9000万人。南北アメリカで唯一のポルトガル語圏です。 その中でも1番の人気を誇る街がリオデジャネイロです。都市周辺の美しい文化的景観は 『リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群』として、2012年に世界遺産に登録されました。 そして来年2016年第31回夏季五輪の開催都市です。全世界のアスリート達が306種目を競い合います。 オンリーワンではリオデジャネイロ五輪の『全種目の観戦チケット』を手配致しております。 何といっても、幻の開会式のチケットA席をオンリーワンは独自のルートで入手!二度とないこのチャンス見逃せない! と、言うことで、私Harumiは常時ブラジルに滞在しておりますので、ご質問等ございましたらいつでも私宛にご連絡くださいませ💌 是非お待ちしております。

南米初開催リオデジャネイロ五輪!!2018-07-17T13:36:59+09:00

11月 2015

Venezuela③

2018-07-14T03:24:43+09:00

こんにちはー!カラカスからともみです! 今日はベネズエラの地下鉄についてご紹介します。   カラカスに着いてから、毎朝地下鉄に乗ってオフィスに出勤しているのですが、南米での電車のイメージってどんな感じでしょうか? 私は

Venezuela③2018-07-14T03:24:43+09:00

Venezuela②

2018-07-17T13:37:13+09:00

皆様こんにちは!カラカスからともみです。 今日のカラカスは27度。カラッとしてますが、歩くと暑いです!     さて、先週の日曜日にカラカスで一番高い山、Mt.Avilaに行ってきました。 ただ行っただけでなく、ちゃーんと登ってきましたよ!3時間半かけて・・・・・ いやぁね、、なめてました。 午前7時に麓集合。 さー行っくぞーと気合を入れて歩き出しますが、様子がおかしいことにきずきます。明らかに斜面が急すぎるんですね。 私を含めて、7人で行ったのですが、私以外みーんなニコニコ笑顔で笑いながら登っています。 おかしい。こんなはずじゃない。開始5分でもー諦めてるやん。風邪引いて鼻つまってるからか?絶対そうやんな。と自分に言い訳しますが、あまりにも急すぎて足が進みません。 そんな急な坂が約30分ほど続きます。 しんどすぎて写真も撮れませんでした。笑 ここが一番しんどい所だから頑張って!と支えてもらいながら、なんとか中間地点までたどり着きます。 山登りってこんなにしんどかったっけ?エンジェル・フォールトレッキングとワイナピチュトレッキングとどっちがしんどい?なんて笑える質問をしながらひたすら頂上を目指します。 途中、ロッククライミング並に急な斜面を手と足そして体をつかって登ったのですが、気づけば両手ズルむけです!笑 写真は頂上から! 毒蛇や巨大アリに遭遇したりと大冒険でしたが、やっぱり自然の美しさに感動しました。 一緒に行った友人が、てっぺんから地上を見下ろしながら、 『こんなに美しい世界がここにあるのに、あそこにいる人達は家でソファーに寝ながらテレビを見ているんだよ。悲しいと思わない?』 と言いました。I AGREE!!!と思わず叫んでしまいました。   The best treat after climbing Mt Avila for 3hourssssssss😂❤ Tomomi Kanekoさん(@tmmk88)が投稿した写真 - 2015 11月 8 9:42午前 PST 頂上で買える最高のご褒美です。せっかく運動したのに意味ないですね。笑 改めてベネズエラの美しさに出会えた素敵な一日となりました。 It was worth it😆❤❤ #feliz Tomomi Kanekoさん(@tmmk88)が投稿した写真 - 2015 11月 8 10:31午前 PST さて、そんなベネズエラですが、実は最近までマクドナルドにフライドポテトがありませんでした。 ポテトの代わりにユカ(生芋)フライがハンバーガーとセットになり売られていました。 これも、インフレが関係しています。 フライドポテトになるお芋、そのお芋を購入することができなかったのです。 なぜならドルで購入しなければいけないから。 日本では500円でセットが食べれるマクドナルド。 ベネズエラではそのワンコインの500円さえも高額です。 日本ではありえない話ですよね。 でも実際にベネズエラでは起きているのです。 12月にある選挙に希望を抱いて、この国の復興を祈っています!

