Project Description

ロシアワールドカップ2018
日程
開催地情報
ホテル情報

ロシアワールドカップ2018 大会情報

今回で21回目を迎えるFIFAワールドカップ。
2018年の開催国はロシア!

1930年のウルグアイ大会から始まるFIFAワールドカップは今回で21回目を迎えます。投票の結果、2018年の開催国はロシアに決定しました。旧東欧諸国で開催されるワールドカップは今回が初めてです。

大会は2018年6月14日に開幕し、同28日までグループステージ、そして同30日から決勝トーナメントとなり、決勝は同年7月15日に行われる予定です。

スタジアムは首都モスクワ、カリーニングラード、カザン、ニジニ・ノヴゴロド、サンクトペテルブルク、サマラ、サランスク、ソチ、ヴォルゴグラード、ロストフ・ナ・ドヌ、エカテリンブルクの11都市12会場(モスクワのみ2会場)であり、ロシアの西側に集中しています。また、開幕戦と決勝はモスクワのルジニキ・スタジアムで開催される予定です。

大会のグループステージの組み合わせ抽選は2017年12月1日に行われます。

日程

グループリーグ

18時 モスクワ(Luzhniki Stadium) ロシア vs A2
17時 エカテリンブルク A3 vs A4
18時 サンクトペテルブルク B3 vs B4
21時 ソチ B1 vs B2
13時 カザン C1 vs C2
16時 モスクワ(Spartak Stadium) D1 vs D2
19時 サランスク C3 vs C4
21時 カリーニングラード D3 vs D4
16時 サマラ E3 vs E4
18時 モスクワ(Spartak Stadium) F1 vs F2
21時 ロストフ・ナ・ドヌ E1 vs E2
15時 ニジニ・ノヴゴロド F3 vs F4
18時 ソチ G1 vs G2
21時 ヴォルゴグラード G3 vs G4
15時 モスクワ(Spartak Stadium) H1 vs H2
18時 サランスク H3 vs H4
21時 サンクトペテルブルク ロシア vs A3
15時 モスクワ(Luzhniki Stadium) B1 vs B3
18時 ロストフ・ナ・ドヌ A4 vs A2
21時 カザン B4 vs B2
17時 エカテリンブルク C1 vs C3
19時 サマラ C4 vs C2
21時 ニジニ・ノヴゴロド D1 vs D3
15時 サンクトペテルブルク E1 vs E3
18時 ヴォルゴグラード D4 vs D2
20時 カリーニングラード E4 vs E2
15時 モスクワ(Spartak Stadium) G1 vs G3
18時 ソチ F1 vs F3
21時 ロストフ・ナ・ドヌ F4 vs F2
15時 ニジニ・ノヴゴロド G4 vs G2
20時 エカテリンブルク H4 vs H2
21時 カザン H1 vs H3
17時 ヴォルゴグラード A2 vs A3
18時 サマラ A4 vs ロシア
20時 カリーニングラード B2 vs B3
21時 サランスク B4 vs B1
17時 モスクワ(Luzhniki Stadium) C4 vs C1
17時 ソチ C2 vs C3
21時 サンクトペテルブルク D4 vs D1
21時 ロストフ・ナ・ドヌ D2 vs D3
17時 カザン F4 vs F1
19時 エカテリンブルク F2 vs F3
21時 モスクワ(Spartak Stadium) E4 vs E1
21時 ニジニ・ノヴゴロド E2 vs E3
17時 ヴォルゴグラード H4 vs H1
18時 サマラ H2 vs H3
20時 カリーニングラード G4 vs G1
21時 サランスク G2 vs G3

ラウンド16

17時 カザン C組1位 vs D組2位
21時 ソチ A組1位 vs B組2位
17時 モスクワ(Luzhniki Stadium) B組1位 vs A組2位
21時 ニジニ・ノヴゴロド D組1位 vs C組2位
18時 サマラ E組1位 vs F組2位
21時 ロストフ・ナ・ドヌ G組1位 vs H組2位
17時 サンクトペテルブルク F組1位 vs E組2位
21時 モスクワ(Spartak Stadium) H組1位 vs G組2位

準々決勝

17時 ニジニ・ノヴゴロド 準々決勝1
21時 カザン 準々決勝2
18時 サマラ 準々決勝3
21時 ソチ 準々決勝4

準決勝

21時 サンクトペテルブルク 準決勝1
21時 モスクワ(Luzhniki Stadium) 準決勝2

3位決定戦

17時 サンクトペテルブルク

決勝

18時 モスクワ(Luzhniki Stadium)

