ジャマイカの旅行情報
Jamaica

カリブ海屈指のリゾート地ジャマイカ。
青く穏やかな海に浮かぶレゲエの国です。
豊かな自然に恵まれ、陽気な人々と音楽で賑わうこの島は、
一度訪れると何度も足を運びたくなると言われています。

ジャマイカの概要とベストシーズン

世界でも指折りのリゾート地で、美しい白浜のビーチ沿いにいくつもの高級ホテルが建ち並びます。レゲエの神様ボブ・マーリーを輩出したレゲエ発祥の地でもあります。
またイギリス連邦加盟国であり、公用語は英語です。住民の多くは、イギリスの植民地時代に奴隷として連れてこられたアフリカ人の子孫で、その文化にもアフリカ的な色彩が強く残ります。
日本人の口に合うジャマイカ料理も魅力のひとつです。

ベストシーズンは乾季の12月から4月

熱帯気候に属する常夏の島です。
ジャマイカ観光のベストシーズンは乾季の12月~4月で、湿気が少なく過ごしやすいですが、欧米からの観光客でかなり混み合います。
8月~11月頃は降水量が多く、湿気が高くなります。またハリケーンの発生しやすい時期ですが、オフシーズンとなるため、静かにのんびり過ごしたい方には狙い目かもしれません。

ジャマイカは大アンティル諸島で三番目に大きい島です。

ジャマイカの見どころ


キングストン
Kingston

リゾートとレゲエの街

キングストン

人口約70万人を抱えるジャマイカの首都で、政治・経済・金融の中心地です。有名ホテルや一流レストラン、国立美術館、工芸品・免税品店などが並び、リゾートとしても楽しむことができます。クルーズ船寄港地にもなっている世界で7番目に大きなキングストン港や、モダンなホテルやビルが立ち並ぶ一方、街の周りには2000メートル級のブルーマウンテンが連なり、コーヒーが収穫されていることでも有名です。レゲエミュージックの故郷でもあります。キングストンの貧しいスラム街であるトレンチタウンで、この音楽は生まれました。ボブ・マーリー博物館、UCCコーヒー農園など、見どころが満載です。

モンテゴ・ベイ
Montego Bay

理想のリゾート

モンテゴ・ベイ

北海岸の西寄りにあるジャマイカ第2の都市で、現地の人は『モーベイ』と呼んでいます。ドナルド・サングスタ国際空港というジャマイカで最も巨大な空港があり、観光の空の玄関口になっています。
クリスタルのような澄んだ青い海と白い砂浜が続き、マリンスポーツ、ゴルフ、乗馬など、バケーションには欠かせない楽しみが全て揃っています。また、最高級リゾートホテルからスタンダードなゲストハウスまで、幅広い宿泊施設も揃っており、5つのチャンピオンシップ・ゴルフコースがあるのは、カリブ海地域でもモンテゴ・ベイだけです。

オーチョ・リオス
Ocho Rios

自然に囲まれたリゾート地

オーチョ・リオス

モンテゴ・ベイから車で東に約1時間30分のオーチョ・リオスは、カリブ海クルーズ船の寄港地で、ジャマイカ第三の都市です。プランテーション農園、ビーチ、トロピカル・ガーデンなど自然に囲まれたリゾート地で、ここを基点とすれば、ポート・アントニオ、ブルーマウンテン、キングストンに足を伸ばすのも便利です。3つのゴルフコースや、約200メートルに渡って階段状に流れ落ちるダンズ・リバーの滝登り、約5キロメートルの道の両脇を何種類ものシダが鬱蒼と覆うシダの谷の他、ナインマイルにはレゲエの神様ボブ・マーリーの生家とお墓もあります。

ジャマイカは大アンティル諸島で三番目に大きい島です。キューバから160㎞南に位置し、面積10,991k㎡の島国です。ブルーマウンテン山脈をはじめとする山岳地帯や120にも及ぶ川が流れ、緑豊かな熱帯雨林に覆われた島です。

ジャマイカ・ドル(国際通貨コードJMD)1ジャマイカドル=日本円約0.99円、米ドルUS0.0083ドル(2016年1月現在)
モンテゴ・ベイとキングストン国際空港には両替所があります。島内では、銀行、街の両替商、ホテルで両替が可能です。日本円が両替できるところもありますが、交換レートが良くないのであまりお勧めできません。US$を用意することをお勧めします。ほとんどの観光地でUS$が使えます。JM$の国外持ち出しは禁止されているので、空港で使い切るかUS$に両替してご帰国下さい。
【レストラン】サービス料が含まれている場合がほとんどでが、10~15%のチップを置くのがマナー。
【ホテル】ポーターにはUS$1ぐらい、そのほか特別な用事を頼んだ場合もチップを渡します。
【タクシー】運転手にはUS$1~。大きな荷物1個につきUS$1程度。
商品のほとんどに17.5%の消費税が課されています。
日本より14時間遅れています。サマータイムは実施していません。
電圧は110V/50Hz。プラグはAタイプで(まれにB3タイプもあります)、日本の製品は使用可能です。一部220Vのホテルもあるので注意が必要です。
基本的に飲んでも差し支えありませんが、ミネラルウォーターの購入をお勧めします。
国番号は876。ホテルや公衆電話からかけられます。Wi-Fiが使えるホテルや飲食店があります。
ジャークチキンをはじめ、ジャークという典型的なジャマイカの味付けは、今や世界的に有名です。様々な熱帯の香辛料が使われています。フルーツや魚も美味しく、国の代表的な料理「アキ・アンド・ソルトフィッシュ」(アキという熱帯のフルーツと塩漬けタラを混ぜ合わせ、玉ねぎと新鮮なハーブと一緒に調理したもの。小麦粉でつくられた揚げ団子、ヤム、そして熟していない青いバナナを茹でて、共に食卓に添えられます。)や「ライス&ビーンズ」(お米と赤インゲン豆を煮込ん定番料理)、ジャマイカンパティ(ジャマイカ風ミニミートパイ)など、グルメも満たしてくれる島です。
アフリカ系91%、その他9%
30日以内で観光目的滞在の場合、ビザは不要です。残存有効期間は入国時に6カ月以上あることが条件となります。【アメリカ経由で中南米へ渡航する際はESTAが必要となります。】
特に必要ではないですができれば破傷風と狂犬病、A型肝炎・B型肝炎、横断病の接種をお勧めいたします。
虫よけスプレー、虫刺されの薬、胃薬、整腸剤、水着、サングラス

ジャマイカへの行き方


日本からジャマイカへの直行便は現在ありません。アメリカの都市を経由して行くのが一般的で、マイアミ、ニューヨーク、アトランタなどから頻繁にフライトがあります。日本出発と同日にジャマイカに到着することも可能です。所要時間22時間~。

ジャマイカへ行くツアー