旅行条件書

ご旅行の前にかならずお読みください。

01. 旅行契約の締結

当社と旅行者の旅程と料金の合意に基づき、当社が定める申込金をお支払い頂きます。
申込金は、旅行代金、取消料その他の旅行者が当社に支払うべき金銭の一部として取り扱います。
当社は、旅行契約の成立後速やかに、旅行者に、旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件及び当社の責任に関する事項を記載した書面(以下「契約書面」といいます。)をファックスまたは電子メールで送ります。当社は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者の手配旅行契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、当該団体・グループに係る旅行業務に関する取引は、当該契約責任者との間で行います。

申込みの際に提出された個人情報について
お客様との連絡のために利用させていただくほか、お客様が申込みいただいた旅行において運送・宿泊機関等の提供するサービスの手配及びそれらのサービスの受領のための手続に必要な範囲内で利用させていただきます。お客様から頂いた情報は機密保持し、開示することは一切ありません。

02. 旅行代金

旅行者は旅行契約成立を締結するために申込金として、旅行代金の30%をお支払い頂きます。残りの旅行代金は 出発日30日前(ガラパゴスツアーのみは出発日90日前)までにお支払い頂きます。
旅行者が同意した支払い最終日までに支払いがなかった場合、ツアーを取り消しする場合があります。
ツアー取り消しの際、一度お支払い頂いた料金は返済しません。
お支払い手数料はお客様ご負担とさせていただきます。

03. サービス

当社のサービスは当社ホームページの記述、イラスト、引用または旅行者が同意した契約書面で確認いただけます。 (01.旅行契約の締結参照)。
当社は旅行者とのツアー契約成立前にツアー詳細を変更する権利を保有します。変更のある場合、当社は電子メールまたは当社ホームページにより旅行者に通知します。
当社は、天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令、当初の運行計画によらない運送サービスの提供その他の当社の関与し得ない事由が生じた場合において、旅行の安全かつ円滑な実施を図るためやむを得ないときは、旅行者に当該事由が当社に関与し得ないものである理由及び当該事由との因果関係を説明して、旅行日程、旅行サービスの内容その他の旅行契約の内容を変更することがあります。ただし、緊急の場合において、やむを得ないときは、変更後に説明いたします。
旅行者が旅行前または旅行中に特別なサービスを要する場合、当社と旅行者の間での契約書面の成立を必要とします。

04. 旅行代金の額の変更

天災等による旅行内容の変更によって旅行代金の増額又は減額が発生する場合、当社は、その増額又は減額される金額の範囲内で旅行代金の額を増額又は減額することができます。
当社は、適用運賃、交通費、空港税、入園料、またはそれに相当する料金の変更に対する責任がありません。
料金の変更があった場合、当社は速やかに旅行者に料金の変更を通知いたします。
当社は、当社のコントロール外の事由(03. サービス 参照)に於いて旅行代金を増額する場合、旅行開始日の前日から起算して21日目より前に旅行者にその旨を通知します。

04.2 旅行代金の額の増減

旅行者による旅行内容の変更から生じる料金の増額または減額は、発生時点で旅行者に請求します。旅行金額の変更の例としては、飛行機の搭乗ミス、集合時間への遅れ、健康的、個人的または法的問題により国を出なければいけない場合、旅行中の病気または事故による費用等が含まれます。
当社が緊急の際に立て替えた費用は旅行後すぐに返済しなければなりません。

05. 当社の解除権等

05.1旅行開始前の解除

契約書面に記載した最少催行人員に達しなかったとき、当社は旅行開始から起算して14日前までに旅行契約を解除することがあります。
14日前までに当社が解除した旅行契約は、速やかに旅行者へ返済されます。それ以上のクレームは認められません。

