Project Description

豪華大型船レジェンド号で巡るガラパゴスの旅

揺れが少ない大型船にてガラパゴスを巡ります!

クルーズで揺られながら何日も過ごすのはいや、でも効率良くガラパゴスをまわりたい。
そんなお客様には小型船より揺れが少ない大型船レジェンド号をおすすめしています。
ガラパゴスクルーズ最大100人乗りの船内は、中型のカタマランなどに比べるとほとんど揺れが体感出来ないほど安定しています。
船内ではバー、ラウンジ、ジャグジーやプールやサウナも自由にご利用いただけ、移動中はお好きな場所でお過ごし出来ます。
日中はガラパゴスの島を観光し、夜は船内でのんびり、次の日にはまた違う島へ上陸します。
ホテル滞在型の旅行やデイ・ツアーでは訪問できない島へも行く、冒険型リゾートクルーズ。
選べる日程でガラパゴスを体験しましょう。

ツアーの特徴

世界自然遺産第一号、ガラパゴス諸島へようこそ
1978年にユネスコが発足以来初めて指定した世界自然遺産の登録第1番「ガラパゴス」と世界文化遺産登録第1番の「キト歴史地区」を一度に体感するツアーです。

ガ ラパゴスでは、ガラパゴス諸島最大級110人乗りの大型ラグジュアリー船「ガラパゴス・レジェンド号」に乗船し、ダーウィンの「種の起源」に記された進化 の島々の動植物を観察します。愛くるしいアオアシカツオドリや、ガラパゴス・アシカ、胸の赤いグンカンドリやウミイグアナなど、ここでしか見ることのでき ない固有種の数々を間近に見ることができます。

ガラパゴス・レジェンド号は、ガラパゴス最大級の110人乗り大型ラグジュアリー船です。
揺れの少ない大型客船で、ガラパゴスのユニークな島々を巡りながら、ゆったりとした旅を優雅にお過ごしになれます。
最大乗客数100人のこのクルーザーでは使用言語を基に少人数のグループに分けられます。
ガラパゴスでは各島に上陸出来る人数と時間が厳しく制限されているため、最大16名のグループが時間をずらしながら島に上陸し、現地ナチュラリストガイドトともにトレッキングやスノーケリングなどのアクティビティを行います。
ガラパゴスの島々には個々異なる生態系があり、各島の動植物の違いや島の成り立ちなどをガイドが説明してくれます。
船内にはキッズプレイエリアもあり、移動中でもお子様も楽しく過ごすことが出来ます。
ご家族揃ってこの大自然ほぼ手付かずの島々、世界自然遺産ガラパゴス諸島の魅力をたっぷり楽しめるのも大型クルーザーの特徴です。

  • プールとテラス

キトではホテルに2泊宿泊し、美しいスペインコロニアル時代の街と赤道記念公園へとご案内いたします。

M/V Galapagos Legend 概要

カテゴリー:  ラグジュアリー・シップ
定員:     100人
クルー:    56人
全長:     92 m
全幅:     15 m
巡航スピード:   15ノット
最大スピード:   17ノット
安全性:  ISM,SMC,ISSC,IOPP,DOC準拠 医者1人乗船
ガイド:  マルチリンガル・ナチュラリストガイド7人
救命ボート:  52人乗り2隻
救命ラフト:  25人乗り12隻
ディンギー:  20人乗り6隻
カヤック:   ダブル2艘 シングル1艘
電源:     110v、220v

キャビン

deckplan
クリックで画像拡大

ガラパゴスってこんな所

ガラパゴスのファーストクラスクルーズでは、トップランクのガラパゴス人ナチュラリストガイドが同乗して、上陸するポイントごとにあらゆる疑問・質問にお答えしながら詳しい解説をわかりやすく受けることができます。(ただし英語・スペイン語・ドイツ語など。)
キトでは日本語ガイドが同行いたします。
(ガラパゴスも日本語ガイド同行希望の場合はご相談ください。
ガイド内容は全て英語かスペイン語で話されるので、時には地質学・生物学・海洋学と専門的な用語が飛び交うガイディングになり、言語に堪能でないとせっかくの解説もわからないまま終わってしまい、ガラパゴス旅行の魅力が半減してしまいます。)

