Project Description

サン・ホセ、トルトゥゲーロ国立公園、アレナル、モンテベルデ、サラピキ、サべグレ、コルコバード国立公園の旅行情報

魅惑のリラクゼーション・アドベンチャー
エコツーリズム先進国コスタリカの国立公園は、ただのジャングルとはひと味違います。

サン・ホセについて

sanjose

コスタリカは地球上の全動植物の5%が生息していると言われており、エコツーリズム発祥の国とも言われています。サン・ホセは国内ツアーの出発点でもあります。

サン・ホセは標高1200mに位置するコスタリカの首都です。
緑豊かな山々や谷に囲まれたこの街には、コスタリカ国民の約半数が住んでいます。
サン・ホセの気候は、風やその年によって違いがあり、時には山の中腹よりも寒い場合があります。夜は肌寒くなることもありますが、通常21度縲鰀27度くらいです。
4月中旬から12月が雨季になります。
ダウンタウンは歴史的建物が並び、サン・ホセの歴史的側面を見ることが出来ます。
早朝にはきれいな鳥の鳴き声が聞こえ、1日は爽やかに始まります。
毎週木曜にはモラサン公園(Parque Morazan)に沢山のジャグラーやミュージシャンが集まり、パフォーマンスをしています。
サン・ホセの街を歩いて回れば、そこに住む陽気な人々や風変わりな場所を見つけることが出来るでしょう。

サンホセ周辺の見どころ

museo建物は陸軍の拠点として使用されていたため、壁面には弾痕が残っています。コスタリカの原住民の時代から現代までを詳しく知ることが出来ます。ここには、1930年代はじめに先住民の墓の近くで発見された石の球体(現代の技術でも作るのが難しいといわれています。)が展示されています。

住所:Calle 17Avenidas Central &2
開館時間: 8:30〜16:30
日曜日 9:00〜16:30
入場料:$6

ORO-3
500AD~1500ADまでの1600もの金工芸がご覧いただけます。それらの作業工程や文化・宗教的意味を知ることが出来ます。エントランスにはツーリストオフィスもあります。

住所:Under the Plaza de la Cultura, Central Avenue and 2nd Ave., 5th St., San José, Costa Rica
Tell:2243-4202
開館時間:10:00~4:30
入場料:$9

2014年リニューアルオープンされた真新しい博物館で、サン・ホセに来たらぜひおすすめのスポットです。
ここではプレコロンビアン時代の翡翠のコレクションをご覧いただけます。その時代にどのように作り上げたか、その他石や骨、陶器、貝などの品々も展示され、プレコロンビア時代の人々の生活を見ることができます。

住所:Avenida Central, Calle 11 Costado Oeste de la Plaza de la Democracia, San Jose, Costa Rica
Tell:2287-6034
開館時間:10:00-17:00
入場料:$9

アレナル・ボルケーノ国立公園旅行情報

アレナル火山を望むリゾートホテル!

アレナル火山を望むリゾートホテル!

サン・ホセの北西90Km、アレナル火山国立公園中央に位置するアレナル火山は1968年に再び火山活動を始めた若い火山です。
アレナル火山エリアはアレナル湖貯水池のための重要な水源であり、この水は水力発電に使用されています。晴れていれば山頂から上がる煙を見ることが出来ます。
公園内にはシカやバク、サル、ヘビ、オウムなどの動物や、シダやアナナス、ランなどが生息しています。
スカイトラムなどを利用し、上から広大な森を見ることが出来るほか、ハイキングや釣り、川でのアクティビティーが楽しめます。近くには沢山の温泉があり、緑を眺めながら疲れた体を癒やすことが出来ます。時には火を噴くアレナル火山。夜は溶岩が流れる様子を見ながら温泉に、という体験もできるかも!?

2月から4月が乾季、5月~1月が雨季となっています。

トルトゥゲーロ国立公園旅行情報

極上のジャングルクルーズ

極上のジャングルクルーズ

トルトゥゲーロ国立公園はコスタリカの北部のリモン州、カリブ海に面した場所にあります。自然の運河が密林の中を通っており、ボートでしか行くことが出来ません。運河では様々な野鳥や動物を見ることが出来ます。
31,174ヘクタールある広大な公園内には400種類以上の木々、約2,200種類の植物があり、海岸沿いにはウミガメの産卵区域もあります。
トルトゥゲーロとは”ウミガメのいる場所“という意味で、ウミガメの産卵期、7月~9月には沢山のウミガメがあちこちで産卵している光景が見られます。
とても湿度が高く、年に6,400mmもの雨が降ります。ここでは熱帯雨林やマングローブ、そして多様な生物を見ることが出来ます。公園内を流れる川にはマナティーやクロコダイルなど、森にはジャガーや数種類のサル、毒を持ったカエル、375種類の鳥類が生息しています。
どの世代の方も楽しめる、本物のジャングルクルーズに行ってみませんか!?

モンテ・ベルデ

monteverdeモンテベルデはモンテベルデ雲霧林保護区があり、コスタリカでのエコツーリズムの目的地とされている場所です。

モンテベルデ雲霧林保護区は10,500ヘクタールあり、蘭の種類が世界で最も多い事で知られています。60種類以上の両生類が生息しており、絶滅種のオレンジヒキガエルもここで発見されました。91種類の渡り鳥の休息地にもなっています。トレイルでの動植物の観察や、ジップラインを楽しむことが出来ます。
常に雲や霧に覆われており、木の枝や幹はシダなどの植物で覆われ、全てが緑に見えます。ここには世界一美しい鳥と言われるケツァールが生息しています。ケツァールを探しにこの神秘的な森に足を踏み入れてみませんか?

サベグレ

サベグレにはサベグレ川が流れており、この川はコスタリカで一番きれいな川と言われています。川周辺では様々な動植物を見ることが出来ます。川の上流ではカラフルな鱒、下流ではマチャカ(Machaca)と呼ばれるピラニア科の魚、河口ではワニが生息、このように場所により違った生物を見ることが出来ます。
カラフルな鳥類も多く生息し、ここでも幻の鳥「ケツァール」を含む様々な野鳥が観察できるほか、ハイキングやサベグレ川でのラフティングも楽しめます。
見ると幸せになれると言われるケツァール、そしてラフティングなど、ここでは静と動の両方を楽しむことが出来ます!

世界一美しいと言われる幻のケツァール

世界一美しいと言われる幻のケツァール

サラピキ

sarapiquiサラピキは、コスタリカの北に位置しており、パイナップルやバナナ、サトウキビを栽培しています。サラピキもエコツーリズムの目的地とされています。

近くにはサラピキ川があり、動植物・昆虫の観察のほか、ラフティングやカヤッキングが楽しめます。
沢山の野鳥、カラフルなカエルなどが観察できます。超望遠レンズをもって野鳥観察に出かけてみませんか?

コルコバド国立公園

corcobadoコスタリカの南方に位置するコルコバード国立公園は、コスタリカで一番大きな公園です。ホエザル、リスザル、クモザルが多く生息しており、プーマやジャガーなど139種の哺乳類、カラフルなコンゴウインコを含む350種以上の鳥類、毒ヘビやクロコダイルなど116種の両生類・爬虫類が生息しています。トレッキングコースを行けば、これらに出会えます!
ジャガーは地元の人でもなかなか見ることができないらしいですが…。
大きな動物だけでなく、小さな昆虫にもご注目を。地面にはハキリアリが葉っぱを傘のようにして歩いているかもしれません。年間数十センチ移動する、「歩く木」も生息しています。
4月中旬~12月中旬が雨季、12月中旬から4月中旬が乾季となっています。