年間アーカイブ: 2014

12月 2014

12月7日 第38回 パナマ運河100周年記念 マラソン報告

2018-07-17T13:51:15+09:00

オンリーワンより KOHEI JAPANです。 第38回 パナマ運河100周年記念 マラソンに参加しました! なんと今回が初フルマラソンで準備もままならないまま初出場!   まず、大会手続きはBalboa RunnningというMulti Plazaのモールで大会1週か前に手続きを実施 これ以外にも以下のwebサイトからも登録手続き可能 http://www.corredoresdelistmo.com/web/ フルで70ドル ハーフで40ドルです。   そして大会3日前からパナマのパイティージャインホテルで受付。名前の登録とゼッケンをもらいます!                             この時受付に確認したのは800名の登録済で大会2~3日であと数百名は参加するのではないかとのことでした! 結局webをみると本大会には1750人以上がエントリーしていたので大会前に950人がエントリーしていてなんとも駆け込み感が南米人らしいですね!!!! そしてエントリーした方には、このようなグッズが配布されます!                             大会当日は、朝4:30にバルボア通りのインターコンチネンタルに集合しみんなそれぞれ準備運動をして出発! コースは以下のとおり!                         まずは、結果から発表します!!!            

12月7日 第38回 パナマ運河100周年記念 マラソン報告2018-07-17T13:51:15+09:00

夢のパナマ人との一戦 パナマ日本人ソフトボール

2018-07-17T13:51:29+09:00

夢のパナマ人との一戦 2014年11月29日 土曜日13時~15時 ALLパナメーニョス VS ALLハポネセスを夢見て立ち上がったパナマ日本人同好会チーム そんな夢が実現された! それは、日本人同好会チーム監督のお子さんが所属するパナマ少年野球チームのコーチからの提案から始まった! 先方は、少年野球チームのコーチ連中と父兄の方々!こちらは日本人同好会選抜メンバー大人9人 子供1人 過去4回の試合歴の中、史上最高の盛り上がりをみせた! なんといっても、まずは審判(アルビトロ)がいる試合に驚いた!                   そして試合・ソフトボールになっている!そして奥様がたの黄色声援も試合を盛り上げる!                 やはり少年野球チームのコーチかして、守備もうまい、狙いうちをしてくるバッターもいれば流し打ちもありと序盤から1−2で負け、2−4で負けこし。。。                                   日本人会チームはというと、いやはや、日頃から皆さん運動しているのかしてないのかただのフライキャッチもこちらにかかれば、ファインプレイ!                   普通のフライも足がおいつかず横っ飛び、走れば足がつり、肩を打撲する方まででてきて、没収試合寸前! それでもそれでもみなさん一生懸命に頑張った!                  

