Project Description

malpelo

コロンビア、マルペロ島
ラストデスティネーションへ、ダイブクルーズ出発。

中米パナマから、Yemaya号に乗って行くコロンビア、マルペロ島ダイビングクルーズ

コロンビア・マルペロ島とは

最高クラスのシャークダイビングへ!

エクアドルのガラパゴス諸島、コスタリカのココ島と並び称され、3つのポイントを結ぶゴールデントライアングルの一角とされるコロンビアのマルペロ島は、太平洋に突き出た絶海の孤島です。複数の海流がぶつかり合う険しく特殊な海洋環境は、アップリフティングで豊富なプランクトンをもたらすため大型回遊魚の集まる絶好のダイビングポイントとして知られています。

2006年には世界自然遺産にも指定され、海洋自然保護区としてコロンビア海軍が常駐し希少種などのサメ密猟を監視しています。
海流が複雑にぶつかり合うこの海域のベストシーズンは4月〜10月頃と言われ、このシーズン中の特に8月、9月は例年ジンベイザメやハンマーヘッドシャーク、ガラパゴスシャーク、シルキーシャークなどの大型のサメが見られます。
11月終わりから3月までのコールドシーズンは、見られるサメの数も増え、ハンマーヘッドシャークなどもより近くで見ることができます。
またこの時期には「モンスターシャーク」と呼ばれる”オオワニザメ”が深い海域から上がってくるため、これを目当てにやって来るダイバーもいます。
ナイトロックスは必須です。

島の周りには手頃な岩礁が乱立し、ダイブサイトの数、種類も豊富で、様々なトポロジーと生態系が楽しめます。
島には2つの係留ポイントしかなく、一度に一隻までの滞在しか許可されていないため、ダイブ中に他の船のダイバー達と遭遇することはありません。

一隻で島をまるごと独り占め出来るのは、ガラパゴスやココ島とも違うマルペロ島ならではの贅沢なダイビング環境です。

Google Map:ズームアウトして位置を確認

malpelodivesite▷クリックで拡大

絶海の孤島でダイビング三昧!

現在、マルペロ島へのダイビングクルーズはコロンビア発の一隻とパナマ発の二隻の計三隻のみ存在します。
どちらの国からも本土を出発してから30時間以上の船旅を強いられるため、船の良し悪しは重要です。(コロンビア発のMARIA PATRICIA号はほぼ漁船だし、パナマ発のINULA号は小さなカタマランヨットです。)
パナマに本社を置くオンリーワントラベルでは、マルペロ行きの船の中でも最大のパナマ発「M/V Yemaya号」を取り扱っています。
パナマの小さな港を出港してから片道36時間の船旅を快適に過ごすことのできる唯一の船です。
マルペロ島に到着したらあとは1日3本のダイビングをひたすら楽しむだけ!
携帯電波も届かないし、ネットもテレビももちろんありません。目の前にある絶海の孤島と、サメの海を最大限楽しみましょう!

8泊、10泊、14泊のダイブクルーズをご用意しました。
マルペロ島は、ココ島、ガラパゴス島ですでに潜られて来たダイバーにオススメです。なぜなら、ちょっぴりマニアックだから。
この3島を結ぶ黄金のダイビングトライアングル、最後の島を心ゆくまで堪能していただくために8月、9月のベストシーズンとモンスターシャーク狙いの11月に少し長めのダイブクルーズをご用意しています。

まずはお問い合わせ下さい。知れば知るほど行きたくなる、海の秘境です。

Yemaya号設備

yemaya

タイプ カスタムダイビングシップ
長さ 35メートル
ビーム 7.3メートル
スピード 10ノット
クルー クルー7名+ダイブマスター2名
エンジン ツインディーゼル「デトロイト 16V71」1300馬力
ダイブ設備 MAKOタイプK14高圧ダイブコンプレッサー x2
Nuvair B560ナイトロックスシステム 40%まで可能
高圧カスケードシステム4000立方フィートストレージ x9
80立方フィートアルミタンク 36本
シャワー 2基
ダイブ器材リンスタンク
その他・詳細はお問い合わせ下さい
客室 8部屋(バスルーム共有x6、プライベートバスルームx2)

デッキプラン

deckplan
▷クリックで拡大

Yemaya号の写真 : M/V Yemaya, Photo

2013年10月撮影

マルペロ島ダイビング 動画 : Malpelo Divng, Movie

2013年10月GoProで撮影:レゲトンバージョン
撮影者コメント:全ダイブを通してジンベイザメとの遭遇率が高く、1匹のジンベイザメと10分以上一緒に泳ぐ機会があったので後半はノーカットでそんな様子を、、、ジンベイザメ・リスペクト動画です。あと、撮影は出来ませんでしたが、あちこちで漂うアオミノウミウシが見れたのもとても良かったです。最高に楽しいワイルドな海のGoPro映像に、パナマ発祥の楽しいワイルドなレゲトンを乗せてみました。
オンリーワン・ダイブマスター

行ってきました!

