ドミニカ共和国の旅行情報
Dominican Republic

新大陸の最古の都市と言われるドミニカ共和国。
美しい海に囲まれた小さな国は、リゾートとしてだけでなく、カリブ海地域で最も歴史的遺産が多いことでも知られています。
アフリカの文化を感じる隣国のハイチとはまた違った、スペイン植民地時代の面影を残す街並みは、世界中から観光客を魅きつけています。

ドミニカ共和国のベストシーズン

ベストシーズンは乾季の12月から4月

亜熱帯の熱帯海洋性気候で、1年を通して気温が高いですが、湿度が比較的少ないため、とても過ごしやすいです。
雨季と乾季に分かれており、乾季は冬の12月~4月。この時期は暑さが多少和らぎ、乾燥し晴天が多くなるため、ドミニカへ旅行するベストシーズンです。
ビーチリゾート地域のベストシーズンは11月~3月。
雨季のシーズンは、夏にあたる5月~11月です。この時期は 激しい暴風雨が頻繁に訪れます。また7月~10月はハリケーンが発生する恐れがあり、入国ができないことも多々あります。この時期に訪れる際は、ハリケーン情報を確認し、暴風雨にそなえ防水衣服を準備するなどの注意を払いましょう。

年間の平均気温と降水量

年間の平均気温と降水量

イスパニョーラ島の西側3分の1がハイチ共和国、東側3分の2がドミニカ共和国。

ドミニカ共和国の見どころ


サント・ドミンゴ
Santo Domingo

世界遺産の街

サント・ドミンゴ

最もドミニカを感じることのできるサント・ドミンゴの旧市街には、中世ヨーロッパにタイムスリップしたような歴史的建造物が多く、街全体が世界遺産に登録されています。白いサンゴで造られたサンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂や、コロンブスの家とも言われるアルカサルは必見です。

ボカチカビーチ
Boca Chica beach

ローカル料理を堪能できるビーチ

ボカチカビーチ

地元民が愛するこのビーチは、白砂のパウダーサンドに、空と同じくらい青く透明度の高い美しいカリブの海が広がります。ビーチにはたくさんの飲食店が並び、何を食べようか目移りしてしまうほど。ドミニカの定番料理の鯛の素揚げやパエリアを、海辺で思う存分堪能できる最高の場所です。またサンゴが多く、シュノーケリングスポットとしても大人気です。

カバレテビーチ
Cabarete Beach

サーファーにも人気のリゾート

カバレテビーチ

ウィンドサーフィンで有名な世界各国のサーファーを魅了するリゾート。ウィンドサーフィンの世界選手権の開催地でもあり、大会時には世界各国から観光客が訪れます。波が穏やかで子供達も遊べる海辺には、ヤシの木が並びラテン音楽が流れのんびりとした時間を過ごせます。オールインクルーシブのホテルが人気で、日頃の疲れを忘れさせてくれる癒やしが詰まった場所です。

ドミニカ共和国への行き方


日本からの直行便はなく、東京からアメリカ経由が一般的です。
最も短時間で行く経路は、ニューヨーク経由。所要時間は、日本からニューヨークまで約13時間、ニューヨークから首都のサント・ドミンゴまで約4時間。マイアミからは約2時間かかります。

ドミニカ共和国へ行くツアー