夢のパナマ人との一戦 パナマ日本人ソフトボール2018-07-17T13:51:29+09:00

アンティグア・グアテマラで家を探す話

2018-07-17T13:51:47+09:00

どうも、12月1日からグアテマラに引っ越してみました。楽しくやってます。ダイブマスターの大平です。 引越し先はアンティグアという世界遺産の街で、スペイン植民地時代のままのカラフルな邸宅や教会が碁盤の目状に整備された石畳の美しい古い街です。 アンティグアには今年の春頃に一度1ヶ月程滞在して、夫婦そろってとても気に入ったというのが一番の引っ越し理由。 いたってシンプルに、住みたい場所に住めればそれが良いのではと思い、住み良い場所を探しています。 今回の移住は久しぶりにほぼすべての荷物を持って、妊娠中の奥さんと2歳になる息子と大移動です。スーツケース3つ半。着替えと最小限のツールだけのコンパクトさでパナマから移住します。 前回の移住教訓から、安易な詐欺物件にお金を払わない様に気をつけて、予め地元の方にアパートを紹介してもらったり、自分で探したりしつつ、町から少し離れた場所の家を探してメールでオーナーと話を交わし、グアテマラ到着日からの入居予約を取り付けます。 引っ越しました、この町に。 ところが来てみたら入居予定の家はまだ「壁」しかできておらず、急遽現地でホテルに暮らしながら別の家を探す、という移住スタイルになってしまいました。 入居予定のお家、がっつり建築中。よくあるよね! こんな時はすぐに「別に仕方ないことだ」と思うことにして、大切なのは次どうするか。とりあえず街を歩きながら良さそうな部屋を貸している家をさがし、扱っている不動産屋さんを訪ねてみることにします。 パナマと違って不動産屋さんが町に5,6軒ありオフィスとして機能しているのがとても便利です。そして、アパートの価格帯がパナマより全然いいのです。 実際の数字の話し パナマでは、詐欺師の所在を追い詰めて(インドにいた)金返せメールを送った後(返ってこなかった)、下手くそな運転でBMWを乗り回すサイボーグみたいにきれいなコロンビア人の女性不動産屋さんに頼んでやっと見つけた物件が900ドルでした。14階の2ベッドルームで、家具付き・ゲートセキュリティ、水道代含み、電気ネット代別で1年契約。オフィスから歩いていける距離だったけど立地条件や部屋の広さや収入を考えると東京と比べてもずっと高い感覚のアパートに住んでいました。 今回は、予算800ドル以下、2ベッドルーム、家具付き、ネット代、水道代含みの電気代別、できれば暖炉付き、庭付き、中心地から離れすぎてない場所で半年契約、という条件で不動産屋さんに聞いてみました。 3軒程の不動産屋さんをまわって、条件を伝え、条件に合う物件の大家さんにアポイントを取ってもらい翌日から家を見せてもらうことにしました。 翌日まずはAntigua Realtyという地元の不動産さんに見せてもらいます。 ここのホームページを見る限り450ドル程で条件のイイ物件が多数掲載されているし、町を歩いていてもこの不動産屋のサインをよく見ます。オフィスを訪ねるとフレンドリーな対応でこちらの条件を確認して、翌朝11時に来たら3軒の物件を見せてくれるという約束をしました。地元密着型の物件に期待です。 ところが、翌朝11時に訪ねたら、用意が出来てないから午後3時にまた来てくれと言われます。 3時に出直すと、用意が出来た、と言って二十歳くらいの可愛い女性がエスコートして連れて行ってくれました。歩きで。 「歩いて行ける距離だから」と言われ、石畳の町の端まで歩いて行った物件がこちら まずは一軒目 こちらが物件1:650ドル/月 ツーベッドルーム、ネット水道代含み、電気別。町の入口付近で中心から9ブロック。   次がそこから3ブロック程歩いたこちらの物件B これが物件2:750ドル/月 ツーベッドルーム、水道ネット代含み、電気代別。中心地からはおなじく9ブロックくらい。独立した中庭があるのはアンティグアでは珍しいそうです。 シャワーに関しては、水シャワーを日になんども浴びるほど暑かったパナマと違い、ここは朝夜結構冷える標高1550mなので、温水の出るシャワーの確保が重要です。 この日はこの2軒だけでした。もう2軒あるがそれは明日、ということになり 翌日3軒目。この日はボスの女性が車で連れ回してくれました。 つまりちょっと町から離れるエリアの住宅事情です。 こちらが物件3:650ドル/月 Gated Community、2ベッドルーム、電気水道ネット代込み。中心からはかなり離れる。 オール・インクルーシブなのとシャワー、オシャレインテリアとセキュリティがポイント高いです。 そして4件目がこちら これが物件4:750ドル/月 ワンベッドルーム、水道ネット代含み 電気代別、集合アパート。中心からは9ブロックくらい。 アンティグアの色んな物件を見た結果言えることは、どの家もなんとなく薄暗いです。 中庭があって、大きな壁と小さな窓という建築スタイルだからかもしれないけど、こういった中南米の古い町のアパート・ハンティングでは日当たり確保とお湯の確保が結構重要な要素です。 5件目がこちら これが物件5:820ドル/月 Gated Community 4ベッドルーム、水道ネット代、お手伝いさんが週2回掃除してくれる代含み、電気別。 中心地からは遠く、移動には車が必要になってきますが、全てパッケージされた小奇麗な一軒家です。ただ4ベッドルームも要らないし、若干予算オーバーです。 ホームページに書いてあるような値段の物件はないのかと聞くと、12月に入ってみんなすぐ売れたというお話で、今はハイシーズンなのだそうです。 12月から4月までは外国人がたくさんこの街に住みに来るのでいい物件はすぐに売り切れてしまうということでした。 午後は違う不動産屋「世界で一番不動産を売ってます」というキャッチコピーの大手RE/MAXのエージェントさんに見せてもらいます。 さすが大手、いきなり予算オーバーの880ドルの物件を見せてきました。 6件目 良くみたらベッドルームの写真を撮ってませんでした。 物件6:880ドル Gated Community 水道、ネット含み、電気別。洗濯機は共有エリアで週2回使える。