開催地情報

ロシアの基本情報

DATA

首都:モスクワ
面積:1707万㎢
宗教・民族構成:ロシア人80%、タタール人、ウクライナ人など180を超える民族で構成
言語:ロシア語(英語が話せる人はあまりいない。ホテル、空港など限られた場所以外ではほとんど通じない。)

ロシアと聞いて初めに想像するのは世界最大と言われるその国土である。ロシアはヨーロッパからアジアに広がる世界最大の国土を誇る大国で、その国土は日本の約45倍もある。今回ワールドカップが開催されるのは、ウラル山脈の西側「ヨーロッパロシア」と言われるロシアの人口や経済が集中している地域である。観光スポットもヨーロッパロシアに多く存在している。

<治安・衛生について>

一部の地域を除いたロシア全域に「レベル1:十分注意してください。(その国・地域への渡航・滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要)」との危険情報が出ている。(今回ワールドカップが開催される地域はすべてレベル1に含まれる。)

経済格差や人種差別的な理由から発生する犯罪も多く、また観光客を狙った犯罪も増えているので、十分に注意が必要。衛生面は都市部ではかなり整ってきているが、地方では問題のあることが多いので注意が必要。

外務省 海外安全ホームページ参照

モスクワの基本情報

日本との時差:6時間
ロシアの首都であるモスクワは2017年現在、人口1238万人を有する世界でも有数の大都市。ヨーロッパとアジアにまたがる広大な国土を有するロシアにおいて、政治・経済の中心であることはもちろん、クレムリンを始めとした歴史的な建造物もたくさんあり、観光においてもとても魅力のある都市である。また日本から直行便も出ており片道10時間程で行くことができて、アクセスしやすいのも魅力である。

●気候
モスクワは亜寒帯湿潤気候に属している。比較的湿度が高く暖かな夏と、長く寒い冬が特徴。旅行に最適なシーズンは6~8月の夏で、7月には気温が一番高くなるが、それでも平均最高気温は約23度前後にしかならない。冬は大変厳しい寒さが続き、10月にはすでに日本の真冬並みの寒さになる。ワールドカップが開催される6,7月は比較的過ごしやすい時期ではあるが、夏でも気温差が大きいので、長袖シャツや薄手のジャケットがあるといい。
気温: 6月12~22℃/7月14~24℃

●アクセス
日本からモスクワへは直行便で約10時間かかる。ソウル・北京での乗り換えがある場合は13~15時間程度、ヨーロッパ内の都市にて乗り換える場合は航空会社にもよるが、17~20時間ほど。

スタジアム情報

スパルタク・スタジアム

2014年に建設。

ロシアで最も人気のあるチーム、スパルタク・モスクワのホームスタジアム。スパルタク・モスクワは1922年にチームが設立されてからこのスタジアムができるまで独自のスタジアムを所有していなかった。このスタジアムはチームカラーごとに外観を変えることができる。ロシア代表の試合があるときはロシアの国旗の色に切り替わる。

  • 予定収容人数: 46,990人
  • アクセス:スパルタク駅から徒歩10分

ルジニキ・スタジアム(開幕戦・決勝戦)

1956年に建設され、2018年ロシアワールドカップのメインスタジアムとなる。ルジニキ・スタジアムでは1980年の夏季オリンピックやアイスホッケー、ラグビー、陸上競技の世界選手権、有名ミュージシャンのコンサートなど多くのイベント、そして3000以上のサッカーの試合が行われてきた。このスタジアムでは開幕戦と決勝戦が行われる。
  • 予定収容人数:89,318人
  • アクセス:ルジニキ駅から徒歩10分

観光地情報

クレムリン

クレムリンはロシア語で「城砦」を意味しており、ロシア各地に多数存在している。モスクワのクレムリンはその中でも有名で、原型が作られたのは12世紀と言われており、15世紀末に現在のような城壁になった。現在でも政治の中枢で内部には大統領政府などが置かれている。そのほかにも、いくつもの寺院をはじめ、皇帝の冠や宝物が展示されている博物館などが立ち並んでおり、モスクワに来たら訪れるべき観光スポットとなっている。

