Project Description

area

アマゾンに浮かぶ、最も上質な空間

快適さを追求して洗練されたデザイン、そしてこだわりぬかれた美しいインテリア。
アマゾン旅行の常識を覆すほどの贅沢な空間で、ゆっくりと親密な時間を過ごしませんか。

特別なアマゾンクルーズ

2011年4月に完成したアリア号は、ペルーのアマゾン川上流を旅する目的で設立されたアクア・エクスペディション社の最新プロダクトです。 ペルートップレベルのインテリアデザイナーによりカスタムデザインを施された最上級のこのリバーボートは、内装はもちろんファサードにも洗練された高級感が統一され、他に類を見ない美しい船に仕上がりました。

2011年4月に完成したアリア号は、ペルーのアマゾン川上流を旅する目的で設立されたアクア・エクスペディション社の最新プロダクトです。
ペルートップレベルのインテリアデザイナーにより、カスタムデザインを施された最上級のリバーボートは、内装はもちろんファサードにも洗練された高級感が統一され、他に類を見ない美しい船に仕上がりました。

M/Vアリア号はペルーアマゾン側流域の港町、イキトスを拠点とするリバークルーズです。
朝焼けの空を極彩色のコンゴウインコやトゥーカンが飛び交い、木の上ではリスザルやホエザル達が餌を求めて気ままに移動し、川面からはピンク色のカワイルカが顔をのぞかせる。そんな大自然の営みをたっぷりと堪能しつつ、上質な快適さを追求した極上のクルーザーで旅をする、夢の様なリバークルーズに参加してみませんか?
参加者は、アマゾン川とその上流の支流にあたるマラニョン川、ウカヤリ川を遡る7日間のクルーズで、手付かずのアマゾン流域を探索します。
人里離れたジャングル奥深いアマゾン川の源流で、場違いな程に贅沢なサービスを受けられる、水に浮かんだ異質な空間。人が、アマゾン旅行に期待をし求めるもの以上の体験がそこにあります。

日本人旅行者にはまだ殆ど知られていない、奥深き南米旅行に、オンリーワン・トラベルがお連れいたします。

イキトスについて

アリア号の発着拠点イキトスは、ペルー北東部にあるアマゾン川流域の町です。
船か飛行機でしか行けないため、「陸路ではいけない世界最大の街」と呼ばれています。
日本からは米国経由でリマまで飛び、リマ乗り換えでイキトスへ入ります。
イキトスを出発するアリア号は、7日かけてアマゾン川上流パカヤ国立公園を区分する支流ウカヤリ川とマラニョン川をさかのぼります。

M/Vアリア号概要

★★★★★
全16室
23平米
全部屋外向きパノラマウィンドウ
うち4部屋は相互繋がるスイートにもなります。
ホットシャワー24時間使用可能
室内空調完備
エクササイズルーム、ジャクジー、ハウスワイン・ビール・ノンアルコール飲料無料、国立公園入場料含む、空港送迎
  • 長さ:45 m
  • ビーム:9 m
  • ドラフト: 1.5 m
  • 重量:500 tons
  • クルージングスピード:12 ノット
  • 電圧: 220 ボルト
  • エンジン: 400 HP マリンエンジン2基
  • ジェネレーター: 2 x 135 KVA
  • 水: 9,000㍑水処理プラント搭載
5月〜8月の雨季
 

パッケージツアー日程

高水位期日程 12月〜5月

PM5:15 リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで川埠頭まで短時間移動します。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

川から登る朝日を眺めれば、自分が手付かずの美しい大自然の真っ只中にいることを感じさせてくれます。
朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。
朝食後はライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴、そして冷たい水をたくさん積んで、小型ボートに乗り換えたらヤカパナ島へ探検に出かけます。

地元の人がヤカパナ島(イグアナの島)と呼ぶように、この島にはものすごい数のイグアナが住んでいます。アマゾンの人々はイグアナに触るとイグアナの様になってしまうと信じているため、この爬虫類達は自然と保護され繁栄しています。島に上陸して極彩の花や植物、動物などの写真をとった後はガイドと共にピラニア釣りも出来ます。

