クスコ・マチュピチュ・チチカカ湖を巡る
現地発着5日間の旅

<2018-2019 予約受付中> USD1,200

/, マチュピチュ/クスコ・マチュピチュ・チチカカ湖を巡る現地発着5日間の旅
クスコ・マチュピチュ・チチカカ湖を巡る現地発着5日間の旅 2018-06-11T11:23:22+00:00

Project Description

ツアー詳細

TOUR DETAILS

過去5年のペルーツアー催行経験と、蓄積されたガイド知識から、
初心に戻り「より良いツアーをお届けする」ために大切なものは何かを見つめなおしました。

「お客様の人数」を限定し、「催行機会」を増やすことで、
より心のこもったツアーを少しでも多くの方へ。

家族、カップル、一人旅など初対面同士にもかかわらず、
旅の仲間となって感動の時間を共有する。

そんなマチュピチュの絶景体験をより快適・安全に。
オンリーワントラベルの答えがこのツアーです。

ツアーポイント

一番のサービスは『お客様の安全』

実は、標高の高いマチュピチュでは、まれに高山病に陥る可能性があります。
高山病対策としてベテラン現地ガイドがお客様の体調を管理し、サポートしながらツアーを進めます。

宿泊施設情報

HOTEL INFORMARION

記載のホテル、又は同等のホテル宿泊になります。

宿泊ホテルウェブサイト(外部リンク)

モデル日程

ITINERARY

DAY 1

南米ペルーの首都リマに到着

成田から出発の場合は、北米都市乗り継ぎで最短26時間の長旅を経て、同日深夜リマに到着します。
リマの空港でドライバーがお待ちしております。
ホテルへとお送りいたします。
※翌朝8時の便にて、クスコへ向かいます。

リマ:Hotel Carmel 又は同等クラスホテル宿泊

DAY 2

リマからマチュピチュへ

早朝、ホテルで朝食をとった後リマ空港からクスコへ移動します。
*リマ-クスコ間のフライトはツアー代金に含まれておりません。弊社にてご希望の方はご連絡ください。
クスコ到着後、クスコ市内観光と遺跡めぐりを。12角の石、アルマス広場、ロレト通り、サクサイワマン・コリカンチャを訪れます。
昼食は地元クスコのレストランにて。
昼食後、オリャンタイタンボ駅へ専用車にて移動します。道中アンデスの景色をお楽しみください。
高原列車にてマチュピチュ村へ向かいます。
夕食は含まれておりません。

マチュピチュ:Inti Punk 又は同等クラスホテル宿泊

DAY 3

マチュピチュ遺跡観光

ホテルにて朝食をとった後、
マチュピチュ遺跡の専門ガイドのご案内で、マチュピチュ遺跡を観光します。
ワイナピチュ峰を登山します。※ワイナピチュ登山のチケットは数が少ないため、お申し込みのタイミングにより マチュピチュ峰登山になる場合があります。ご了承ください。
マチュピチュ村に戻りローカルレストランにて昼食
高原列車にてクスコへ戻ります。
途中、専用車に乗り換えクスコのホテルへ
夕食は含まれておりません。

クスコ:Munay Wasi Inn 又は同等クラスホテル宿泊

DAY 4

クスコからチチカカ湖へ

ホテルで朝食をとった後、専用車でチチカカ湖のあるプーノまで移動します。(約5,6時間)
途中、昼食をBoxランチで取りプーノ到着後は浮草でできた島、ウロス島観光へとお連れします。
ウロス島に住む現地の方の生活を体験ください。
チチカカ湖観光後はホテルへとお送りいたします。
夕食は含まれておりません。