赤の広場

クレムリンの北東側にある石畳が敷き詰められた広場。「赤」とは美しいを意味しており、言葉の通り、美しい広場を意味している。周辺には革命の父レーニンが眠るレーニン廟やロシアで最も美しい教会とも呼ばれる聖ワシリー寺院、グム博物館、国立歴史博物館などがあり、赤の広場を囲んでいる。1990年には世界遺産にも登録された。

ボリショイ劇場

芸術の国と言われるロシア。それを代表するのがボリショイ劇場である。著名なバレリーナを数多く輩出してきたボリショイバレエ団の本拠地。バレエ、オペラの殿堂で、ここでは日々様々な公演が行われている。チケットはインターネットで3ヶ月前から予約が可能。

聖ワシリー大聖堂

聖ワシリー大聖堂は赤の広場に立つロシア正教会の大聖堂。正式名称は「堀の生神女庇護大聖堂」。16世紀にイワン雷帝がカザン・ハン国への勝利を記念して建てさせた。タマネギのような塔を持つのが特徴。

サンクトペテルブルクの基本情報

日本との時差:6時間
モスクワと並んでロシアを代表する都市の一つ。街全体が世界遺産に登録されているようにヨーロッパで最も美しい町の一つに数えられおり、ロシアで最も多くの観光客が訪れる。サンクトペテルブルクは広大な国土を有するロシアの東の端にあり、バルト海に面している。ピョートル大帝によって1703年に「西洋に開かれた窓」として建設が開始され、1914年までの約200年間、ロシアの首都として発展してきた。

●気候
サンクトペテルブルクの気候は、涼しく多湿な夏のある亜寒帯湿潤気候に属している。夏は短いが、通常涼しく適度な湿度があり、旅行に適した季節である。冬は長く寒い。サンクトペテルブルクの気温は、夏の7月の平均気温が22℃であり最高気温が34℃になる日もある。また冬には最低気温が-27℃まで低下することもある。
気温: 6月 11℃~20℃/7月 15℃~23℃

●アクセス
モスクワから空路で1時間25分

スタジアム情報

サンクトペテルブルク・スタジアム

現在、サンクトペテルブルクの新しいスタジアムは、日本の有名建築家である黒澤紀章によって設計されている。フィンランド湾の海岸に上陸した宇宙船をイメージしており、近代的な競技場の1つである。
  • 予定収容人数:69,500人
  • アクセス:ワールドカップまでに最寄り駅として Novokrestovkaya 駅を建設中
サンクトペテルブルク・スタジアム

観光地情報

エルミタージュ美術館

「エルミタージュ美術館」は、ロシアの国立美術館で、メトロポリタン美術館やルーブル美術館とともに世界三大美術館の1つに数えられている。実際にロシアの皇帝が住んでいた宮殿を中心に、5つの建物から構成されおり、1990年には世界遺産にサンクトペテルブルクの歴史地区と関連建造物群として登録された。300万点を超える膨大なコレクションが展示されている。

ピョートル大帝(夏の庭園)

ピョートル大帝により建てられたサンクトペテルブルクのペテルゴフにある宮殿。宮殿の前にはたくさんの噴水公園があり、その景色はとても優雅である。噴水公園内にある古代ローマの彫刻を模した白色や金色の彫刻は迫力がある。

聖イサアク大聖堂

高さは約100m、面積は約1万平方メートルあり、世界で3番目に大きいロシア正教会。聖堂内はイコンや宝石、ステンドグラスなどで装飾されており、圧倒的な雰囲気と美しさを備えている。また、聖堂内の螺旋階段を登っていくと展望台があり、世界遺産に登録されているサンクトペテルブルクの街が一望できる。

サンクトペテルブルク

ニジニ・ノブゴロドの基本情報

日本との時差:6時間
ニジニ・ノヴゴロドは、モスクワの東方のヴォルガ川とオカ川の合流点に広がるロシア第4の都市。ヴォルガ川の恩恵を受け、19世紀にはロシアの主要商業都市として発展した。ロシアで最も美しい都市の一つでユネスコの世界遺産に登録されている都市の一つ。

●気候
ニジニ・ノヴゴロドの気候は、モスクワの気候と同じ亜寒帯湿潤気候に属している。
最も暖かいのは7月で、平均最高気温は23℃前後になる。冬の間は非常に寒く11月下旬から3月の間は雪が降り非常に寒い。ニジニ・ノヴゴロドの気温が最も低くなる1月には平均最低気温が-14.5℃まで下がる。
気温: 6月 12℃~22℃/7月 7月14℃~24℃