パッケージツアー日程

レジェンド号の日程は少し特殊です。
大きく分けて、訪れる島が異なる1週間のコースが2つあり、「3日間ツアーA」 → 「4日間ツアーB」 → 「3日間ツアーC」 → 「4日間ツアーD」そして「3日間ツアーA」に戻ります。
下記の日程表では、各ツアーに合わせ日本から最短のパッケージとしてご提案しているツアーです。
「8日間ツアーA」 → 「9日間ツアーB」 → 「8日間ツアーC」 → 「9日間ツアーD」
と表記しています。

ガラパゴスのメジャーな島々をコンパクトに巡る日本最短8日間(ガラパゴス3日間)の土曜日出発パッケージツアーです。
日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ。
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は約25時間のフライトになります。
キト空港で日本人スタッフがお客様のお名前のサインボードを持ち空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは空港より約60分の移動で到着します。
(日本からの便は夜中に到着し、ガラパゴス行きは午前中しかありません。長時間フライトの疲れと時差ボケを癒やすため翌日は世界遺産キトの観光をはさみ、翌々日にガラパゴスへ渡ります。)
◎キトは標高2,850mに位置します。慣れるまで軽い高山病の症状(頭痛等)が出る場合がありますので、到着後は高山病予防のため水分と糖分をよく吸収し、食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水をご用意しておりますのでご安心ください。
キト旧市街の中にあるホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものをお持ち下さい。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参りキト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物はホテルに保管しておくことも可能です。
空港で荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)バルトラ空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
バルトラ空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物を受取後、ナチュラリストガイドが持つ「M/V Galapagos Legend」号のプラカードをお探しください。
レジェンド号のゲストが全員揃ったところで出発です。
レジェンド号はバルトラ島の港に停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後はサンタ・クルス島高地を見学します。
ここでは火山活動でできた巨大な2つの穴(ツイン・クレーター)を観光します。
周りは豊かな森になっており、野鳥なども観察できます。

午前中にサンティアゴ島プエルト・エガスを訪れます。(ウェット・ランディング)
サンティアゴ島南端にある火山性の黒いビーチです。ここではガラパゴス・ファー・シールや、ウミイグアナのコロニーなどが見られ、希望者はシュノーケリングもできます。
午後はバルトロメ島を訪れます。(ドライ・ランディング 濡れる可能性あり)
ここは、活発な噴火活動によって形成された比較的小さな島で、荒涼とした景観の火山登山が楽しめます。
山の頂上から見られるサンティアゴ島を望む景観がガラパゴスを代表する絶景の一つとなっています。

午前中はサンタ・クルス島のドラゴン・ヒル(Cerro Doragon)を訪れます。(ドライ・ランディング)
サンタ・クルス島の港町プエルト・アヨラの反対側に位置し、野生のリクイグアナを観察する絶好のポイントです。
午後にノース・セイモア島を訪れます。(ドライ・ランディング 濡れる可能性あり)
ここはアオアシカツオドリやグンカンドリの営巣地となっており、リクイグアナやアシカも住む、諸島の中でも人気の高い島です。ルートにしたがってナチュラリストガイドの引率でトレッキングします。

午前中はサンタ・クルス島バチャス・ビーチを観光します。(ウェット・ランディング)
このビーチには第二次大戦時にアメリカ軍が残していった運搬船の残骸が埋まっており、長く続く白い砂浜の所々からその鉄骨をむき出しています。
ビーチの奥にはフラミンゴが訪れる池があり、海鳥やウミイグアナを見ながらゆっくりとビーチを散策しながらフラミンゴを見に行きます。
その後、バルトラ空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて空港の近くのレストランで夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ。

