セントマーチン島・アンギラ島の旅行情報
Saint Martin and Anguilla

「フレンドリーアイランド」と呼ばれるセントマーチン島。
オランダとフランスで領土を分け合う多人種国家のこの島では、私たちをいつでも笑顔と音楽で迎えてくれます。
セントマーチン島から船で約30分、スペイン語で「ウナギ」を意味するアンギラ島。
この美しいリゾート地は、まさにカリブ海の楽園です。

セントマーチン島・アンギラ島の概要とベストシーズン

セントマーチン島は、オランダとフランスで領土を分け合う島です。島の中央にフランスとオランダの国境線が走っており、現地では基本的にフランス領側(フレンチ・サイド French Side)をフランス語でサン・マルタン、オランダ領側(ダッチ・サイド Dutch Side)をオランダ語でシント・マールテンと呼び分けています。面積で言うと、おおむねフランス:オランダ=4:3の比となっています。88k㎡の小国ながら、120以上もの国籍が集まる人種の坩堝で、外国籍の人々を積極的に受け入れる土俵があります。

イギリス領であるアンギラ島は、島の形がウナギに似ていることから命名されました。アンギラの海は透明度が高く、その美しさからカリブベストビーチにも選出されたことがあります。

ベストシーズンは乾季の1月から3月

海洋性熱帯気候で、一年中温暖です。5月から11月は雨季で、1月~3月頃が雨が少なく、セントマーチン島・アンギラ島のベストシーズンです。
また7月~10月はハリケーンの発生もたびたびあり、できれば避けた方がベター。この時期に訪れる際は、ハリケーン情報を確認し、暴風雨にそなえ防水衣服を準備するなどの注意を払いましょう。

セントマーチン島とアンギラ島は、カリブ海の東端から東南端にかけて分布する小アンティル諸島に位置します。

セントマーチン島の見どころ


マホビーチ
Maho Beach

世界一危険なビーチ

マホビーチ

飛行機が頭上すれすれを通過する瞬間を体験できることで、「世界一危険なビーチ」としてメディアに取り上げられたマホビーチ。飛行機から放出される大量のエネルギー「ジェットブラスト」の威力には誰もが圧巻でしょう。北米からの便が集中するお昼過ぎが狙い目です。航空ファンも多く、普通のアトラクションには満足できないあなたにおすすめのスポットです。プリンセスジュリアナ国際空港のランウェイの西端に位置し、フィリップスバーグから行くならバスかタクシー利用、マリゴからはタクシー利用になります。

フィリップスブルフ
Philipsburg

オランダ風の町並み

フィリップスブルフ

島の東南部、グレート・ベイに面した港町で、オランダ領の首府。パステル色の家々が立ち並び、異国情緒豊かな町で、ショッピングやナイトライフも充実しています。海岸に一番近いフロントストリートは、免税店が立ち並ぶショッピングエリア。カリブ海産のグアバベリーをラム酒に漬けたラムリキュールの老舗「グアバベリー・エンポリウム」もここにあります。グアバベリー・コラーダを味わうならカクテルバーがお勧め。グレートベイの海に面したホーランドハウスビーチホテルのオーシャンラウンジでは、広々としたオープンテラスで生演奏を聴くことができます。

マリゴ
Marigot

フランス的上品さが漂う町

マリゴ

島の西側、マリゴ湾(baie de Marigot)に面した港町で、フランス領の首府。
マリゴ湾沿いに立ち並ぶレストランでは、本格的なフレンチ料理を堪能できます。街の中心部では週末になるとマーケットが開催され、カリブらしいカラフルな民芸品やアクセサリーなどを見つけることができます。同時に隣で開催される食料品市場は、魚などを買いに来る地元の人々で賑わいます。またマリゴ中心のストリートには高級ブランド品店や免税店が立ち並び、フランスを思わせる上品さが漂います。海沿いの高台にある要塞フォート・サン・ルイからの眺めは素晴らしいです。

島はおおむね山がちな地形であり、起伏に富んだ丘や入り江が多くあります。また、砂州が発達し、多くの潟湖を擁しています。島の中央部に山塊があり、最高峰はフランス領側にあるピク・パラディ(424m)。西部には、カリブ海最大の潟湖であるシンプソン・ベイ・ラグーン (Simpson Bay Lagoon) が広がっており、周辺はリゾート地帯となっています。

