カリブ海諸国の旅行情報
Islands in Carribean sea

北大西洋とメキシコ湾に挟まれた海域カリブ海
歴史と文化、豊かな自然と類まれな海が織りなす
リゾートアイランドへ!

カリブ海とは

地理的にはおおよそ大西洋と南北アメリカ大陸に挟まれたカリブプレートという大陸プレートに乗っているエリアをカリブ海と呼びます。
1492年コロンブスにより”発見”される以前は、大陸側メキシコのカンクンあたりにはマヤ文明が築かれ、プレートの大西洋側の外縁諸島(現在のアンティル諸島)には農耕漁労少数民族が住んでいました。”発見”以降、スペインがパナマを拠点に大陸を制圧していき、事実上南米全てをスペイン領土とします。
その後、スペイン領土の及ばないアンティル諸島を他のヨーロッパ諸国が植民地化。
南米で採掘された金や交易品を運ぶルートとして、16世紀から18世紀のカリブ海は大いに賑わいました。海賊が活躍したのもこの時期です。
熱帯温暖なこの地域がサトウキビの生産に適すことがわかると、カリブ海一帯はヨーロッパ諸国のサトウキビ産業の一大植民地と化していきました。アフリカから連れて来られた奴隷や近隣諸島諸国に住んでいた原住民が、イギリスやフランス、オランダ、ポルトガルといったヨーロッパ諸国の植民地に強制労働者という形で定住していきました。
カリブ海マップ
その後スペインや他の植民地からの独立や革命・領土宣言などの歴史を経て、現在のカリブ諸国が成り立っています。
一部、特別自治領の特別ルールで銀行や不動産などの産業が盛んな国や地域もありますが、現在ではカリブ周辺・諸島含めほとんどの地域では砂糖生産の他にもリゾート観光が大きな産業になっています。

このページでは便宜上、西インド諸島エリアを大きく4つに分け北東エリアのバハマやタークス諸島、カイコス諸島をまとめて「バハマ諸島」、中央よりやや北から東にかけてキューバやジャマイカ、ドミニカ共和国といった大きめの独立島国とイギリス領ケイマン諸島、アメリカ領プエルトリコを要するのが「大アンティル諸島」、さらにその東から南にかけて点在するアメリカ・イギリス領のヴァージン諸島やオランダ領・フランス領の小さな島々を「小アンティル諸島」、カリブ海の南、ベネズエラの北に展開するABC諸島を「オランダ領カリブ」として表示します。メキシコのカンクンやベリーズ、パナマなどその他大陸属国の情報はこのページではでは扱わないこととします。(近日追加予定)

カリビアンブルーの海に白いビーチとサンゴ礁、1年中暖かな気候と開放的な空気、そしてアクセスの良さから欧米ツーリストに人気のリゾート地、カリブ海へ。

カリブ海のベストシーズン

心配なのはハリケーンだけ

カリブ海は1年中快適なリゾート気候です。
北半球に位置するので、5月から11月くらいは雨季となり降水量もふえますが、何日も雨が続くということはほぼありません。一日の内数十分から数時間雨が降り、あとはおおむね快晴で、突き刺すような日差しと目に入るカラフルな空や海・街並みの景色が強烈な日が続きます。
年間気温は22度〜33度の間くらいで熱帯〜温暖気候。
カリブ海全域のダイブサイトでは透明度も通年良く20から30m。海域によりますが水温も高めです。
毎年6月~11月はハリケーンのシーズンと言われ、北部ではまれにメキシコ湾あたりで発生したハリケーンの被害を受けるため、カリブクルーズなどでは代金がローシーズンとして区別されるようです。
とはいえ、ハリケーンがカリブ海まで来る年と来ない年がありますので、その年のニュースさえ見誤らなければ気候は概ね問題ありません。
特に南カリブのオランダ領諸島ではハリケーンの影響を全く受けない無風ゾーンに近くなるので、ほぼ毎日がベストシーズンです。

