Project Description

ブラジル >レシフェの旅行情報

レシフェ旅行情報

ブラジル北東部に位置するレシフェは、ペルナンブコ州の州都で人口は約160万人。
運河と橋が多いため「ブラジルのベニス」とも呼ばれています。
かつてポルトガルの他、オランダにも支配されていたためその街並みにはポルトガルとオランダ双方の植民地時代の名残があります。レシフェには1982年に世界遺産に登録されたオリンダの街並みや透明度の高い海、旧市街等見所満載です。

天気

年間を通して蒸し暑いですが、海からの風が強く、雨季の朝晩は少し肌寒くなることもあります。室内はエアコンが強くきいていることが多いため、上着を持ち歩くことをお勧めします。
雨季:3月~7月
乾季:8月~2月

治安

レシフェの治安はいいとは言えませんが、レシフェは欧米からもたくさんの観光客が集まる観光都市であり、もちろん、全員が犯罪被害にあっているわけではありません。
危険な地区に立ち入らない、日が暮れたら歩いて外出しない、華美な服装をしない、周囲に常に目を配る、貴重品をこれみよがしに身に着けない、危険な地域(ファベーラ)に立ち入らない等の基本的な防犯対策で、ある程度リスクが下がるのも事実です。
在レシフェ出張駐在官事務所の「安全の手引き」も熟読し、犯罪被害にあわないよう十分な注意をお願いいたします。
http://www.br.emb-japan.go.jp/nihongo/anzenrecife.html
「100% 犯罪にあいません」と断言することはできませんが、上記のような基本的な防犯対策や心がけで犯罪被害の大半は防ぐことが可能です。出発前2週間前までには 緊急連絡先番号などの他、安全対策マニュアルもご送付差し上げますので、熟読くださいますようお願いいたします。

空港

レシフェのグアララペス国際空港はレシフェ市の南側に位置し、ホテルの立ち並ぶボア・ヴィアージェン地区のすぐ近くです。マイアミ、フランクフルト、パナマ、リスボンへの国際線も発着する近代的な空港です。空港からBoaViagemのホテル地区まで車で約10分です。

空港HP

【主要都市からのアクセス】
ブラジリア:飛行機で3時間
サン・パウロ:飛行機で3時間
リオ・デ・ジャネイロ:飛行機で2時間

レシフェの行事

1月 正月:
海辺でショーがあります。花火を見、歌い、踊り明かします。

2または3月 カーニバル:

オリンダではブラジル3大カーニバルのひとつが行われます。日中、人間の2倍以上の高さの人形がオリンダのカーニバルを盛り上げます。レシフェ旧市街では「フレーボ」というレシフェ特有の音楽をメインとしたショーが三晩連続で行われます。



4月 聖週間(Semana Santa):

イースター(復活祭)の時期の1週間を聖週間と呼び、この時期の夜にレシフェではキリストの一生を描いた劇が行われます。この劇は、レシフェの町を歩きながら 行われるもので、ひとつのストーリーが終わるとその場の電気が消え、次のストーリーを行う場所の電気がつきます。街中で行われる珍しい劇を見ることができます。



6月 聖ヨハネ祭/6月祭(Festa de São Joã/Festa Junina):

ペルナンブコ州カルアル市で盛大な聖ヨハネ祭が行われます。年中暖かいブラジルの東北地方でも少しだけ肌寒くなる6月、麦藁帽にチェックの田舎風の洋服、女の子はそばかす&みつあみというお決まりのスタイルをし、この時期しか食べない6月祭独特の料理を食べます。夜は焚き火をし、クワドリーニャというダンスを踊ります。ブラジル全国からたくさんの観光客が集まる盛大なお祭りです。

レシフェ周辺地域の見どころ

ツアーの手配もしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

レシフェはオランダに支配されていたため、旧市街にはヨーロッパ調の建物が立ち並んでいます。
運河には沢山の橋がかかり、ブラジルのベニスと呼ばれています。かつてレシフェの色々な場所への距離を測る基準地点として使われていたマルコ・ゼロ広場、カンポ・ダス・プリンセザス宮殿、ブラジルで初めてのユダヤ人の集会所であるシナゴーグなどがあります。
012-Olindaかつてサトウキビのプランテーションで栄えた町。石畳の起伏の激しい坂道にカラフルな家々が並ぶとても可愛い町並みです。こレシフェ市からは車で30分ほどです。
この町全体が世界遺産に登録されています。丘の一番上からは、きれいな海とオリンダの町が一望できます。夜になるとブラジル北東部の伝統料理(タピオカ、アカラジェ等)の屋台が並びます。
セー教会、統治者の邸宅、ノッサ・セニョーラ・ダ・ミゼリコルジア教会、サン・フランシスコ修道院などがあります。

