Project Description

アルゼンチン > ブエノス・アイレスの旅行情報

ブエノスアイレスの旅行情報

ブエノスアイレスについて

ブエノスアイレスは、アルゼンチンの首都で人口は1300万人の大都市。ラ・プラタ川にある港町で『南米のパリ』と言われています。ヨーロッパを思わせるおしゃれな町並みが広がるこの街は、アルゼンチンタンゴの発祥、イタリア・ミラノのスカラ座とフランス・パリのオペラ座と並ぶ世界三大劇場のコロン劇場、アルゼンチン人気サッカーチームのボカ・ジュニアーズやリーベル・プレートなど魅力満載。南米一のグローバル都市です。

ブエノスアイレスの地域

ブエノスアイレス市は48の地区からなる大都市。しかし観光で中心となるのは旧市街のいくつかの地域に限られます。

ブエノスアイレスの地図

ブエノスアイレスの見どころ

  • 5月広場:ブエノスアイレスの中心地でもあり歴史的にも始まりの場所である5月広場。1810年5月25日の独立宣言はこの場所で行われました。中心地には5月の塔、その奥に大統領府、近くにサントドミンゴ教会といった重要な建物の中心地となっています。住所:Av. Rivadavia y 25 de Mayoアクセス:地下鉄Plaza de Mayo駅、Bolivar駅、Peru駅、Catedral駅からすぐ
  • 大統領府(カラ・ロサーダ):1873年から1894年にかけて建築されたスペイン・ロココ調の建物。ピンク色に塗られているのが特徴的で『カサ・ロサーダ』(ピンクの家)とも呼ばれています。
    住所:Balcarce 50アクセス:地下鉄Plaza de Mayo駅、Bolivar駅、Peru駅、Catedral駅からすぐ。5月広場となり。
  • 大聖堂(カテドラル・メトロポリターナ):1827年に完成したネオクラシック様式の大聖堂。5月広場から見える12人の使途を表す12本の柱と完成当時よりともされ続けている炎が印象的です。この大聖堂には南米開放へ導いたホセ・デ・サンマルティン将軍の棺が安置されています。
    住所:Av Rivadavia y San Martin
    アクセス:地下鉄Plaza de Mayo駅、Bolivar駅、Peru駅、Catedral駅からすぐ。5月広場となり。
  • カフェ・トルトーニ:おしゃれなカフェが立ち並ぶブエノスアイレスの中でも一番古いカフェ・トルトーニ。有名人が数多く愛したこのカフェは夜になるとジャズやタンゴショーなど違う顔を見せてくれる人気スポットです。
    住所:Avenida de Mayo 825
    TEL:(54-11) 4342-4328
    営業時間:月~土 8:00~27:00、日 8:00~26:00
    定休日:なし
    アクセス:地下鉄Piedras駅すぐ
  • 国立美術館:国内外の芸術家の作品が1万点以上展示されています。中世以降から近代までのヨーロッパ作品が多く、マネ、シャガール、ゴッホ、ピカソなど世界的に有名なアーティストの作品を楽しむことができます。
    住所:Av. Del Libertador 1473
    TEL:5288-9900
    営業時間:火~金 12:30~20:30、土日祝 9:30~20:30 定休日:月曜日
    料金:無料
    アクセス:地下鉄Callao駅から徒歩約15分。レコレータ墓地よりすぐ
  • レコレータ墓地:1882年に開設されたブエノスアイレスで一番古い墓地。彫刻がとても美しく一部は国の文化財にも登録されています。世界的に見てもとても有名な墓地です。大統領やエビータの墓があることで知られています。
    住所:Av. Quintana y Junin
    TEL:(54-11) 4803-1594
    営業時間:7:00~17:45 定休日:なし
    料金:無料
    アクセス:地下鉄Callao駅から徒歩約15分
  • エビータ博物館:貧しい少女時代からファーストレディになったエビータで親しまれるマリア・エバ・ドゥアルテ・デ・ペロンの博物館。少女時代から、女優、大統領夫人へと波乱の生涯を写真や書籍から知ることができます。
    住所:Lafinur 2988
    TEL:4807-0306
    営業時間:火~日 11:00~19:00 定休日:月曜日
    料金:一般15ペソ(ガイド付は25ペソ)、学生5ペソ(ガイド付は10ペソ)
    アクセス:地下鉄Plaza Italia駅から徒歩5分
  • コロン劇場:イタリアのミラノ・スカラ座やパリのオペラ座と並んで、「世界三大歌劇場」といわれるコロン劇場。世界的にも有名なオペラ、バレエ、オーケストラなど見ることができます。また、劇場内の見学ツアーもありメインホールや舞台製作現場なども見ることができます。
    住所:Cerrito 618
    TEL:(54-11) 4378-7100
    アクセス:地下鉄Tribunales駅すぐ
  • カミニート:この地に生まれた有名な画家キンケラ・マルティンによりペイントされたカラフルな家が立ち並ぶカミニート。彼が建てた幼稚園の2、3階が彼の美術館になっています。南米ならでわの色使いがとても可愛らしく、印象に残る町並みを楽しめます。アクセス:バス、またはタクシーで、5月広場近辺から約10分。
  • ボカ・ジュニアーズ・スタジアム:アルゼンチンサッカーチームの中でも最も人気のあるボカ・ジュニアーズ。試合の日は厳戒態勢で警備が行われて近づけませんが、試合がない日は、スタジアム内を見学できます。
    住所:Brandsen 805
    Tel: (54-11)4362-1100
    URL: http://www.bocajuniors.com.ar/home/sitio
    アクセス:バス、またはタクシーで、5月広場近辺から約10分。カミニートからすぐの場所にありますが、治安があまり良くないのでタクシーでの移動をおすすめします。