●アクセス
モスクワから空路で約1時間10分

スタジアム情報

ニジニ・ノヴゴロド・スタジアム

ニジニ・ノブゴロド・スタジアムはヴォルガ川とオカ川の合流地点でアレクサンドル・ネフスキー大聖堂の近くの街の最も美しい場所に建てられた。このエリアからはオカ川の反対側に位置するニジニ・ノブゴロド・クレムリンの美しい姿が望める。このスタジアムはヴォルガ地域の自然や水、風をイメージしてデザインされている。

  • 予定収容人数:44,899人
  • アクセス:新設予定のストレルカ駅下車

観光地情報

クレムリン

ニジニ・ノヴゴロドのクレムリン(城砦)。モスクワのクレムリンとは異なり、このクレムリンの特徴は赤レンガである。この城砦の壁を守るように13基の塔が建っており、外には兵器が並んでいる。

国立銀行

ゴーリキー広場とクレムリンを結ぶ地点にある通りは街の中心地であり、ショッピングスポットやレストランなどたくさんの店が立ち並んでいる。この通りには多くの古い建物が現在も残っており、観光地としても楽しめる。なかでも「国立銀行」は観光スポットで、バロック調の美しい建物は観光客に人気となっている。

ニジニ・ノヴゴロド

カリーニングラードの基本情報

日本との時差:7時間
ロシアの飛び地。バルト海に面しバルト三国のリトアニアの南に位置し、ポーランドとリトアニアに挟まれた「水の都」とも称される美しい港湾都市。20世紀前半まではドイツの東北辺境の重要都市で、第二次世界大戦まではドイツ領プロイセンの中心地であった。戦後はソ連に編入されたが、ソ連崩壊後にリトアニアが独立したためにカリーニングラードはロシアの飛び地になった。

●気候
カリーニングラードの気候は、亜寒帯湿潤気候に属し、他のロシアの都市に比べて夏はそれほど暑くなく、冬も極端に寒くはならない。年間平均気温は7.6℃。
気温: 6月 10℃~20℃/7月 12℃~21℃

●アクセス
モスクワから空路で約2時間

スタジアム情報

カリーニングラード・スタジアム

2018年ロシアワールドカップに向けて、カリーニングラードの中心にある島に建設される予定のスタジアム。スタジアム周辺は現在開発途中。ワールドカップ後はスタジアム周辺に新しい住宅地が建設される予定。

  • 予定収容人数:45,015人
  • アクセス:ケーニヒスベルク大聖堂から約2.5km、徒歩30分程度。スタジアムの周辺は現在開発途中

観光地情報

ケーニヒスベルク大聖堂

カリーニングラード旧市街の中心に位置する観光客に人気の大聖堂。この教会は1333~1380年の間に、ドイツ騎士団によってカトリック教会として建てられた。もともと左右に2本あった塔は、1544年の火災で焼失し右側のみ再建された。第二次世界大戦でイギリス軍の空爆により破壊されるも、ドイツの協力のもと復元された。

カリーニングラード琥珀博物館

琥珀を専門に展示する博物館。現在バルト海沿岸で採掘される琥珀の約90%は、カリーニングラード北西部のヤーンタルヌイで産出されており、カリーニングラードは琥珀の産出地としてとても有名である。ここでは琥珀生成の歴史や、虫や植物が入り込んだ珍しい琥珀などを見ることができる。

カリーニングラード動物園

カリーニングラードがまだドイツ帝国のケーニヒスベルクだった1896年に設立された動物園で、ロシア最古であり最大の動物園である。その広さは約16.5ヘクタールもあり、315種の約2260頭もの動物たちを飼育している。

カリーニングラード

カザンの基本情報

日本との時差:6時間
ロシアの経済特区、タタルスタン共和国の首都。

カザンは2005年に創設1000周年を迎えたのを機にロシア第三の首都となり、新しい観光名所として現在、最も注目を浴びている都市である。カザンの街並みは特徴的で、街の中心を流れるカザン川を挟んで、東と西に分かれてイスラム教会とロシア正教会が混在している。そして街の中心には16世紀にイワン雷帝が造ったクレムリンがある。
●気候
カザンの気候は、亜寒帯湿潤気候に属しており、長く寒い冬と暑く乾燥した夏があるのが特徴。気温が最も低くなる1月は平均最低気温が-16.4℃になり、最も気温が高くなる7月には平均最高気温が24.8℃になる。
気温: 6月 13℃~23℃/7月 14℃~24℃