AM11:45島からアリア号に戻れば冷たいタオルと地元原産の新鮮なカムカムジュースが待っています。リラックスしたり昼寝をする間も船はアマゾン川をさかのぼり続けます。

昼食はエアコンの効いたダイニングルームでペルー風の料理を。

PM4:00ヤラパ川を探検します。小型ボートにのり、グレーとピンクのカワイルカを探します。アマゾンの人々はお祭りになるとこのイルカ達が人間になって村からハンサムな男やかわいい女の子をさらっていってしまうと信じています。
夕日が沈むと、カイマンやカエル、フクロウやカピバラといったまた違う種類の動物が出てくるのでこれらを探します。

PM7:30にはアリア号に戻り美味しいディナーをいただきます。

朝7時の朝食の後、ヤナルパの浸水林を探検します。リスザルやサドルバックタマリン、ナマケモノなどを探します。高水位期には地面が水を覆う森をガイドの説明を聞きながら歩きます。

アリア号に戻り、ランチとシエスタをお楽しみください。

ウカヤリ川へ探検に向かいます。小型ボートに乗り込んで、極彩色のコンゴウインコやオオハシなどの熱帯鳥が飛び交う川を双眼鏡片手にさかのぼり、猿とイルカを探します。そして日が落ちたらカイマン探し。我々のガイドはとても目がいいので暗い水に潜むワニをしばしば手づかみで捕まえることができます。一生の記念になる写真を撮りましょう。

PM7:30 アリア号に戻り、リラックスディナータイム。

アマゾン川の源流となるウカヤリ川とマラニョン川の麓で雄大な朝日を見ながら朝食を取ります。
このエリアでは鳥の種類が豊富で、川沿いへ目をやれば、アジサシやワライハヤブサ、ソライロフウキンチョウ、シギ、インコ、オウムと言ったカラフルな鳥達が歌い朝の探検を盛り上げてくれます。

プエルトミゲル村へ。
川沿いのコミュニティを訪れナチュラリストガイドの通訳でアマゾンに生きる人々と交流します。お土産に民芸品を飼ったり、笑顔の眩しい地元の子達と写真を撮ったりご自由にお過ごしください。

アリア号へ戻る前に、ウカヤリ川とマラニョン川をつなぐ小さな運河を訪れてここに咲く世界一大きな水草、睡蓮科のオオニバスを見ます。

船を発つ前に少し早めの最後のランチを取ります。

PM12:15 船を下船し、イキトスまで1時間半のドライブです。
途中マナティレスキューセンターというマナティ保護施設を見学します。

PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。

低水位期日程 6月〜11月

PM5:15 リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで川埠頭まで短時間移動します。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

川から登る朝日を眺めれば、自分が手付かずの美しい大自然の真っ只中にいることを感じさせてくれます。
朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。
朝食後はライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴、そして冷たい水をたくさん積んで、小型ボートに乗り換えたらヤカパナ島へ探検に出かけます。

地元の人がヤカパナ島(イグアナの島)と呼ぶように、この島にはものすごい数のイグアナが住んでいます。アマゾンの人々はイグアナに触るとイグアナの様になってしまうと信じているため、この爬虫類達は自然と保護され繁栄しています。島に上陸して極彩の花や植物、動物などの写真をとった後はガイドと共にピラ ニア釣りも出来ます。

AM11:45 島からアリア号に戻れば冷たいタオルと地元原産の新鮮なカムカムジュースが待っています。リラックスしたり昼寝をする間も船はアマゾン川をさかのぼり続けます。

昼食はエアコンの効いたダイニングルームでペルー風の料理を。

PM4:00 ヤラパ川を探検します。小型ボートにのり、グレーとピンクのカワイルカを探します。アマゾンの人々はお祭りになるとこのイルカ達が人間になって村からハンサムな男やかわいい女の子をさらっていってしまうと信じています。
夕日が沈むと、カイマンやカエル、フクロウやカピバラといったまた違う種類の動物が出てくるのでこれらを探します。

PM7:30にはアリア号に戻り美味しいディナーをいただきます。

AM6:30からオプショナルツアーで早朝探索。ウカヤリ川の野生動物を観察してから朝食をいただきます。

マドガレナ村までジャングルウォーク。
10家族だけが住むマドガレナ村まで歩いて向かいます。可愛い子ども達と挨拶を交わしたあとはガイドの案内でジャングルを世界一大きな水草、睡蓮科のオオニバスが咲く湖まで歩きます。