アンティグア・グアテマラで家を探す話2018-07-17T13:51:47+09:00

ボゴターピタリト間就航決定

2014-12-02T20:45:24+09:00

コロンビア考古学エリアサン・アグスティンがぐっと近くに! 2014年の12月3日から、コロンビアのサテナ航空がウィラ地区にあるピタリトとボゴタを直接つなげる。ピタリト(Pitalito)はサン・アグスティン(San Agustin)からは近く、もっと簡単にコロンビアの考古学エリアにアクセスできるだろう。ボゴタのエルドラード国際空港から(ターミナル1)サテナ航空から週に3回BOG/PTX/BOG—水曜日、金曜日と日曜日にピタリトの空港に飛ぶ。10:30AMにボゴタを出発し、12:30PMにはピタリトからまたコロンビアの都市に戻ってくる予定だ。   サン・アグスティンは、美しい大自然の中に損沿いする考古学の秘密基地。コロンビア南部のアンデス山脈をちょうど2つに分割した地点にあります。

ボゴターピタリト間就航決定2014-12-02T20:45:24+09:00

10月 2014

コロンビアがもっと近くに・・・Colombia esta mas cerca…

2018-05-12T10:12:36+09:00

今日はとっても嬉しい情報を共有したい。 僕が住んでいるパナマと僕の大好きな国コロンビアが近くなった。 一昨年より運営を始めている、コロンビアのLCC会社ビバコロンビア(Viva Colombia 訳すとコロンビア万歳!)が今年の8月よりパナマとコロンビアの首都ボゴタそして第2の都市メデジンに運航を始めた・・・ 料金はなんと 往復119ドルから また、空港はパナマシティにあるアルブルク空港からととても便利。小さな空港なので出てくるのも10分位で出てこれちゃう。 運行日は下記の通り パナマ〜ボゴタ 月・水・金・日 パナマ 13:15発 ボゴタ 14:55着 ボゴタ 10:40発 パナマ着 12:20着   パナマ〜メデジン 月・水・金・日 パナマ 17:55発 メデジン 19:10着 メデジン 15:55発 パナマ 17:10着   難点は荷物が6KG 以内・・・ パナマまたはコロンビアで日本からの国際線を購入し、大きい荷物はパナマまたはコロンビアにおいて、国内旅行をしているかのように手軽に旅行することになりそうだ。     さ、2泊3日の旅に出かけよう・・!