カリブおすすめデスティネーション


オンリーワントラベルのおすすめデスティネーションはこちら。

パナマに本社を置くオンリーワントラベルでは、お客様のご要望のカリブ旅行を自由にアレンジいたします。
下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

大アンティル諸島

キューバ共和国、イギリス領ケイマン諸島、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、アメリカ領プエルトリコを含むエリアを指します。
カリブ海最大の島キューバを始め、比較的大きな島国が並ぶこのエリアには独立国が多く、スペイン語の他に英語を話す島国が多いと言えます。(ジャマイカは、南北アメリカ大陸にカリブ海諸国を含めた”アメリカ州”で3番目に英語スピーカーの多い国です。)

Cuba Republic:キューバ共和国

キューバ共和国国旗

キューバ国旗

カリブ海の真珠と呼ばれるキューバ。
2015年7月、米国との国交が54年ぶりに回復し、今後の動向がおおいに注目されるカリブ諸国最大の国です。
フロリダの約145km先に位置し、日本の本州の半分にあたる大きな島に人口は1100万人以上。サトウキビ生産や鉱業の盛んな共和国家。
1950年代にはカストロとゲバラによるキューバ革命がおこり、農地の集団化など社会主義化を取り、距離の近さからアメリカとの激しい歴史を繰り返した国。

キューバ

キューバの首都ハバナ

芸術や医療などの分野に力を入れ、日本でキューバといえば野球と言われるほどスポーツにも力を入れています。またキューバは親日国でもあり、日本人はビザなしで入国することができます。1951年にアメリカとの国交がなくなった後も独自の価値観で文化が継承・昇華されて行きました。「50年代から時が止まった国」と呼ばれることもあり、あまり馴染みも少なかったキューバですが、米国との国交正常化に向け現在世界中からの関心を惹きつけています。
手付かずの美しい大自然に透き通る真っ青なカリブ海、アメリカン・クラシックカーにスペインコロニアル調の建造物。
葉巻と海と音楽を楽しむ陽気なキューバ人。
他の島にない独特な空気を持った愛あふれる国へ!

行き方や観光地など、もっとキューバを知りたい方はこちらから

キューバ旅行情報ページへ
キューバの民宿情報ページへ

キューバへ行くツアー

Puerto Rico:プエルトリコ

プエルトリコの旗

プエルトリコの旗

プエルトリコはドミニカ共和国の東に位置する、四国のほぼ半分の大きさの島です。
アメリカ合衆国の自治領ですが、歴史上長い間スペイン統治下にあったため、スペイン語が公用語として話されます。
人々はプエルトリコ人であるという意識が強く、スペイン、カリブ、アメリカの影響を受けた、ユニークな文化を形成しています。

世界遺産の街と美しい海

世界遺産の街と美しい海

プエルトリコとはスペイン語で「美しい港、豊かな港」を意味し、一説によるとコロンブスが初めてこの港に来た時に「que puerto rico!(なんて美しい港なんだ!)」と叫んだことに由来します。
歴史的建造物が並ぶ街並みや、マリンスポーツが楽しめる美しいビーチは、世界中の観光客を魅了しています。
行き方や観光地など、プエルトリコが気になり始めた方は

プエルトリコ旅行情報ページ

Jamaica:ジャマイカ

ジャマイカ国旗

ジャマイカの国旗

世界でも指折りのリゾート地で、美しい白浜のビーチ沿いにいくつもの高級ホテルが建ち並びます。レゲエの神様ボブ・マリーを輩出したレゲー発祥の地でもあります。
またイギリス連邦加盟国であり、公用語は英語です。住民の多くは、イギリスの植民地時代に奴隷として連れてこられたアフリカ人の子孫で、その文化にもアフリカ的な色彩が強く残ります。

