ペルー旅行情報

危険度
幸福度
PPP
鰊・鰯
外務省による海外渡航情報より。都市、観光地でのスリ、強盗などの犯罪が多発しています。要注意。
地球幸福度指数。ペルーは143カ国中28位(2009年)
一人あたり購買力平価。ペルーは9,330ドルで179カ国中84位(2010年)
ペルーはニシン・イワシ類の漁獲量が世界一。世界の約30%を占めています。
ペルーは、エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリとの国境を持ち、コスタ(海岸地帯)、シエラ(山岳地帯)、セルバまたはアマソニア(森林地帯)と3つの地域に分けることができます。

南米で3番目に大きな国になり、面積は128万5216km2で日本の3.4倍もありますが、人口は約3000万人程度です。その国土にはほとんど雨の降らない砂漠あり、標高6000mを越すアンデスの山々あり、未開の自然アマゾンジャングルありと魅力あふれる目的地がたくさんあります。

そして地球上の謎にせまる天空の古代都市マチュピチュや、いまだ解明されないナスカの地上絵、強大なインカ帝国の首都であったクスコの街に見られるインカ文化の名残とスペインによる征服の歴史など、不思議な魅力であなたの冒険心を満足させる旅になること間違いなしです!

ペルーの通貨はヌエボ・ソルNuevoSol(複数形の場合はソーレスSoles)。略号はs/.。ソルの下にセンティモCentimoがあり、100Centimos=s/.1。ソル紙幣はs/.10、20、50、100、200があり、コインはs/.1、2、5と10、20、50Centimosがあります。

1ドル=2.58ヌエボ・ソル(2013年3月:ペルー中銀)

自国通貨ソルとともに、USドルも流通しており使用可能です。ソルからドルへのレート換算は、端数が切り捨てになるため不利となります。

両替は両替所か銀行、ホテルで可能です。(ドル、ユーロからソルへ)基本的には日本円から米ドル又はソルへの両替はできないとお考えください。両替を行う両替商もごくわずかありますが、交換率が非常に悪いのため、米ドル現金を持参することをお勧めします。

チップの習慣はあります。レストランなどサ-ビス料が含まれていない場合の目安は料金の10%程度で、含まれている場合でも気持ち程度のチップを置いてゆくのが通常です。高級ホテルのル-ムチップは1人US$1.00でホテルや空港のポ-タ-US$1.00程度です。

レストランでは基本的に消費税12%とサービス料10%を含んだ料金を表示しているのでチップを渡す必要はありません。サービス料が含まれていない場合には10%程度を目安にお渡しください。

ホテルのポーターに荷物を運んでもらった場合には1ドル程お支払いください。タクシー運転手には基本的にチップは要りません。特別に何かしてもらった場合にのみ小額のチップを渡します。

日本との時差は-14時間です。サマータイムは実施してません。

日本の正午はペルーでの前日の22時にあたります。

電圧は日本と異なる220ボルト、60ヘルツです。プラグは平2つ穴のAタイプ、丸2つ穴のCタイプが主流です。3つ穴SEタイプも使用されており、日本の電化製品を使う時はコンバータとアダプタが必要です。
水道水はうがいをする程度には問題ありませんが、飲用には適しません。ミネラルウォーターをご購入ください。炭酸入り(Con Gas)と炭酸なし(Sin Gas)がありますので、気をつけてください。
アンデスの村々からアマゾンのジャングル地帯、マチュピチュやナスカの地上絵に代表されるプレ・インカやインカ文化の偉大な遺産。地域によって様々な顔を見せるペルーは、食文化もバラエティに富んでいます。

ペルー沿岸では南極からのフンボルト海流によって、多種類の新鮮な魚介類が採れます。更にアンデスで栽培されるジャガイモ、カボチャ、大粒のトウモロコシなどは原産国ならではの美味しさ。ペルーの名物料理といえばなんといっても「セビッチェcebiche」。新鮮な魚介類とレモン汁、クラントロ(香菜)、タマネギ、野菜、香辛料などを混ぜ合わせたもので、さっぱりした味は日本人の味覚にぴったりです。また牛の心臓を串に刺して焼いた「アンティクーチョ」、細切り牛肉とフライドポテトやトマトを炒めた「ロモ・サルタード」もペルーの代表的料理です。

ペルーの国際番号は、511です。

001((国際電話識別番号) + 81(日本の国番号) + 電話番号(市外局番の最初の0をとる。携帯電話も最初の0をとる)) となります。

例:03-7777-7777にかける場合、00181-3-7777-7777となります。

ペルーではインターネットの利用者が急増していますが、普及率は高くありません。そのため、インターネットカフェでのインターネット利用が盛んであり、インターネットカフェが増えています。

ペルー国内の観光客が訪れるような場所には、インターネットカフェが数多くあります。また4つ星や5つ星のホテルや、3つ星の一部ホテルにはビジネスセンターが設けられておりそこでインターネットを利用することができます。