AM11:30 アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみください。

午後遅くウカヤリ川へ探検に。
小型ボートに乗り込んで、極彩色のコンゴウインコやオオハシなどの熱帯鳥が飛び交う川を双眼鏡片手にさかのぼり、猿とイルカを探します。そして日が落ちたらカイマン探し。我々のガイドはとても目がいいので暗い水に潜むワニをしばしば手づかみで捕まえることができます。一生の記念になる写真を撮りましょう。

PM7:30 アリア号に戻り美味しい夕食をお楽しみください。

アマゾン川の源流となるウカヤリ川とマラニョン川の麓で雄大な朝日を見ながら朝食を取ります。
このエリアでは鳥の種類が豊富で、川沿いへ目をやれば、アジサシやワライハヤブサ、ソライロフウキンチョウ、シギ、インコ、オウムと言ったカラフルな鳥達が歌い朝の探検を盛り上げてくれます。

プエルトプラド村へ。
川沿いのコミュニティを訪れナチュラリストガイドの通訳でアマゾンに生きる人々と交流します。お土産に民芸品を飼ったり、笑顔の眩しい地元の子達と写真を撮ったりフォークロアを聞いたりできます。

船を発つ前に少し早めの最後のランチを撮ります。

PM12:15 船を下船し、イキトスまで1時間半のドライブです。
途中マナティレスキューセンターというマナティ保護施設を見学します。

PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。

高水位期日程 12月〜5月

リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。
イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで移動します。
ペルーの田舎を1時間半移動し、ナウタ村の埠頭でアリア号がお待ちしております。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

P.M.8:00 夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。

朝食後に小型ボートに乗り換え、ライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴そして水をいっぱい用意して最初の探索に出かけます。
広大なアマゾンの浸水林の中、黒い水の流れをさかのぼりながらガイドが熱帯雨林について説明をしてくれます。葉でトンネルができるような狭い川の流れを行くと、オウムやコンゴウインコ、数種類のサルたちが川岸から現れるのが見られるでしょう。

A.M 11:30 アリア号に戻り昼食。
エアコンの効いたダイニングルームでペルー料理をお召し上がり下さい。

P.M 4:00 ジャングルウォークと村訪問。
ジャングルの中を歩き、そこに住むアマゾンの人々に会いに行きます。ガイドが通訳になりアマゾンの生活を教えてくれます。
食べられる草やフルーツ、または薬になる葉っぱなど多種多様な植物の知識を余すことなく教わることができます。

P.M 7:30 アリア号に戻り、ディナーをお楽しみ下さい。

A.M 7:30 ジャングルの中を歩き、アマゾンで展開される持続可能な資源管理プロジェクトの一端を見学します。
ここでは椰子の木を植え、オイルを作っています。その後さらにジャングルを歩き、アマゾンで最も高く成長するケイポックの木の麓で野生動物を観察します。

正午、アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみ下さい。

午後は猿とイルカ探索です。
まずは川面でグレーのカワイルカとピンクのカワイルカを探します。それからジャングルの樹冠に目を移して13種類いる猿を探しましょう。
ナチュラリストガイドがホエザルやタマリン、ピグミーマーモセットなどの猿をスポットしてくれます。
川ではワニに注意して下さい。そして双眼鏡をいつでも見れるように準備しておけば、200種類の野鳥を見ることができます。
日が暮れてからはサーチライトでカイマン、ボア、タランチュラやカエルを探します。

P.M 7:30 アリア号に戻りディナーです。

A.M 6:30 ヤナヤキロ探索 小型ボートに乗って朝日が出る頃を狙い、オウムやインコ、オオハシその他の野鳥や野生の猿が活動し始めるのを、朝食持参で観察しに行きます。このエリアはイルカ達が小魚を狩りに来る場所なので彼らと一緒に食事を楽しめます。

A.M 11:00 アリア号に戻り川をイキトスへ向け出発します。

昼食後、小型ボートに乗ってチャロ湖へ釣りに出かけます。チャロ湖は3,000種類の熱帯魚が集まるホットスポットです。ガイドに教わりながらルアーでピラニアを狙います。

