メキシコ合衆国の旅行情報

歴史と不思議の国メキシコへ!

首都はメキシコ・シティ(Ciudad de México)、公用語はスペイン語です。

他にも65の言語が存在する文化人類学的な多様性、マヤやアステカといった古代文明から続く歴史の深さとワイルドウェスト魅力のオンリーワン”メヒコ(México)”へようこそ!

国旗はこれ

国旗はこれ

メキシコ合衆国(Estados Unidos Mexicanos)はアメリカ合衆国と同じく連邦共和制の国家です。
国名の「メキシコ」は、独立戦争の最中の1821年に決定したもので、アステカの言語ナワトル語で「メシトリの地」という意味があります。
メシトリ(メヒクトリとも表記される)とはアステカ族の守護神であり、太陽と戦いと狩猟の神であるウィツィロポチトリの別名で「神に選ばれし者」という意味があり、アステカで最も信仰されたこの【神】の名に場所を表す接尾語「コ」をつけて、この地における国家の独立と繁栄に対する願いを込めてつけられました。

テオティワカン遺跡 太陽のピラミッド

テオティワカン遺跡

地理的には北米アメリカ合衆国の南に位置し、日本の約5倍の国土を擁します。
この土地の由来は古く、紀元前2万年頃の人間が居住した形跡があるといわれています。
先古典期の終わりごろ、メキシコ中央高原のテスココ湖の南方に、円形の大ピラミッドで知られるクィクィルコ、東方にテオティワカンの巨大都市が築かれました。その後も後期マヤおよびアステカのような複数の高度な先住民文明の拠点として繁栄を極めました。
15世紀初頭から続いたアステカ帝国を、16世紀初頭にはスペイン征服者たちが滅ぼします。「新スペイン副王領」が制定され、その後独立する19世紀初頭までの約300年間はペルーと並びスペインの植民地拠点として繁栄しました。

危険度

外務省による海外渡航情報

4が最大。メキシコは

モンテロイ大都市圏、フアレス市などは2。
(2014年)
幸福度

地球幸福度
指数

メキシコは
143カ国中21位
(2006年)
PPP

一人あたり
購買力平価

メキシコは
17,925ドルで
179カ国中66位

(2014年)

世界一

メキシコ
メキシコは銀の生産量で世界一。
メキシコと2位のペルーの生産量が世界全体の約60%を占めています。
(2014年)
  • メキシコ・シティ
現在、メキシコ・シティを含む全ての街には今もスペイン・コロニアル時代の影響が色濃く残ったウルトラバロックの美しい街並みが残されています。国民性は楽観的で刹那的な人が多く、その大多数がカトリック教徒です。
ビル・ゲイツを抜いてフォーブスの世界長者番付で一位になった人物もいる一方格差問題の大きな国で、現在は貧困層への教育環境の支援制度が行われています。総人口は約1億2千万人でスペイン語圏において最も人口の多い国ですが、現在減少方向にあるといわれています。

親日国で、日本との関係も古く、現在では主な自動車会社を始め200社以上の企業がメキシコに進出しています。
各主要都市への飛行機やバスのアクセスもよく、メキシコ・シティへは日本からの直通便も運航されています。

世界遺産に登録されている歴史地区や遺跡も数多く、魅力的な場所が非常に多い国です。

北アメリカ南部に位置します。北にアメリカ合衆国と、南東にグアテマラ、ベリーズと国境を接し、西は太平洋、東はメキシコ湾とカリブ海に面していて、197万km2(日本の約5倍)を持ちます。海岸線の総延長距離は1万3868kmにも達します。海外領土は持ってはいませんが、領土に含まれる島の面積は5073平方kmにもおよびます。メキシコは高原の国で、北部は平均1000m前後、中央部では2000m前後で、標高5000mを超える火山も珍しくなく、メキシコ最高峰のピコ・デ・オリサバ山(シトラルテペトル山)の5689m(もしくは5610m)をはじめ、ポポカテペトル山 (5465m、もしくは5452m)、イスタシュワトル山 (5230m) などがあります。最も頻繁に噴火を起こすのはコリマ山 (4100m) です。