Venezuela②2018-07-17T13:37:13+09:00

Venezuela

2018-07-17T13:37:22+09:00

お久しぶりです、ともみです! 私は今、ベネズエラの首都カラカスにいます。 気温は24度と過ごしやすく、今日は雨が少し降っています。     さて、ベネズエラといえばやはりインフレ。 今回、100ドル両替したのですが、見てください!このボリバルの数。 This is only 100$ exchanged into bolivals. Every time I hold this much bolivals, make me think so hard that how blessed we are and I am. What can I do for Venezuela? That's all I think about these days. #prayforvenezuela #despiertavenezuela Tomomi Kanekoさん(@tmmk88)が投稿した写真 - 2015 11月 3 6:10午後 PST これ、たったの100ドルですよ。 この御札の数で、この国が今どれだけ大変かわかっていただけますしょうか? スーパーには、お米やパスタなど一切なく、同じ商品ばかり並んでいます。2日前にスーパーへ行った時はかろうじて主食のアレパやエンパナーダを作るトウモロコシの粉が売っていました。一人2袋まででこの2袋を買うためにスーパーには長蛇の列。お会計までなんと2時間も並びました。   12月に選挙があるのですが、この選挙のためにまた、政府が動き出しています。 街を歩いていると、スーパーではなく、靴屋さんや電気屋さんにまで長蛇の列が。不思議に思い、靴屋さんに並んでいる人に聞いてみました。 『何を買うために並んでるのですか?』 すると彼女は答えます。

Venezuela2018-07-17T13:37:22+09:00

9月 2015

ベネズエラで大冒険!

2018-07-17T13:37:30+09:00

  世界にはまだまだ知られていないたくさんの絶景があります。 そんな中、私が今まで五感で感じた国で一番虜になっているのがベネズエラです!      

ベネズエラで大冒険!2018-07-17T13:37:30+09:00

Mi Vida en Venezuela!!

2018-07-14T04:16:13+09:00

世界にはまだまだ知られていない絶景がたくさんあります。

Mi Vida en Venezuela!!2018-07-14T04:16:13+09:00

Panamaの紹介

2018-07-14T04:16:27+09:00

皆さん こんにちわ! パナマからスポーツ大好き津村ことたぬきです。 ブログ部なるものが開始しました!文章力・ブログ力の向上を求めて入部しました! この部活動は、毎回ブログ部長のうちのアートディレクター大平ボンバーヘッドが、毎回お題を出し、それをもとに ブログを書いていくものです!さて、今回この部活動が発足後初投稿ですが、今回のお題は自分の住む街パナマについて!   さぁそれでは2年半経過したパナマを紹介いたします!   1.まずはパナマの基本情報から 人  口:386万人 面  積;約75,000平方km(日本の北海道より少し小さい) 宗  教:カトリック教 在留邦人:約400人 パナマ人:時間にはルーズ、適当、陽気、運転はあらい   2.パナマの町並みについて パナマは中南米諸国の方々から、中南米のドバイとかマイアミとか言われています。 その理由は、他の国にはないこの高層モダンビル群ですね!すごいんですよ! #panama #av.balboa #night view #myfavouriteplace #sunset Kohei Tsumuraさん(@koheijapan51)が投稿した写真 - 2015 8月 11 12:47午前 PDT   夜にもなればこんなに綺麗になります! #panama #hardrock #skyview Kohei Tsumuraさん(@koheijapan51)が投稿した写真 - 2015 8月 11 1:12午前 PDT   こんなにも都会と思いきや、1997年・2003年に世界遺産登録された旧市街:カスコアンティグオはこんなにも風情があります。 casco antiguo2 パナマ旧市街2 #panama #casco antiguo #casco viejo Kohei Tsumuraさん(@koheijapan51)が投稿した写真 - 2015 9月 1 10:58午前 PDT   こんなに素敵な通りもあります。