●アクセス
モスクワから空路で約1時間30分

スタジアム情報

カザン・アリーナ

カザン・アリーナはロンドンのウェンブリースタジアムやエミレーツスタジアムと同じ建築家によって設計された。外観はカザンの町並みと調和するデザインとなっている。カザンカ川のほとりに建てられており、上空から見るとスイセンのような姿に見える。

  • 予定収容人数:45,015人
  • アクセス:カザン鉄道駅から路面電車5番または10番のバスでカザン・アリーナ前下車。
    地下鉄の場合 Yash’lek駅から33番または49番のバスにてカザン・アリーナ前下車。

観光地情報

カザン・クレムリン

1553年、イワン雷帝がカザンを陥落させた後に、ヴォルガ川とカザンカ川の合流地点にある丘に建てたクレムリンで、カザンの最も有名な観光地となっている。2000年にはユネスコの世界遺産に「カザン・クレムリンの歴史的・建築的遺産群」として登録された。

クル・シャリフモスク

カザン・クレムリンの中に作られたイスラム教のモスク。1552年にイワン雷帝が3世紀に渡ってロシアを支配していたモンゴル勢力のカザン・ハン国を滅ぼした時に、このモスクも破壊された。長い年月を経て2005年の6月に再建され、美しいモスクとして復元された。

カザン

サマラの基本情報

日本との時差:5時間

ロシアの南東部にあるサマラ州の州都。ロシアではエカテリンブルクに次ぐ6番目に大きな都市。サマラにはロシア航空宇宙センターがあり、その象徴としてガガーリンの宇宙飛行を記念して造られた記念碑が置かれている。またヨーロッパで一番長いヴォルガ川が流れており、その景色はとても美しく壮大である。ヴォルガ川の幅広い流れが作る景観がサマラを特徴づけている。
●気候
サマラの気候はおおむね大陸性気候であり、夏は暑く冬は寒い。夏の気温は24~34℃程まで上がり、冬の気温は-14~-34℃程まで下がる。夏でもあまり暑くないが、月平均の最高気温が30℃ぐらいまで上がる事もある。また乾燥している為、昼夜の気温差も激しい。
気温: 6月 13℃~24℃/7月 15℃~26℃
●アクセス
モスクワから空路で約1時間40分

スタジアム情報

サマラ・アリーナ

この地域は航空宇宙産業が有名であるため、サマラ・アリーナは宇宙をイメージして設立された。

  • 予定収容人数:44,918人
  • アクセス:サマラ鉄道駅から67番のバスで1時間ほどの16-Y Kilometr下車徒歩20分

エカテリンブルクの基本情報

日本との時差:4時間

スヴェルドロフスク州の州都。ロシアで4番目に人口の多い都市である。ウラル山脈の麓にあるエカテリンブルクの40km西には、ヨーロッパとアジアの地理的境界線が走っている。そのため様々な文化が入り混じり独特の文化を発展させてきた。またシベリア鉄道の要所としても有名。
●気候
エカテリンブルクの冬は5ヶ月間で、11月~4月半ばまで。川や湖は凍結し、気温は-20℃~-25℃になる。寒い場合は-30℃~-40℃程度まで下がることもある。ウラル地方の夏は短く、2ヶ月半ほどしか続かず平均気温も18℃程度にしかならない。山の陰にあり風向きが変わり易いため、気象が非常に変わり易い。
気温: 6月 12℃~23℃/7月 14℃~24℃
●アクセス
モスクワから空路で約2時間30分

スタジアム情報

セントラル・スタジアム

現在改修中。
ロシアで最も伝統あるクラブのFCウラルのホームスタジアムで1953年に建設された。その後何度も改装され2011年に完成した。しかし、改装の都度、スタジアムの外観は建築の遺産としてそのまま残されてきた。昔からの建築や装飾の特徴が残されている。
  • 予定収容人数:44,130人
  • アクセス:1905年広場駅 (Площадь 1905 года)下車、徒歩約30分(約2km)
    もしくは駅から出ている3番、17番のバスでバス停Tsentral’nyy stadion下車徒歩5分

観光地情報

ヴィソツキー

エカテリンブルグの象徴。高さは約190mある。また「ウラル・シベリアと中部アジア地域で最も高いビジネスセンター」として、ギネスブックにも登録されている。このビルの52階はガラス張りになっており、エカテリンブルグの街並みが一望できる。