リマやナスカ、マチュピチュなど観光客が多い地域にあるホテルでは、インターネット利用可能なホテルが多いので、ホテルを選ぶ際の一つの目安として考えても良いでしょう。

文化遺産

  • クスコ市街 – (1983年)
  • チャビンの考古遺跡 – (1985年)
  • チャン・チャン遺跡地帯 – (1985年)
  • リマ歴史地区 – (1988年,1991年)
  • ナスカとフマナ平原の地上絵 – (1994年)
  • アレキパ市の歴史地区 – (2000年)
  • 神聖都市カラル=スーペ – (2009年)

自然遺産

  • ワスカラン国立公園 – (1985年)
  • マヌー国立公園 – (1987年)

複合遺産

  • マチュ・ピチュの歴史保護区 – (1983年)
  • リオ・アビセオ国立公園 – (1990年)

インカ帝国発祥の地、チチカカ湖から、インカの首都クスコ、そしてマチュピチュ、さらにはナスカ人の残した謎の地上絵、スペイン統治時代の面影が色濃く残るリマなどなど、ペルーには謎に満ちた魅力的な場所が沢山あります。

観光地をそれぞれ別ページで詳しく説明しています。下のリンクからどうぞ

machu1

マチュピチュ

マチュピチュ詳細ページ

nazca1

ナスカの地上絵

ナスカの地上絵詳細ページ

cuzco

クスコ

クスコ詳細ページ

titicaca

チチカカ湖

チチカカ湖詳細ページ

lima

リマ

リマ詳細ページ

ペルーの行き方

空港コードはLIMです。

HP:LIM空港ホームページ

電話: +511 511竏鈀6055

ホルヘ・チャベス国際空港は、ペルーの首都リマにあるペルー最大の空港(軍民共用空港)で、リマ市街中心部の歴史地区から西北西へ約10km、リマのすぐ近くにある港湾都市カヤオ(Callao)中心部から北東へ約6km、ミラフローレス(Miraflores)から北西へ約14kmの場所に位置しています。空港名は、1910年9月6日に飛行機での高度記録(2652m)を出したホルヘ・チャベス(Jorge Chavez Dartnell、飛行機でのアルプス超えに挑戦し墜落死)に因んだ名称です。

ホルヘ・チャベス国際空港から市内へ行くタクシーは、リムジンタクシー、タクシーグリーン・無認可のタクシーの3種類があり、安心して市内まで移動したい場合は、料金は高くなりますがリムジンタクシーの利用がおすすめです。タクシーグリーンは、空港が認めている公認のタクシーで、グリーンの制服を着た係員が案内しています。無認可のタクシーは、料金が交渉制で、荷物の盗難などのトラブルも多いのでなるべく利用しないほうがいいでしょう。料金は目的地によって異なり、旧市街まで移動した場合、リムジンタクシーはUS$40前後、タクシーグリーンはS/.45前後程度になります。

空港内の専用カウンターで手続きをすれば、シャトルバスで市内まで移動することができます。10~20分ごとに2~3人集まると出発します。

ペルーでの滞在期間が183日を超えない観光目的の場合には、査証(VISA)を取得することなくペルーへ入国できます(滞在期間の延長不可)。ただし、滞在許可日数は入国管理官の判断によりますので、必ずしも183日とは限りません。パスポート残存有効期間は、日本帰国時まであれば基本的に問題ない。しかし、北米を経由する航空便でペルーに入国する場合は、6ヵ月以上の残存有効日数が求められるので、ペルーでの滞在日数プラス6ヵ月以上の残存有効期間が必要です。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際はESTAが必要となります。】

◆ESTA(エスタ)

ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければなりません。申請は渡航の 72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行なってください。日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をロー マ字で入力す る。料金は有料で$14。アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済できます。

生の魚貝類を食べる機会も多いので、A型肝炎ワクチンは特に勧められます。またB型肝炎、破傷風ワクチンも推奨されます。日本から直接ペルーに入国する場合、黄熱病ワクチンの接種は義務付けられていませんが、ペルーから周辺国(ボリビア、ブラジル等)へ入国するに当たっては、黄熱病ワクチンの予防接種済証明書(イエローカード)の提示が必要です。また、イキトスなどのアマゾン地域へ行く場合も黄熱病ワクチンの接種が推奨されます。

在ペルー日本大使館

住所・連絡先

住所 Av.San Felipe 356, Jesus Maria, Lima 11

TEL (02)219-9500(代表)

URL www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

開館時間・休館日

2013年休館日:土曜日・日曜日および次の祝日
1月1日  年始休暇
3月28日  聖木曜日
3月29日  聖金曜日
5月 1日  メーデー
6月24日  農民の日(クスコのみ)
6月29日  聖ペドロとパブロの日
7月28,29日  独立記念日
8月30日  サンタ・ロサの日
10月8日  アンガモス海戦記念日
11月1日  万聖節
12月8日  聖母受胎の日
12月25日  クリスマス
合計13日間

ペルーへ行くツアー