アリア号に戻ります。その後船はイキトスに向けて夜間航行します。
P.M 7:00 室内ラウンジでアマゾン川の航程やスポットした野生動物の総括を行います。
8時の夕食の後、ガイド以外アリア号の運航に従事しているスタッフの紹介を行います。

朝食後、朝の探索に出かけます。時間と天候が許す限り、アマゾン川に住む人々がどのような暮らしをしているのか、小型ボートでイキトスはベレンのコミュニティを訪れて見学します。高水位期には家もお店も水に浮かぶという暮らしをするコミュニティでお土産などが変えます。
A.M 11:00 アリア号に戻り早めのランチを撮ります。
アリア号をチェックアウトしたら、イキトス空港まで車で移動。
移動ルートの途中、マナティレスキューセンターというマナティの保護施設を訪れます。
PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。

低水位期日程 6月〜11月

リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。
イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで移動します。
ペルーの田舎を1時間半移動し、ナウタ村の埠頭でアリア号がお待ちしております。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

P.M.8:00 夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。

朝食後に小型ボートに乗り換え、ライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴そして水をいっぱい用意して最初の探索に出かけます。
広大なアマゾンの浸水林の中、黒い水の流れをさかのぼりながらガイドが熱帯雨林について説明をしてくれます。葉でトンネルができるような狭い川の流れを行くと、オウムやコンゴウインコ、数種類のサルたちが川岸から現れるのが見られるでしょう。

A.M 11:30 アリア号に戻り昼食。
エアコンの効いたダイニングルームでペルー料理をお召し上がり下さい。

P.M 4:00 ジャングルウォークと村訪問。
ジャングルの中を歩き、そこに住むアマゾンの人々に会いに行きます。ガイドが通訳になりアマゾンの生活を教えてくれます。
食べられる草やフルーツ、または薬になる葉っぱなど多種多様な植物の知識を余すことなく教わることができます。

P.M 7:30 アリア号に戻り、ディナーをお楽しみ下さい。

A.M 7:30 ジャングルの中を歩き、アマゾンで展開される持続可能な資源管理プロジェクトの一端を見学します。
ここでは椰子の木を植え、オイルを作っています。その後さらにジャングルを歩き、アマゾンで最も高く成長するケイポックの木の麓で野生動物を観察します。

正午、アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみ下さい。

午後は猿とイルカ探索です。
まずは川面でグレーのカワイルカとピンクのカワイルカを探します。それからジャングルの樹冠に目を移して13種類いる猿を探しましょう。
ナチュラリストガイドがホエザルやタマリン、ピグミーマーモセットなどの猿をスポットしてくれます。
川ではワニに注意して下さい。そして双眼鏡をいつでも見れるように準備しておけば、200種類の野鳥を見ることができます。
日が暮れてからはサーチライトでカイマン、ボア、タランチュラやカエルを探します。

P.M 7:30 アリア号に戻りディナーです。

A.M 6:30 ヤナヤキロ探索 小型ボートに乗って朝日が出る頃を狙い、オウムやインコ、オオハシその他の野鳥や野生の猿(今まで見たことのない”サプライズ”種もいます)が活動し始めるのを、朝食持参で観察しに行きます。このエリアはイルカ達が小魚を狩りに来る場所なので彼らと一緒に食事を楽しめます。

A.M 11:00 アリア号に戻り川をイキトスへ向け出発します。

昼食後、小型ボートに乗ってチャロ湖へ釣りに出かけます。チャロ湖は3,000種類の熱帯魚が集まるホットスポットです。ガイドに教わりながらルアーでピラニアを狙います。

アリア号に戻ります。その後船はイキトスに向けて夜間航行します。
P.M 7:00 室内ラウンジでアマゾン川の航程やスポットした野生動物の総括を行います。
8時の夕食の後、ガイド以外アリア号の運航に従事しているスタッフの紹介を行います。