コロンビアがもっと近くに・・・Colombia esta mas cerca…2018-05-12T10:12:36+09:00

Panama オススメ⑤ ~ café ~ Pan & Canela 

2018-07-17T13:52:02+09:00

今回は、落ち着くカフェのご紹介です。 カフェといえば、カスコ・アンティグオやパイティージャ、 VIA ARGENTINAにも何軒か...... でも今回は人里離れます。 パナマ運河のビジターセンターにほど近い Ciudad Del Saber 。 Albrookモールから車で20分ほどの町の中にあります。   ~Pan y Canela~ パンとケーキが並んでいます♪ 価格もリーズナブルで、ケーキも$2~。 雑誌や本、無料Wi-fi(パスワードなし)もあるので、まったり過ごせます。 (写真はラテ12oz(Mサイズ)$3.98 と、キャラメルプリン$2)   こちらのカフェは、PLAZA建物内にあるのですが、 このPLAZA自体も、とても静かな雰囲気で、フードコートあり、本屋あり、 いつもと違ったパナマでの時間を感じられます。 Pan & Canela café 月 - 土: 7:00 - 19:00 Clayton, La Plaza local D1 y Panama Pacifico PH Soleo, Howard 予算 ~$12 参考;http://www.degustapanama.com/restaurante/pan-y-canela_218.html (degusta)                

Panama オススメ⑤ ~ café ~ Pan & Canela 2018-07-17T13:52:02+09:00

Panama オススメ④ ~Restaurante~ Tinajas in Panama City

2018-07-17T13:52:09+09:00

こんばんは! 毎日常夏のパナマからおすすめレストラン情報です。 今日ご紹介するのはパナマの文化を存分に味わえる。そんなレストランです。 Tinajas - ティナハス パナマの伝統舞踊と音楽、そして食事を一緒に楽しめる、 ディナーショータイプのレストランです。 踊り子のスキルも、料理の質も非常に高く、 現地の人も観光客も皆通う、パナマシティーでも屈指のレストランです。 その為、訪れれば常に満席。 予約は必須です。 そして予約する時間も大切。 ショーは基本的に20時よりスタートします。 ショーが始まるとショーに夢中になりますので、 ショーが始まる前にゆっくりと食事をとり、 ショーが始まったら「見ること」に集中したほうがよいです。 それに一緒に踊りますし。。。。 このような美しい民族衣装を纏った方々によるダンスは圧巻です。 忘れてはいけない食事 おすすめは Langostinos tinajas (servido en piña) ランゴスティーノティナハス(パインを添えて) 大ぶりにエビがどさどさときます。 南国を思わせる味と見た目。これで18USD。 是非頼んでみてください! パナマシティーを訪れたら一度は行きたい場所です。 ☆レストラン情報☆ Tinajas Calle51 - Bella Vista Tel:+507 263.7890 - 269.3840 Fax:+507 264.4858 Apartado 543 Zona 9A Panamá, Panamá こんばんは! 毎日常夏のパナマからおすすめレストラン情報です。 今日ご紹介するのはパナマの文化を存分に味わえる。そんなレストランです。 Tinajas - ティナハス パナマの伝統舞踊と音楽、そして食事を一緒に楽しめる、 ディナーショータイプのレストランです。 踊り子のスキルも、料理の質も非常に高く、 現地の人も観光客も皆通う、パナマシティーでも屈 指のレストランです。 その為、訪れれば常に満席。 予約は必須です。 そして予約する時間も大切。 ショーは基本的に20時よりスタートします。 ショーが始まるとショーに夢中になりますので、

