アメリカ キューバ飛行機就航 直行便

//アメリカ キューバ飛行機就航 直行便

アメリカ キューバ飛行機就航 直行便

2018-07-17T13:36:41+00:00

キューバ路線 最新情報 更新 10月19日

アメリカン航空はマイアミとカマグエイ、シエンフエゴス、オルギン、サンタクララ、バラデロのキューバ国内5都市
 
MIAHAVA 11月28日から毎日就航
MIAVRA(バラデロ) すでに毎日就航
MIACFG(シエンフエゴス) すでに毎日就航
MIAHOG(オルギン) すでに毎日就航
MIASNU(サンタクララ)すでに毎日就航
 
 
デルタ航空は12月1日からアトランターハバナ、マイアミーハバナが毎日就航 
ユナイテッド航空は11月29日からニューワークーハバナ、ヒューストンーハバナが12月3日から毎日就航
キューバ路線 最新情報 更新 8月15日

 

2016年7月、米国運輸省(DOT)は以下の米航空各社に対し、米国とキューバの首都・ハバナ(HAV)を結ぶ路線開設の許可を発表いたしました。
なお、運航開始は2016年冬ダイヤからとなる予定です。■ 運航が予定されている航空会社と路線
◎ アメリカン航空 (American Airlines: AA)
* マイアミ(MIA)   ~ ハバナ 路線 — 毎日4便
* シャーロット(CLT) ~ ハバナ 路線 — 毎日1便

◎ デルタ航空 (Delta Airlines: DL)
* ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ(JFK) ~ ハバナ 路線 — 毎日1便
* アトランタ(ATL) ~ ハバナ 路線 — 毎日1便
* マイアミ(MIA) ~ ハバナ 路線 — 毎日1便

◎ ユナイテッド航空 (United Airlines: UA)
* ニューヨーク/ニューアーク(EWR) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便
* ヒューストン(IAH) ~ ハバナ 路線 —- 週1便 (土曜)

◎ ジェットブルー航空 (JetBlue Airways: B6)
* ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ(JFK) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便
* フォートローダーデール(FLL) ~ ハバナ 路線 —- 毎日2便
* オーランド(MCO) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便

◎ サウスウエスト航空 (Southwest Airlines: WN)
* フォートローダーデール(FLL) ~ ハバナ 路線 —- 毎日2便
* タンパ(TPA) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便

◎ スピリット航空 (Spirit Airlines: NK)
* フォートローダーデール(FLL) ~ ハバナ 路線 —- 毎日2便

◎ フロンティア航空 (Frontier Airlines: F9)
* マイアミ(MIA) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便

◎ アラスカ航空 (Alaska Airlines: AS)
* ロサンゼルス(LAX) ~ ハバナ 路線 —- 毎日1便

現在、日本からキューバへ行くには、カナダやメキシコを経由する方法が一般的ですが、アメリカとの国交回復により、これまで以上にキューバへ行きやすくなります。
この機会に是非、キューバへお越しください。

なお、路線や運航本数等については、今後変更になる場合もありますので、ご注意ください。

 

2015 年 12 月 21 日 <報道発表資料>

アメリカン航空より、米国-キューバ間の定期便運航に関する声明

米国テキサス州フォートワース発(現地時間 2015 年 12 月 17 日)― アメリカン航空は、米国 とキューバの間で 50 年以上にわたり途絶えていた定期便運航の再開を可能とする取り決め が両国間で締結されたことに関して、以下の声明を発表しました。 アメリカン航空会長兼 CEO であるダグ・パーカー(Doug Parker)は、次のように述べて います。「本日の発表はアメリカン航空のお客様の利便性を高めるすばらしいニュースであ り、アメリカン航空の米国とキューバ間の定期便の運航実現に一歩近づきました。カリブ海 への路線とキューバへの運航の両方に関して業界をリードするアメリカン航空は、2016 年 中にマイアミおよびその他米国内のハブ空港からキューバへの定期便の運航を開始できるも のと期待しています。この取り決めを締結に導いた当局と米国側の交渉担当者の方々の努力 に感謝します。」

キューバへの定期便
アメリカン航空は 1991 年から、マイアミ、タンパ、およびロサンゼルスから、カマグエイ (CMW)、シエンフエゴス(CFG)、ハバナ(HAV)、オルギン(HOG)、およびサンタ クララ(SNU)を含むキューバ国内の 5 か所へのチャーター便を運航しています。アメリカ ン航空は 25 年間にわたり米国 – キューバ間の運航について、市場のトップ企業であり続け てきました。今年は約 1,200 本のチャーター便をキューバに運航する予定ですが、これは米 国の他のどの航空会社の運航回数よりも上回ると共に、2014 年と比較して 9%の増加とな る実績です。 今年の 12 月 12 日からは、アメリカン航空は新しいチャーター便を就航し、キューバへのル ートを拡大するとともにロサンゼルス国際空港(LAX)からハバナのホセ・マルティ国際空 港(HAV)への新しいルートを提供しています。この便は西海岸とキューバを結ぶ唯一の直 行便です。

今後について 今回の定期便運航再開の発表をうけて、アメリカン航空は米国 – キューバ路線開設を米国運 輸省に申請し、2016 年のできるだけ早い時期に、定期便の運航を可能とする承認が得られ るものと期待しています。

旅行者の皆様へ
商業便の計画が最終決定されるまでの間、アメリカン航空は引き続き、パートナー企業との 提携によりチャーター便でのキューバ便の運航を継続します。チャーター便の詳細、ならび に旅行に関する制限については aa.com/visitcuba をご覧ください。来年には定期便の運航開 2 始が計画されていますが、それによって現在米国市民に課せられている旅行の制限が影響を 受けることはありません。

カリブ海への路線網
アメリカン航空は 45 年近くにわたり、カリブ海へのフライトを運航し、この地域における 米系航空会社の先駆者的存在として、米国系のどの航空会社よりも多くの便を、より多くの 目的地に運航しています。カリブ海では、31 か所の目的地に最多 150 便の毎日運航便が飛 んでおり、またこの地域でのサービスを拡充するため、2015 年には 6 本の路線を新たに開 設しました。 6 月にはダラス/フォートワースのハブ空港からグランドケイマンへの便を就航し、また 12 月 18 日と 19 日にはロサンゼルスからモンテゴベイ、シャーロットからキュラソーとプエル トプラタ、ダラス/フォートワースからプンタカナ、およびシカゴ・オヘアからプンタカナ への便をそれぞれ開始しました。来年 1 月 31 日にはカリブ海では 32 か所目、バハマ諸島で は 6 か所目の目的地となるサンサルバドル島への就航を予定しており、それ以降にもさらに 新たな路線を計画しています。

Leave A Comment