ジャマイカ

レゲエミュージック発祥の地です。

青く穏やかな海と豊かな自然に恵まれ、陽気な人々と音楽で賑わうこの島は、一度訪れるとが何度も足を運びたくなると言われています。
日本人の口に合うジャマイカ料理も魅力のひとつです。
行き方や観光地など、もっとジャマイカを知りたい方はこちらから

ジャマイカ旅行情報ページへ

Dominican Republic:ドミニカ共和国

ドミニカ共和国の国旗

ドミニカ共和国の国旗

アメリカ州の最古の都市と言われるドミニカ共和国。
小アンティル諸島のドミニカ国と区別して、一般的にドミニカ共和国と呼ばれます。
カリブ海で2番めに大きな島にあり人口は1千万人を越え、西部の独立国ハイチと島を共有しています。
公用語はスペイン語ですが、移民が多いため他にもハイチ・クレオール語やフランス語・ドイツ語・英語なども話されます。

タイノ人に扮する少女-ドミニカ共和国wikipediaより

タイノ人に扮する少女-ドミニカ共和国wikipediaより

美しい海に囲まれた小さな国は、カリブ海地域で最も歴史的遺産が多いことでも知られ、アフリカの文化を感じる隣国のハイチとはまた違った、スペイン植民地時代の面影の街並みが色濃く残ります。
また、世界屈指の野球大国でMLB選手も多く輩出してり、日本の広島カープがドミニカに選手育成機関を設けています。行き方や観光地など、ドミニカ共和国が気になり始めた方は

ドミニカ旅行情報ページ

小アンティル諸島

イギリス領ヴァージン諸島、アメリカ領ヴァージン諸島、イギリス領アンギラ、フランス領アンティル(サン・マルタン)オランダ領シント・マールテン{共にセントマーチン島}、フランス領アンティル(サン・バルテルミー)、オランダ領シント・ユースタティウス島、オランダ領サバ島、セントクリストファー・ネイビス、アンティグア・バーブーダ、イギリス領モントセラト、フランス領アンティル(グアドループ)、ドミニカ国、フランス領アンティル(マルティニーク)、セントルシア、バルバドス、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、グレナダ、トリニダード・トバゴ共和国を含むエリアを指します。
この小さな諸島にはそれぞれ独立国とヨーロッパ諸国領地が半々くらいで存在します。
各島国で文化や話す言語が異なるのも興味深いですが、基本は英語、スペイン語が通じ、ドル通貨を共通通貨として使う国が多いようです。
ここでは中でも珍しい島、南北でオランダ領とフランス領に分かれているセントマーチン島の情報をお届けします。その他の小アンティル諸島の島国の情報は今後さらに追加していきます。

Saint Martin:セント・マーチン島
フランス領サン・マルタン:Saint Martin
及び オランダ領シント・マールテン:Sint Maarten

小アンティル諸島の北部に位置するセント・マーチン島は、島の北部がフランス領(フレンチサイド)、島の南部がオランダ領(ダッチサイド)に分かれています。それぞれ行政、文化が異なる国の領地となりますが、基本通貨はなぜかUSドル。小さな島国ですが国境があり、車で行き来できます。
caribetop2
ダッチサイドのプリンセス・ジュリアナ国際空港は、ビーチに隣接してあり、大型旅客機の着陸時のジェットブラストを体験できるビーチとして多くの観光客が訪れています。どこまでも続くカリビアンブルーの海に、ヨーロッパ風でカラフルな街並み。カリブ・ラテン文化とヨーロッパの文化が入り混じり、観光施設も整っているため近年注目を集めるリゾート地です。グアバベリーというローカルのお酒も人気。2月のカーニバルを中心に1〜3月にはフレンチサイドで毎週ローカルフェスティバルが行われ、海外からのツーリストで賑わいます。