プーノ: Intiqa Hotel 又は同等ホテル宿泊

DAY 5

クスコ空港でお別れ

朝食をホテルで取ったあと、クスコ空港までお送りします。

DAY 6

リマから北米都市へ

帰路
北米の都市でお乗り継ぎ、日本へ向かう機中で南米を思い出します。
★機内泊

DAY 7

北米都市から成田へ到着

日本に到着。
お疲れ様でした。ご自宅に戻るまでが旅行です。

パッケージツアー価格

PRICE

クスコ・マチュピチュ 現地4日間の旅

USD1,200
  • 2名様ご参加の場合の1名様料金
  • 1名様ご参加の場合の追加料金 USD165

選べるオプション

ツアーの始まる前に前泊1泊 ペルー・ナスカの地上絵へ

ツアー前日にリマ入りし、翌早朝、専用車でイカへ移動します。(片道約4時間半)
イカについたら、セスナに乗ってナスカの地上絵観光へ!かなり揺れますので、予め酔い止めを服用されることをおすすめします。
昼食はイカにあるペルーの地酒「ピスコ」のワイナリーで。ピスコの蒸留過程を見学したり、様々なピスコの試飲もできます。
午後、リマへ専用車で移動します(ドライバーのみ)。リマ到着後ホテルへお送りします。夕食は含まれておりません。
リマ延泊料金+ナスカ日帰り USD750

ツアーの始まる前に前泊2泊
ナスカの地上絵+ワカチーナのオアシス+バジェスタス島

上述ナスカの地上絵1日追加ツアーに加えて、砂漠のオアシス・ワカチーナのリゾートホテルに泊まる「ペルー沿岸満喫コース」
地上絵を見たあとは、ピスコを飲んで、リゾートホテルでゆっくりと。
砂漠のオアシスでリフレッシュした翌日は、ペルーのガラパゴスと呼ばれる野生動物の島バジェスタス諸島へのボートツアーと絶景パラカス海岸砂漠半島観光へ

リマ延泊+ワカチーナ一泊+ツアー $1,050USD

追加オプション詳細はページ下フォームよりお問い合わせください。

ペルー旅程における注意事項

天候の関係でご希望にそえない場合がございますので、予めご了承下さい。
登山に時間制限はございませんが、本ツアーのマチュピチュ滞在時間には制限がございますので、万が一トラブル等によって時間内に下山できない場合は頂上まで登らず途中で下山する場合がございますことをご了承ください。また、マチュピチュ峰のトレッキングルートはワイナピチュに比べ整備されておりますが、途中滑りやすい場所もございますので滑りにくい靴をご持参いただくことをオススメ致します。天候等の理由でガイドが危険だと判断した場合は、登山を中止する場合がございます。その場合はインティプンク(太陽の門)など他の場所へお連れ致します。
高原列車は「ペルーレイルのビスタドーム」又は「インカレイルのエグゼクティブ」のどちらかを利用します。
どちらも天井の両サイドがガラス張りになった展望車両の列車です。列車の発着時刻についてはあくまで予定時刻となります。
天候や確保できる便、運行スケジュールの急な変更等に伴って大幅に変わる場合もございます。
マチュピチュ行きの列車には、スーツケースなど大きな荷物を積み込むことができません。
リマのホテルにて1泊2日の荷物をすぐ取り出せるよう事前にまとめていただきます。クスコ到着後、1泊分の荷物を取り出し、スーツケースはドライバーがホテルへ責任をもって運びます。
当ツアーは弊社オリジナルの混載ツアーのため、移動は全て弊社の他のお客様と同乗して頂いております。予めご了承下さい。
陸路移動の際のドライバーの使用言語はスペイン語のみとなります。
ツアー催行中、天災地変、不慮の災害、政変、戦乱、ストライキ暴動などの不可抗力により、ツアーの催行が不可能となる場合、該当するツアーの催行を中止する場合があります。 その場合の保証や返金等はございませんので予めご了承ください。

合衆国内での乗り継ぎに関する注意事項

アメリカ入国時には乗り換えの場合でも、ご自身で必ず荷物を受け取り入国審査と荷物検査を通過します。 アメリカ合衆国内入国から次の便の飛行機乗り継ぎ時間が1時間半以下しかない場合、乗り遅れを防ぐために通常各空港の入国審査の列にはExpress Lane(エクスプレスレーン)がありますのでこちらを利用します。 飛行機を降りると、乗り継ぎ時間が短い行き先(マイアミやリマなど)を持ち指示を出している係員がいますので、この係員に自分の行き先を伝えてください。 係員の支持に従うとExpress Connectionという札がもらえ、それを見せるとExpress Laneで入国審査をうけることができます。 ※上記は、乗り継ぎ空港や日により変わることがございます。 いずれにせよ、通常の列に並ばず、係員に乗り継ぎ時間が少ないことを告げ、指示に従ってください。
また、アメリカ国内経由で短時間のトランジットの場合、ロストバゲッジ率が上がります。
1泊2日分の必要最低限の着替え、及び大切な必需品などはお手荷物としてお運びください。
南米へ旅行に出かける際、アメリカ合衆国を経由する場合は、合衆国入国時にESTA(Electronic System for Travel Authorization)が必要となります。
弊社では申請代行を行っておりません。下記ESTA申請ページからご自身で申請願います。ご出発の2週間前までには申請・取得されることをおすすめします。