M/V Yemaya号はゲスト16名、クルー7名、ダイブマスター2名のキャパシティで、この規模の船としては船体は決して大きくありません。
マスターキャビンを除きシャワールームは2部屋で共有します。キャビンは毎日クルーによって清掃とベッドメイクがされるため小さいながらも清潔に使うことができます。
クルーズ期間中私は撮影したビデオ編集の他の時間に文庫本にして3冊の小説を読み終えました。ダイブとご飯の時間以外は特にすることがないので、お好きな時間の過ごし方を事前に用意することが大切かも知れません。
ハンマーヘッドシャークは数回、100匹前後の群れを見ることが出来ました。ジンベイザメは全18ダイブ中で3度遭遇しました。
ガラパゴスとの相違点を上げると、ワイドとマクロが同時に楽しめるという点があります。種類の異なるダイブスポットが近距離に複数あるのも飽きが来ず良かったです。ジンベイ、ハンマーが出るポイントでも、マクロの魚が程よく存在するのでダイビング中も各々の視点で楽しめることができたと思います。

ナイトロックスが必須なことや、30メートルまでの深度で行動することなど、ある程度以上の経験が必要とされるダイブポイントです。

ツアー日程

日本発着だと11泊15日! 21ダイブを潜り倒すプランです。

日本を出発し、北米都市を経由してパナマ・シティへ移動します。
飛行機の都合上、パナマ・シティには朝早くに到着します。
ガイドと専用車がホテルまでお送りします。
ホテルで一息ついた後は、昼食をはさみながらパナマ・シティを観光します。
高層ビルが立ち並ぶシティを抜け、パナマ運河や世界遺産パナマ旧市街など、中米パナマの魅力をたっぷりとご紹介します。

夕食はホテルで、もしくはガイドおすすめの地元レストランで。

ホテルで朝食をとった後、船を係留している港までバスで移動します。
港では税関審査があります。乗船後、各キャビンにチェックイン。
船のブリーフィングとクルーの紹介。
夕食後、マルペロ島へ向け出港します。

波のコンディションや天候によりますが、マルペロ島へは360度水平線の世界を進むこと30時間以上の移動時間があります。
読みたかった本や見たかったDVDを持ち込むもヨシ、サンデッキで他のゲスト達とくつろぐもヨシ、昼酒を嗜みながら昼寝するもヨシです。
夜は翌日からのダイビングのブリーフィングをします。

深夜、マルペロ島に到着します。
翌朝は船旅の末にたどり着いたマルペロ島が朝日を浴びてその全容を表します。

マルペロ島にはたくさんのダイブサイトがあります。
その日の潮を見ながら、午前2本、午後に1本のダイブサイトを決めます。
主に見られる魚は、ジンベイザメ、ハンマーヘッドシャーク、シルキーシャーク、ガラパゴスシャーク、ギンガメアジ、マンタ、イーグルレイ、キハダマグロ、ウバウオ、などです。
7日間で合計21本のダイブが出来ます。

1本分のダイビングを休む代わりに、島に上陸することも出来ます。
上陸するには海に突き出た橋から下がる縄梯子をよじ登り、険しい岩肌を登らなくてはいけないので、軽登山ができる靴が必要です。
島にはコロンビア海軍の駐留小屋があり、人寂しい想いをしている軍人さんが3人常駐しています。
その他、島にはカツオドリとカツオドリの卵を食べる固有種のトカゲなどが住んでいます。

再び、見果てぬ水平線の世界へ。
移動だけで哲学書を一冊執筆できるくらいの時間があると思って下さい。

早朝には港に到着します。朝食後、空港へ移動し、日本へ帰国します。
L.Aなど北米の都市を経由します。

パッケージ料金

Yemaya号で行くマルペロ島ダイビング

  • お問い合わせ下さい

このツアーに参加ご希望の方は下記フォームよりお問い合わせください。

お名前

お名前 ローマ字

メールアドレス 

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください

 Web検索 友人・知人から TV番組で 地球の歩き方 Off Season その他

お客様人数

ご希望出発日

航空券手配について
 希望する 希望しない

旅行可能日数

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。