血の上の教会

ロシア最後の皇帝ニコラス2世とその家族が処刑されたイパチェフ館の跡地に建てられた教会。その死を悼み、人々に「血の教会」と呼ばれている。

ソチの基本情報

日本との時差:6時間
ソチは2014年冬季オリンピックの開催地に決定してから世界的に注目された。黒海に面したこの場所は、もともとロシア人の国内のリゾート地であり、毎年大勢の人々で賑わっている。ソチでは山登り、ハンドグライダー、ダイビング、セーリング、アクアバイク、スキーなどたくさんのアクティビティがそろっており、スポーツ都市としても有名である。
●気候
ソチの気候は、温暖湿潤気候に属している。冬の平均気温は6℃であり氷点下の気温になることはめったにない。夏の平均気温は、25℃から28℃だが時々40℃を越える猛暑になることもある。
気温: 6月 16℃~24℃/7月 19℃~27℃
●アクセス
モスクワから空路で約2時間20分

スタジアム情報

ソチ・オリンピック・スタジアム(フィシュト・スタジアム)

オリンピックスタジアムは2014年2月に冬季オリンピックのために建設され、ここで開会式と閉会式が行われた。このスタジアムはコーカサス山脈のフィシュト山(Mount Fisht)にちなんで命名された。イギリスの建築家によって建設されたアリーナは雪をかぶった山頂をイメージされている。
  • 予定収容人数:47,659人
  • アクセス:オリンピックパーク駅下車。ソチ駅からは電車で約50分、アドレル駅からは電車で約11分

観光地情報

ビーチ

ソチの夏はたくさんの人で賑わっている。この土地は黒海に面しているため札幌や旭川と同じ緯度でありながら非常に暖かく、ヨーロッパでは「最北の亜熱帯」と呼ばれている。

ソチ国立公園

ロシアを代表するリゾート地であるソチから、約50km離れたところにあるソチ国立公園。ほぼ手付かずの自然が広がっている。

サランスクの基本情報

日本との時差:5時間
ロシア中央に位置するサランスクはモルドヴィア共和国の首都。近年スポーツを積極的に推進してきた都市である。モルドヴィア共和国は何世紀にも渡ってこの地域に住んできたモクシャ族とエルツヤ族の言語と文化の保護に力を入れている。サランスクでは自らの文化や習慣を守ることを目的にした民族芸術や祭りが頻繁に開催されている。
●気候
サランスクの気候は大陸性気候に属している。1月の平均気温は-11℃。7月の平均気温は19℃。
気温: 6月 11℃~23℃/7月 13℃~24℃
●アクセス
開催都市で最も小規模なサランスクでは、臨時で地方都市間の直行便を出すことを検討している。

スタジアム情報

モルドヴィア・アリーナ

モルドヴィア・アリーナの建設作業は、ロシアの他の民族とモルドヴァ人の統一1000周年である2010年から始まった。このアリーナは、街の中心のインサル(Insar)川のほとりにある。オレンジ、赤、白を組み合わせた明るい色は、モルドヴィアの芸術品や工芸品の特徴を表している。
  • 予定収容人数:45,015人
  • アクセス:サランスク鉄道駅から約3km弱、徒歩30分強で約11分

ヴォルゴグラードの基本情報

日本との時差:6時間
ヴォルゴグラードは、ロシアの南部連邦管区に属するヴォルゴグラード州の州都。ここヴォルゴグラードは1900年代にドイツ軍に対抗してスターリングラード攻防戦の舞台となった都市である。この土地で亡くなった人々を追悼するため、ママエフの丘(ママエフ・クルガン)にはたくさんの像と記念碑が建てられている。1925年、スターリンにちなんでスターリングラードと命名されたが、1961年にヴォルガ川の町を意味する現在のヴォルゴグラードへと再度改名された。また、2013年からは、8月23日のスターリングラード攻防戦開始日や2月2日の攻防戦集結日などスターリングラード攻防戦に関連する記念日には、市名をスターリングラードに戻すことが市議会によって決定された。
●気候
大陸性気候で冬季は寒冷な気候だが、雪は少ない。夏季は温度が上がり、乾燥し暑い日が続く。1月の平均気温は-8℃~12℃、7月の平均気温は22℃~24℃。冬はモスクワと比較すると、温度はそれほど低くならない。
気温: 6月 16℃~26℃/7月 18℃~27℃
●アクセス
モスクワから空路で約2時間