朝食後、朝の探索に出かけます。時間と天候が許す限り、アマゾン川に住む人々がどのような暮らしをしているのか、小型ボートでイキトスはベレンのコミュニティを訪れて見学します。高水位期には家もお店も水に浮かぶという暮らしをするコミュニティでお土産などが変えます。
A.M 11:00 アリア号に戻り早めのランチを撮ります。
アリア号をチェックアウトしたら、イキトス空港まで車で移動。
移動ルートの途中、マナティレスキューセンターというマナティの保護施設を訪れます。
PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。


高水位期日程 12月〜5月

PM5:15 リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで川埠頭まで短時間移動します。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

川から登る朝日を眺めれば、自分が手付かずの美しい大自然の真っ只中にいることを感じさせてくれます。
朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。
朝食後はライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴、そして冷たい水をたくさん積んで、小型ボートに乗り換えたらヤカパナ島へ探検に出かけます。

地元の人がヤカパナ島(イグアナの島)と呼ぶように、この島にはものすごい数のイグアナが住んでいます。アマゾンの人々はイグアナに触るとイグアナの様になってしまうと信じているため、この爬虫類達は自然と保護され繁栄しています。島に上陸して極彩の花や植物、動物などの写真をとった後はガイドと共にピラニア釣りも出来ます。

AM11:45島からアリア号に戻れば冷たいタオルと地元原産の新鮮なカムカムジュースが待っています。リラックスしたり昼寝をする間も船はアマゾン川をさかのぼり続けます。

昼食はエアコンの効いたダイニングルームでペルー風の料理を。

PM4:00ヤラパ川を探検します。小型ボートにのり、グレーとピンクのカワイルカを探します。アマゾンの人々はお祭りになるとこのイルカ達が人間になって村からハンサムな男やかわいい女の子をさらっていってしまうと信じています。
夕日が沈むと、カイマンやカエル、フクロウやカピバラといったまた違う種類の動物が出てくるのでこれらを探します。

PM7:30にはアリア号に戻り美味しいディナーをいただきます。

朝7時の朝食の後、ヤナルパの浸水林を探検します。リスザルやサドルバックタマリン、ナマケモノなどを探します。高水位期には地面が水を覆う森をガイドの説明を聞きながら歩きます。

アリア号に戻り、ランチとシエスタをお楽しみください。

ウカヤリ川へ探検に向かいます。小型ボートに乗り込んで、極彩色のコンゴウインコやオオハシなどの熱帯鳥が飛び交う川を双眼鏡片手にさかのぼり、猿とイルカを探します。そして日が落ちたらカイマン探し。我々のガイドはとても目がいいので暗い水に潜むワニをしばしば手づかみで捕まえることができます。一生の記念になる写真を撮りましょう。

PM7:30 アリア号に戻り、リラックスディナータイム。

アマゾン川の源流となるウカヤリ川とマラニョン川の麓で雄大な朝日を見ながら朝食を取ります。
このエリアでは鳥の種類が豊富で、川沿いへ目をやれば、アジサシやワライハヤブサ、ソライロフウキンチョウ、シギ、インコ、オウムと言ったカラフルな鳥達が歌い朝の探検を盛り上げてくれます。

プエルトミゲル村へ。
川沿いのコミュニティを訪れナチュラリストガイドの通訳でアマゾンに生きる人々と交流します。お土産に民芸品を飼ったり、笑顔の眩しい地元の子達と写真を撮ったりご自由にお過ごしください。

アリア号へ戻る前に、ウカヤリ川とマラニョン川をつなぐ小さな運河を訪れてここに咲く世界一大きな水草、睡蓮科のオオニバスを見ます。

11:40にランチをとって3日間ツアーの参加者とお別れです。

午後の探索はナウタ・カーニョへ。
パカヤ・サミリア保護区のナウタ・カーニョは鏡の森と呼ばれており、黒光る水が湛える湖になっています。
我々のガイドが野生のオオハシやインコ、イグアナ、ナマケモノや猿などを見つけてくれます。
アリア号に帰る頃には美しい夕日がこの黒く輝く湖を照らすでしょう。

アリア号には6時に帰還し、夕食を取ります。
4日間ツアー参加者と合流し新しい冒険が始まります。

朝食後に小型ボートに乗り換え、ライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴そして水をいっぱい用意して最初の探索に出かけます。
広大なアマゾンの浸水林の中、黒い水の流れをさかのぼりながらガイドが熱帯雨林について説明をしてくれます。葉でトンネルができるような狭い川の流れを行くと、オウムやコンゴウインコ、数種類のサルたちが川岸から現れるのが見られるでしょう。