アトランタなど北米の都市を経由します。

赤道をまたぎ、ガラパゴス諸島最大で最も若いイサベラ島を巡る唯一のコースです。日本最短9日間(ガラパゴス4日間)の火曜日出発パッケージツアーです。
日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ。
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は、約25時間のフライトになります。
キト空港で日本人スタッフがお客様のお名前のサインボードを持ち、空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは、空港より約60分の移動で到着します。
(日本からの便は夜中に到着し、ガラパゴス行きは午前中しかありません。長時間フライトの疲れと時差ボケを癒やすため、翌日は世界遺産キトの観光をはさみ、翌々日にガラパゴスへ渡ります。)
◎キトは標高2,850mに位置します。慣れるまで軽い高山病の症状(頭痛等)が出る場合がありますので、到着後は高山病予防のため水分と糖分をよく吸収し、食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水をご用意しておりますので、ご安心ください。
キト旧市街の中にあるホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものをお持ちください。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参り、キト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物は、ホテルに保管しておくことも可能です。
空港で荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)バルトラ空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
バルトラ空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物をお受取後、ナチュラリストガイドが持つ「M/V Galapagos Legend」号のプラカードをお探しください。
レジェンド号のゲストが全員揃ったところで出発です。
レジェンド号はバルトラ島の港に停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後は、サンタ・クルス島ブラック・タートル・コーブを訪れます。(ディンギーライド)
ここはマングローブに囲まれたウミガメの聖域で、小さなディンギーに乗ってウミガメやサメ、エイなどの動物を観察できます。

午前中にサンティアゴ島スリバン・ベイを訪れます。(ウェット・ランディング)
ここでは、100年以上前に流れ出た溶岩が固まってできた地面の上を歩きます。
辺り一帯が縄状の溶岩跡で覆われた風景は、別の星の地面のように独特です。
午後はラビダ島を訪れます。(ウェット・ランディング)
ガラパゴス諸島の中で、最も火山活動の活発だった跡が見られる島へ上陸します。
ビーチは鉄分を多く含む赤い砂が続きます。アシカや、ペリカン、ウミイグアナなどが見られます。

一日イサベラ島を訪れます。
午前中は、ウルビナ・ベイ(Urbina Bay)を訪れます。(ウェット・ランディング)

諸島最大の島の東にある小さな蹄型の美しい入江から上陸します。ここで見られるリクイグアナは諸島最大の大きさ。入江ではシュノーケリングが楽しめ、ウミガメや熱帯魚を見ることができます。

午後は同じくイサベラ島東部のタグスコーブ(Tagus Cove)を訪れます。(ドライランディング)
ガラパゴスを訪れていた海賊や捕鯨船が休息に訪れていたポイントで、岩には当時の海賊達が描いた名前などの落書きが残されています。アオアシカツオドリやペンギンが見られ、シュノーケリングでペンギンと一緒に泳ぐこともできるかも!

午前中は、イサベラ島の東にあるフェルナンディーナ島プンタ・エスピノーサを訪れます。(ドライ・ランディング)
諸島を形成したホットスポットの真上にあり、今も活動中の若い火山島、フェルナンディーナ島は西から来る冷たい栄養豊富の海流を受けて、多くの種類の動物が見られます。ペンギンや、固有種のコバネウ、ガラパゴスノスリや巨大化したウミイグアナのコロニーなど、手付かずの自然に暮らすありのままの動物を観察できます。

午後は、イサベラ島の北東部にあるプンタ・ビセンテ・ロカを訪れます。(ディンギー・ライド)
ここはダイビングスポットとしても人気の場所で、水中には沢山のウミガメを初めペンギンやコバネウなどの海鳥、ウミイグアナやマンボウなどが泳ぐのを見られ、頭上にはアオアシカツオドリやナスカカツオドリが飛ぶ姿が見られます。
シュノーケリングがお得意な方なら、チャレンジしていただきたいお勧めの場所ですが、水温が相当低いので注意が必要です。

午前中はサンタ・クルス島高地を観光します。
ここでは農場にやって来る野生のガラパゴスゾウガメを見ることができます。
その後、バルトラ空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて、空港の近くのレストランで夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ。