スタジアム情報

ヴォルゴグラード・アリーナ

ママエフ・クルガン戦没者記念碑の麓にあったセントラル・スタジアムの場所に新しく建設される予定のスタジアム。
  • 予定収容人数:45,568人
  • アクセス:ヴォルゴグラード鉄道駅近くのKomsomol’skayaからトラムで10分ほどのTsentral’nyy stadion下車

観光地情報

ママエフの丘

1942年のスターリングラ-ド攻防戦において、ママエフの丘ではロシア軍とドイツ軍の激しい戦いが繰り広げられた。ママエフの丘には5つの記念碑があり、ヴォルゴグラードの重要な観光スポットになっている。

スターリングラード攻防戦パノラマ博物館

1942年当時、スターリングラ-ド攻防戦で使われた機器や武器、当時の兵士が着ていた兵隊服などが数多く展示されており、スターリングラードの戦いについて知ることのできる観光スポット。

母なる祖国像

スターリングラ-ド攻防戦で勇敢に戦った女性の兵士の姿とされている像で、ヴォルゴグラ-ドのシンボルともいえる像。高さは52m、手にした剣の長さが33m、像の重さは7900トン。1967年に建設された当時、この像は世界一の大きさを誇った。

ロストフ・ナ・ドヌの基本情報

日本との時差:6時間
美しいドン川を見下ろすロストフ・ナ・ドヌはコサック文化が残る近代都市。ロストフ・ナ・ドヌは現在、ロシア南部の交通の要所となっており、文化的拠点でもある。街を流れるドン川から取れる新鮮な魚やザリガニ料理はとても人気である。
●気候
ロストフ・ナ・ドヌの気候は大陸性気候だが穏やかな部類に属する。冬は比較的穏やかで、1月の平均気温は-4.4℃である。夏は暑さが続き、日差しも強い。7月の平均気温は25.9℃に達する。
気温: 6月 15℃~26℃/7月 18℃~29℃
●アクセス
モスクワから空路で約1時間50分

スタジアム情報

ロストフ・アリーナ

ロストフ・アリーナはドン川の近くに位置する。開催地に選ばれたことで、以前から観光施設やレストランなどで賑わっていた、ドン川周辺の開発にさらに力を入れている。アリーナの屋根はドン川の流れをイメージしている。
  • 予定収容人数:43,702人
  • アクセス:トラム駅 Voroshilovskiy Ave下車徒歩30分、約2.5km。スタジアムは、ドン川を渡った新市街にある。

ホテル情報

Azimut Olympic Hotel

アジムット・オリンピック・ホテルはモスクワの中心地にあるサービスの行き届いたホテルです。モスクワの有名な観光スポットである赤の広場まで車で10以内、最寄りの駅まで徒歩10分の距離にあり、モスクワ観光に最適です。また、主要な観光スポットまで無料シャトルバスも出ています。ホテルにはフィットネスセンターやプールなどの充実した施設も備わっています。

お部屋のタイプ

<スーペリア>
大きくて快適なベッドとデスクが備わっているスタイリッシュなお部屋です。
キングサイズのダブルベッドまたはツインベッドが選択できます。
定員:2人
広さ:26㎡
<スーペリアエクゼクティブフロアー>
エグゼクティブフロアに位置している、キングサイズのベッドが備わっているお部屋です。クラブラウンジのご利用が可能です。
定員:2人
広さ:23㎡
<ジュニアスイート>
窓からの眺めが素晴らしいお部屋です。
お部屋は寝室とリラックスエリアに分けられています。
クラブラウンジのご利用が可能です。
定員:3人
広さ:47㎡
<スイート>
プレミアムクラスのスイートルームで快適にお寛ぎできます。
お部屋は寝室とリラックスエリアに分けられています。
クラブラウンジのご利用が可能です。また、フルーツプレートが含まれています。
定員:3人
広さ:47~57㎡
<アパートメント>
2バスルーム、キッチンが付いているスイートルームです。
お部屋は寝室とリラックスエリアに分けられています。
クラブラウンジのご利用が可能です。また、フルーツプレートが含まれています。
定員:3人
広さ:57㎡
設備
  • キングサイズダブルベッド
  • 追加ベッド(12歳以下の子供用(無料))
  • 折りたたみベッド
  • デスク
  • 無料WIFI
  • テレビ
  • エアコン
  • ミニバー
  • ホットドリンク
  • アイロン設備
  • バスルーム(バスタブ付き)
  • トイレ
  • ガウン
  • スリッパ
  • ミネラルウォーター