Panamaの紹介2018-07-14T04:16:27+09:00

パナマ

2018-07-14T04:16:47+09:00

パナマ2018-07-14T04:16:47+09:00

8月 2015

住めば都、パナマ編。

2018-07-17T13:40:58+09:00

Hola! ここ数日、続々と他国に住むオンリーワンのスタッフがブログで 自分の住む国を紹介をしていますが、 私も負けてはいられません。パナマからあずみです。 「パナマ」というと皆さん何を想像しますか?やはり「パナマ運河」でしょうか。 友人に時々「パナマってどこにあるの?」なんて聞かれたりします...。 パナマは北西にコスタリカ、南東はコロンビアに接し太平洋と大西洋をつなぐパナマ運河は、 世界的に重要な貿易通路です。 ちなみに日本はパナマ運河の利用国第4位なんです。 パナマ運河の閘門と、それを通過する巨大な船を初めて見た時は想像以上の迫力に感動! 今日はパナマ運河クルーズのガイド! #Panamacanal #cruise #lock #panama - 2015 8月 16 11:09午後 PDT そしてもう一つパナマで意外だったことと言えば....パナマシティは「都会」であるということ。 高層ビルが立ち並び、だいぶ大袈裟かもしれませんが香港やNYを思い出します。 エクアドルに半年住み、その後パナマに移り住んだ当初はこの都会っぽさが嫌いでした。 ショッピングモールに行けば、簡単に物が手に入ります。タクシーも一人で乗れるし、夜も出歩ける。 エクアドルで少しばかりワイルドな生活を送っていた頃と比べると、この都会っぽさが物足りない。 そんな時もありましたが、「住めば都」とはよく言ったものですね。 パナマに来て4ヶ月半が経ち、最近は愛着らしきものが湧いてきました。そんな私の住むパナマの良い所、好きな場所を写真で紹介していきます。 まずは何と言っても海!! パナマシティ側には太平洋がありますが、車で2-3時間ドライブすればパナマの北側にあるカリブの海に行くことができます。カリブ海は、やっぱり格別です!! 先日、原住民クナ族が住むサンブラス諸島に行ってきました。サンブラス諸島はパナマの北東からコロンビアの沖合に散らばる350あまりの島々で構成されています。 観光地化されていないので、今も素朴な雰囲気が残るシンプルな島です。 サンブラスに向かう途中の山道。緑で埋め尽くされたこんな景色を見るとホッとします。 カリブ海側はパナマシティ側と雰囲気が変わり、カリブ・アフリカ色が強く食事や住宅の作りなども違ってきます。ヤシやバナナの木も豊富。気候もジメっとしていて個人的にはジャマイカっぽいなと思います。 そしてお次は山!パナマには山だってあります。 パナマシティから車で約2時間。 エルバジェは、田舎の雰囲気漂う町で別荘があったりパナマ人の避暑地にもなっています。 涼しい気候で過ごしやすく、草木の香りがする空気が美味しい!! エルバジェから更に西に行ったペノノメ。ここで過ごす週末は至福の時。 朝、鳥や猿の鳴き声で目を覚まし、大自然の中で朝ご飯。 のどかな田舎町をドライブしたり、川で水浴びの後はハンモックでお昼寝。 パナマに来て良かったなぁと思う瞬間です。 #panama #life #penonome #love #nature #breakfast #holiday #breeze #mountain #chill #happy #hola #japanese #style #view #instalike #instagood #travel #friends #freshair #myfavoritethings が投稿した写真 -

住めば都、パナマ編。2018-07-17T13:40:58+09:00

3週間でアンティグアの虜になってしまった

2018-05-12T10:12:28+09:00

グアテマラはアンティグア。 ここは、ふるーい、ふるーい建物が残る、世界遺産の街。 石畳の道とカラフルに塗られた外壁、そして民族衣装を着た女性たち。 休日にはマリンバ弾きが道端で楽しげな音楽を奏でる。 そんなおとぎ話のような街で生活中の、Web担当サラです。 #antiguaguatemala #onlyonetravel #sarahdesign Only One Travelさん(@onlyonetravelforyou)が投稿した写真 - 2015 8月 16 10:57午前 PDT アンティグアは結構旅人の中では有名な街ですよね。 なぜならば スペイン語学校が安いし多いから。 事実、道を歩けば5分おきぐらいにスペイン語学校に遭遇する感じです。 のぞいてみて、値段、授業内容、教師を見定め、 自分に合った学校に戦いを挑めば・・・あっ、入学を申し込めばいいと思います。 それはさておき、 私の趣味のひとつに「引っ越し」があります。 日本にいる時も気分を変えたいときは疾風のごとく引っ越しを繰り返していました。 最近では国境を越えるまでに成長(悪化?)しています。 ところが、アンティグアに来てから、いかにこの国に留まろうかという気持ちがふつふつ湧いてきています。 ついに落ち着く場所を見つけたんでしょうか、私。 ということで、 私を虜にしつつあるアンティグア、何がそんなに魅力的なのか私なりの分析をしてみます。 アンティグアの赤い屋根 1. 気候が素晴らしい。 カラッと晴れた青空と、わずかに肌寒い夜。 中庭でまきを燃やしてディナーなんて素敵な演出も、この気候ならでは。 もう湿気に悩まされたりしない。 Sunset of Antigua #antiguaguatemala #sky #sunset Sarah DeSignさん(@sarah_takahashi)が投稿した写真 - 2015 8月 24 4:43午後 PDT 2. コーヒーに溺れる。 スペイン語学校以上に街にあふれるのはカフェ。 グアテマラには有名なコーヒーがたくさんあります。私は毎日1.5Lぐらい飲んでると思います。 ちなみに「アンティグア」というグアテマラの豆、スタバでも買えるらしいですよ!

3週間でアンティグアの虜になってしまった2018-05-12T10:12:28+09:00
Load More Posts