アトランタなど北米の都市を経由します。

 

ガラパゴスのメジャーな島々をコンパクトに巡る日本最短8日間(ガラパゴス3日間)の土曜日出発パッケージツアーです。
日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ。
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は、約25時間のフライトになります。
キト空港で日本人スタッフがお客様のお名前のサインボードを持ち、空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは、空港より約60分の移動で到着します。
(日本からの便は夜中に到着し、ガラパゴス行きは午前中しかありません。長時間フライトの疲れと時差ボケを癒やすため、翌日は世界遺産キトの観光をはさみ、翌々日にガラパゴスへ渡ります。)
◎キトは標高2,850mに位置します。慣れるまで軽い高山病の症状(頭痛等)が出る場合がありますので、到着後は高山病予防のため水分と糖分をよく吸収し、食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水をご用意しておりますので、ご安心ください。
キト旧市街の中にあるホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものをお持ちください。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参り、キト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物は、ホテルに保管しておくことも可能です。
空港で荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)バルトラ空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
バルトラ空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物をお受取後、ナチュラリストガイドが持つ「M/V Galapagos Legend」号のプラカードをお探しください。
レジェンド号のゲストが全員揃ったところで出発です。
レジェンド号はバルトラ島の港に停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後はモスクエラ島を見学します。

午前中はサウス・プラザ島を訪れます。(ドライ・ランディング)
サウス・プラザは小さな島で、セスビウムという下草がシーズンによって色を変え、ハシラサボテンが群生する奇抜な景観が見ものです。世界中でこの島にだけ、ウミイグアナとリクイグアナのハイブリッドイグアナが観察されています。また、アカハシネッタイチョウやアカメカモメなどの美しい海鳥も営巣しており、多くの動植物を観察できます。
午後はサンタ・フェ島を訪れます。(ウェット・ランディング)
サンタ・クルス島の南に位置するサンタ・フェ島では、他の島とは異なる薄緑色のリクイグアナが見られます。その他にも入江にはアシカのコロニーがあり、頭上にはガラパゴス・ノスリが旋回します。

サン・クリストバル島に移動し、午前中はピットポイントを訪れます。(ウェット・ランディング)
ここはガラパゴスに生息する3種類のカツオドリを一度に見ることが出来るポイントです。また、若いアシカのコロニーもあります。
午後はセロ・ブルーホを訪れます。
ここはガラパゴスの名物岩、キッカーロックの正面にあるビーチで、ゆっくりとシュノーケリングや日光浴が楽しめます。

午前中はサン・クリストバル島に上陸し、セロ・コロラドを観光します。
ここはゾウガメの繁殖施設で、卵から孵ったゾウガメがどのようにして自然に返されるかまでを見学できます。
その後、サン・クリストバル空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて、空港の近くのレストランで夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ。

アトランタなど北米の都市を経由します。

 