ホテルへのアクセス

<メトロ>
地下鉄Tsvetnoy Bulvar駅を出てすぐに右に曲がります。サーカスの建物に向かって歩き、大通りを渡ったら左に曲がりMetro Tsvetnoy Bulvarバス停までまっすぐ歩きます。そして、そこから24番のバスに乗りDom Veteranov Voinyバス停で降ります。来た方向に向かって200m歩くと当ホテルが見えます。
<徒歩>
①900m
Prospekt Mira駅を出てすぐに右に曲がり、またすぐに右に曲がります。教会を通り越しShchepkina通りを渡った後、右に曲がってShchepkina通りを進みます。Kapelsky Pereulokに着いたら左に曲がりSamarskaya通りが切れるところまで歩きます。当ホテルはそこから右手に見えます。
②900m
Dostoevskaya駅を出てSuvorovskaya広場までSeleznevskaya通りを直進します。広場を右に曲がりDurova通りまで歩きます。Olimpiyskia Prospektの交差点まで約350m進み、そこの交差点を左に曲がり600m進みます。当ホテルは右手に見えます。
<空港から>
空港からモスクワの中心部までAeroexpressで30~40分です。チケットと詳しい情報はオフィシャルWebサイトから確認できます。(www.aeroexpress.ru)
・Vnukovo空港から
Aeroexpressに乗りKievsky駅まで行きます。そこから乗り換えてProspekt駅またはDostoevskaya駅まで行きます。
・Domodedovo空港から
Aeroexpressに乗ってPaveletsky駅まで行きます。そこから乗り換えてProspekt駅またはDostoevskaya駅まで行きます。
・Sheremetyevo空港から
Aeroexpressに乗ってBelorussky駅まで行きます。そこから乗り換えてProspekt駅またはDostoevskaya駅まで行きます。

HOTEL DATA

Azimut Olympic Hotel
住所:18/1 Olimpiisky prospekt, Moscow, 129110, Russia
Tel:+7 (495) 931 90 00 または 8 800 200 00 48
Fax:+7 (495) 931 90 76
E-mail:Moscow.Olympic@azimuthotels.com
チェックイン:14:00~
チェックアウト:~12:00

Holiday Inn Express Moscow Paveletskaya

モスクワの中心地に位置している、無料WIFIと朝食が含まれているホテルです。地下鉄Paveletskaya駅から歩いて10分のところに位置しており、AeroExpressに乗れば国際空港まで直通で行けます。最寄りの地下鉄Paveletskaya駅は歩いてすぐのところにあり、そこから市内の有名な観光名所やショッピングエリアに簡単に行くことができます。タクシーに乗れば15分以内でクレムリンや赤の広場、ボリショイ劇場に行くことができます。

ホテル全域で無料のWIFIが利用可能です。ホテルにあるExpress Start Breakfastでは美味しい朝食をお楽しみください。Express Café & Barではスナックや軽食、ウェルカムドリンクを終日楽しめます。

お部屋のタイプ

<2シングルベッド(禁煙)>
定員:2人
<1ベッドとソファベッド(禁煙)>

クイーンサイズベッド1台、ソファベッドは5歳以下の子供2人、または12歳以下の子供1人が寝ることが可能。
定員:4人

<1ダブルベッド(禁煙)>

クイーンサイズベッド
定員:2人

<スタンダードルーム(禁煙)>

ベッドのタイプは空き状況に応じて
定員:2人

設備
  • キングサイズダブルベッド
  • 追加ベッド(12歳以下の子供用(無料))
  • 折りたたみベッド
  • デスク
  • 無料WIFI
  • テレビ
  • エアコン
  • ミニバー
  • ホットドリンク
  • アイロン設備
  • バスルーム(バスタブ付き)
  • トイレ
  • ガウン
  • スリッパ
  • ミネラルウォーター

HOTEL DATA

Holiday Inn Express Moscow
住所:Paveletskaya 33 Dubininskaya building 1 Moscow 115054 Russia
Tel:+7 (985) 380 73 63
E-mail:avoroshilov@cosmosgroup.ru
チェックイン:14:00~
チェックアウト:~12:00