19世紀半ばに監獄だった建物が、今は民芸品店として活用されています。
お土産選びにいかがでしょうか。
空港近くの海で、ビーチの前にはホテルが立ち並んでいます。サメが出るポイントがありますので、遊泳の際は場所に気を付ける必要があります。朝晩は海沿いを 散歩やジョギングをする人たちで賑わいます。夜はボア・ヴィアージェン広場に建ち並ぶ露店でお土産を見るのも楽しいでしょう。露店は、毎晩21時ころまで営業しています。
Porto-de-galinhas3
レシフェ市内から車で1時間半。波はほとんどなく、暖かく、クリスタルのように透明な海です。ここでは、一般的なブラジルのビーチの雰囲気を味わうことが出来ます。
まず、ビーチで自分が過ごしたい場所(パラソルとイス)を選びましょう。
ビーチにいるとシーフード、お菓子やカラフルなカンガ(砂浜の上に敷く薄い布)等を 売っている人が話しかけてきます。
ビーチで売っているシーフードは鮮度の関係であまりお勧めできません。海ではジャンガーダという小船が、自然が作り出す プール(Picinas Naturais)へと連れて行ってくれます。
シュノーケリングでカラフルな魚たちと一緒に泳ぐことができます。大人気のアクティビティーです。
レストランでは、新鮮なシーフードを楽しむことができます。また、ブラジルでも人気の観光地のため、カラフルな陶器の置物等を販売するお土産屋さんが立ち並ぶ通りもあります。お土産選びにもおすすめです。
052-Noronha
色々な形をした岩山と透明度抜群の海、多種多彩な海の生き物が訪れる人を魅了します。世界遺産リストに登録されています。
アクセス方法は、レシフェから1 日2便、ナタルから1便飛んでいる飛行機に乗ります。
群れて泳ぐイルカたちや大きなウミガメと出会えます。

家族旅行にお勧めです。ポルト・デ・ガリーニャより車で10分ほど離れた場所で、いくつか宿はありますが、セハンビ・リゾート(Serranbi resort)に泊まらなければここに来た意味はありません。ホテル滞在者のみがアクセスできる、プライベートビーチがあります。このビーチからボートで出発するツアーがいくつかあります(有料)。
子供向けのアクティビティーが豊富、また、アララというカラフルな鳥を腕に乗せ記念撮影ができるところもこのリゾートの魅力。夕食のバイキングは日によって異なり、木曜日はロブスターのバーベキューが食べ放題!きれいな海とゆったりとした1日を過ごすことができます。
ポルト・デ・ガリニャス一日観光

1日目 Porto-de-galinhas4
ホテルを出発し、約1時間半でポルト・デ・ガリニャスに到着。ポルト・デ・ガリニャスの海に 波はほとんどなく、透明な海ではまるでクリスタルのよう。ここでは、ブラジルのビーチの雰囲気を味わうことが出来ます。まず、ビーチで自分が過ごしたい場 所(パラソルとイス)を選びましょう。ビーチにいるとシーフード、お菓子やカラフルなカンガ(砂浜の上に敷く薄い布)等を売っている人が話しかけてきます。Porto-de-galinhas5ジャンガーダと呼ばれる小船で、自然が作り出すプール(Picinas Naturais)まで行くことが出来ます。非常に透明度が高く、シュノーケリングでカラフルな魚たちと一緒に泳ぐのが人気のアトラクション。

昼食には、新鮮なシーフード料理をお楽しみください。

また、ポルト・デ・ガリニャスはブラジルでも人気の観光地のため、お土産屋さんの立ち並ぶストリートもあり、ここでお土産を購入するのも良いでしょう。夕方、ホテルへお送りいたします。
(上記ツアー日程は変更の可能性があります。ご了承下さい。)

ツアー価格

$188
  • お二人様参加のお一人様料金
  • お一人様料金:USD377
レシフェ&オリンダ一日観光

1日目 011-Olinda
朝、ホテルを出発、レシフェ、サント・アントニオ、ボア・ビスタの3つの地区を回り、レシフェの全体的なご紹介をします。その後、ヘプブリカ広場へ行き、裁判所やサンタイザベル劇場を見学します。
19世紀、監獄だった建物が、今は民芸品店として活用されているカザ・ダ・クートゥラ(Casa da Cultura)では、お土産を買うことが出来ます。
昼食では地元の料理をお楽しみください。Olinda
昼食後、世界遺産に登録されているオリンダ(Olinda)の町並みを見ます。オリンダはかつてサトウキビのプランテーションで栄えた町です。石畳の起伏の激しい坂道にカラフルな家々が並ぶ可愛い街並みです。丘の上からは、美しい海とオリンダの町が一望できます。オリンダでは、セー教会、統治者の邸宅、ノッサ・セニョーラ・ダ・ミゼリコルジア教会を見学します。
オリンダ観光後、ホテルへお送りいたします。(上記ツアーの内容・順番は変更の可能性があります。ご了承下さい。)

ツアー価格

$150
  • お二人様参加のお一人様料金
  • お一人様料金:USD300