このツアーのお問い合わせ

CONTACT

お名前(必須)

お名前 ローマ字(必須)

メールアドレス(必須)

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください(必須)
Web検索友人・知人からTV番組で地球の歩き方ガイドブックをみてその他

お客様人数

参加ご希望出発日

オプショナルツアー

航空券手配について(必須)
希望する希望しない

メッセージ本文

電話番号(必須)

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内に送ります。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。

ペルーへ行くツアー

2018-06-06T14:08:51+00:00

アマゾンに浮かぶ、最も上質な空間 快適さを追求して洗練されたデザイン、そしてこだわりぬかれた美しいインテリア。 アマゾン旅行の常識を覆すほどの贅沢な空間で、ゆっくりと親密な時間を過ごしませんか。 特別なアマゾンクルーズ 2011年4月に完成したアリア号は、ペルーのアマゾン川上流を旅する目的で設立されたアクア・エクスペディション社の最新プロダクトです。ペルートップレベルのインテリアデザイナーにより、カスタムデザインを施された最上級のリバーボートは、内装はもちろんファサードにも洗練された高級感が統一され、他に類を見ない美しい船に仕上がりました。 M/Vアリア号はペルーアマゾン側流域の港町、イキトスを拠点とするリバークルーズです。 朝焼けの空を極彩色のコンゴウインコやトゥーカンが飛び交い、木の上ではリスザルやホエザル達が餌を求めて気ままに移動し、川面からはピンク色のカワイルカが顔をのぞかせる。そんな大自然の営みをたっぷりと堪能しつつ、上質な快適さを追求した極上のクルーザーで旅をする、夢の様なリバークルーズに参加してみませんか? 参加者は、アマゾン川とその上流の支流にあたるマラニョン川、ウカヤリ川を遡る7日間のクルーズで、手付かずのアマゾン流域を探索します。 人里離れたジャングル奥深いアマゾン川の源流で、場違いな程に贅沢なサービスを受けられる、水に浮かんだ異質な空間。人が、アマゾン旅行に期待をし求めるもの以上の体験がそこにあります。 日本人旅行者にはまだ殆ど知られていない、奥深き南米旅行に、オンリーワン・トラベルがお連れいたします。 イキトスについて アリア号の発着拠点イキトスは、ペルー北東部にあるアマゾン川流域の町です。 船か飛行機でしか行けないため、「陸路ではいけない世界最大の街」と呼ばれています。 日本からは米国経由でリマまで飛び、リマ乗り換えでイキトスへ入ります。 イキトスを出発するアリア号は、7日かけてアマゾン川上流パカヤ国立公園を区分する支流ウカヤリ川とマラニョン川をさかのぼります。 M/Vアリア号概要 ★★★★★ 全16室 23平米 全部屋外向きパノラマウィンドウ うち4部屋は相互繋がるスイートにもなります。 ホットシャワー24時間使用可能 室内空調完備 エクササイズルーム、ジャクジー、ハウスワイン・ビール・ノンアルコール飲料無料、国立公園入場料含む、空港送迎 長さ:45 m ビーム:9 m ドラフト: 1.5 m 重量:500 tons クルージングスピード:12 ノット 電圧: 220 ボルト エンジン: 400 HP マリンエンジン2基 ジェネレーター: 2 x 135 KVA 水: 9,000㍑水処理プラント搭載 5月〜8月の雨季   パッケージツアー日程 高水位期日程 12月〜5月 PM5:15 リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで川埠頭まで短時間移動します。 アリア号に乗り込み、チェックイン。 荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。 夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。 まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。 夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。