Panama オススメ④ ~Restaurante~ Tinajas in Panama City2018-07-17T13:52:09+09:00

Biomuseo フランク・ゲーリーの南米初建築物に行ってきた

2018-07-17T13:52:28+09:00

久しぶりにパナマに帰ってきた週末、車を借りて散歩がてらアマドールに行ったら、新しいミュージアムが出来ていた。 The Biodiversity Museum 名称Biomuseo バイオダイバーシティミュージアムつまり生物多様性博物館だ。 この独特なデザインは、パナマ人女性と再婚されたというフランク・ゲーリー師匠によるもの。彼の建築物としては中南米大陸で初のものらしい。 建築のことは全然詳しくないのだけど、何年か前に彼のお友達のシドニー・ポラック監督がこの建築家のことをドキュメンタリー映画にしていて、それの予告編を見たことがある。 なんか落書きみたいなスケッチからこんな建物を創りだすんだよ、彼って天才!って予告になってて、そうなんだ。と納得しただけで結局その映画本編は見なかった。 (検索したらyoutubeで丸々その映画がアップされてた。興味ある方はこちらからどーぞ Sketches of Frank Gehry ) 脱構築主義建築というらしい。 スペインのビルバオにあるグッゲンハイムミュージアムとかLAのディズニーコンサートホールみたいな銀ピカグニャグニャなやつのイメージが強かったので、このパナマの原色板張りみたいなのはすごく新鮮に感じられる。 でもなんというか、素人目にもコンセプトの一貫性と見た目のとらえどころの無さ加減からひと目でその人の作品と分かるのはすごい。 実はこの建物、2004年に着工して当初は2011年には完成するはずだったらしい。 だけど、最初に僕がパナマに来た2012年当時もまだ完成しておらず、2013年に完成するとか言っていたのにそれも叶わず、やっと今年の9月30日にオープンしたそうだ。 週末の日曜日、2014年10月5日にぷらっとアマドールまで行ったついでに出来てたから見てきた、ので、カメラを持っておらずとりあえずiPhoneで撮影したのがこちら。 外国人はエントリー22ドル パナマ人は12ドル 缶ビールが一本57セントで買える国で、このエントリーフィーはかなり高いと言わざるをえないんじゃないでしょうか。 でもまあ、初物だし、とりあえず夫婦二人分払って入る。赤ちゃんは無料。 施設は3つのエリアに分かれていて、メインの北棟と南棟と、それにテンポラリー展示棟があり、入場者は北棟から入るようになっている。 オーディオガイドを渡されて壁に貼られた多様な生物の説明などを見ていくと、すぐに天井の高い暗い部屋に案内され、上下左右前面がスクリーンになっているPANAMARAMAという6分くらいの映像作品を見せてくれる。 パナマ近辺に生息している多種多様な生き物のカットを、上下左右前面にプロジェクタで映すよう編集しました。と言うのが一番わかり易いムービーで、それはとてもきれいにまとまってはいたけど「最新の映像体験!」という感じではない。映像作品としては面白かったんだけど、建物の斬新さからくるコンテンツへの期待値が高かったので、ちょっとだけ裏切られた気分になる。 その部屋の後には地質学的な展示があり、次の石膏動物模型展示に続いている。 1歳9ヶ月の息子はこの部屋が一番興奮していた。 すでに絶滅した動物から現存するものまで、おそらく実物大で賑やかに展示されている。 この部屋で北棟はおしまい。 ホールウェイを通り 南棟へ入ると、パナマ運河建設時に発見されたという化石などが数少なく展示されていた。 ここの目玉はメガロドンの歯の実物大模型。 他の場所で何回か見たことあるが、何回見ても人間サイズをゆうに一飲みできる顎のデカさにグッとくる。 それよりも気になったのは床の施工が終わってないんじゃないかと思えるコンクリ打ちっぱなしの半端感。 コレどうなの? 続く中二階は何も展示されておらず、ベンチがあって本が2冊おいてあるだけだった。 天才による落書きスケッチが表紙の、この博物館のコンセプトブック。 このエレベータの後ろががらんどうの中二階。 ずいぶんと見どころのない空間なんだな。と思ってたら最後に博物館の完成予想模型があって、それで南棟はおしまい。 よく見ると完成予想模型も今のがらんどうな内容とはずいぶん異なる立派な中身。 あれ?っと募る不信感。 模型の後はミュージアムショップがあって、ちょっと期待したんだけど、売られている商品がかなりクオリティが低いのに値段がとても高くて残念だった。 建物は最新なのに、ミュージアムショップがしょぼいなんてひどいじゃないか。海洋堂のガチャガチャの爪の垢を煎じて飲ませたい。 その後テンポラリー展示棟で、北海道大学でつぶ貝の研究をしていたという日本語を話すパナマ人の学芸員と会ったので話をきいたところ、さっきのコンクリ打ちっぱなしなところの青い部分には水を入れて魚が入る予定らしいのだが、予算がなくなってまだ出来ないと教えてくれた。 南棟は見切り発車デス。 完成するまであと1年デスって言ってた。 出来てないものを見せてお金集めるんだ!?すごい! 日本人的感覚ではとても許容できないけど、それをやってのけるのがパナマ人! こういう生物もいますよ、という生物多様性博物館に一番たくさんいたのがパナマ人だったのも納得。 なんつって、22ドルも払ったんでそんな嫌味の一つも言ってみたくなりますが、とりあえず外観は一見の価値ありです。 パナマ運河の入り口にあって、周囲ものどかで散歩にはもってこいなので、パナマにおいでの際は是非!(外から見てみて) あ!違った!一杯人が入ればそれだけ早く完成するのかも! パナマに来た際は是非お金落としていってあげてね!フランク・ゲーリーも喜ぶよ〜!