海鳥の島、エスパニョーラ島を初め魅力的な島々をコンパクトに巡る日本最短9日間(ガラパゴス4日間)の土曜日出発パッケージツアーです。
日本を出発し、北米都市を経由してエクアドルのキトへ。
ワンストップでダイレクトにキト入りする場合は、約25時間のフライトになります。
キト空港で日本人スタッフがお客様のお名前のサインボードを持ち、空港出口でお待ちしております。
キト市内のホテルへは、空港より約60分の移動で到着します。
(日本からの便は夜中に到着し、ガラパゴス行きは午前中しかありません。長時間フライトの疲れと時差ボケを癒やすため、翌日は世界遺産キトの観光をはさみ、翌々日にガラパゴスへ渡ります。)
◎キトは標高2,850mに位置します。慣れるまで軽い高山病の症状(頭痛等)が出る場合がありますので、到着後は高山病予防のため水分と糖分をよく吸収し、食事は控えめにお摂りください。
ホテルには飲み水をご用意しておりますので、ご安心ください。
キト旧市街の中にあるホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参ります。
専用車で世界遺産キト旧市街と赤道記念公園を観光します。
◎キトの天気は変わりやすいため、歩きやすい靴を履いて常に上から羽織れるものをお持ちください。
レストランでエクアドル料理の昼食をはさみ、午後4時ごろホテルに戻ります。
夕食はホテルで。
キトのホテルCasona de la Rondaに宿泊します。
朝、日本人スタッフがホテルまでお出迎えに参り、キト空港まで移動します。
◎ガラパゴス旅行に必要のないお荷物は、ホテルに保管しておくことも可能です。
空港で荷物検査をした後、チェックインをいたします。
キト空港を離陸後、エクアドル本土の港湾都市グアヤキルを経由し(約30分・乗換不要)サン・クリストバル空港(ガラパゴス諸島)へ移動します。
◎ガラパゴス諸島の時差は、エクアドル各都市の-1時間です。
サン・クリストバル空港に到着後、観光客用の列に並び窓口でパスポートと100ドル(入島料=現金のみ)をご提出ください。
荷物をお受取後、ナチュラリストガイドが持つ「M/V Galapagos Legend」号のプラカードをお探しください。
レジェンド号のゲストが全員揃ったところで出発です。
レジェンド号はバルトラ島の港に停泊してあり、これに一旦乗船します。

乗船後、船で昼食を取り、船内・船上・ガラパゴス諸島内での生活や決まりについての説明を受けます。
午後は、サン・クリストバル島インタープリテーション・センターを見学します。
ガラパゴスの島の成り立ちや歴史などを学べます。

午前中にエスパニョーラ島ガードナー・ベイを訪れます。(ウェット・ランディング)
美しい白い砂浜にアシカが寝そべっている中を散策します。
午後はスアレス・ポイントを訪れます。(ドライ・ランディング)
このポイントはアホウドリを初め、ナスカカツオドリ、アオアシカツオドリやアカハシネッタイチョウなど様々な海鳥を間近で見られます。

一日フロレアーナ島を訪れます。
午前中はポストオフィス・ベイを訪れます。(ウェット・ランディング)
ここには昔の船乗りたちが作り上げたポストが残り、ここで出した投函は同じ国の人がピックアップして、自国に戻った時に配達するというシステムが今も続いています。

午後はコルモラント・ポイントを訪れます。(ドライ・ランディング)
2つのビーチがありフラミンゴが生息してます。

一日サンタ・クルス島を訪れます。
午前中はサンタ・クルス島高地を訪れます。(ドライ・ランディング)
野生のガラパゴス・ゾウガメを間近で観察できます。

午後はチャールズ・ダーウィン研究所を訪れます。(ドライ・ランディング)
諸島最大の町、プエルト・アヨラから歩いて研究所を訪れます。
ゾウガメの繁殖や、ガラパゴスの生態を研究する施設で研究の成果を見学できます。
町にはお土産屋さんやカフェなどもあるので、ゆっくりと町の様子も見ることができます。

午前中はダフネ島を観光します。(ディンギーライド)
ダフネ島は海鳥やフィンチなどの小型の鳥を観察する最適な環境で、上陸制限があります。
その後、バルトラ空港よりキト行きの飛行機にチェックイン。ガラパゴスを出発します。
午後3時頃、キトの空港へ到着します。
お客様のご利用の航空会社の出発時間に合わせて、空港の近くのレストランで夕食を取ります。
日本行き便出発2時間前にキト空港へ行きチェックインします。
北米都市経由で日本へ。

アトランタなど北米の都市を経由します。

 

パッケージ料金

日本発着8日間ツアー

お問い合わせください

日本発着9日間ツアー

お問い合わせください

このツアーのお問い合せはこちらから

お名前

お名前 ローマ字

メールアドレス 

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください

 Web検索 友人・知人から TV番組で 地球の歩き方 Off Season その他

お客様人数

ご希望出発日

航空券手配について
 希望する 希望しない

旅行可能日数

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。


ガラパゴスへ行くツアー