ユーロ(国際通貨コードEU€)1EU€=132円(2015年12月現在)、アメリカドルも使用可能。
空港、ホテル、銀行にて両替可能。ほとんどのレストラン、ホテルでクレジットカードが利用でき、ATMも多いです。フランス側ではユーロの方が好まれますが、ドルでも問題はありません。
【レストラン】サービス料が含まれている場合がほとんど。マナー程度で10%~20%。気持ちでチップを渡す程度。
【ホテル】ポーターにはUS$1ぐらい、そのほか特別な用事を頼んだ場合もチップを渡す。
【タクシー】運転手にはUS$1~。大きな荷物1個につきUS$1程度。
日本より13時間遅れています。サマータイム期間は、12時間の時差。
電圧・周波数は110/220V(ボルト)、60Hz(ヘルツ)です。電源プラグは平型の2ピンタイプ(Aタイプ<日本と同じ>)と3ピンタイプが使われています。
水はそのまま飲まない方が良いでしょう。氷も注意。安全のためにミネラルウォーターを購入したほうがいいです。ミネラルウォーターはスーパーや雑貨店で簡単に購入できます。
国番号はオランダが+599、フランスが+590。南北間の電話は国際電話扱いになります。電話はホテルや公衆電話からかけられ、Wi-Fiが使えるホテルや飲食店があります。
フレンチサイドではフランス料理が主流。カジュアルなフレンチから高級フレンチまで揃っています。ダッチサイドではアメリカンスタイルのレストランが目立ちます。
人種のルツボと言われるセントマーチン島。人口の多くがアフリカ系ですが、近隣の島、フランス、オランダ、アメリカ、インド、中国、フィリピンからの移民も増えています。
今のところありません。
【ビザ】30日以内の観光ならビザは不要。ツーリストカード必要。パスポートの残存期間は帰国時以上。(アメリカ経由で中南米へ渡航する場合は事前にESTAの申請取得が必要。)
特に必要ではありません。
虫よけスプレー、虫刺されの薬、胃薬、整腸剤、水着、サングラス、カメラ
アンギラはサンゴ礁からなる平坦な地形の島で、周囲には美しいビーチが多数あります。付近にある、スクラブ島、ドッグ島、プリックリー・ペア諸島、シール島、サンデー島、アンギリータ島といった小島もアンギラに含まれます。アンギラから、北48Kmにあるソンブレロ島はアンギラに属するイギリス領です。

東カリブドル(国際通貨コードXCD)、イギリスポンド(国際通貨コードUK£)1£=182円(2015年12月現在)、アメリカドル(国際通貨コードUS$)1US$=122円(2015年12月現在)
アンギラの船着場、入国審査をしたところに両替所がありますが、そこ以外に両替ができるところを探すのは難しいです。事前にポンドかドルを用意しておく必要があるでしょう。
【レストラン】サービス料が含まれている場合がほとんどですが、15~20%のチップを置くのがマナー。
【ホテル】ポーターにはUS$1ぐらい、そのほか特別な用事を頼んだ場合もチップを渡します。
【タクシー】運転手にはUS$1~。大きな荷物1個につきUS$1程度。
日本より13時間遅れています。サマータイムは採用していません。
電圧は110V-120V、周波数は60Hz。コンセントプラグの形状は日本と同じ(Aタイプ)です。短時間の利用ならそのまま使えますが念のため変圧器を利用したほうが無難です。
一般的には水道水がのめますが、安全のためにミネラルウォーターを購入したほうがいいです。ミネラルウォーターはスーパーや雑貨店で簡単に購入できます。
国番号は1-264。ホテルからかけられます。Wi-Fiが使えるホテルや飲食店があります。
ステューポーク、ジャークチキン、豆の入った炊き込みご飯など。基本的には豚肉、鶏肉、牛肉などの肉類が主食。
アフリカ系86%、ムラート=混血11%、ヨーロッパ系3%、カリブ系インディオ。
今のところありません。
【ビザ】90日以内の観光にはビザは不要で、入国時点でパスポートの残存有効期間が滞在日数以上必要。(アメリカ経由で中南米へ渡航する場合は事前にESTAの申請取得が必要。)
特に必要ではないですが、できれば破傷風と狂犬病、A型肝炎・B型肝炎、田舎への滞在では腸チフスの接種をお勧めいたします。
虫よけスプレー、虫刺されの薬、胃薬、整腸剤、水着、サングラス、酔い止め(船)

セントマーチン島・アンギラ島への行き方


日本からセントマーチン島への直行便はありません。アメリカン航空をはじめとするアメリカ系の航空会社が毎日多数乗り入れしています。
日本からは1~2回の乗り換えで、同日に到着が可能です。(所要16時間~)トロント(カナダ)経由だと21時間、ニューヨーク経由だと最低16時間。ニューヨークから所要3時間45分。
【空港案内】プリンセス・ジュリアナ国際空港(オランダ側)。空港の名称は、オランダ王女ユリアナ(1948年に即位してユリアナ女王となる)に由来します。
アンギラ島へは、セントマーチン島から船で入国することが多く、高速船で20分~30分程度。
セントマーチン島からチャーターフライトもあります。(所要時間約8分。)

セントマーチン島・アンギラ島へ行くツアー