Biomuseo フランク・ゲーリーの南米初建築物に行ってきた2018-07-17T13:52:28+09:00

Andinobates geminisae 現る!

2018-07-17T14:01:57+09:00

こちら、Panamáのニュース。 ゲイシャコーヒーの次は、カエルです。 新種のカエル. パナマの熱帯雨林(オマル・トリホス(Omar Torrijos)国立公園)で発見された、ヤドクガエル科の新種。 指の爪にちょうど乗るくらいのサイズ、かわいらしい(?)のですが、毒ガエルです。 *カエル嫌いな方、写真2枚もUPしてすいません。   このカエルの生態についてはほとんど解明されていないのですが、 オタマジャクシを背中に乗せているところは目撃されています。 毒もまだ分析されていないのですが、 ヤドクガエル科、いくつかの種が持つ毒を吹き矢など狩猟用武具の先に塗って利用 されるほどの猛毒を持っているので、この新種も要注意です! パナマといえば、運河、ゲイシャコーヒー、毒ガエル、オンリーワントラベル。 今後ともどうぞよろしくお願い致します。              

Andinobates geminisae 現る!2018-07-17T14:01:57+09:00

過去最高値1杯1998円!ゲイシャコーヒー

2018-07-17T13:52:50+09:00

こちらパナマにも、 スターバックスコーヒージャパン(東京)が17日から一部店舗で販売の パナマ産の高級豆「パナマ アウロマール ゲイシャ」のニュース、 届いております。   パナマ運河しか有名どころがなかったパナマにとって、 日本で知名度を上げる大チャンス!   ということで、少し、ゲイシャコーヒーについて 書きたいと思います。 ”ゲイシャ”というのは、コーヒー豆の種類の名前です。ゲイシャ種。 エチオピア起源の原種といわれ、粒が大きく、細長い外観をしており、 とても上品なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘みを 伴った酸味が特徴的です。 栽培が難しく、生産性が低い為、非 常に貴重な品種となっています。 パナマでは、バルー火山の麓、 自然環境に囲まれたボケテという土地での栽培が有名です。 パナマに来る機会がありましたら、 本場 パナマのカフェでも是非ご賞味ください! ちなみに、9/27~28開催のEXPOツーリズムに向けて、 当社スタッフが日本へ乗り込んでおりますので、 パナマに、もしくは中南米にご旅行をお考えの方、 個性的な当社スタッフが東京ビックサイトお待ちしております!

過去最高値1杯1998円!ゲイシャコーヒー2018-07-17T13:52:50+09:00
Load More Posts