アルゼンチンタンゴ

アルゼンチンの下町の貧しい地域で生まれたアルゼンチンタンゴ。今では、さまざまな場所で見ることができます。アルゼンチンタンゴのディナーショーは、少し遅めの8時前後が基本。夜の12時くらいまで楽しめます。

  • バー・スール:タンゲリーアの老舗。数少ない本場で認められた日本人タンゴダンサーも活躍するお店。タンゴショーは毎日20時30分から。
    営業時間:20時から深夜2時まで
    定休日:なし
    住所:Estados Unidos 299
    Tel:4362-6086
  • ラ・ベンタナ:240席もあるタンゲリーアの有名店。良い席は数日前に予約してから行くのが一番。ショー開始時間は22時から。
    営業時間:20時から24時まで
    定休日:なし
    住所:Balcarce 431
    Tel:4331-0217
  • エル・ビエホ・アルマセン:タンゴファンにはお勧めのお店。タンゴショーのみ扱っています。食事と送迎付のセットもあります。ショーは22時から。
    営業時間:22時から24時
    定休日:なし
    住所:Av.Independencia y Balcarce
    Tel4307-7388
  • セニョール・タンゴ:歌やダンスなど一番モダンなタンゴを楽しめます。
    営業時間:20時30分(食事)、22時からタンゴショー
    住所:Vieytes 1655
    TEL:4303-0231
  • エスキーナ・カルロス・ガルデル:タンゴショー専門のお店の中でも有名店。タンゴの神様カルロス・ガルデルの像の前にあります。
    営業時間:20時30分から24時まで
    定休日:なし
    住所:Carlos Gardel 3200
    TEL:4867-6363
  • タンゴポルテーニョ:モダンなタンゴとクラシックタンゴの両方を楽しめるお店。
    営業時間:8時30分、22時15分からタンゴショー
    住所:Cerrito 570
    TEL: 4124-9400

ブエノスアイレスへの行き方

ブエノスアイレスには、エセイサ国際空港と主に国内線が発着するホルヘ・ニューベリー(アエロパルケ)空港があります。エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内まで約15km、セントロまで約35kmの距離、ホルヘ・ニューベリー空港からは4kmの場所に位置しています。

エセイサ国際空港から

・レミース:契約車両、ハイヤーのこと。タクシーよりも広々した空間で快適。市内まで$141でおよそ45分。空港カウンターでの支払いなので安心です。
・タクシー:中心地まで高速代金含め約$100おそよ45分。事前に金額の確認が必要です。
・リムジンバス:マヌエル・ティエンダ・レオン社が運行していて$40から$45で所要時間約1時間。
・コレクティーボ:一般路線バス。国会議事堂広場、5月広場を通り旧市街まで約2時間。料金は$2.。

ホルヘ・ニューベリー空港から

・タクシー:市内まで$18~25.
・リムジンバス:$15
・コレクティーボ:約20分、$1.2.

タクシーに関して、夜間料金が22時から6時までかかります。通常5.80ペソが夜間料金になりますと6.90ペソからになります。また、ラジオタクシーご利用の場合メーター数字以外に4から4.50ペソプラスになります。