メキシコペソ。一般に$と記載されます。(国際通貨コードMXN)US$1=約$13.5、$1=約8円(2014年10月現在)
紙幣は$20, $50, $100, $200, $500, $1000。硬貨はペソが, $1, $2, $5, $10センタボが10¢, 20¢, 50¢ となります。
米ドルからメキシコペソへの両替は空港や、町中の銀行、Casa de cambio(カーサ・デ・カンビオ)と呼ばれる両替所、ホテルなど場所を選びません。また国際ATMネットワークである「PLUS」「Cirrus」が付帯しているクレジットカードや銀行キャッシュカードを持っていれば、銀行やショッピングセンターにあるATMで簡単かつ手数料もそれほどかからずに、メキシコペソが引き出せます。よっぽどの僻地でない限り、メキシコ国内のどの都市にもATMがあるので安心です。注意しなければいけないのが、一日にATMで引き出せる額が5000~7000メキシコペソ(Banamexは5000メキシコペソ、HSBCは7000メキシコペソまで可能というように銀行によって限度額が異なる)までとなっているので、もしも2万ペソ以上の額の現金が必要ならば、数日に分けて引き出さなければなりません。

ホテルでの外国紙幣両替は手数料を多めに取られますが、空港と町中の両替所の換金率は空港のほうが若干お得。といっても、さほど変わらないので、どこが得なのかと神経質にならなくてもいいでしょう。

ただし、2010年6月にメキシコ大蔵省の規制変更が発表され、メキシコ国内で外国紙幣からメキシコペソへの両替が難しくなっています。外国人旅行者は両替の際に必ず、パスポートと滞在許可証(入国カードなど)を提示し、そのデータが登録され、1ヵ月に累計で1,500米ドルまでしか両替できなくなりました(特に米ドルからの換金が厳しく、ユーロや日本円に対しては規制が緩いこともあります)。
自由に両替が出来ないぶん、クレジットカードや国際キャッシュカードで現地通貨を引き出して、対応するようにしてください。
いっぽうで、アメリカ人観光客が多いメキシコ北部のアメリカ国境周辺都市および、リゾート地カンクン、ロスカボスなどでは、米ドルを問題なく使用できますが、メキシコペソでの支払いのほうが割安です。2011年以降トラベラーズ・チェックは一切換金できなくなったので、注意してください。

メキシコにはチップの習慣があります。特にレストランやアクティビティ施設などのスタッフには、基本的なマナーとして忘れずに渡すこと。あまり少ない金額だと受け取る側に不快感を与えるので注意です。
【レストラン】料金の10%から15%程度。おつりの小銭をテーブルに残すのが基本。
【ホテル】ポーターに荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだ場合にはN$10~20程度。
【タクシー】基本的には必要ないが、キリのよい金額に切り上げて支払うとよい。
【ツアーやアクティビティ】ツアーガイドやダイビングガイドなどにはN$20~50程度。
日本の消費税に相当する付加価値税(IVA)があり、通常は内税として16%(カンクン、ロスカボスなどのIVAは10%)が課税されています。また宿泊には、別途2~4%の宿泊税(ISH)を徴収されるケースもあります。
メキシコには3つの時間帯があります。主要部分を占めるのは、中部標準時(CST)で、ほかに使われている時間が例外だと思えばいいでしょう。日本との時差は15時間遅れ。カンクンやメキシコ・シティの正午は、日本の翌日の午前3:00になります。
南バハ・カリフォルニア州、ナジャリ州、ソノラ州、シナロア州などの北部で使われている山岳標準時(MST)では、日本との時差は16時間。
ティファナなど北バハ・カリフォルニア州で使われている太平洋標準時(PST)では、日本との時差は17時間。この時差を計算に入れておかないと、飛行機、バス、船、列車を逃したりする原因になるので注意です。
また、4月の第1日曜~10月の最終日曜までは、サマータイムがメキシコ全土で実施されています。(ソノラ州を除く)。この期間のCSTのカンクンやメキシコ・シティの日本との時差は14時間遅れとなります。
電圧は110V、周波数は60Hz。コンセントプラグの形状は日本と同じ(Aタイプ)です。電圧が不安定なため、日本の電気器具利用には変圧器を利用したほうが無難です。
基本的にホテルやレストランで出される水は、飲料用の水を使用しています。しかしローカルな食堂で食事をする場合などは、安全のためにミネラルウォーターを購入したほうがいいです。ミネラルウォーターはスーパーや雑貨店で簡単に購入できます。煮沸した飲料水を出すレストランでも、氷は殺菌処理されていないケースが多いので注意が必要です。
アステカ族の料理やマヤ族など先住民族の料理を母体とし土着の作物トウモロコシ、インゲンマメ、多様なトウガラシ(チレ)を用いた、辛味の効いた料理で、調理法はスペインから伝わったとされるのが今に至るメキシコ料理です。沢山の料理の種類があります主食はトルティーヤです。北部では小麦粉のトルティーヤが作られることが多のですが、南部ではトウモロコシをすり潰して作る生地で作ったトルティーヤが一般的です。トルティーヤは多くの軽食のベースです。代表的なもので言えば、タコス – 肉や野菜など様々な具をトルティーヤに挟んだ料理でサルサ・ロハ、サルサ・べルデなどトウガラシベースのサルサやワカモレを付けて食べます。
本場メキシコでは軟らかいトウモロコシのトルティーヤを使った料理で、パリっと揚げたタコシェルを使ったタコスはテクス・メクス式です。地方では、虫を用いたサルサやタコスといった昆虫食もあります。