A.M 11:30 アリア号に戻り昼食。
エアコンの効いたダイニングルームでペルー料理をお召し上がり下さい。

P.M 4:00 ジャングルウォークと村訪問。
ジャングルの中を歩き、そこに住むアマゾンの人々に会いに行きます。ガイドが通訳になりアマゾンの生活を教えてくれます。
食べられる草やフルーツ、または薬になる葉っぱなど多種多様な植物の知識を余すことなく教わることができます。

P.M 7:30 アリア号に戻り、ディナーをお楽しみ下さい。

A.M 7:30 ジャングルの中を歩き、アマゾンで展開される持続可能な資源管理プロジェクトの一端を見学します。
ここでは椰子の木を植え、オイルを作っています。その後さらにジャングルを歩き、アマゾンで最も高く成長するケイポックの木の麓で野生動物を観察します。

正午、アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみ下さい。

午後は猿とイルカ探索です。
まずは川面でグレーのカワイルカとピンクのカワイルカを探します。それからジャングルの樹冠に目を移して13種類いる猿を探しましょう。
ナチュラリストガイドがホエザルやタマリン、ピグミーマーモセットなどの猿をスポットしてくれます。
川ではワニに注意して下さい。そして双眼鏡をいつでも見れるように準備しておけば、200種類の野鳥を見ることができます。
日が暮れてからはサーチライトでカイマン、ボア、タランチュラやカエルを探します。

P.M 7:30 アリア号に戻りディナーです。

A.M 6:30 ヤナヤキロ探索 小型ボートに乗って朝日が出る頃を狙い、オウムやインコ、オオハシその他の野鳥や野生の猿(今まで見たことのない”サプライズ”種もいます)が活動し始めるのを、朝食持参で観察しに行きます。このエリアはイルカ達が小魚を狩りに来る場所なので彼らと一緒に食事を楽しめます。

A.M 11:00 アリア号に戻り川をイキトスへ向け出発します。

昼食後、小型ボートに乗ってチャロ湖へ釣りに出かけます。チャロ湖は3,000種類の熱帯魚が集まるホットスポットです。ガイドに教わりながらルアーでピラニアを狙います。

アリア号に戻ります。その後船はイキトスに向けて夜間航行します。
P.M 7:00 室内ラウンジでアマゾン川の航程やスポットした野生動物の総括を行います。
8時の夕食の後、ガイド以外アリア号の運航に従事しているスタッフの紹介を行います。

朝食後、朝の探索に出かけます。時間と天候が許す限り、アマゾン川に住む人々がどのような暮らしをしているのか、小型ボートでイキトスはベレンのコミュニティを訪れて見学します。高水位期には家もお店も水に浮かぶという暮らしをするコミュニティでお土産などが変えます。
A.M 11:00 アリア号に戻り早めのランチを撮ります。
アリア号をチェックアウトしたら、イキトス空港まで車で移動。
移動ルートの途中、マナティレスキューセンターというマナティの保護施設を訪れます。
PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。

低水位期日程 6月〜11月

PM5:15 リマより1時間25分のフライトでペルーアマゾンの中心地イキトスに到着します。イキトス国際空港にてガイドがお待ちしておりますので、ポーターに荷物を渡し、エアコンの効いたメルセデスバスで川埠頭まで短時間移動します。

アリア号に乗り込み、チェックイン。
荷物をお部屋に置いたら出発です。オブザベーションデッキに登ってリラックスしたら、クルーズはイキトスの街を離れこれから数日間のアドベンチャー旅行の始まりです。これから3日間にかけてアマゾン川の支流及び世界中でもほんの少数の旅行者しか訪れたことのないアマゾン僻地への航程を旅します。

夕食前に安全ドリルとブリーフィングをオブザベーションデッキで行います。
まず、規則で決められた船の安全ドリルが終ったら次にエアコンの効いた室内ラウンジでクルーズディレクターとナチュラリストガイドによる最初のブリーフィングを行います。

