ベネズエラ旅行情報

危険度
幸福度
PPP
原油埋蔵
外務省による海外渡航情報より。4が最大。ベネズエラは1・2
地球幸福度指数。ベネズエラは143カ国中36位(2009年)
一人あたり購買力平価。ベネズエラは11,829ドルで179カ国中69位(2010年)
ベネズエラは中東諸国を抜き原油埋蔵量で世界一です。輸出収入の95%を原油に依存しています。
ベネズエラは、南米大陸の北に位置する国で、西にコロンビア、東にガイアナ、南にブラジルに囲まれたカリブに面した国です。

日本の約2.5倍の面積があり、国土全体が熱帯圏に含まれている人口2858万人の国です。

首都は北部に位置するカラカスで、公用語はスペイン語を使用しています。

気候は雨季と乾季に分かれていて、カラカス付近の中央平原は4月から10月が雨季で、11月から3月が乾季になり南部のギアナ高地は年間通して降水量が多い地域になります。

世界最後の秘境と呼ばれているカナイマ国立公園・ギアナ高地は、ベネズエラ国内はもとより南米の中でも最も人気のある観光地の一つとなっています。その中でも世界最大の落差を誇るエンジェルフォールはベネズエラ観光のハイライトとなっており、見逃せないポイントです。

その他に、カリブ海のロス・ロケス、ジャングルの入り口オリノコデルタ、野生動物の宝庫ロス・ジャノスなど美しく豊かな自然に満ち溢れています。

ボリーバルフェルテ

日本円からボリーバルフェルテへの両替はできません。USドルからの両替は持っていくと手数料なしで両替が可能です。銀行での両替は一般的ではなく、空港内の両替所またはカラカス市内での両替になります。

旅行会社、空港、ホテルでの両替が一般的です。両替する場所によりレートがことなります。
チップの習慣があります。ポーターへのチップは荷物1つあたりUS1ドル程、食事の際は会計の10%程をウェイターへのチップとすると喜ばれます。
日本との時差は-13.5時間です。日本が正午の時、ベネズエラは前日の午後10時半になります。(サマータイムは実施していません)
120ボルト、60ヘルツ、プラグは日本と同じタイプを使用しています。
水道水は直接飲むことができません。ボトルウォーターを飲用して下さい。
アレパ(とうもろこしの粉を練って焼いたもの)に様々な具を挟んだものが有名です。1個あたり、BFS60程です。

日本からかける際は+58を番号の前に付けダイヤルをします。ベネズエラ国内では記載している電話番号を直接ダイヤルします。

文化遺産

  • コロとその港 – (1993年)
  • カラカスの大学都市 – (2000年)

自然遺産

  • カナイマ国立公園 – (1994年)

ベネズエラには落差世界一の滝エンジェル・フォールを擁するギアナ高地や、動植物の宝庫ロス・リャノス、そして広大なオリノコデルタ、さらには美しいビーチリゾートのカリブ海エリアといった観光地があります。

それぞれ別ページで詳しく説明しています。下のリンクからどうぞ

angelfall

ギアナ高地・エンジェルフォール

orinocothumb

オリノコ・デルタ

オリノコ・デルタ詳細ページ

losllanosthumb

ロス・リャノス

ロス・リャノス詳細ページ

ベネズエラの行き方

日本からベネズエラまでの直行便はなく、アメリカを経由するのが一般的です。(ニューヨーク、アトランタ、シカゴ、ヒューストンなど)デルタ航空、アメリカン航空、コンチネンタル航空などが運航していて所要時間は約20時間から25時間です。

シモンボリーバル国際空港はカラカス市内の北部に位置していて、空港から市内まではタクシー約40分、シャトルバスターミナルからミニバスでセントラル公園まで約40分になります。

空港内にはレストラン、カフェ、お土産物屋などが充実しています。

国内線利用の際は頻繁にゲートの変更、出発時刻の変更がありますので十分に注意を払って下さい。

観光目的で90日以内であればビザは不要です。パスポート残存有効期限は6ヶ月以上と滞在日数の合計日数以上が必要です。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際はESTAが必要となります。】

◆ESTA(エスタ)

ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければなりません。申請は渡航の 72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行なってください。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をロー マ字で入力す る。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済できます。

平均して気温は20度前後と温かく、夜も過ごしやすいので夏服でなどで大丈夫ですが、高地ではやはり気温の差がありますので羽織るものを準備することが最適です。ギアナ高地では天候が変わりやすいので雨具やレインコートなどの準備が必要です。ロス・ロケス島などのカリブではとても日差しが強く特にここでは日陰になるような場所がないためサングラス、日焼け止めなどは持参するのが好ましいです。

  • フリースやウールのジャケット
  • 水着
  • レインコートやポンチョ
  • 動きやすいシューズ
  • サンダル
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 虫除け・虫刺されの薬
  • 帽子/日傘
  • カメラ、双眼鏡
  • 軽量の長袖の服

在ベネズエラ日本大使館

住所・連絡先

Torre Digitel, Piso 9, Av. Don Eugenio Mendoza con Esquina Calle Miranda,

Urb. La Castellana, Municipio Chacao, Estado Miranda

電話: (58) 212-2623435

Fax: (58)212-2623484

http://www.ve.emb-japan.go.jp/

開館時間・休館日

月~金曜日(休館日を除く) 8:30~12:00、13:00~16:00

ベネズエラへ行くツアー