  • ブリトー (burrito)

  • ソパ・デ・トルティーヤ (sopa de tortilla) :トルティーヤ・スープ。 タマネギ、ニンニク、トマト、コンソメスープでトマトスープを作り、揚げたトルティーヤを入れて数分煮ます。好みでスープの上に削ったチーズをかけます。メキシコの代表的な料理です。
  • タコス (taco) : 肉や野菜など様々な具をトルティーヤに挟んだ料理。 サルサ・ロハ(赤唐辛子のソース)、サルサ・べルデ(青唐辛子のソース)やワカモレ(アボカドのペースト)を付けて食べます。
  • エンチラーダ (enchilada) :トルティーヤを油で軽く焼き、唐辛子ベースのソースをからめて肉やチーズを巻いた料理。
  • ブリトー (burrito) :小麦粉のトルティーヤで肉などの具を巻いた北部の料理。
  • ケサディーヤ (quesadilla):焼く前のマサ(トルティーヤの生地)を薄く延ばしたものにチーズを挟んでからコマルで焼いた料理。
  • ウェボス・ランチェロス (huevos rancheros) :メキシコ風目玉焼き。 メキシコで朝食によく出てくる料理です。油で軽く焼いたトルティーヤの上に目玉焼きを乗せ、上からサルサ・ランチェラ(salsa ranchera)を掛けます。ワカモレを添える家庭もあります。
  • タマレス (tamal) :ラードを混ぜて味をつけたマサに肉などのフィリングを詰め、トウモロコシの皮(南部の熱帯地方ではバナナの葉)で包んで蒸した料理。通りでよく売られています。甘いものもあり、朝食にもってこいです。
  • モーレ・ポブラノ (mole poblano):唐辛子などをベースにしたソースを用いた、鶏肉や七面鳥の煮込み料理。モーレ・ポブラノはパン、チョコレート、チレ・ポブラーノ、ゴマなどから作られる茶色いソースです。
国番号は52。ホテルや公衆電話からかけられます。Wi-Fiが使えるホテルや飲食店がありますので通信事情はいいです。
  • 古代都市パレンケと国立公園 – (1987年)
  • メキシコシティ歴史地区とソチミルコ – (1987年)
  • 古代都市テオティワカン – (1987年)
  • オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの考古遺跡 – (1987年)
  • プエブラ歴史地区 – (1987年)
  • グアナフアト歴史地区と鉱山 – (1988年)
  • 古代都市チチェン・イッツァ – (1988年)
  • モレリア歴史地区 – (1991年)
  • 古代都市エル・タヒン – (1992年)
  • サカテカス歴史地区 – (1993年)
  • シエラ・デ・サン・フランシスコの岩絵群 – (1993年)
  • ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 – (1994年)
  • 古代都市ウシュマル – (1996年)
  • ケレタロの歴史史跡地区 – (1996年)
  • グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス – (1997年)
  • カサス・グランデスのパキメ遺跡地帯 – (1998年)
  • トラコタルパンの歴史遺跡地帯 – (1998年)
  • ショチカルコの考古遺跡地帯 – (1999年)
  • 歴史的城塞都市カンペチェ – (1999年)
  • ケレタロ州シエラ・ゴルダのフランシスコ会伝道所群 – (2003年)
  • ルイス・バラガン邸と仕事場 – (2004年)
  • テキーラの古い産業施設群とリュウゼツランの景観 – (2006年)
  • メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス -(2007年)
  • サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地 – (2008年)
  • カミーノ・レアル・デ・ティエラ・アデントロ – (2010年)
  • オアハカ中央盆地にあるヤグルとミトラの先史時代の洞窟群 – (2010年)