2018-06-06T14:14:48+00:00

聖域に建つ、唯一のホテルに宿泊する。 失われたインカの空中都市マチュピチュ遺跡の入り口に建てられた、ただ一軒のホテル。 このホテルに宿泊する人にだけ、夕暮れと早朝の特別なマチュピチュがその全貌を見せてくれます。 このホテルでしか出来ない体験を。 サンクチュアリロッジ外観。マチュピチュ遺跡の入り口のすぐ前にあり、麓からのバスはこのホテルの前のバス停に停まり観光客を乗り降りさせます。 マチュピチュは今からおよそ100年前にアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって発見されたとされる、15世紀のインカ帝国の遺跡です。 標高2,430mの山の尾根に築き上げられた遺跡には、高度な建築技術を基礎とし、太陽を神と崇めたインカ人が、太陽の動くを観測するために建てたとされる建物が多数残されています。 緊密な石垣造りや、正確な天文知識の実践、単純でいて機能的な上下水道の跡など、マチュピチュにはこの地を訪れる誰もが直感的にここが特別な聖域であることが見て取れる何かがあります。 ユネスコの世界遺産にも登録され、その保存と管理が厳密に行われているこの遺跡には、隣接するホテル滞在者のみに許される特別な景色があります。 それは、閉門間近、他の観光客がバスで麓の町に帰った後に見られる、夕日に照らされ月明かりに揺らめく遺跡の風景。そして早朝、まだ他の観光客が少ない時間帯、霧が晴れゆき、日の出に輝く巨石都市の荘厳な景色です。 太陽が織りなす圧倒的な風景の変遷と、高地がもたらす澄み渡る空気。太陽を神と崇めたインカ人が、わざわざ巨大な石を運び上げ、長い年月をかけて作り上げた都市の真の意味は、この場所で見る朝日と夕日が教えてくれるかもしれません。 他の観光客に邪魔されることなく、限られた時間帯にその中に身を置けるのは、このサンクチュアリロッジに滞在するお客様のみの特権です。 ワールドクラスのエコロッジ サンクチュアリロッジの滞在中は、アルコールを含む飲み物全て宿泊に込まれており、最寄り駅までの送迎も全てスタッフにお任せできるので、手ぶらでの観光が楽しめます。 サンクチュアリロッジは、マチュピチュ遺跡のすぐそばに位置しているため、環境に細心の注意が払われたエコロッジとしても世界的に知られています。 ゴミを分類して捨てるのはもちろんのこと、全てのアメニティ・トイレタリーも生物分解性製品を使用しており、使用後の水は濾過されて、排出される水は100%クリーンな水となります。 ローカルガイドが遺跡をご案内 サンクチュアリロッジでは土地に詳しい地元のガイドによるツアーを行っております。ガイドはマチュピチュのエキスパートとしてお客様に尽くしてくれ、生涯忘れられない旅行を演出してくれます。 パワースポットで癒しのマッサージを マチュピチュはスピリチュアル・エナジーの強力な場所としても世界的に有名です。サンクチュアリロッジには古代インカの技術を基礎とした幅広いマッサージ術とアロマテラピーがご用意されています。一日歩きまわった疲れを癒やし、よりリラックスできるようにご活用ください。 マチュピチュはペルーの町、クスコより鉄道で3時間半西に移動した、アンデス山脈の只中ウルパンパ渓谷の尾根にあります。アクセスは鉄道のみになり、外界と隔たれた陸の孤島の様相を呈します。 標高はクスコよりも低い2,430m。麓の町はアグアス・カリエンテス(温泉)という名称から改名されて今では「マチュピチュ村」となり約3,200人の人口のほとんどが観光に伴う飲食・宿泊施設に勤めています。 サンクチュアリロッジ概要 ★★★★ 全31数 キングサイズ又はツインベッド 大理石のバスルーム(シャワーのみ) 家具付きのパティオ 中庭ビュー 15平米 LCD衛星テレビ&DVDプレイヤー・アラームクロック付きラジオ・ミニバー・wifi キングサイズ又はツインベッド 大理石のバスルーム(シャワーのみ) マウンテンビュー 17平米 テラス付きとテラス付きでないお部屋があります。 LCD衛星テレビ&DVDプレイヤー・アラームクロック付きラジオ・ミニバー・wifi キングサイズベッド リビングルーム 大理石のバスルーム(シャワーのみ) 家具付きのテラス マウンテンビュー 35平米 LCD衛星テレビ&DVDプレイヤー・アラームクロック付きラジオ・ミニバー・wifi ビジネスセンター・フィットネス・朝食無料・無料高速wifi・レストラン・ルームサービス・バリアフリー 5月~8月の乾季 宿泊料金 ツイン又はダブル $1,170 ツイン又はダブル $1,385