夕食はリマで最高ランクのレストランを持つ一流シェフが創りだす地元の食材を使ったアマゾン風創作料理ウェルカムディナーです。特別な食事をご所望の場合にもお応えしますので事前にお伝え下さい。
我々のソムリエが厳選した南米原産のワインと共に旅に食事の喜びを彩ります。
夕食後はオブザベーションデッキでカクテルを飲みながら星座を数えたり、ジャングルでの緩やかな時間をお過ごしください。

川から登る朝日を眺めれば、自分が手付かずの美しい大自然の真っ只中にいることを感じさせてくれます。
朝食はビュッフェスタイルです。幅広いセレクションからお好きな食事をお選びください。特にここでしか味わえないトロピカルフルーツのジュースはオススメです。
朝食後はライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴、そして冷たい水をたくさん積んで、小型ボートに乗り換えたらヤカパナ島へ探検に出かけます。

地元の人がヤカパナ島(イグアナの島)と呼ぶように、この島にはものすごい数のイグアナが住んでいます。アマゾンの人々はイグアナに触るとイグアナの様になってしまうと信じているため、この爬虫類達は自然と保護され繁栄しています。島に上陸して極彩の花や植物、動物などの写真をとった後はガイドと共にピラ ニア釣りも出来ます。

AM11:45 島からアリア号に戻れば冷たいタオルと地元原産の新鮮なカムカムジュースが待っています。リラックスしたり昼寝をする間も船はアマゾン川をさかのぼり続けます。

昼食はエアコンの効いたダイニングルームでペルー風の料理を。

PM4:00 ヤラパ川を探検します。小型ボートにのり、グレーとピンクのカワイルカを探します。アマゾンの人々はお祭りになるとこのイルカ達が人間になって村からハンサムな男やかわいい女の子をさらっていってしまうと信じています。
夕日が沈むと、カイマンやカエル、フクロウやカピバラといったまた違う種類の動物が出てくるのでこれらを探します。

PM7:30にはアリア号に戻り美味しいディナーをいただきます。

AM6:30からオプショナルツアーで早朝探索。ウカヤリ川の野生動物を観察してから朝食をいただきます。

マドガレナ村までジャングルウォーク。
10家族だけが住むマドガレナ村まで歩いて向かいます。可愛い子ども達と挨拶を交わしたあとはガイドの案内でジャングルを世界一大きな水草、睡蓮科のオオニバスが咲く湖まで歩きます。

AM11:30 アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみください。

午後遅くウカヤリ川へ探検に。
小型ボートに乗り込んで、極彩色のコンゴウインコやオオハシなどの熱帯鳥が飛び交う川を双眼鏡片手にさかのぼり、猿とイルカを探します。そして日が落ちたらカイマン探し。我々のガイドはとても目がいいので暗い水に潜むワニをしばしば手づかみで捕まえることができます。一生の記念になる写真を撮りましょう。

PM7:30 アリア号に戻り美味しい夕食をお楽しみください。

アマゾン川の源流となるウカヤリ川とマラニョン川の麓で雄大な朝日を見ながら朝食を取ります。
このエリアでは鳥の種類が豊富で、川沿いへ目をやれば、アジサシやワライハヤブサ、ソライロフウキンチョウ、シギ、インコ、オウムと言ったカラフルな鳥達が歌い朝の探検を盛り上げてくれます。

プエルトプラド村へ。
川沿いのコミュニティを訪れナチュラリストガイドの通訳でアマゾンに生きる人々と交流します。お土産に民芸品を飼ったり、笑顔の眩しい地元の子達と写真を撮ったりフォークロアを聞いたりできます。

11:40にランチをとって3日間ツアーの参加者とお別れです。

午後の探索はナウタ・カーニョへ。
パカヤ・サミリア保護区のナウタ・カーニョは鏡の森と呼ばれており、黒光る水が湛える湖になっています。
我々のガイドが野生のオオハシやインコ、イグアナ、ナマケモノや猿などを見つけてくれます。
アリア号に帰る頃には美しい夕日がこの黒く輝く湖を照らすでしょう。