自然遺産

  • シアン・カアン – (1987年)
  • エル・ビスカイノのクジラ保護区 – (1993年)
  • カリフォルニア湾の島嶼および保護地区群 – (2005年)
  • オオカバマダラ生物圏保護区 – (2008年)

複合遺産

  • カンペチェ州カラクムルの古代マヤ都市と熱帯雨林保護区 – (2002年、2014年)

今、日本から最も近い【ラテン・中南米】の国として注目されているメキシコ。
主な観光先にあたる目的地をそれぞれ別ページで詳しく説明しています。

メキシコ・シティ:Ciudad de México

メキシコの首都で、経済の中心地、ラテンアメリカ有数の大都市です。歴史地区を中心に数多くの美術館や博物館があり、巨大な文化圏を形成しています。

メキシコシティ詳細

カンクン:Cancún

カリブ海に面したリゾート地です。
美しいカリビアン・ブルーの海と真っ白な砂浜が続くリゾート・ホテル街とカラフルなラテン文化が融合した一大観光地です。

カンクン詳細

テオティワカン:Teotihuacan

世界遺産。紀元前2世紀から続いた文明の巨大な遺跡です。太陽のピラミッドと月のピラミッドを含む古代都市が保存されています。
テオティワカン詳細

ウシュマル:Uxmal

世界遺産。ユカタン半島のジャングルの中にある、保存状態の良いマヤの遺跡で、楕円形のピラミッドがあります。

ウシュマル詳細

チチェン・イッツア:Chichén Itzá

世界遺産。後古典期マヤの美しいピラミッド神殿を持ち、聖なる泉セノーテを中心に発展した街の遺跡です。

チチェン・イッツア詳細
メキシコへの行き方
空港コードはMEXです。
HP:メキシコ・シティ国際空港ホームページ http://www.aicm.com.mx/
電話:+52(1)5524822400
日本からメキシコへの直行便は、成田からメキシコ・シティへアエロメヒコ航空が週4便(月・水・土・日曜発)運航しており、所要13時間。一般的には日本に乗り入れているアメリカの航空会社の乗り継ぎ便でメキシコへアクセスします。乗り継ぎの場合は待ち時間も含め、所要15~18時間です。
メキシコには、小規模な飛行場まで含めると1834もの空港があるといわれています。このメキシコの空港数は、世界中を見ても非常に多く、アメリカ合衆国とブラジルに次いで世界第3位の空港数となっています。

【ビザ】90日以内(延長手続きで最大180日間)の観光や語学学習にはビザは不要で、入国時点でパスポートの残存有効期間が滞在日数以上必要です。

【アメリカ経由で中南米へ渡航する際はESTAが必要となります。】

◆ESTA(エスタ) ビザなしで渡米する場合、2009年より電子渡航認証システム(ESTA=エスタ)が導入され、事前に渡航認証を取得しなければなりません。申請は渡航の 72時間前までに、ESTA専用のウェブサイト( https://esta.cbp.dhs.gov/ )から行なってください。

日本語の手続きの案内に従い、申請者情報、パスポート情報、渡航情報、米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの必要事項をロー マ字で入力す る。料金は有料で$14。

アメリカン・エキスプレス、マスター、ビザなどのクレジットカード、またはデビッドカードで決済できます。

予防注射は、特に必要ではないですができれば破傷風と狂犬病、A型肝炎・B型肝炎、田舎への滞在では腸チフスの接種をお勧めいたします。
  • 虫よけスプレー
  • 虫刺されの薬
  • 胃薬
  • 整腸剤
  • 水着
  • サングラス

在メキシコ日本大使館

住所・連絡先
大使館

Paseo de la Reforma 395,Col.Cuauhtemoc, Mexico,D.F., CP 06500
代表: +52(55)5211-0028 FAX: +52(55)5207-7030
ホームページ http://www.mx.emb-japan.go.jp/taishikan-annai.htm

休館日:土曜日・日曜日および次の祝日
1月1日  元日
2月5日  憲法発布記念日
3月21日  ベニート・フアレス誕生日
3月中旬~4月中旬  セマナサンタ(=イースター)
5月1日  メーデー
5月5日  ブエブラ戦勝記念日
9月1日  大統領教書発表日
9月16日  独立記念日
10月12日  コロンブスの日(アメリカ大陸発見の日)
11月1、2日  死者の日
11月20日  革命記念日
12月2日  クリスマス

メキシコへ行くツアー