セントマーチン島とアンギラ島の位置
行き方や観光地など、もっとセントマーチン島とアンギラ島を知りたい方はこちらから

セントマーチン島とアンギラ島旅行情報ページへ

セントマーチン島とアンギラ島へ行くツアー

オランダ領カリブABC諸島

オランダの国旗

オランダの国旗

ベネズエラの北に位置し、アルーバ(Aruba)、ボネール(Bonaire)、キュラソー(Curaçao)を含むエリアを指します。アルーバとキュラソーはオランダ王国の構成国、ボネールはオランダの自治領となります。行政上の中心地はキュラソーになり、飛行機のアクセスも便利です。アルーバは”カリブのラスベガス”と呼ばれるアメリカ人の一大観光地。ここではダイビングパラダイスとして名高いボネール情報をお届けします。

Bonaire:ボネール

ABC諸島の3島のうち最も西に位置し、唯一のオランダの特別自治体で、ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバを含んだBES諸島とも区分されます。ここも、オランダ領なのに通貨はUSドルです。
人口およそ1万8千人、フラミンゴの生息地として知られ人よりもフラミンゴの数の方が多いと言われるのこの島は、アルーバ、キュラソーに比べ開発もそこまで進んでおらず、海もキレイなためマリンアクティビティが盛んです。島の東側はウィンドサーウィンのメッカとしてプロ・アマ問わずウィンドサーファーが技を磨き合い、島の西側には80以上のダイブサイトが点在します。「バディダイブ」といって、ピックアップトラックにエアタンクを積んだらバディと二人で島内をドライブ&ダイブのスタイルが人気で「Scuba Diving」の読者投票では世界No.1のダイブリゾートとして過去数年ノミネートされています。

ボネール島へ行くツアー

バハマ諸島

バハマの国旗

バハマの国旗

バハマとタークス・カイコス諸島(イギリスの海外領土)を含むエリアです。アメリカ合衆国フロリダ州からも近く、英語圏のため多くのアメリカ人がバケーションに訪れます。

ナッソー

首都ナッソーの夜景

17世紀後半にイギリスの領地となりその後バハマは独立、イギリス連邦の加盟国となり、タークス・カイコス諸島はイギリス領の海外領土となりました。
立憲君主制のバハマの首都はナッソー。人口は約35万人です。
大小含め700以上の島から構成され、タックスヘイブンなので金融業が盛んです。観光では主にアメリカからのツーリストにカジノやビーチリゾートが人気で、ダイバーには間近でサメを観察できるシャークダイビングが有名です。

もっとバハマの事を詳しく知りたくなった方はこちら

バハマ旅行情報ページ

中米大陸のカリブ

Belize:ベリーズ

ベリーズの国旗

ベリーズの国旗

ベリーズ

ベリーズ珊瑚礁保護区にあるブルーホール

ユカタン半島の東部、カリブ海に面した中米ベリーズは、四国ほどの大きさで、北から南へ一時間半、西から東へ3時間ほどの小さな国です。マヤ系インディアンの文化が栄え、その歴史は紀元前にさかのぼります。
1981年に英国から独立し、アメリカ大陸で一番新しい国です。ベリーズは英国の植民地だったためイギリス文化の影響が強く、公用語も英語です。密林に残る多くのマヤ文明の遺跡、イギリスとカリブの影響を受けた文化、手つかずの大自然、そして青く透き通る海が魅力の国です。
もっとベリーズの事を詳しく知りたくなった方はこちら

ベリーズ旅行情報ページ
カリブ旅行のお問い合せはこちらから

お問い合わせはこちらから

お名前(必須)             

お名前 ローマ字(必須)        

メール(必須)             

このサイトを訪れたきっかけについて教えてください(必須)
 Web検索 友人・知人から カリブフェスで 地球の歩き方 Off Season その他

メッセージ本文

送信後に自動返信メールを送らせて頂いております。
担当者からのメールは自動返信メール後24時間以内にお送りします。
アドレスを間違って入力された場合はこちらからのメールは届きませんので、お問い合わせ後には必ず自動返信メールをご確認ください。
迷惑メールフォルダに入っている場合もございますので合わせてご確認下さい。