アリア号には6時に帰還し、夕食を取ります。
4日間ツアー参加者と合流し新しい冒険が始まります。

朝食後に小型ボートに乗り換え、ライフジャケット、ポンチョ、ゴム長靴そして水をいっぱい用意して最初の探索に出かけます。
広大なアマゾンの浸水林の中、黒い水の流れをさかのぼりながらガイドが熱帯雨林について説明をしてくれます。葉でトンネルができるような狭い川の流れを行くと、オウムやコンゴウインコ、数種類のサルたちが川岸から現れるのが見られるでしょう。

A.M 11:30 アリア号に戻り昼食。
エアコンの効いたダイニングルームでペルー料理をお召し上がり下さい。

P.M 4:00 ジャングルウォークと村訪問。
ジャングルの中を歩き、そこに住むアマゾンの人々に会いに行きます。ガイドが通訳になりアマゾンの生活を教えてくれます。
食べられる草やフルーツ、または薬になる葉っぱなど多種多様な植物の知識を余すことなく教わることができます。

P.M 7:30 アリア号に戻り、ディナーをお楽しみ下さい。

A.M 7:30 ジャングルの中を歩き、アマゾンで展開される持続可能な資源管理プロジェクトの一端を見学します。
ここでは椰子の木を植え、オイルを作っています。その後さらにジャングルを歩き、アマゾンで最も高く成長するケイポックの木の麓で野生動物を観察します。

正午、アリア号に戻りランチとシエスタをお楽しみ下さい。

午後は猿とイルカ探索です。
まずは川面でグレーのカワイルカとピンクのカワイルカを探します。それからジャングルの樹冠に目を移して13種類いる猿を探しましょう。
ナチュラリストガイドがホエザルやタマリン、ピグミーマーモセットなどの猿をスポットしてくれます。
川ではワニに注意して下さい。そして双眼鏡をいつでも見れるように準備しておけば、200種類の野鳥を見ることができます。
日が暮れてからはサーチライトでカイマン、ボア、タランチュラやカエルを探します。

P.M 7:30 アリア号に戻りディナーです。

A.M 6:30 ヤナヤキロ探索 小型ボートに乗って朝日が出る頃を狙い、オウムやインコ、オオハシその他の野鳥や野生の猿(今まで見たことのない”サプライズ”種もいます)が活動し始めるのを、朝食持参で観察しに行きます。このエリアはイルカ達が小魚を狩りに来る場所なので彼らと一緒に食事を楽しめます。

A.M 11:00 アリア号に戻り川をイキトスへ向け出発します。

昼食後、小型ボートに乗ってチャロ湖へ釣りに出かけます。チャロ湖は3,000種類の熱帯魚が集まるホットスポットです。ガイドに教わりながらルアーでピラニアを狙います。

アリア号に戻ります。その後船はイキトスに向けて夜間航行します。
P.M 7:00 室内ラウンジでアマゾン川の航程やスポットした野生動物の総括を行います。
8時の夕食の後、ガイド以外アリア号の運航に従事しているスタッフの紹介を行います。

朝食後、朝の探索に出かけます。時間と天候が許す限り、アマゾン川に住む人々がどのような暮らしをしているのか、小型ボートでイキトスはベレンのコミュニティを訪れて見学します。高水位期には家もお店も水に浮かぶという暮らしをするコミュニティでお土産などが変えます。
A.M 11:00 アリア号に戻り早めのランチを撮ります。
アリア号をチェックアウトしたら、イキトス空港まで車で移動。
移動ルートの途中、マナティレスキューセンターというマナティの保護施設を訪れます。
PM4:30 イキトス国際空港にてガイドがリマ行き飛行機のチェックインのお手伝いをします。

パッケージ料金

3泊4日 ファーストデッキ

$3000
  • セカンドデッキ
    $3,150

4泊5日 ファーストデッキ

$4000
  • セカンドデッキ
    $4,200

7泊8日 ファーストデッキ

$7000
  • セカンドデッキ
    $7,350
その他 子供料金:20%off エクストラベッド:20%off シングルユース:25%追加

このホテルに宿泊ご希望の方は下記フォームよりお問い合わせください。

お名前

お名前 ローマ字

メールアドレス 

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください

 Web検索 友人・知人から TV番組で 地球の歩き方 Off Season その他

お客様人数

ご希望出発日

航空券手配について
 希望する 希望しない

旅行可能日数

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。