05.2旅行開始後の解除

(1)旅行者が病気、必要な介助者の不在その他の事由により旅行の継続が困難なとき。
(2)旅行者が旅行を安全かつ円滑に実施するための添乗員その他の者による当社の指示への違背、これらの者又は同行する他の旅行者に対する暴行又は脅迫等により団体行動の規律を乱し、当該旅行の安全かつ円滑な実施を妨げるとき。
(3)天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の当社の関与し得ない事由が生じた場合であって、旅行の継続が不可能となったとき。
前項の場合において、当社は、旅行代金のうち旅行者が提供を受けていない旅行サービスに係る金額から、当該旅行サービスに対する取消料、違約料その他の運送・宿泊機関等に対して支払う必要のある費用を差し引いた金額を旅行者に払い戻します。

06. 旅行者の解除権

旅行者は、いつでも手配旅行契約の全部又は一部を解除することができます。
旅行契約が解除されたときは、旅行者は、既に旅行者が提供を受けた旅行サービスの対価として、又はいまだ提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料その他の運送・宿泊機関等に対して既に支払い、又はこれから支払う費用を負担するほか、当社に対し、当社所定の取消手続料金及び当社が得るはずであった取扱料金を支払わなければなりません。

取消手続料金

旅行者は、手配旅行契約の全部又は一部を解除することができます。
旅行者が旅行契約を解除するときは、旅行者は、当社に対し、当社所定の取消手続料を支払わなければなりません。既に旅行者が提供を受けた旅行サービスの対価、及び提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料、その他の運送・宿泊機関等に対して支払う必要のある費用が上記取消手続料を上回る場合、超過料金の負担をしなければなりません。

取消手続料金

  旅行開始日から起算して90日前またはそれ以前の取消 旅行費用総額の30%
  旅行開始日から起算して89日前以降の取消 旅行費用総額の100%

注意:
ガラパゴスクルーズ船の貸切に対する取消手続き料金は各ガラパゴスクルーズ船のポリシーによって異なります。また、取消手続き料金が上記と異なる場合は、書面にてご連絡します。

07. 責任

手配旅行契約の履行にあたり、当社又は当社が手配を代行させた者が契約書面に応じた手配を実行しなかった場合、旅行者は当社へ補償請求ができます。旅行者は当社と同様に手配旅行契約の内容について理解するよう努めなければなりません。

旅行者は、旅行開始後契約書面に記載された旅行サービスを円滑に受領するため、万が一契約書面と異なる旅行サービスが提供されたと認識したときは、旅行地において速やかにその旨を当社、または当社の手配代行者又は当該旅行サービス提供者に申し出なければなりません。

旅行者が天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の当社又は当社の手配代行者の関与し得ない事由により損害を被ったときは、当社はその損害を賠償する責任を負うものではありません。

08. 賠償の請求

旅行者の当社に対する損害賠償請求は、旅行終了日から起算して30日以内に通知をする必要があります。旅行終了日から起算して31日日以降に届いた損害賠償請求は無効となります。旅行手配代行者、ツアーガイド、または現地旅行会社は損害賠償請求を受け取りません。

当社による不法な行いに対する告知は国際法に基づき旅行契約終了後3年以内に提出されなければなりません。

いかなる告知に対しても、司法権はパナマ共和国の管轄となります。

09. 責任の限界

旅行者の故意又は過失により当社が損害を被ったときは、当該旅行者は、損害を賠償しなければなりません。
当社と関係の無い損害においては直接損害を被った航空会社、ホテル、旅行手配代行者、ツアーガイドまたは現地旅行会社へ通知しなければなりません。

ダイビング、登山、トレッキング、乗馬、ラフティング、マウンテンバイクなどのツアーは事故の危険が増加します。これらの危険性は経験豊富なツアーガイドが慎重に指示をした場合でさえ避けられません。それゆえ、ダイビング、登山、トレッキング、乗馬、ラフティング、マウンテンバイクのような危険の伴うツアーへの参加は、常に旅行者の責任に基づき行われ、旅行者は当社に対する損害賠償の権利を放棄します。

10. 入国管理・健康管理

旅行者は旅券、税関、査証、通貨等の入国及び健康制限に対し全ての責任があります。旅行契約の成立後も、全ての制限に対し旅行者が対処する必要があります。当社手配において、変更が起こった際は、速やかに旅行者へ通知します。